「キッズ・リターン」 1996年 監督 北野武 「泣くな、はらちゃん」 第5話 もう会えないの?

2013年02月16日

「まほろ駅前番外地」 第6話 出会い系サクラの恋、手伝います

 先週がちょいといい話系だったから・・・・今週はビターな感じ?( ̄∀ ̄;)

 さて・・・啓介(瑛太)のスマホにメールが来て・・・
「見るなよ!」の牽制の声をもちろん無視する行天(松田龍平)。
「会員番号13番 菜々子ちゃん」からでJカップであることを告げた上でのお友達のお誘いでした。
さらにおじいさんからもらった遺産1千万円があるので、会ってくれるだけで10万あげるわよと言う素敵な内容。

「Jカップの女の子とHした上にお金がもらえるのか。夢のような話だぁ」啓介
「そんなの信じるヤツいるのかね・・」行天
「いるから送ってんだろ。一万人に一人ぐらいいるんじゃないか?信じるバカが」啓介
「コレさ、登録したらどうなるのかな?」行天

 我が家でも定期的に同じような会話がされている(´m`)
何億だかの遺産があるんで受け取ってもらえる方を捜していますとかさ、養子縁組してもらえませんか?とかさ。
この前来たのが、嵐の櫻井翔を名乗る方から、嵐のメンバーにも相談できないことを相談したいから御付き合いお願いしますとかって・・・
ホントにねぇ・・ひっかかる人いるのかねぇ・・
そして、私も行天のように夫の携帯で登録したらどうなるか知りたくてゾクゾクずる。
今のところやってないがな・・。

 結果は・・・・・迷惑メールが大洪水のようにやってくるらしい。
その処理でイライラ増量中の啓介。
そこへ行天がお客さんを連れて来ましたョ〜
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)


 お客さんは美咲という名前で出会い系サクラのバイトをしているという女性(臼田あさ美)なんだけど、
仕事上で5年間付き合いのある「ヒロくん」というお客さんに会いたいんだって。
この度、彼女(めんどくさいから美咲ってことにするね)はサクラを辞めることにしまして、
自分のために1千万以上使ってくれたヒロくんに会って謝りたいから捜して欲しいというのさ。

 一応、ヒロくんにもメールでそのように伝えたんだけど、会いたくないと断わられたそうな。
ヒロくんのことでわかってるのは、まほろに住んでいるニートってことだけ。
見せてもらったヒロくんのメールには、ラブリーな内容と共にカオナシ全裸画像が・・・・

 メールだけのやり取りで5年間・・・(ーΩー )ウゥーン
そんなんで満足なの?自分の裸見てくれてるってだけで嬉しいのか?

 いくらまほろに居るったってねぇ・・広いんでしょ?無理目な依頼に「う〜ん・・・う〜ん・・・」とうなり続ける啓介だったんだけど、美咲ちゃんのお願い目線と行天のぺこり攻撃に負けてしまったようです。

 で、美咲が置いて言った携帯のメモリーを調べてみたら・・・
(ひろくんのメールの内容にウケる二人にウケた・・・( ̄▽ ̄))
だいたいヒロくんの住んでいるエリアが特定できたぞ。
ヒロくんは小山内町の鉄塔の近くで、金持ちだから大きくて、桜の木がある家に住んでいる引きこもり!

 現場に行ってみると、お買いものに出ようとしているヒロくん(加藤賢崇)と思われる男性と遭遇。
調べてみると、ヒロくんの名前は諏訪浩之といって、諏訪家は代々大地主のお金持ちらしい。
だから、サクラとして使わせたお金のことで罪悪感もつ必要もないって啓介は言ったんだけど、美咲はどうしても会って謝りたいらしい。
彼女の潤んだ瞳に訴えかけられ、またまたすげなくできなくなったようです。

「じゃあ、向こうの意向を聞いてみましょう。
メールでは会いたくないって言ってる訳ですからね。
どうしてなのか、それをまず俺たちが聞いてきますから。
その結果を知ってから、決めたらどうですか?」啓介

 で、張り込みですワ。
「行天、お前、一千万円あったら、何に使う?」啓介
「え?煙草100カートン買う」行
「で?」啓
「残りは寄付するね。それか燃やす」行
「極端だなぁ」啓
「多田は?」行
「俺も煙草はマストだな」啓
「マスト・・新しい事務所に引っ越す?」行
「そうだな。便利屋辞めて、新しい仕事始めることもできるしな」啓
「生生しいよ・・・一緒にハワイ行かないの?ハワイ・・・行かないの?」行

 一千万かーーーー2憶なら貯金だけど、1千万ならパアーーーっと使うかな( ̄-  ̄ )
高級お取り寄せとかバンバン、アレしてさ、旅行にも行って〜あ、猫たちが破いた今の壁紙張り替えるか?

