「分かったことが一つあります。
私は、古美門先生のようにはなれない。
なる必要もない。
私は、先生が絶対になれない弁護士になります。
ここから 先は私の道です。
今度、お会いする時は先生を倒すときです」真知子

「相変わらずジョークのセンスだけは褒めてやる」古美門
「倒しますよ」真知子
「何一つ成長しなかったのにか?」古美門
「先生のバイオリンの腕ほどではありません。ありがとうございました」真知子
「どういたしまして。朝ドラヒロイン。ぽんこつオタマジャクシ。
酒乱で、音痴で、アッパラパーな『赤毛のアン』の、蟹頭村の、変態の女神様」古美門

「待ってろ。 古美門!(●`・皿・)」真知子
「結局、ガニ股は直らなかったな!( ̄皿 ̄)」古美門

 古美門学園卒業!
常に慈しみの心で支えてくれた服部学長と時には反面教師となって真知子が行くべき道を示してくれた古美門教授の元を離れ、真知子は歩き出しましたぞ。
朝ドラヒロインの根性見せたれ!

 てか、今回、またしても格さん登場!しかも2人も!さらに朝ドラヒロイン対決も!
キャストもスタッフも勢いが止まりません!
では、振り返ってみましょう!Σo(*・∀・*)

 古美門(堺雅人)は絹美村の憐れな老人達が公害による疾病と闘っている姿を動画にアップし、世間の同情を集める作戦を決行。
腹を決めた老人達も衝撃的ビジュアルと演技力で応えるのだが、いまいち乗り切れてない真知子(新垣結衣)のせいで撮影中断。

 それぞれ、工夫を凝らして辛そうに様々なポーズで病気を訴える老人達がすばらしい!
堺様の「訴えてやるっ!」も聞けたし、それは絶対いっちゃいけない「あーあ”っーーーーー!長澤まさみだったらなーー!」まで。
(≧∇≦)/ ハハハ  飛ばすな〜

 そして、代表の錦野さん(二瓶鮫一)から、力強い誓いの言葉が・・・
「先生、この間、みんなと話し合って俺たちのゴールを決めた。
『一 慰謝料五億』
『二 安全が保障されるまでの工場操業停止』
それ以外の結末はいらねぇ」
「承りました」古美門
「リーガル・ハイ」公式BOOK 古美門研介 草創記6248437 (ムック)フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」オリジナルサウンドトラック女神のKISS(初回限定盤)
 さっ、裁判が始まりましたよ。
傍聴している絹美村のみなさんは、それぞれ遺影を掲げております。
中には自分の遺影を持ってるおじさんもいたけど、ま、いずれそうなるんだからいっか?

 仙羽化学第四工場の清川工場長を証人に迎えて、まず古美門が新素材カーボンX製造過程で発生する汚染水が貯めてあるプールの水質検査をした結果、有害物質と思われる『ヘルムート38』こと『クロロタスムハリオサプロピレン』が検出されたことを発表。
 
 すると三木(生瀬勝久)から、新物質である『ヘルムート38』は本当に有害なのか、そして、発生源は本当に仙羽化学第四工場なのか?という疑問が提示されました。
絹美地区近隣には研究所や工場、そして廃棄物処理場が多々存在するので、風に乗ってそれらから飛んできたのかもしれない。

 どちらも読んでいた通りの展開ですョ〜
古美門は『ヘルムート38』が有害物質であるという化学的立証をするために、仙羽化学研究開発部主任の八木沼佳奈((田畑智子)に目を付けました。
 断られるのはわかっていたので、彼女のプライベート情報(社長の愛人だった)を現在の恋人に話そうかな〜的発言で迫ったんだけど、全く動じない。
「そんなことは彼も知ってます。
社長が飽きた愛人を引き取ると出世できるんですよ。
私も彼とは遊びです。結婚には興味ないので」

 (; ̄Д ̄)なかなか食えない女性のようです。

 次回期日で古美門は日本で最も『ヘルムート38』に詳しい町村名誉教授(横内正)(一代目格さん!)を証人に迎え、絹美地区の健康被害の原因は『ヘルムート38』であると言わせましたョ〜

 ところが三木め、町村教授が実はゲーマーで1週間に20時間はゲームに時間を割いているという事を暴露。
町村教授の発言価値を下げさせちゃったぞ。
 さらに、町村教授の弟子であった研究者の宇都宮(四代目格さん山田純大!)(格さん期間が短かったのでテーマ曲もイントロドン!な感じ)を呼び、『ヘルムート38』は一度に大量に摂取すると有害だが、微量に長期的に摂取しても無害だと言わせました。

