「あの野郎!忘れていきやがった!」勉さん
水口ーーー!!勉さんの気持ち置いてくなよーーー!!ゞ( ̄∇ ̄;)
お前って奴は最後の最後まで勉さんをぞんざいに扱ってからにーーー

 さて、魔女狩りのように村人たちに囲まれたユイ(橋本愛)と水口(松田龍平)・・・・
しかも、村人たちはどんどん増えてくるぞ。
HPはこちら


「水口君、説明してもらおうか」大吉(杉本哲太)
「まだまだ増えるど!さっさと謝れ!」菅原(吹越満)
「騙してごめんなさい」水口
「それじゃあ、おめぇさん、ホントに・・・・」かつ枝(木野花)
「はい。大手芸能プロダクション「ハートフル」のスカウトマンです」水口
「じぇじぇ!じゃあ「考古学の研究してる」つったのも・・・」弥生(渡辺えり)
「嘘です。琥珀なんて興味ありませんし、何が面白いのかさっぱり分かりません」水口

 水口〜!なんも、そこまで言う事ないべ!これ以上勉さんを傷つけるなや!
それに、そんなわざわざ嫌われるような事言って、なんもいいことないと思うが・・・


「この野郎〜!」勉さん
「勉さん、勉さん!」      勉さん取り押さえられちゃった・・・・(llェ)
「詳しく話聞かせてもらおうか」功(平泉成)
「聞かなくていいよ、先生!
どうせ、アレでしょ?例のさ、観光協会のホームページ見てさ、
アキとユイちゃんの事知って、まぁ、人気あるみたいだし、
そこそこかわいいし・・・あ、違うか。
普通にかわいいからアイドルだのデビューだのさ、
そういう調子いい事言ってりゃあ、所詮世間知らずの田舎もんだし、
ホイホイ乗っかってくるって、そんな感じでしょ!?」
春子(小泉今日子)
「そんな感じです」水口

「そんな感じなのか?」功
「はい。全く、そんな感じで弁解の余地もありません」水口
「開き直ったぞ」花巻(伊勢志摩)
「ホント、ごめんなさい!」水口
「謝って済むか、バカ!」美寿々(美保純)

 まぁ、謝り倒すのはいいとして、この水口の人を食ったような態度は、いったい・・・
コイツ天然なのか?それとも、わざと悪者になるつもりなのか?
でも、今後もユイの芸能界入りの交渉をするつもりなら、
そのやり方はアレなんじゃ・・?


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
バカにすんなよ!
要するに、うちら田舎もんの事バカにしてんでしょ!?」春子
「それはないです」水
「嘘だね。業界人なんてね、こんな奴ばっかなんだよ!」春子  
「ミズタクが水炊きみてぇな名前のくせによ!」かつ枝
「ポン酢と柚子こしょうで食っちまうぞ!」弥生
「春ちゃんはな、1年前まで東京で暮らしてたんだぞ!」大吉

「知ってます。歌手を目指してたんですよね。
そういう親が一番やっかいだっていうのも、スカウトマンの常識です。
反面、自分のかなえられなかった夢を娘に託そうとする母親も多いので
味方につければ心強いって・・・」水
「敵よ!アンタなんか!敵!天敵!
何なの?知ったような事言って!あの人何!?」
春子
「落ち着いてけろ、ママ!」アキ(能年玲奈)

 なんか春子の言葉には別の恨みもこもっていそうだよね。
多分、過去に「オーディション」で吊られて自信満々で向かった春子は
プライドをズタズタにされたんじゃ・・
で、田舎もんバカにしやがって・・!という怒りと共に田舎への嫌悪と
東京もんになってやる!って思いが生まれたのかも・・


 水口は、アキにはその気がないこと確認済みであること、
ユイが受けようとしているオーディションは、「GMT47」のものであると説明しました。
が、聞きなれないカタカナ言葉に脳の受入れ態勢がストップし、次々と脱落していくみなさん・・・
何とか頑張った大吉っつんが、モノ申したぞ。

「ミズタク、よ〜く聞け!
ユイちゃんはな、この北三陸の救世主なんだ。分かるか!?
産業も観光も100円ショップもねぇこの町の、廃線寸前のローカル線を
普通の女子高生が復活させたんだ!
ユイちゃんの代わりはいねぇ。
誰にも務まんねぇ!どうしても欲しかったら、刺し違える覚悟で来い!」

「お〜よく言った!」かつ枝     

 他のみんなからも拍手が沸いたぞ。でも・・・・・

「私の気持ちはどうでもいいんですか!?
私の東京に行きたいっていう気持ちとか、
アイドルになりたいっていう子どもの頃からの夢とかは、
聞いてもらえないんですか?
そんなに町おこしが大事なんですか?
だから嫌だったんです。「ミス北鉄」なんて・・・
こういう事になるの分かってたから。
私、北鉄がどうなろうと、町がどうなろうとどうでもいい。
関係ない!」ユイ
「ユイ、そのぐらいにしておけ」ヒロシ

