いや〜いい最終回だったんじゃないですか〜
ヤスには、やっぱりあの海のそばの町が似合っているよ。
ずっとお世話になったみなさんと一緒に、ゆっくりと年をとっていけばいいさ・・ヽ(=´▽`=)ノ
そして、旭だけでなく健介や康介のためにも、いつもあそこに居てあげて欲しい。

 さて、振り返ってみましょうかね・・・
クズの孫をかばって積荷の下敷きになったやっさん(内野聖陽)は奇跡的に骨折もなくすみました。
(驚かせやがって・・(  ̄っ ̄) 
って、この会社、美佐子が亡くなってるのに全く、安全管理に生かされてないじゃん)
でも、言うても、ヤスも、いいお年ですからね、一応、再検査をすることになりました。
ヤスったら、かなりビビっちゃって、心配して会いに来てくれた旭(佐藤健)をも追い返す始末。

 退院後も、すっかり病人のようになっちゃって・・・明日にでも死んでしまいそうな勢い。
で、上司から東京にある本社の研修センターの講師をという異動話がきて、すっかり気が弱ってるもんだから引き受ける流れになっております。

 ところが、再検査の結果はまったく異常なし!
元気を回復したヤスは上司に異動話をきっぱり断るのでした。
「私、市川安男はここに骨をうずめる覚悟です!」
「だって、『それもいいかもな』って言ってたじゃな〜い・・・」上司
「 『考えてみます』と申し上げました。その結果、このような結論に至った次第でございます!」ヤス
「はぁ〜 ヤスさんから萩本常務に直接話してもらえる?俺、もう言えないからさ〜」上司

 てな訳でヤスの東京行が決定!
どうしてもヤスにこの職を受けて欲しい萩本(高橋和也)は旭に根回し。
異動話を聞いた旭たちは、ヤスに自分ちに泊まってもらうために計画を練り始めました。

 大歓迎ムードの由美(吹石一恵)は、いっそ同居できないかと提案。
実は、現在妊娠中で、その事を理由に同意してもらえないかな〜と考えたのです。

 いや〜ホント、いい嫁だよ。
てか、美佐子の繊細さとヤスの図太さの両方の面を持っているような(* ̄m ̄)
とんび (角川文庫)とんび オリジナル・サウンドトラック
 東京にやって来たヤスを迎えた萩本は早速、研修センターへ連れていきました。
で、ふざけながら研修している若者たちの前に、わざと放置してドロン・・・
しばらくして戻ってみると、やんちゃそうな若者たちがヤスの指示できちんと荷物を積む練習をしているじゃないですか〜

 やっぱり現場で長い事やってるベテランだからさ、若者たちも、コイツはナメちゃいけねぇって思うんだろうね。
って、こんな短時間に変わりすぎだろ!って思ったのは内緒・・( *^皿^)

 萩本は改めてヤスに講師の依頼をしましたぞ。
「ヤスさんは多分、この会社の誰よりも安全の大切さを知ってるよね。そうだよね?
僕はね、これはヤスさんにピッタリの仕事だと思うんだ。真面目に考えてみてもらえないかな」
「俺は、こんなゴミゴミしたところでは生きていけません」ヤス
「まぁまぁまぁ、東京もそんなに悪いとこじゃないよ」萩本

 車を止めると、萩本はいきなりヤスを降ろして去って行きました。
こんな都会のど真ん中に田舎から出てきたおっさんを置き去りとは・・・萩本さん、アンタどういうつもり?!と思っていたら・・・
そこに偶然由美が通りかかり、事なきを得ました。

 ずっと二人の乗った車が来るのを待ってたのね〜(^∇^)
速やかにMSに案内する由美に意図的なものを感じたようですが・・・・ちらかしっぱなしの室内を見て、偶然の出会いだったと納得したようです。
「ホントに偶然だったみたいだな・・・」ヤス
「お父さんの言うとおり、片づけなくて正解だったね」健介(黒澤宏貴)
「シーッ!」由美