 さて、いつものようにビニール傘をさしてお出かけするヒロくんと直接交渉ですよ〜
やっぱり会えないってさ。

「会えないですよ、やっぱり。
そりゃ、私だって美咲さんのこと好きです。
好きで好きでたまらないですよ。けど・・・会いたくないんです。
だって・・・会えば嫌われるに決まってるじゃないですか。私なんか・・こんなキモイ男ですョ」ひろくん
「でも〜〜会ってみないとわからないじゃないですか」啓介

「わかりますよ。今まで女性にまともに相手にされたことないんですから。
アナタたちみたいなイケメンには僕の苦しみはわかりませんョ〜」ヒロくん
「いや・・イケメンじゃないですよ」啓介
「いや、イケメンですよ」
「イケメンじゃないですよ」
イケメンですよーーーだ!!

「・・・・じゃあ、イケメンでいいですけど・・
彼女の方も男女としてどうこうって話じゃないんですよ。
ただ、あなたと会って話したいことがあると言ってるんですよ」啓介
「(・∀・)・・・・イヤ、絶対嫌です!お断りします!!」ヒロくん

 ま、そうなるよね〜
「だけどさ・・あのオッサンにとっては、これが変われるチャンスだったかもしれないのにね」行天
「まぁな。今のままじゃ、美咲ちゃんがサクラ辞めても、また別のサクラに引っ掛かって、一生すごすんだろうなぁ」啓介
「てか、美咲って名前を他の誰かが引き継ぐだけじゃないの?」行天
「哀れなオッサンだな〜」啓介

 リアルに哀れな話だわ〜〜(▽*)
てか、ひろくんを演じてる役者さん、ナイス挙動不審ぶり。
 
 で、結果を美咲に伝えたんだけど、こちらも会うの一点張り。
そこに行天がヒロくんを連れてきちゃいました。
「美咲ちゃんかわいいから、会わないと後悔するよ」って言ってヒロくんを煽ったらしい。
「どうなっても知らないぞ、あの二人・・・」啓介

 サクラ問題は美咲がきれいで臼田あさ美似ってことで円満解決。
ひろくんも一応成人男性ですからね、サクラについては薄々気づいていたらしい。
でも・・・・久しぶりに生の女子と会話して、テンションのメーター壊れちゃったんでしょうか・・
暴挙に出ましたぞ。

「5年間・・ずっとあなたのことが好きでした」ひろくん
「わぁ・・・言った!」行天
「こんな僕で良かったら・・・・一緒にらぶりんこ惑星でBE WITH YOUしてもらえませんかぁ〜?」ひろくん
「ちょ、ちょ、ちょっと落ち着いてくださいよ。
ねぇ、ねぇ、ねぇ・・話わかるかな?彼女はサクラだったんだから、あなたのこと何とも思ってないから。
そういう展開ありえないから!」啓介
「うるさい!」啓介を突き飛ばすひろくん
「みさきさんーーーーーお願いしますうーーーーー」ひろくん
「だから、美咲なんて人は実在しないんだよ・・・」啓介

 美咲の顔にもキ・モ・イと大きく浮かんでいたはずですが・・答えは
「はい、WITH YOUで」美咲
「えっ・・・・・・?!」啓介
カップル誕生〜!!*゚ロ゚)*゚ロ゚)*゚ロ゚)ノ~★祝★~ヽ(゚ロ゚*(゚ロ゚*(゚ロ゚*

「ねぇ、らぶりんこ惑星ってどこにあんの?」行天
「知るかよ!知らねぇぞ、どうなっても」啓介
「なにが?」行天
「あのメール見ただろ?あんなド変態野郎が彼女と普通に付き合う訳ないだろ」啓介
「それはどうかなぁ・・・」行天

 やっぱり啓介も男ですなぁ・・・美咲のことが心配だったようです。
コレ、女性から見ればすぐに本性わかるんだけどなぁ・・・(−▽−)...アハハ
行天も予想はついていたようですが・・・・

 その後・・・・わかりやすく美咲にたかられているひろくんの姿を定期的に目撃。
「なんかすごいことになってきてんな・・」啓介
「ねっ」行天
高級車だけでなく、マンションも買ってあげたようです。
女王様のような美咲にかいがいしく仕えるひろくんの姿を遠くから眺める二人・・・