だって本当の事だもん!
もちろん皆さんの事好きだし、田舎をバカにしてる訳じゃないけど・・・
でも・・・これ以上犠牲になるのは嫌。

こんな所で一生を終えるなんてありえない!」ユイ

 そうだよね。北鉄のために残ってくれってのは大人の事情でしかない。
そのために夢を諦めろなんてヒドイよね。
ユイの『今』は、今しかないんだもん・・・


 ユイが自分の気持ちを素直に吐きだせたは良かったと思う。
でも、言ったその言葉は周りの大人達にもグサッときたけど、自分自身にも刺さってきたはず。いろんな人を傷つけてわがまま言って出ていくほどの確かな才能があるとも思えない。
あの時、あの勢いでなら行けたけど・・・もう、行けない・・・
夢をへし折られてしまったショックは大きい。
ユイはその日から家に籠って外に出なくなってしまいました。


 水口が東京へ帰る日が来てアキと一緒に会いに来たけど、ユイは部屋から出てこなかった。

「僕も一旦、東京戻るけど、ちゃんと営業するから。
君も、ご両親とちゃんと話し合って3月まで頑張りな」水口
「3月なんか、すぐだべ、ユイちゃん」アキ
「待ってるから」水口

 あの夜のことは、大人達の心にも微妙な影を落としております。
「ハートフル」なんてインチキプロダクションで、変なとこに入るのを助けたと思いたいけど、春子からちゃんとした実績も名もプロダクションだと知らされ、さすがにユイのチャンスを奪ってしまった罪の意識を感じております。


「昨日のユイちゃんの言葉、胸に刺さったじゃ・・・・
25年前、春ちゃんがこの町出てった時とダブったべ」大吉
「はぁ〜確かに、おらたちが町おこしに集中するあまり、
17歳の少女の夢ば食い潰そうとしてたのかもしんねぇな」菅原
「一度しかねぇ青春だもんなーー」大吉
「じゃあ、東京に行かせるんですか?」吉田(荒川良々)
「それは、ねぇべ」大吉・菅原

 アンタら、ホント、汚い大人たちだよ・・・(-_-)
でも、情に流されてたら北鉄は無くなるし、困る地元の人たくさんいるだろうし、
失業者も出るし・・・責任あるからなぁ・・
親なら子供の思いだけ考えて行かせたいと思うだろうけど・・・


 水口は最後だけは北鉄に操を立てて、電車で帰ることにしたようです。

「ユイちゃんの事よろしく頼むぞ。ホントに約束だぞ!」アキ
なんとなくうなづく水口。

 そして、勉さんも最後のお別れ。
共に過ごした時間の記念に勉さんは水口に大切な琥珀を渡しましたぞ。

「持ってけ!こんなもの元はただの樹液だべ。
磨いて磨いて、やっと価値が出る。
お前の仕事もそんだべ?どんないい原石もよ、磨かねがったら宝石にはなんねぇ」

「ああ・・・」水口   勉さんがせっかくいい事言ったのに、上の空かよ・・ ゞ( ̄∇ ̄;)
「「ああ・・・」って、分かったのか?」
「あっ、時間ないし」水口

 そこにウニ獲りをしていた美寿々が磯ノミを手に現れました。
美寿々さん、やったれ!!
じゃなくて・・・美寿々は最後の抱擁をした後さっぱり別れをつげましたぞ。


「よし!もう吹っ切れた。
若ぇ頃なら、この勢いで駆け落ちもしたけど、
もうそんな無駄な事はしねぇ。次だ、次!
ありがとう。楽しがった。じゃあな」

「かっこいい・・・・」水口

 美寿々さん、いい女だよ。袖が浜の女の心意気見せてくれたね。
ちょっと、ほろりときちゃった・・・(ノ∀;`)


『水口は東京へ帰っていきました。アキとの約束を彼はかなえてくれるのでしょうか』

 どうなんだろうね〜
これでアキとの約束やぶったら、ユイ、立ち直れないよ・・・


 てか、本日、春子は夏ばっぱに褒められました。
別の思いも重なったせいもあるけど、地元の人間として東京もんに向かって行った春子の姿が夏は嬉しかったのかねぇ。
「かっこよかったぞ。『うちら、田舎の人間をバカにすんな』・・・
おめぇが言うとは思わながった」夏

 春子もこっちの人間になりつつあるようです。
ところで・・・謎の「潮騒のメモリー」を春子が嫌がる理由予想。
1.相手役男性を鈴鹿ひろ美と奪い合った。
2.主役を鈴鹿ひろ美に奪い取られた。
3.春子は潜るシーンだけやらされた。    どうだべ〜?


  2015年6月15日追記

エキサイトする大人たちの言葉を聞いている時のユイの絶望・・・
そして心の叫び・・・その痛みが刺さるように伝わってきました。
大嫌いなこの場所から逃げ出したい、夢を叶えたい・・・
なのに脱出できない。この暗黒のループにユイは長い間苦しむことになる。
でも、光は必ず見える。ユイちゃん、耐えてけろ!そして見出してけろ!

 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 第156話(最終話)

br_banner_sumire