ああぁっ!!また、いいところで終わった〜!!
兄の光一(中村倫也)が弟の淳一(柾木玲弥)がしていることに気づいたようです。
早く続きが見たい〜〜!!

 さて、職員室グループの杏子(長澤まさみ)、相田(中尾明慶)、小西(徳山秀典)、宮下(小松利昌)、坂本(高橋ひとみ)は、沢村会長(入江雅人)が持ってきた2枚目の55番の回答用紙が「ほぼ満点だった」と発言したことについて話しあっております。

 開示請求されても一枚目の用紙を採用することにして、全部埋めてたけど間違いだったと言い張る系でいく雰囲気だったけど、実は意外なことに沢村会長が英語が得意であると判明。
入試って、問題用紙も回収するんだっけ?
でも、合格発表後に新聞紙上で問題と解答発表されるよねぇ?そしたら、適当なこと言ってたってバレるんじゃ・・

 2枚目を55番の回答として採用しちゃえば?と相田から提案があったけど(コイツも適当だな)、クールガイ小西から筆跡から沢村会長が持ってきたのは46番としか思えないとの発表アリ。
坂本先生からは、46番は、もう0点ってことで処理しちゃえばという、これまたイージー発言。

 ここで、杏子が視聴者の代弁を始めましたぞ。
46番の回答用紙は試験終了から採点開始までの間に誰かが抜き取り、窓に貼った(それはお前だっ!)。
沢村が見つけた回答用紙は、最初は空欄だった。
しかし、息子から英語のできが悪いと聞いていた沢村会長は、つい息子の受験番号を書き込んでしまった。

 納得のいく答えだけど、坂本からは銃弾を受ける覚悟で世間に言えない正論は意味がないとつっこまれたぞ。
てか、自分にとばっちりがくることは、どんなことも認めたくないのよね。
しかも、管理職希望で上り詰める途中では、自分はどんな銃弾も受けたくないと断言する始末。
そういう奴は上り詰めたって、責任なんてとらないんだよーーー( ゚д゚)

 宮下からは、リアルタイムに動く掲示板から「受験をぶっつぶせ!」委員会のターゲットは学校と言う団体ではなく特定の教師ではないかとの意見が・・・
つまり、同じ管理職候補が他の競争相手の足を引っ張っているという・・

 確かにな。
でも、わたしゃ、杏子の発言に注目したよ。
何か、議論の流れをコントロールしようとしている意図を感じたぞ。
そして、自分が知っている真実を言っているようなふしも。
もし、杏子が犯人グループだったら、それでもフェアであろうとして敵側にもヒントはちゃんと出すと思うんだよね〜( ̄-  ̄ )
blues(初回限定盤)(DVD付)
blues(初回限定盤)(DVD付)

 さて、買い出しグループの滝本みどり(南沢奈央)、村井祐志(篠田光亮)、松島 崇史(羽場裕一)の間では意外な盛り上がりがありました。
みどりから村井に、自分は一高を落ちてしかたなく菫ヶ丘高校に行ったとカミングアウトが。
でも、一高に落ちたからピアノを頑張って音大に入り、音楽教師になれたそうな。
「赴任が決まった時は嬉しかったなぁ・・だって、自分が落ちた高校の生徒に「先生」って呼ばれるんだよ」

 でも、進学校故の悩みが生まれ、今じゃ普通の学校に行きたいと思ってるんだって。
コレ、山岸涼子の『メタモルフォシス伝』でも、読んだことあるけど、試験前は美術や音楽の教師は気を利かせて内職できる授業内容にするんだってね。
音楽が好きで音楽教師になったのに、生徒たちからは邪魔な教科としか思われないって切ないよな〜

 さらに、一高OBのあの異常な結束ぶりにもムカついているらしい。
松島センセはOBだけど、あの盛り上がりぶりには引いているそうな。
「長い人生におけるたった3年間の通過点をいつまでも引きずるのは愚かなことだと思うし、若い人の意見をいろいろ聞きたいもんだね」とみどりに賛同。

 って、このセリフ、村井に向けて発せられたようにも・・・・(  ̄〜 ̄;)ウーン…
村井は確かに過去を引きずってる感じだもんな〜
今回のこと村井が関わってると思ってるのか?それとも何か知っているのか・・・

 そして一番めんどくさい視聴覚室では・・・・
何も言おうとしない校長(山本圭)の代わりに水野先生(阪田マサノブ)がズバッと議員妻の昌子(生田智子)に告げてくれましたぞ。

「無駄な心配じゃないですか?
お二人が言っていることはよーくわかります。しかし、それは合格してから心配することじゃありませんか?
合格発表後に入学後の不安を取り除くための話し合いを職員と持つことは、決して間違っていない。
中学の先生も同席してもらえば、よりよい結果が導きだされるかもしれない。
なのにお二人は試験終了後、まだ結果が出る前に立ち入り禁止の校内に独自の理屈をつけて、こうして入りこんでいる。だから、これだけ問題になっているんです」

 もっともだよ!言ってやれーー!!( ̄ー ̄)//””
んが、この親ときたら、また訳わかんないこと言いだしたぞ。
「明日という日はないんです。今日できることを、明日、明日と引き延ばしてしまうと、結局やらないままになってしまうでしょう?
今日対処しておけば、大事に至らずに済んだことを、明日に引き延ばしたせいで取り返しのつかないことになってしまったら、あなたはどう責任を取ってくれるんですか?!」

 いや〜個人的な問題を学校全体の問題にすり替え・・スゴイな。コレって議員の夫しこみか?
そして、それにすぐ乗ってくる沢村会長にもイラッとしたぞ。
でも、さすが水野先生、具体策を提案して黙らせました。