 んが、黙って見てる古美門じゃない。
宇都宮が町村教授の研究室を出たのは後輩女性への痴漢行為が原因だったと公表。
今回の発言も町村教授への個人的恨みからくるものであると発表しました。

 まーーーもぐら叩きのように、出したら叩くの繰り返し・・・簡単には勝負がつかにゃい・・・・
次の作戦は、絹美の汚染源が第四工場であることを証明すること。
第四工場の下を掘り、地下水脈から『ヘルムート38』が検出されれば工場が汚染源だと立証できる。
古美門は資産をすべて抵当に入れてお金を用意し、付近の地主から土地を買い取り、掘り起こすことにしました。

 これには真知子もびっくり・・・
「勝てば問題ない」古美門
「でも、もし、負けたらホームレス弁護士ですよ。
いや、自己破産したら弁護士資格も失われます」真知子
「勝つためには、どんな手段でも使う。
家を売って勝てるんだったら安いもんだ。
地下水から『ヘルムート38』が出るまで、手当たりしだいに掘り起こすんだ!」古美門

 かなり時間はかかったようですが、掘削調査の結果、ついに『ヘルムート38』が出ましたョ〜
早速、古美門は、その結果を盾に三木に和解を申し出ました。
「勝負はつきました。だらだら長引かせるのは、お互いにとって不毛です」古美門
「長引かせたくないのは古美門、オマエの方だろ?
そろそろ車とクルーザーが差し押さえられた頃か?家ももうじきだろうな。まんまとドツボにはまったな。
和解などしない。10年でも20年でもやるぞ」三木

「あなた負けますよ。
仙羽グループから見捨てられれば、あなたは終わりだ」古美門
「負けるのはオマエの方だ。全てを失え!」三木
「沢地さん、ここが崩壊したらうちに来なさい。
三木先生のような変態プレイは強要しないのでご安心を」古美門

「何か弾があるんでしょうか?」真知子
「知るかっ!とどめを刺してやる!」古美門

「大丈夫。 勝てます。先生は日本一の弁護士なんですから」君江(小池栄子)
「あの子の敵は必ず討つ。メラメラ(`炎ω炎)9" 」三木

 さぁ、話題沸騰の三木先生の「あの子」ですが・・・
わたしゃ、先週見た時は三木の子供なのかな〜って思ったんだけど、案外、「さおり」って、ペットのわんこだったりして・・・
その方が三木らしいような気もするぞ。

 裁判はつづく〜
「第四工場の南西約1km地点。地下150mの水脈から8PPM以上という高濃度の含有率で検出されました。
この水脈は、そのまま絹美地区に注いでいます。
以上の調査結果から、仙羽化学第四工場から『ヘルムート38』が漏えいし、地下水脈を経路として絹美を汚染していることは疑う余地がありません」古美門

「『ヘルムート38』が原因物質かどうか、私達はまだ疑問を感じております。
私達は絹美地区と条件の近い地域を全国から18ヶ所選定し、多くの調査員を動員して丹念な聞き取り調査を行いました。
その結果、絹美地区の老人たちと同程度の疾病を患っている者の割合は、平均で68.6%。
対して絹美地区の老人たちの疾病率は72.3%。
その差、わずか3.7%です。
つまり、絹美地区のお年寄り達は特別病人が多いわけではなく、むしろごく一般的に普通の状態なのではないでしょうか?」三木

 その後、以前、町村教授の研究室にいた出水舞という高校教諭が証人として立ち、町村教授が宇都宮を辞めさせたのは彼女に好意を持っていた町村のジェラシーであると発言。
 さらにとどめに『ヘルムート38』の発見者であり、名付け親であるベルリン化学大学准教授dr.ヘルムート・マイヤーが出廷。
『ヘルムート38』の人体への影響は現在のところ不明であり、絹美地区住人の症状は『ヘルムート38』が原因だと断定できないと告げたのです。

