「火の用心!」吉田

 いやいやいや、吉田、まず二人を閉じ込めたことを謝って!
そして、アキの一世一代のジャンプを邪魔したことを心から謝って!
もしかして、その勢いで種市先輩つき合うって言ってくれたかもしれないじゃん!


 さて、微妙な反響を巻き起こしたアキ(能年玲奈)の歌唱力・・・

「う〜ん、何だろう。笑えるほど下手でもねぇんだよな」吉田(荒川良々)
「ありがとうございます」アキ
「あれ?今、褒めた?」吉田
「誰だ?今歌ってたの。外まで聞こえたぞ。
ジャイアンリサイタルかと思った。アハハッ」弥生 
キャー!弥生さん、前!前!((゚゚дд゚゚ ))!!
「・・・・( ゚д゚ )・・・・」アキ
「あ・・・アキか」弥生(渡辺えり)

 で、口直しにユイが歌うことに。
曲は80年代彗星のごとく現れた角川映画のアイドル、原田知世の『時をかける少女』。いい選曲だぁ〜
んが・・・こちらも、旨からずマズからず・・・
地味〜にストレスがたまる歌声・・・歌い方に変なアヤついちゃってるし・・


 ということで、「北三陸の越路吹雪」弥生さんがJJガールズ、ウニむす?の歌唱指導をしてくれることになりましたとさ。

 さて、3月になりまして・・・種市先輩が実習に来てくれるのも残りわずかとなりました。
でも、この前のプールジャポン事件以来、な〜んか先輩に距離を置かれてるのが気になっているアキは授業に集中できない。

 そんなアキを磯野T(皆川猿時)が見逃すはずないさ〜
ヘルメットの中の空気を抜くために小刻みに首を動かすっちゅー実演をさせたんだけど、何か変・・・


「いや違う!首だけだろ?首を・・・こうだろう、お前」磯野
アキ、クビも肩も顔も動かしすぎ・・・(*≧m≦)

「お前!違う!それ、ビートたけしでねぇか!おめぇ!コマネチか!」磯野
「だって先生も」アキ
(ビートたけしのまねで)俺のマネなんかすんじゃないよ。バカ野郎!」磯野

 ビートたけしのマネをする松村のマネをする誰かになっとるぞ・・・( ̄∀ ̄;)
そして、アキはその誰かのマネをする磯野Tのマネ・・・


連続テレビ小説 あまちゃん Part1 (NHKドラマ・ガイド)ピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
 学生としても、JJガールズとしても、大事な時期を乗り切れないでいるのを実感したユイは、また種市先輩に詰め寄っております。

「待ちなさいよ!どういうつもり?」ユイ
「何が?」種市
「とぼけんじゃないわよ!
アキちゃんに「頑張ってもしょうがない」って言ったんだって?
何で、そんなひどい事言うの!」
ユイ
「そっちがこの間「頑張るって言葉が大嫌い」って言ったがら」
「私の言う事なんて信じないでよ。全く世話の焼ける。
一回ぐらいデートしてあげればいいじゃん」

「・・・・・・」

「そっち?!」ユイ
「何だよ?」種
「自分の事はずぶんって言うくせに、私はそっちなんだ。何?方角?」
「いやいや、何て呼べばいいんだよ」
「知らないわよ!自分で考えて」
「ユイ」
「・・・・はい」       アレ?ユイちゃん、今ちょっとキュンとした?

「何なのよ、もう!用もないのに呼ばないでよ!」ユイ
「ユイ!」
「何よ?」
「俺と・・・・」


 え?!俺となに?
「俺とつきあってぐれ」?
「俺とデートしてぐれ」?
う〜む・・・アキに刺激されて、ずぶんも告白することにしたか?
ま、この二人、今付き合わないとしても、東京へ行ったら付き合うんだろうな〜


 で、種市先輩は、はっきり付きあえないって伝えようと思ったみたいだけど、
アキはデートに誘われたと勘違い。
レッスン放り出して出かけてしまいました。
その姿に心折れた男ひとり・・・ヒロシです・・・


 アキは先輩をお座敷列車にリフォーム中の倉庫に連れてきました。
で、ユイとの出会いから語り始めちゃったから、先輩なかなか言えやしないよ・・・

「あの天野。実は俺・・・」種
ガシャン!照明オフ!
2人がいるのに気づかない吉田が電源落として、
ジョッピンかっちゃった(北海道弁で鍵をかけるの意味ョ)ようです。
「じぇ!」アキ

 その頃、本当のヤング一名と元ヤング達がいる「梨明日」では、北三陸のデートスポットについて話しておりました。

「この辺、デートっていったらどこに行くんですか?」水口(松田龍平)  
良かった!まだ居た・・・(´∇`) ホッ
「ないね。国道沿い走ってたらモーテルばっかりだもんね」勉さん(塩見三省)
「ちょっと、勉さん!」春子(小泉今日子)
「別に平気っすよ」ユイ