 その後は、ヤスに健介を銭湯に連れて行かせ、孫のかわいさを堪能してもらった後、一人息子と酒を酌み交わすというナイスな流れを作り・・・同居話を切り出しました。

「田舎にいる必要ねぇとか、お前のそばに住んだ方がいいとか、みんな理屈ばっか言いやがるけどよ、
60も見えてきて、今さら理屈で住むとこなんか決められねえよ」ヤス
「由美さんに子供が生まれるんだ」旭
「えッ?・・・・」ヤス
「健介も複雑な気持ちになるだろうし。俺は健介一人でいいって言ったんだけど、
由美さんが、どうしても親父とお母さんの血をひく子供を残してあげたいって。
由美さんも健介も親父と一緒に暮らしたいって言ってるんだよ。考えてみてくれないかな」旭

 そんな由美の思いを聞いて、嬉しくない訳がないやね・・・
上機嫌で戻ってきたヤスでしたが、クズ(音尾琢真)のリストラ話を聞いてしまい、憤りが収まらない。
営業所内では密かにリストラ対象を捜していたようで、この前の事故を理由にされてしまったようです。
クズは、萩本さんに直訴するというヤスを止めました。
自分が切られなければ、他の者が切られてしまうと思い、退職を決意したらしい。

 ヤスの異動と引っ越しの件ですが・・・
心の中ではもう旭のとこに行こうと決めていたようですが、気になるのは、老いてきたたえ子姉ちゃん(麻生祐未)のこと。
たえ子姉ちゃんも、平気な顔を見せているけど、ずっと一緒だった弟がいなくなるのは、堪らなく寂しいはず・・・

 そんな二人の気持ちが手に取るようにわかる照雲(野村宏伸)はヤスに言ったさ。
「ヤス、たえ子さんは俺が看取るから。
坊主なんてそのためにいるんだからさ。
体壊したら幸恵が手伝ってくれるだろうし、たえ子さんのことは慕ってる人はいっぱいいるし。
こっちは何とかなるよ」
「けどよ・・・・」ヤス
「たえ子さんだって自分がヤスの幸せを邪魔したって負い目はつくりたくないと思うよ。
行きなよ、ヤス。
息子のためだけに頑張ってきた人生じゃない。
東京行って、向こうでヨイヨイになってさ、息子と嫁と孫に囲まれて死になよ。
ヤスには、それが一番似合ってるよ。じゃあね」

 (¨ )(.. )(¨ )(.. )ウンウン!!
いや〜照雲はしっかり海雲和尚(柄本明)の後を継いでますよね。
力強い言葉でしっかり後押ししてくれた海雲とは、また違った、優しいヴェールに包んでくれるような照雲の言葉はじわ〜っと効いてきますワ。

 ヤスの引っ越し準備が始まりました。
たえ子姉ちゃんがお手伝いにきてくれていますョ〜
ヤスは押入れの奥から、ダンボールに入った旭の思い出の品を見つけ、ついつい見いっちゃってます。
「親なんだな〜俺。親しか、こんなガラクタ取っとかねえだろ・・・」

 わかるよ〜捨て魔の私だって、娘が赤ちゃんの頃に好きだったぬいぐるみとか幼稚園で描いた絵とか手紙、捨てられないもん。
人から見たら、ガラクタなんだけど、ひとつひとつに思い出が詰まってるんだよね。

 ヤスは今まで親として一生懸命走ってきて、やっとこの思い出の品を手に取る時期がきたんだね。
なんだか感慨深いのう・・・

 そして、ついにヤスの送別会の日がやってきました。
さすがに、みなさん、寂しくて騒ぐ気になれやしない・・
たえ子姉ちゃんだって、涙をこらえてるんだよ・・・(ノω・、) ウゥ・・・