 で、なんか引っ掛かりを感じるというか〜
この状況に片棒担がされたことに納得がいかないというか〜
あの時心配した時の無駄に葛藤した時間を返せというか〜
啓介は美咲を呼び出すことにしました。
てか、啓介がボヤいてたら、行天が呼び出しの電話かけちゃったんだけどさ・・

 雰囲気もすっかり変わった美咲がキュートに登場。
「あんたさ、謝るのが目的だったんじゃなくて、あの男が本当に金持ちかどうか知りたかったんじゃない?
まぁ・・サクラのバイトより、直接知り合った方がお金になるしね」行天
「・・・・・・・」美咲
「当たり?」行天
「いや・・それを聞いてどうこうって訳じゃないっスけどぉ・・・でも」啓介
「えっ?コレって犯罪?別に悪い事してる訳じゃないよね?(さらり)」美咲

「えっ?!」啓介
「お金持ちと付き合っちゃダメなワケ?」美咲
「いや・・ダメじゃないスけどぉ・・ちゃんと恋人なんスよね?」啓介
「それって、ヤッてるかヤッてないかってこと?」美咲
「うーーーん・・・」行天
「それだけじゃないけど」啓介
「それならもう、メールしてる時にちゃんと調教してあるから。私がそばに居るだけでいいんだってぇ・・
ホント・・優しい人よねぇ・・・」美咲

「じゃあ・・・どうして・・・」啓介
「私にはお金が必要なのよ!
6歳になるの(携帯の画像を見せましたぞ)21の時、この子を産んですぐよ。旦那はよそに若い女作って出てった。
6年間がんばってきたの、私。
ねぇ、アイツいくつだと思う?40だよ?40まで働きもせず親から金もらってのうのうと生きてきたんだよ!
その間私がどんだけ働いてきたと思う?
キャバクラで、しょーもない男たちを相手にして、セクキャバでおっぱい触らせて、出会い系でクソみたいな男たちを喜ばせてきたの!そうやって、この子を育ててきたの!」美咲
「・・・・・・・・・・」啓介
「今は実家に預けてるけど、たっくさんお金持って帰って、絶対一緒に暮らすんだ。
それまで、アイツとアイツの家からむしるだけむしりとってやる!じゃあ、私帰るね。さようなら」美咲

 美咲に真正面から見つめられ、啓介は目をふせてしまいました。
美咲だって、こんなこと自慢できることじゃないことは最初から知ってる。
でも、強い覚悟で始めたってことだけはわかる。
コレも作戦だっちゃーそうかもしれないけど、そのしたたかさはたいしたもんだよ。
女の凄さにたじたじとなってしまった啓介なのでした。

「納得いった?」行天
「ああ・・・・」啓介
「なんかでもさ・・・かっこよくない?」行天
「うん」啓介
「正しいよね?」行天
「正しいかどうかはわからないけど、間違ってはいないような気がする」啓介

 かっこいいとも正しいとも思わないが、負けた・・とは感じる。
ま、お金ありあまってるみたいだし、ヒロくんも幸せだからいっか?
のちのち、美咲が最初っからその気で近づいたと知ったとしても、彼女なら堂々と認めるだろうし、そんな彼女をヒロくんも許すと思う。

 桜で終わったサクラの話・・・お後がよろしいようで。
なかなかおもしろい展開でした。
来週は、またまた大森南朋さん登場!
映画版の小憎らしい刑事の岸部一徳さんも一緒とは豪華だな〜

 第1話 プロレスラー代行、請け負います
 第2話 麗しのカラオケモデル、探します
 第3話 キャバ嬢ストーカー、捕まえます
 第4話 秘密の蝋人形、引き取ります
 第5話 ややこしい過去の整理は、お断り致します
 第7話 廃棄拳銃、引き取ります
 第8話 恋敵の婚約指輪、隠します
 第9話 クソ可愛いまほろJK 、ボディガードします
 第10話 まほろJKの友情、つながせてもらいます
 第11話 美人未亡人の依頼、何でもやります
 第12話(最終話) まほろ駅前多田便利軒、廃業します

