今日は横浜市白楽までやって来た五郎さん(松重豊)。
あいにくの雨ですが、傘をさしている五郎さんが新鮮ですわ〜((*´∀`*))

 やってきたのは神奈川大学。
五郎さん、学生さん達のぼやきに懐かしさがこみあげ、思わず微笑んでおります。
本日のクライアントは、お馬さんのフォルムにこだわる大学の教授(入江雅人)。
五郎さんったら、センセが語れる機会を奪っちゃって、マズイんじゃないのぉ?
コレ、商売にかなり影響でますョ。

 気にしない、気にしない。
気分転換に学食を覗いたあと、カフェで「神大ソフト」っちゅーもんを頂くことに。
って、今の学食はすごいね〜(・Д・」)」 カフェ併設当たり前か!
しかも、品ぞろえも普通のカフェとおんなじぐらいあるし。
 私の頃なんて学食で天ぷらうどん食べたあとは生協に行ってポテチ買うぐらいだったけど、
こんなおしゃれな場所でねぇ・・・(´・∀・`)ヘー

 男の人ってソフト好きだよねぇ・・・うちの夫も道の駅では必ずソフト食べてるぞ。
五郎さんが頼んだのは「神大ソフト フルーツミックストッピング」。
カップ派なのね。わたしゃ、いつでもコーン派!(知らねぇし!)

 トッピングって、ちょこんと乗っかってるだけかと思ったら、かなりゴージャス。
食べごたえありますぞ。
誰もいないカフェで、のんびりまったりと甘味を味わう五郎さん・・・だったんだけど・・・・
授業が終わった女子大生にあっと言う間に囲まれちゃったわ〜 
そそくさと脱出する五郎さんなのでした。
「孤独のグルメ」O.S.T..孤独のグルメ (扶桑社文庫)
 その後は・・・天気もいいから商店街を歩くことにしたようです。 
いや〜私の住んでる町のアーケード街なんてさびれちまってさ、あちこち空き店舗が目立つけど、ここはいいねぇ〜
いろんな種類の店がびっしり並んでるし、活気があるよ。わくわくするねぇ〜

『うん、この商店街、古いけどしっかり現役だ。なんだか嬉しくなっちゃうなぁ・・
昭和だ、昭和が絶滅せず生き延びて子孫を生んでいる』

 雰囲気をのんびり味わっていた五郎さんでしたが、鮮魚店のお兄さんの気迫に負けてまぐろお買い上げ。
大丈夫?2,3時間で家に着くのかしら〜?

 そして、落ち着いた雰囲気の「おいしい スペシャリティ コーヒーの店」へ。
珈琲専門店で飲むコーヒーって贅沢な時間だよね〜
こちらのお店は一杯分づつサイフォンで入れてくれるんだと。

『最近忙しくて、心に余裕がなかった気がするなぁ・・・
こういう時間が大事なんですよ、人間には』

 平成モダンな店内でコーヒーを味わっていると・・・・近くに座っていたおじさん(斉木しげる)が話しかけてきて、この「六角橋商店街」のなりたちを一人芝居のように語り始めるのでした。
今日はどうしても語られてしまう運命だったようです(´m`)
狐につつまれたような思いで外に出ると・・・・腹が減っていた・・・・・

 これも縁と、この商店街でお昼を食べようと放浪するのですが、なかなかコレ!って所に出会わない。
困っていると、あった、あった!商店街の大通りから仲見世に向かう角っこにある洋食屋さん『キッチン 友』。
入口の前に置いてあるおかもちが決め手となりました。

 お二階へどうぞ〜(*ノ´益`*)ノ
『この急すぎる階段に期待も急上昇だ』
そうか〜い?わたしゃ、つい「ビフォー・アフター」目線で見ちゃうから、まずこの階段をゆるやかなものに変えて・・・とか思っちゃったぞ。

 やはり学生さんが多いわね〜
メニューも見やすそうだし、地味にはさまれてる絵が楽しい感じ。
『学生の頃って、どんな話をしてただろうか・・・』

 確かに思い出せない( ̄ω ̄)(ーω−)ゥィゥィ♪
たいしたこと話してないのは確かだけど・・・映画のこと?小説のこと?芝居?

「あなたは引っ越すことになりました。新しいリビングに何を置きますか?」女子学生1
心理テストかよ!
わざわざ本買ってまでやりたくはないけど、こういうふうに隣で話されると、確かに気になる。
五郎さんも『好きじゃないんだよなぁ』と思いつつ耳をすませていますぞ。

 で、斜め前のテーブルの料理が運ばれてきたけど、「インディアン」って?
カレー色してたけど・・・カレー味のスパゲティかい?( ̄ー ̄?)
初めて聞いたような気がするけど、一般社会では「あぁ、インディアンね」「洋食屋行ったらインディアンしょ!」ってアレなのか?

 スペシャルな五郎さんが選んだのは「スペシャル友風焼き」!
でも、汁物が欲しくてトン汁も追加。さらにハムポテトサラダまで。
アンタ、学生さん相手のボリューミーなアレだよ?全部食べられるのかい?

 でも、おいちそ〜〜!
飴色に炒めたたっぷりの玉ねぎの山の中ににんにく風味の豚肉、その奥にはスパゲティがが隠れてますョ〜!
『食欲がビンビンにそそられる・・・・』
『うんうん、これだよ、コレ。濃い味玉ねぎ。やっぱり玉ねぎはこれぐらいの色がごはんには旨いんだ。
ほうら、バチンと合うぞ。
出てきた、出てきた・・・なんだか発掘みたいだな。うん、熟している。うまい、うまい。王道学生味だ』

 五郎さん、たまねぎとめいっぱい楽しんで格闘しております。
トン汁もなるへそな味。具もたっぷり。
どんどん、幸せ度が上がってきております。
 ハムポテトサラダは、その名の通り、ポテトサラダにハムときゅうりなどの野菜が添えてある一品。
あるとうれしいやね〜

 ノッてきた五郎さんは「学生食い」。
『う〜ん・・・気分が学祭蒸気機関車だ。くべる。燃やす。くべる。燃やす。くべる。燃やす』
もちろん完食。

『今日の俺は、まさにスペシャルだ。スペシャリティ五郎だ。
この小さな夢の商店街よ、永遠なれ』

 今日も決まった!
五郎さんの心の中にも「井之頭五郎のテーマ」が気持ちよく流れているはず。
ごちそう様でした。

 第一話 神奈川県川崎市 新丸子のネギ肉イタメ
 第二話 中央区日本橋人形町の黒天丼

 「孤独のグルメ」 シーズン1の記事
シーズン2になってから、『ふらっとQUSUMI』にゲストが来るようになったね。
やっぱり酒びかりしたおっさんが一人で飲んでる姿はアレだろうってことになったのか?
ま、ゲストもおっさんばかりだから、さらにむさくなってるがな(。-∀-) ニヒ