 クズも明日で最後。
その便でヤスを東京まで送っていってくれるそうな。
「いや、最高っスよ。最後のトラックでヤスさんを旭くんとこに送り届けるとか。最高っス」クズ

 店を出ていくヤスにたえ子姉ちゃんはいつも誕生日にあげていたハイライトをまとめて渡しましたぞ。
「やっちゃん、はい、コレ。これからの誕生日の分。もう毎年渡すのも無理でしょ。元気でね、やっちゃん」
「おう・・・・ねえちゃんもな」ヤス

 涙なしに何とか別れた二人でしたが・・・別れたあとの二人の背中が泣いてるよぉ・・・o(TヘTo) クゥ
感謝の気持ちがありすぎて・・・だから何も言えやしないよね。

「今までありがとな。これからも 頼んだぞ」
翌日、ヤスは、あの美佐子のために祀ったお地蔵様に挨拶をしてから旅立ちました。
クズは東京へと向かう前にヤスの思い出の場所を巡ってくれたさ・・。

 美佐子と小さな旭が暮らしたアパート、もう無くなっていたけど・・・・
そして旭の通った保育園、小学校、高校・・・・思い出すのは旭と過ごした日々・・・
いつだってヤスはバカがつくほど真剣に旭と向き合ってきた。

 海が見える美佐子が眠っているお墓・・・
その海では海雲和尚から大切な言葉をもらって、その言葉に守られるように生きてきた。
この町で、ここの人達と一緒だったから、ヤスは旭とやってこられたんだよね。

 さて、旭たちはヤスと一緒に住むために、もっと広い家に引っ越そうとしていた。
由美は自然に迎えてくれるし、かわいい孫の健介はすっかりヤスになついている。
でも・・・

「すまん、旭、すまん。俺、やっぱり、ここには住めねぇ」ヤス
「・・・・・頭上げてよ。こうなるんじゃないかと思ったよ。やっぱり、田舎のみんなが心配?」旭
「それもあるけどな」
「 「けど」?」
「俺が・・・・俺は、お前の親だからだ」
「親だから?」
「俺が、ここに来たらよ、オマエが逃げてくる場所がなくなるだろうが。
うまくいってる時はいいよ、けどよ、長い人生、何が起こるか分かんねえじゃねぇか。
東京で暮らしていけなくなったら、オマエどうすんだよ・・・
俺まで、ここに来たら、オマエ、ケツまくって逃げるとこなくなるじゃねぇか。
俺だって、ここにいたら楽しいと思うよ。
健ちゃんがいて、もう一人生まれて、お前がいて、由美ちゃんがいて・・・
けど・・・・・俺は親だから、いけねぇんだよ、寂しくなくなるからって、ここに来たら、いけねぇんだよ。
親の親だから、遠くで笑ってねぇといけねぇんだよ!」ヤス
「・・・・そっか・・・・うん・・・そっか・・・」旭

 旭はこの親父の思いを受け入れてくれました。
息子や嫁たちから、乞われて舞い上がっちゃったけど・・・大切な海雲和尚からの手紙を読み返して、自分は最期まで父親であり続けようって思い直したんだろうね。
だって、ずっとそうやって生きてきたんだから。
最期まで貫きたいって思ったんだよね、旭と旭の家族のために。

 ヤスがいなくなって・・・
何か魂の抜けちゃったたえ子姉ちゃんのところに、ふらりと奴が帰ってきました。
「パトロールだよ!パトロール!!出戻りの年増が、三ヵ月後に死体で発見されたら寝覚め悪いからな」
「・・・・・・・」たえ子
「オイ、ビール!何だよ・・・・ビールだって!」
「だって・・・だって・・・まだビール冷えてないから・・・」
「じゃあ、茶でいいよ。あっ、腹も減ってんだけど、何か適当に」
「いちいちいちいち!ここは、アンタんちの台所じゃないんだからね!・゚・(ノД`;)・゚・」

