さて、4月になり、アキ(能年玲奈)は高校3年生になりました。
春子(小泉今日子)との約束通り、普通の高校生に戻ったアキでしたが、
『潮騒のメモリーズ』の人気は一向に衰えず、大吉っつんたちも対応に困っております。

 そして、潜水土木科に大異変が!
アキに憧れて潜水土木科に女子が8名も入学。
この事態に一番困慌てているのは・・・磯野先生だべ(* ̄m ̄)
教室の前で怯えてアキに相談しております。


「やっぱり無理だよ!天野!
女子の前で授業なんかやった事ないの!」
磯野T(皆川猿時)
「おらも女子だべ!」アキ
「天野なんか女子だと思った事ねぇよ!
ずっと男子校状態だったのに、いぎなり8人だよ!酒飲まねば無理だよ
」   
そんな、アンタ・・・・
「大丈夫。先生意外と女子受けいいから」  
ホントだよ(*゚益゚*) 
なんか、こう・・・サーカスのクマちゃんとか、
くまモンとかをかわいがりたい気持ち・・?


ホントに?臭いとかキモいとか言わない?
キャラ変えるんだったら今なんだからね!」磯野
「とりあえず、オネエキャラはNGだ」アキ
「言うよね〜!(´pq`*)」

 さ、勇気を出して教室へ。
緊張のあまり、床に竹刀叩きつけちゃった・・・


「おす!おら担任の磯野。
いっそんて呼んでけろ。いっそんだ!」
いっそん
「アキちゃんだ!!」

 あ〜磯野先生ががんばっていっそんキャラ作ったのに・・・
いっそんポーズもしてみたのに・・・
みんなアキに夢中だべ・・・•(ノTДT)ノ


連続テレビ小説 あまちゃん Part1 (NHKドラマ・ガイド)ピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
 一方、ユイ(橋本愛)の方は、『ミス北鉄』として地道に活動を続けております。
でも、スカウトと思われた水口(松田龍平)からは何の接触もなし。
お座敷列車のあと「歌良かったよ」って褒められたぐらい。

 あんなに緊張したのに、期待外れだべ!
スカウトするなら、さっさとすれよ!
あたしの旬は今だっつーの!!ユイにとっては生殺し状態。イライラしてるのかしら〜

 で、アキに相談してみることに。
太巻さん(古田新太)の記事が載っている雑誌を読ませて、
水口と太巻さんが繋がってるとしたら、すんげぇことなんだ(‘ jj ’)/、
今時代が動こうとしているんだ(‘ jj ’)/ って、わからせようとしたけど、
例によってピンとこないみたい。


「『芸能プロダクション『ハートフル』代表取締役 荒巻太一氏。
昨年はアイドルグループアメ横女学園芸能コースを世に送り出し
自ら作詞したデビュー曲『涙目セプテンバー』は60万枚のセールスを記録。
セカンドシングル『空回りオクトーバー』のカップリング『肌寒いノーベンバー』は
ドラマの主題歌にもなり、『暦の上ではディセンバー』で初のミリオンを達成』・・・」アキ

「全部読むの?全部読まなくてもピンとくるでしょ?」ユイ
「何が?」アキ
「水口さんが、なぜ太巻さんの名前を口にしたのか」
「分がんねぇ」
「スカウトマンだからよ!」

「スカウトマン?」アキ
「そう。荒巻太一の事務所の社員。私たちをスカウトしに来たのよ」ユイ
「いやいや。あの人は勉さんの弟子の琥珀マニアだべ」アキ
「その設定自体が怪しいじゃん」   
「勉さんの?」
「勉さんは琥珀掘ってりゃいいのよ。  
水口さんよ。私たちに近づくために勉さんを利用したんじゃない?」
「エヘヘ!そんなバカな」

「あの人、こんなふうにも言ってたよ。
『まぁ、2人ともキャラはいいので、問題は歌ですね。歌唱力が』」ユイ
「そりゃ怪しすぎっぺ!」アキ
「でしょでしょ?どうする?」  やっと、伝わったよ・・・(;-_-) =3
「どうもしねぇ。
もし水口さんがスカウトマンだとしても、おらには関係ねぇ」
「そっか。お座敷列車で引退したんだもんね・・・」
「海女は続ける。今年の夏は海女に専念する」

「もったいないと・・思わない?」ユイ
「もともと、おら芸能界だのアイドルだの興味ねぇがら。でも・・・・」アキ
「何?」
「楽しかったな〜!」

『それは、アキにとっても、素敵な思い出でした。
歌って踊って拍手と歓声に包まれた事、
全てひっくるめて忘れられない出来事でした』


 そりゃそうだよね。
あんな楽しくって充実した時間、そんなにあるもんなねぇ・・・
でも、アキの場合はみんなが一緒だったからってのもあると思う。
袖が浜のみんなと、そして、みんなのために歌う。
家族の笑顔に包まれた中で末っ子が歌うようなもんだ。