 映画・「まほろ駅前多田便利軒」の感想

こたつ
 行天がコンビニ行くときに着ているやつ・・・
ガウンみたいに見えるけど、ガウンぽいコートなの?
下に着てるのがパジャマ的雰囲気のものだから、ガウンか?すごく馴染んじゃってるから全く違和感ないけどさ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ    金持ちのキモイお兄ちゃんことヒロくんを騙し、金を巻き上げていたのを   謝りたいと多田便利軒に依頼する。   この時点でかなり怪しい美咲(役:臼田あさ美)。   案の定、 ヒロくんは貢がれ
2. 【まほろ駅前番外地】 第6話 感想  [ ドラマ@見取り八段・実0段 ]   2013年02月18日 22:42
なんだ。迷惑メールか。 「あと奈々子 今おじいさんの遺産が1,000万円あって使いきれなくて困ってるの。  エッチ1回につき10万円払うので100回エッチしてくれ…」。 Jカップの女の子とエッ...
3. まほろ駅前番外地&ジャンプ12号  [ スポーツ瓦版 ]   2013年02月20日 20:27
2月20日 まほろ駅前番外地&ジャンプ12号 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブ ...
4. 「まほろ駅前番外地」6 ☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2013年02月22日 10:16
いいなあ、ぐだぐだしたこの空気w 出会い系のサクラが依頼人の今回。一日15回のメールを5年続けると、一千万円は散財させている計算というのにびっくり。無駄無駄〜w でも、実 ...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2013年02月18日 22:51
>ま、お金ありあまってるみたいだし、ヒロくんも幸せだからいっか?
のちのち、美咲が最初っからその気で近づいたと知ったとしても、彼女なら堂々と認めるだろうし、そんな彼女をヒロくんも許すと思う。

最初は、なんだこの女、と思ってたんだけどね。

美咲に言われてみれば、40まで努力もせずに親の金でフラフラして、
こんなサイトで1000万も使ってるなんて、巻き上げられても仕方ないわ〜。
そう思ったら、美咲を応援している自分がいたよ^^;

でも、まぁ、美しいことが前提の立場だからね。
貢がせられるうちに、たっぷり貢がせて子どもと幸せになってほしいよ。

1000万あったらタバコ100カートン買って後は寄付か燃やすっていう
行天の極端さに惚れた(#^.^#)

最後の花見シーンも良い感じだったね^^
2. Posted by きこり→くうさん   2013年02月19日 16:33
>最初は、なんだこの女、と思ってたんだけどね。
私も、「正しく」はねぇだろ・・って思ったよ(´・д・`;)
結局、人にたかってるんじゃないの?って。
でも、女一人で子供を育てていくってのは本当に大変だし、お金は必要だよね。
余っているお金があるんだったら、頂戴して、それてヒロくんも幸せになれるんだったら、いいじゃん・・って思えたきた。
>でも、まぁ、美しいことが前提の立場だからね。
そうだね。
美しくて、自分のやってることをちゃんとわかっていていて、覚悟ができていればね。
>1000万あったらタバコ100カートン買って後は寄付か燃やすっていう
行天の極端さに惚れた(#^.^#)
かっこいいよね(笑
結局二人とも、そんなにお金に執着している訳じゃないから、必死にならないんだろうな。
ラストはキレイにまとまったよね( ̄∀ ̄)
3. Posted by 桔梗   2013年02月20日 01:14
サクラの話で名前が美咲…。
調教してたって凄いね。ある日気づいちゃったんだろうね。毎日毎日必死にお金稼いでる自分と働きもせずメールばっかりしてる男のこと。
ヒロ君も生身の人間と付き合うことで、成長して欲しい!
今日さんまさんのテレビ見てたら、バブルのころは車やマンション買って貰ってたって話してたよ…。
1000万円あったらタバコって、あんたら肺真っ黒…つけは払ってあげてね(笑)。
4. Posted by きこり→桔梗さん   2013年02月20日 12:31
>調教してたって凄いね
プロだよね(笑
最初はお金持ちだよな〜って感覚だったのが、
お金を使うことになんの躊躇もない、しかもムダなことに使い続けるヒロくんに怒りが湧いてきたのかな〜
コイツからなら奪っても罪の意識はわかないって思ったんだろうなぁ・・・
>ヒロ君も生身の人間と付き合うことで、成長して欲しい!
ホントだよ!
親も家から追い出せばいいんだよ〜
働かなくても自動的にお金が湧いて来たら、そりゃ楽な道選ぶよね。
>1000万円あったらタバコって、あんたら肺真っ黒
今時のドラマって煙草を吸う場面あんまりないけど、
このドラマはそこも昭和だよね(笑
二人にとって、煙草がいい小道具になってると思うわ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「キッズ・リターン」 1996年 監督 北野武 「泣くな、はらちゃん」 第5話 もう会えないの?