 やっぱりヤスには、カウンターのその場所がしっくりくるよ・・(ノ┏Д┓`)ホロリ・・・
懐かしそうに店内を見まわすヤスの目にもうれし涙だよぅ・・・

 って、あの仕事どうなっちゃったんだろ?って思ったら、クズに譲って、会社は辞めちゃったらしい。
で、いい感じに「夕なぎ」の親父におさまっているヤス・・・(o^-^o) ウフッ
これから姉と弟で仲良く店を切り盛りしていくがいいさ。

 一件落着・・と思ったら、旭のところでは、弟の世話に追われる両親に健介が寂しさを感じておりました。
で、家出決行・・・・たった一人でヤスおじいちゃんの所へやって来ました。

 健介を見つけたヤスが怒ったりせずに満面の笑顔で迎えてくれて、しかも一人で来られたのを褒めてあげてたのが嬉しかったなぁ・・
ヤス、りっぱにおじいちゃんの役目やってるよね。
そして、照雲もね。

「康介いるからさ・・・・やっぱり、かわいいよね、顔だって お父さんに似てるし」健介
「健ちゃん、それは・・・それは違うぞ」ヤス
「そうかな・・・・」健介
「健ちゃん、血がつながってない子の方が親に そっくりになっちゃったって話、知ってる?」照雲
「そんなことあるの?」健介
「おじちゃんは、おじちゃんのお父さんと全然似てなくてね、ヤスの方がよっぽど おじちゃんのお父さんと似てたんだよ」照雲
「ちょっと待て!俺のどこがあのジジイに似てんだよ?!」ヤス

「似てんじゃない。すぐ手が出るとことかムッとしてるとことか」照雲
「おじちゃんとやっさんは兄弟じゃないよね?」健介
「兄弟じゃないけど、同じように毎日毎日怒られて育ったんだよ。
立場は逆だけど、ちっさい頃 おじさん健ちゃんみたいに悩んだんだよ。
ウチのお父さんは、ひょっとして、ヤスの方がかわいいんじゃないかって」照雲
「そ・・・そうなのか?」ヤス
「でも、今は悩んでよかったな〜と思ってる。
おじちゃん、一人っ子だったから、兄弟みたいな人をつくってくれたお父さんに感謝もしてる。
健ちゃんにも、すぐにそういう日が来るよ」照雲
「うん」健介
「アイツ、いっつも俺のもん横取りすんだよな〜オイ!待て!コラやっさんを置いてけぼりにするな」

 手を繋いで行ってしまう二人を追いかけるヤスがかわいかった。
子供が孫になっても、この町の人達は同じように背中を温めてくれる。

 翌日、旭を待っているけど、まだ浮かない顔をしている健介にヤスは頭を下げたさ。
「健ちゃん!実は、やっさん、健ちゃんに謝らねぇといけねぇことがある!
お父さんとお母さんはな、やっさんのために弟をつくってくれたんだよ。
やっさんとばっちゃんの血をひく子供をなって。
健ちゃんに寂しい思いをさせたのは、やっさんだ。すまん!」
「うん!」

 やっと健介が笑顔になった・・
やっさんが謝ってくれて、健介は癒されたと思うし、すごく嬉しかったと思うよ。

 さて、旭がやってきましたよ〜
「健介!」
「お父さん・・・」健介
「( ・`ω・)⊂彡☆))Д´) ビシッ!! どれだけ心配したと思ってるんだ!もう二度と、こんなことすんな!」旭
「うん・・」健介
「頼むよ、健介・・・」旭

 やっさんのびっくりした顔にウケたけど、旭も父親になったねぇ・・・(ノ∀;`)
愛情のこもったビンタ、その後、力いっぱい抱きしめてもらった健介はお父さんの愛情を痛いほど感じたはず。
ヤスの父親魂がしっかり受け継がれてるよ・・