 これはユイにとっては、ちょっと困った事態だよね。
水口が『潮騒のメモリーズ』をスカウトする気なら、足並みそろえないと、
自分のデビューの話がまるっきりなくなっちゃう・・・


 その後、アキは海女クラブのミーティングに参加。
なぜか、水口もいるぞ。
これはどういう会かと言うと・・・
「素朴で愛嬌たっぷりのおばちゃんたちが、
酒の力借りてどす黒い欲望をさらけ出す会合」
らしい。

 アキのTV出演以来、北三陸はかなり注目を集めており、
ツアーを組みたいと旅行代理店からの話も結構きているらしい。
海女はキテいる!
今年の夏には空前の海女ブームが到来するはずだ(‘ jj ’)/(‘ jj ’)/(‘ jj ’)/
そのブームにしっかり乗って、観光客をがっちり掴むには、それなりの設備投資が必要だべ。

 って、話をしていたんだけど、海女の賃金は安すぎる!って流れになり、吊し上げられる組合長(でんでん)・・・


「ウニ1個につき、漁協さ200円、観光協会さ200円も取られたら、
やってらんねえ!あ〜!」
弥生(渡辺えり)
「それ、搾取し過ぎでしょう」水口 
 
 コラコラ、たき付けるなや・・って思ったけど、100円は確かに少なすぎるべ。

「こっちはな、命懸けで潜ってんだ!
100円じゃ、やってらんな〜い!」
美寿々(美保純)
「不正だ!絶対不正だーーー!」弥生
「本性出てきたぞ!」花巻(伊勢志摩)
「いやいやいやいやいや!
海女クラブの維持費も運営費も、そごから出てる訳だがらね!」
長内
「ウニの値段を高くするか、おら達の取り分ば増やすか、二つに一つだ。
このずるむけじじい〜!
弥生

 弥生さん、暴力はやめてあげて〜(・´д`・;)ノ

 そんな大人達のやり取りを聞いていたアキがひらめいたぞ。

「海女さんが潜ってる間、お客さんがくつろげる場所があったらいいなって。
待ってる間、意外と暇だべ?
だがら、ほかに何か食べる物売ったり」アキ
「あ、それいい!海の家みてぇなもんか?」夏(宮本信子)
「海の家でもいいが、それだと夏の間だけしか営業できねぇから・・・
「カフェ?んだ!
海が見える眺めのいいカフェがあったら、夏場だけでなく冬場もカップルが来るべ!
いぐねぇ?海女カフェ!いいべ!」


 にゃんと、この意見がみなさんの心にヒット!
早速、海女クラブとして観光協会に『海女カフェ 企画書』を提出しに行ったぞ。


「いやいや、ちょっとちょっと!
そんな簡単にね造りましょうって言うけどアキちゃん、現実的に金が・・・」
大吉(杉本哲太)
「何言ってんだ?いいか!アキどユイちゃんの人気で儲けた金は、
半分は北鉄のもんだが、半分は海女クラブのもんだべ!」
かつ枝(木野花)
「んだんだ!」弥生
「んだんだ〜!ミサンガだって売れてんだべ〜?」美寿々
「なんぼ儲かった?」弥生
「いや・・・」菅原
「おい、大吉!」弥生
夏までに何らかの回答がなければ、今年は潜んねぇぞ!」
「キターーーヾ(lljj)ノ 切り札!海女のストライキだよ、これ」菅原
「海女カフェ!海女カフェ!海女カフェ!海女カフェ!」

 その頃、ユイは水口に仕掛けていました。
春子から「相変らずスゴイ人気」と振られ、ぼやき始めましたぞ。

「でも、今だけですから。
こんな、へんぴな町の、しかも現役女子高生っていう希少価値込みの人気ですから。
東京行ったら、私くらいのレベル、ザラにいますから」ユイ
『ホラ、そんなことないよ。
君みたいな子、東京にもいないって言いなさいよ!』ユイ心の叫び

「ユイちゃん・・・どうした?」春子
「別に」ユイ

 カウンターの水口は、ノーリアクション・・・(≧▽≦;)

 ついにユイ、キレちゃったぞ。
「ていうか、何なんですか?
こないだから隠れてこそこそ写真撮ったり、急に話しかけたり!
何が目的なんですか?!」

 足立ユイ、17歳。勝負に出ました。
結果は・・・・予想がつきません・・・・・( ̄∀ ̄;)


『水口琢磨 32歳 乙女座。
この男の存在が、その後のアキとユイの運命を左右する事を、まだ誰も知りません』


 う〜む・・・どうなるのかねぇ・・
予告じゃユイは水口について行くとか言ってたよねぇ・・・
てか、私がスカウトだったら、アイドルになりたがっている子より、
アキみたいに無自覚な子の方に魅力感じるかも。
ユイ、ホントにこの男信用していいんかね・・・
それよりミズタク!勉さんを悲しませた罪は重いぞ!


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 156話(最終話)

br_banner_asagao