 町村教授なんか目じゃない説得力のある言葉に古美門もタジタジ・・・
ヘルムート博士を「『アンビリーバボー』で見た外タレ」だと叫ぶ声もむなしく響きましたわ・・・

「裁判長!もはや明白です。
疾病と第四工場との因果関係が証明されたとは、とうてい言い難い!
ならば、いたずらに公害公害とはやしたて、仙羽化学という先進企業のイメージを損ない続けるのはいかがなものでしょうか?
今この時も仙羽化学の株価は下がり、わが国の国益は損なわれているのです。
大企業は悪!かわいそうな老人は正義!
そのような弱者の立場を利用した訴訟であり、語弊を恐れずに言えば、慰謝料目当てに車道に飛びだす当たり屋という詐欺手法に近い!
出過ぎたことを申し上げていることは分かっております、裁判長。
しかし、ここは、あえて言わせていただきたい。これは、断じて公害ではないと!」三木

 終わった・・・・(´=ω=`)
家具が持ち出され、残ったものには差し押さえの札が張られている事務所で古美門も真知子も呆然・・・
そこに三木ファミリーが和解金3,000万円という話を持ってきました。
「黛君、戻ってきなさい。待ってるよ。
勝ったぞ。俺の勝ちだ。
お前は 終わりだ!古美門。
これが俺の復讐だ!全てを失え!
そして、首でもくくって、あの世であの子に詫びるがいい!
お前が裁判に巻き込んだせいで命を落としたあの子にな!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \」三木

 さすがの古美門も初めての敗北を前に抜け殻のようになっております・・・
「最初から勝てないと思ってらっしゃったのに、なぜ今回こんな無茶な戦を?」服部さん(里見浩太朗)
「さぁ・・・何故ですかね?愚かなことをしました」古美門
「知らず知らずのうちに影響をお受けになっていたのでは?」服部
「戯言としても耐え難いですよ、服部さん」古美門

 服部さんは、この古美門の変化を嬉しく受け止めたのでしょうか・・・
負け戦になるかもしれないと気づきながらも、三木の挑戦を受けてたったのは彼への贖罪の思いもあったのではないでしょうか。
いつかは決着を付けねばと思っていたはずですから。

 さて、どうやら負けてしまったらしいので、その報告のために古美門と真知子は南モンブラン市へと向かいました。
でも、老人達を前にしても、謝り方を知らない古美門はいつものようにふんぞり返っております。

「先生、謝らなくてもいいわ。 私達、3,000万なんていらないんだから」久子(吉田幸矢)
「俺達の失ったものは3,000万なんかじゃ、まったく足りないんです」守口(田村泰二郎)
「5億!それ以下なら一銭もいらないって。そう言ったでしょ!」
「はした金で黙るぐらいなら、一文無しで野垂れ死にした方がよっぽどマシなんだ。
みんな、その覚悟なんだよ!それが絹美の者の意地だ」郷田(丹古母鬼馬二)
「そうだ、そうだ!」
「古美門先生よ、勝手に降りることは許さねぇよ。
あんたが破産しようがどうなろうが俺達の知ったことじゃねぇ。
雇ったのは俺達だ。討ち死にするまで戦ってもらう。5億かゼロかだ!」錦野
「そうだ そうだ!」

「厄介な年寄りどもだ。戦後の復興と高度成長を成し遂げただけのことはある。
ならば、私からの条件です。決着がつくまで、誰一人くたばらないで いただきたい」古美門

 やるねぇ・・じいさん達・・・
今度はじいさん達が古美門の弁護士魂を目覚めさせましたぞ。

 もう残っている弾は八木沼佳奈しかない。
そして、あてるは彼女と同じタイプである真知子。
一筋縄ではいかない佳奈でしたが、いざという時、自分が実弾となるため絹美村の米と水を摂取していた真知子が病に倒れ、大腸癌の可能性があると知り、協力を申し出てくれました。

 加奈が渡してくれたのは、トップシークレットである仙羽化学内部資料のコピー。
そこには第四工場廃棄プラントで作業中の作業員が、数名原因不明の体調不良を訴え、長期休養を余儀なくされたこと。
社内調査の結果、カーボンX製造過程で排出される化学物質が原因の可能性があると書かれていました。