そこに菅原(吹越満)も来店。

「何の話してったの?」
「この辺、デートスポットがないねって話」大吉(杉本哲太)
「あ〜国道沿い走ってても、モーテルしかないしね」菅原
「ちょちょ、ちょっと!」春子
「平気っす」ユイ

「戸締まり完了しました!何の話?」吉田
「デートするなら・・・」大吉
「モーテルしかねぇでしょ」吉田
「ちょ、ちょっと!」春子
「さすがに、イラっとしてきた」ユイ

 なぜか、いつもタイミングが悪くてユイをイラッとさせてしまう吉田・・・( ̄∀ ̄)
その頃、やさぐれてジオラマとお話しようと観光協会に向かったヒロシ(小池徹平)が見たのは・・・
憑りつかれたように、ちょっと土俗的な雰囲気で踊っている栗原ちゃん(安藤玉恵)。
背後にヒロシがいるのにも気づかない・・・


「ゲ、ゲゲゲ、ゲゲ!
違うんです。誰もいないから開放的な気分になっちゃって。
TM NETWORKの「Get Wild」に合わせて踊っていました。
合わせてって言っても、頭の中で鳴ってる音に合わせて。

だからね…(-_-) 死にたい!」栗
「飲みに行きませんか?」ヒロシ
「・・・是非」

 いやいやいやいや・・・この流れで酒が入ると・・・モーテルしかねぇでしょ!
ヒロシ!自制心を忘れないで!
あれ?でも、意外といい感じの二人になるかも・・・菅原にとっては、アレだけどさ。


 その頃、閉じ込められたアキと先輩は灯油缶のたき火で暖をとっていました。
「ありがとうございます。
『頑張れば、いいもんじゃねぇ』って先輩言ったべ。
あれ、いい言葉だなと思って」アキ
「あ、そう」種
「出発、いつですか?」
「3月18日。卒業式の次の日だ」
「お座敷列車の日だ」
「何か天野と喋ってると、東京さ、行きたくなくなるな。 
も〜そういう事言うと、またアキ誤解するでしょうが〜!ゞ( ̄∇ ̄;)
天野みでぇに、この町を愛してる奴は他にいねぇ。
自分が育った町を寂れてるとか、遊ぶ場所がねぇとか、悪く言う奴ばっかりだ。
ずぶんは東京さ行く。
でも、この町を捨てる訳じゃねぇ。
こごが一番いい場所だって確認するために行ぐんだ」種

 ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ じいちゃんと同じこと言ってる!やっぱり、先輩は運命の人?
気持ちが高まっちゃったアキは、思わず『潮騒のメモリー』を歌ってしまいました。


「いや、びっくりした。
いきなりおっきい声出すからぶっ壊れたと思ったべ」種
「ヘヘヘヘ!」
「『潮騒』って、三島由紀夫だべ?」 
種ちゃんが三島を知ってたとは意外だぞ。やっぱりユイと趣味が合いそう・・

「え?」アキ
「三島の恋愛小説で、映画化もされた名作だ。
「『その火を飛び越えてこい』ってのは、その中のセリフだ。
その後、2人は抱き合うんだ」種

 ちょっと、ちょっと、先輩!
アンタ、全く気づいてないみたいだけど、アキの恋心に火つけまくってるョ
灯油缶の炎を前に、アキ、すっかり『潮騒』の中の人になっとる・・・


「天野?」種
「その火を飛び越えます」アキ
「じぇじぇ!」     先輩のじぇじぇ!初めて聞いた(‘ jj ’)/
「その火を飛び越えて来いって意味ですよね?先輩!」
「いやいや、いやいや!」
「天野、行きます!」    
「お前が飛ぶのか?」
「はい!その火を飛び越えます!」

 アキには聞こえてないけど、大吉っつあんが『JUMP』を歌って応援しているよ!
って、アキ、落ち着け!ヾ(-д-;)


「あ〜!やめろ天野・・・落ち着け!」
「飛びます!」アキ
♪〜ジャンプ!♪ 「駄目だ!天野来るな!」
♪〜ジャンプ!♪ 「先輩!」
「天野!」

 ♪〜ジャンプ!したのは置き忘れてた携帯取りに来た吉田だった。
しかも、種市先輩、押し倒されちゃった・・

「火の用心!」吉田
「すいません」種市

 チャン、チャン♪
いや〜も〜『JUMP』のくだりが最高だったョ〜!!((o(´∀`)o))
しかし、この恋はどこへ行くんだろうね〜?


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話
 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話

br_banner_sumire

完成直前の記事が消えたため、ショックから立ち直るのに時間がかかり・・・
こんなに遅くなっちまいました・・・(дll)
でも、書き終えることができて良かった・・・