 健介はの背中とお腹を温めるように抱きしめていた旭と由美・・・
この二人なら大丈夫だよね。

「子育てって難しいね。区別してるつもりなんて全然ないんだけどな」旭
「まぁ、今の健ちゃんには、そう見えちまったってこった」ヤス
「はぁ〜〜気をつけてたつもりだったんだけどな・・・」旭
「あのな、偉そうに育てようとすっから、いけねぇんだよ。
大体な、親なんてそもそも大したもんじゃねえんだ。子供よりちょっと長く生きてるだけで」
「そうかな」旭
「おう!自信持って言うけどな、子育てなんて間違いの連続だ。
それでも、ありがてぇことに、子供はちゃ〜んと育ってくれるんだよ。自分の力でな」
「そうとも言えないと思うけど・・・・」
「そうなんだ。お前は、お前の力で育ったんだ
大丈夫だよ、健ちゃんは。一人でここまで来たんだぞ。お前より、よっぽどたくましいよ。大丈夫だ」
「うん」

「けどよ、旭、一個だけよ、親がどうしても子供にしてやらなきゃいけねぇことがあんだよ。
それはな・・・子供に寂しい思いをさせねえってことだ。
寂しさってのはよ・・・雪みてえにチロチロチロチロ降り積もって、
いつの間にか心をガチガチにするんだってよ。
だから、親は海にならねぇといけねぇ。
海になって笑ってなきゃいけねぇんだ。海には雪は積もんねぇから・・・って、昔和尚が言ってた。
俺が、できてたかどうかは知んねぇけどな」ヤス
「頑張んなきゃね。俺は、それが二人分だし」旭
「まぁ、頑張って頑張って、それでもどうにもならなくなったら、助けてやるよ。
例えばよ、健ちゃんと康ちゃんが二人同時に溺れてたとする。
そん時は、お前はまっすぐ康ちゃんのとこへ行け。
俺は、まっすぐ健ちゃんのとこに行くからよ。そうすりゃ、二人とも助けられんだろ」

「親父・・・コレ、俺が編集したんだ。読んでよ」旭
それは「とんび」というタイトルの本でした。
「映画化してくれ(本音かっ!)旭か小百合の主演でよ」ヤス
「親父、あのさ・・・・」
「おう?」
「俺さ・・・自分が不幸だなんて思ったこと、一度もないんだよ。
普通に、ずっと あったかかったから。
だから、親父は俺の海だったんだと思うよ。ありがとう・・・お父さん」

 も〜〜!ヤスも男泣きだよっ!。・゚((T◇T゚)゚・。
最終回も、いいタイミングで福山兄貴の歌声がきたよ・・

『これは、とんびとタカが旅をする物語だ。
人から 「とんび」と呼ばれた父親と「タカ」と言われた息子の物語だ。
だけど、本当はどちらが「とんび」で、どちらが 「タカ」だったんだろう・・・』

 この親父には、一生かなわないやね・・・

「おい、お母さん、あんなに増えちまったぞ。
なぁ、お母さん、お母さんもポカポカしとるか?」ヤス
「はい」美佐子

 いいラストでした。
バカだけど、一本気で、ちょっと伝わりづらいけど息子のことを心の底から愛しているヤス、
そんな父親の、時にとんちんかんな愛情をしっかりと受け止めて、まっすぐに育ってきた旭、
2人のこころの根っこにいつもいてくれた美佐子、
そして、そんな親子にいつも家族のように寄り添ってくれた町の人々・・
あたたかくて、力強くて、潔い、このドラマの世界が大好きでした。
毎回、登場人物たちの思いに泣かされ、癒され、力づけられましたョ〜

 キャストとスタッフのみなさんの絆が感じられるすばらしいドラマでした。
心からの感謝と拍手を送りたいと思います。
ぽかぽかじゃ〜い!ボケっ!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
 第8話 第9話

こたつ
久々に、すんご〜く長い記事になってしまった・・・(´xωx`)
最後まで読んで下さったあなた、どうもありがとうございました。
お互いに、来週から寂しくなるねぇ・・(ノ∀;`)