「仙羽化学では『ヘルムート38』が健康被害を引き起こすことを認識していたんです。
これは、その紛れもない証拠だ」古美門
「化学的な裏付けのない論旨・・・」井出(矢野聖人)
「化学なんて、どうでもいい。問題は仙羽化学がこの事実を隠蔽していたことだと言ってるんだ」古美門
「陳腐な捏造書類だ。
こんなバッタものを社長の目に入れるわけにはいかない」三木
「では、社長以外の全ての人々に見てもらいましょう。
むろん裁判所に提出します」古美門
「偽物だと証明してやる」三木
「大マスコミの中にも跳ねっ返りはいますから、さすがに黙ってはいないでしょうね。次回の尋問が楽しみだ。
池部社長にお伝えください。
慰謝料5億と安全確認までの操業停止。
それ以外に和解の道はない。
これは絹美の老人たちの温情だ!
これをのめないのなら、徹底的に戦います。
たとえ老人たちが力尽き、最後の一人が死んだとしても、その骨を拾い、後に続く者は必ず出てくる。ご覚悟を!!
以上です」古美門

 鮮やかな逆転ホームランでした。
古美門の不敗神話は守られました。
いや・・・勝ったのはあの村人たちだ。古美門たちではない・・ってかい?
村人達は5億円を元手に絹美村の産業を復興させることを誓いましたぞ。

 でも、その代償は大きかった・・・これから真知子には別の戦が待っているのです。
「先生・・・・」真知子
「バカだ・・・君は本当にバカだ・・・」古美門
先生!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」真知子

 。゚・(PД`q )・゚。 も〜〜〜〜古美門の頭ぽんぽん抱き寄せに涙〜〜
と、思ったら・・・

「黛くーーーーーん!君の検査結果は誤診だったそうだよ!」古美門
「誤診?」真知子
「癌じゃなかったんだ。正真正銘、単なる胃腸炎。
まったく許し難い過ちだが、どんな名医にも誤診はあるものだ。 仕方ない。
何はともあれ、君は健康だった。よかった よかった!」古美門
「・・・・・先生・・・・・・まさか?」真知子
「うん?君の捨て身の作戦を援護したまでだ」古美門
「私・・・一応これまでの人生を走馬灯のように駆け巡らせたりとか・・・・・両親にどう言おうかなとか・・・・」真知子
「君のような風邪一つひかない怪力バカ女が、ちょっとやそっと絹美の作物をバカ食いしたからといって、そうそう都合よく癌になるはずないだろう?
さあ!とっとと退院したまえ。今夜は勝利の祝いだぁ!」古美門
「・・・・・・・・・・・・ガーン!( ̄□ ̄;)!!ゴーン!(; ̄□ ̄;)!!ギーン!(; ̄□ ̄;)!」真知子

 すっかり、私も騙されちまったよ・・・甘いな。
さすが古美門、真知子の影響を受けるなんてことはないのです。これからも永遠に。
その事を思い知った真知子は、古美門の元を離れ、一人でやっていく決心をしたようです。
古美門には、この日が来るのがわかっていたんでしょうね。
朝ドラヒロインと自分とでは、水と油ですから。

 最終回は古美門 VS 真知子!
勝利の女神はどちらに微笑むのか?
「真実はいつもコメディだ!!」
三木の、古美門の、そして真知子の真実とは・・?
世紀の最終回まで、あと・・・148時間あまり・・・・┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キ 待ち遠しゅうございますぅ〜

 第一話 最高でもサイテーの弁護士 愛も法も嘘をつく !?
 第二話 著作権裁判は金になる !?
 第三話 初恋かストーカーか? 号泣の恋愛裁判 !?
 第四話 太陽を返せ!マンション裁判仁義なき戦い
 第五話 期限は7日! 金か命か!? 悪徳政治家を守れ
 第六話 DV? 二股? 流血の離婚裁判 刺客は元妻
 第七話 骨肉の相続争い ! 醤油一族に潜む秘密と嘘
 第八話 親権を奪え ! 天才子役と母の縁切り裁判
 第九話 恩讐の村人よ・・・美しき故郷を取り戻せ !!
 第十一話 内部告発者を不当解雇から救え !! 最強の弁護士がついに敗北 !? 真実は常に喜劇だ !!

  「リーガルハイ」SP 慰謝料1億円で学校を訴えろ!! 闇の首謀者と微笑の女教師・・・隠された真実と裁判長の罠

 「リーガルハイ」 シーズン2の記事

ねこちゃん
ぶっ倒れていたタイトルバックの真知子は起き上がり、古美門の背後から睨んでおります。
さて、来週は背中に飛び蹴りをくらわす真知子の姿が見られるのか?
そして、古美門はひらりとかわすのか、それとも打撃をくらうのか・・・・
楽しみじゃのうヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