・ 掲示板には警告文と共に削除要求をする
・ 従わなければ警察に被害届を出す。
・ 合格発表後、麻美が合格していれば話し合いの場を設ける。要望によってはスクールカウンセラーも手配する。

 この対応で昌子はすっかり水野先生支持派になったようで・・・夫に手を回させて一高に残れるようにするとまで言いだしました(いや、逆にこんな親に付きまとわれたら大変だよね・・(´д`;))

 さて、見回りに出た職員室グループですが、杏子が携帯の着信音を聞いたような気がしただけで、特に発見はなし。(って、この着信音は相田っちが石川衣里奈(山崎紘菜)に電話した時のもので、彼女はまだ校内にいる)
その後、また杏子からこの事件の流れを誘導するような発言が。

「私は、なぜ入試がターゲットになっているのかを考えた方がいいと思います。
学校行事はたくさんあるんだから、なにもこんな年に一度の外部を遮断する日を選ばなくても、一般公開する体育祭や学園祭で問題を起こした方が、仕掛ける方もやりやすいんじゃないかと思うんですよね」
「犯人は入試に関して、一高あるいは一高の教師に恨みを持つ人物ってことか!」宮下
「それなら、一高を落ちたとか、一高に行きたかったって人が怪しいんじゃないの?」坂本
「結局、一高OB以外が疑われるって訳か・・」小西

 坂本先生によると一高よりレベルが上の清煌学院出身の小西と一高の価値をわかっていない杏子は容疑者からはずれるんだと。
そうなると、浮上するのが一高を落ちた村井なんだけど・・・
掲示板に「犯人はM先生」との書き込みがあり、みどりにも疑いの目が・・・
宮下だってMだしーー、荻野っちも名前が正夫だからM(でも、こういう場合公称が使われるから正夫はアレだよね)、水野、松島、教頭も実は勝だからMだし、校長も的場だからMさ〜
なんてMだらけの学校なんだーー

 ここで杏子と小西から軌道修正アリ。
杏子が聞いた着メロは受験前日の教室掃除の時に見つけた落書きの歌詞の東山ユキの『やっぱり好き』と判明。
それが衣里奈だとわかっている相田は、なんとか村井を犯人にしようとするんだけどうまくいかなかった。

 さて、邪魔者の芝田母と沢村会長がやっと帰って、ホントの関係者による会議が始まりました。
まず、荻野(斉木しげる)から掲示板についての対応は水野先生案を採用すると発表がありました。
んが、教頭が早速警告文を送ろうとしたら、新たな書き込み発見!

『同窓会長の息子の英語の答案用紙が何故か2枚。
,錬牽嘉澄△錬隠娃暗澄
,覆乕垤膤福△覆藕膤福
さあ、本物どーっちだ!』

 やっぱり教頭がトイレに行った隙に見られてたよ・・・┐( ̄ヘ ̄)┌  もちろん、その事は秘密にする教頭。
水野っちは賭けに出ましたぞ。
今いる中に情報漏えい者がいると言い出しました。
そして、それは自分の息子が沢村会長の息子にいじめられているのを知っており、入学させたくないと思っている松島だと名指し。

 って、水野っちは、どこからそんな情報を得たんだ?
この発言は松島先生失脚を狙ってだろうけど、水野っちも怪しさ全開じゃん・・・
ここで、わざとらしく相田が水野先生に加勢。
松島の息子が答案に沢村の息子のカンニングを告発していたと言いだしましたぞ。
それはすぐに確認され、松島親子の立場が非常〜にマズイ感じに。

 でもさ、でもさ、最終回近くのこういうアレって、実は引っかけってよく、ない?
わたしゃ、松島先生はそげなことに関わってはいないと思うぞ。
犯人らしき存在を知っているのかもしれんが・・・

 そして、怪し名簿に急浮上のMことみどり先生だけど、彼女は過去の挫折をばねに自分の望む現在を手に入れてるから、恨みなんてないと思う。
この学校に不満はあるけど、いずれ異動になるだろうしさ。

 そして、ミスターMこと村井先生なんだけどさ〜
わたしゃ、この人がそんな大それたことをできるとは思えん。
ただ、過去の恨みつらみを利用されることはありえる。コントロールしやすそうなタイプだし。
だから、「入試をぶっつぶせ!」委員会にはいるとしても書記みたいな感じ?(わかりずれーよ!)
村井をコントロールしているヤツがいるのでは?

 犯人グループは入試を混乱させるという目的で集まったけど、その動機はそれぞれなんじゃ・・・
犯人確定の46番田辺淳一(柾木玲弥)は、一高の入試全般の適当さの証明(兄の能力の証明)、
杏子も同じだけど、入試に関わる教師ひとりひとりの責任をはっきりさせたい、
荻野っちは、今回大人しかったな〜でも、最終回近いのに大人しいと逆に怪しい。
水野も怪しいけど、便乗しているだけのようにも思う。
何か教師側に裏の派閥とかありそうだよね〜
衣里奈が誰の指示で動いてるのかわからんな〜

 さて、今回の怪しベスト3は、順不同で杏子、荻野、村井。
今まで、村井は犯人側に利用されてる形で関わってると思って外していたけど、利用されてたとしても参加しているとしたら有罪だもんな。

 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
 第8話 第10話 第11話 第12話 第13話(最終話)

温泉
いや〜魅せるねぇ・・さすが湊さん。
コレ、一気に再放送とかしたら
視聴率取ると思うよ〜( ̄∀ ̄)