さて、ユイ(橋本愛)が引きこもっちゃってるんで、『海女カフェ日和』のコーナーの
リポーターは原史奈さんが務めております。
取材を受けるかつ枝さん(木野花)はすっかり慣れた様子で地元の名物おばちゃんの貫禄が感じられますぞ。
弥生さん(渡辺えり)は・・・・変わんねぇな・・・( ̄∀ ̄;)
アキ(能年玲奈)は・・・新鮮さを保ちつつ安定感が。


「じゃあ、カメラの向こうのユイちゃんに何か励ましのメッセージ頂けますか?」原
「いや、ユイちゃんそういうの好きでねぇんだ」アキ
「え?」原
「頑張れって言われんのが嫌いなんです。
いつか必ず戻ってくると思いますんで、その時は温かく迎えてやって下さい」アキ

 自宅で見ていたユイは電源ブチッ!(キΦェΦ)
前に言ってたもんね〜アキが自分と同じぐらいか下じゃなきゃ嫌だって・・・
今は・・・同じぐらいかもしれないけど、そのうち自分を追い抜いて行く・・・イラッ・・
ユイは焦りと苛立ちを感じております。


 海女の仕事が終わってアキはユイの元を訪ねました。
ユイは会ってくれなかったんだけど、よしえの頼みで晩御飯を一緒に食べることに。

「『ママみたいになりたくない』って・・・言われたの、ユイに」よしえ(八木亜希子)
「どういう意味ですか?」アキ
「さぁ・・・勘違いしてるのあの子、勝手に。
私が結婚と同時に嫌々田舎に引っ込んだって」
「違うんですか?」
「全然。アナウンサーだって、なりたくてなった訳じゃないし。
短大出て、たまたま内定もらえたのが岩手のテレビ局だっただけ。
むしろ都会で育ったから、ずっと田舎に憧れてたの」
「おらと一緒だ。だから、正直分がんねぇ。
ユイちゃんが何で、そこまで東京さこだわるのか」
「知らないからね。行けば分かると思うの。
あの子が思うような夢の国じゃないって。だから反対しないの。
行って挫折したら帰ってくればいいし、夢が叶うんだったら追いかければいいし。
私は、ただ帰ってきた子どもたちを温かく迎えてあげたいなって思うだけ。
おいしい御飯と笑顔で」

『いいお母さんだ。アキは心底そう思いました。
柔らかくて温かくて、間違っても「バカ」とか「ブス」とか言わない優しいお母さん』


 二人の会話をユイが陰から聞いておりますョ・・・
なんかよしえとアキの感じよくわかるなぁ・・・
不思議と友達の子との方が素直に話せたり、いろいろ理解できたりするんだよね。
親子だと逆にな〜んかストッパーがかかっちゃって、うまく流れていかないというか・・・不思議なもんだよね。

 てか、おっとりお嬢さんふうのよしえから、何でユイみたいなガツガツ系の子供が・・・逆にそう育っちゃうのかちら・・・
ホント春子と似てるし、生き方も春子路線だもんね。


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
 ユイはアキを自分の部屋に引っ張っていきました。

「全部嘘だよ。お母さんの話。
声も言い方も嘘くさいでしょ?原稿読んでるみたいでしょ?」ユイ
「アナウンサーだからでねぇか?」アキ
「近所づきあいしないからお茶飲み友達もいない。
家事と手芸と韓国ドラマの再放送、それだけで幸せな訳がない」ユイ

 幸せはね〜年齢と共に変わってくるのよ〜〜ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

 ユイは「GMT」のHPをアキに見せました。
いつのまにかHPもできて、水口が言っていた太巻の計画はちゃくちゃくと進んでいる。日本地図があって、スカウト済み(「GMT」と認められた)の地域は色が変わっております。現在のところ、宮城、埼玉、徳島、福岡の4か所。


「岩手は?」アキ
「まだ。でも、油断してたら赤になっちゃうよ」ユイ

 HPでは彼女たちのデビュー曲がHP限定で配信されています。
ちなみに仙台出身の「牛タンガールズ」は「ずんだ ずんだ」
♪ ずんだずんだ〜 ♪ ずんだずんだぁ〜♪ 

 誰もがきいたことのあるメロディーだべ・・・(´∀`;)

「これ、2万ダウンロードだよ」ユイ
「じぇじぇ!これが!?」アキ
「ちなみに「ずんだ」は宮城県の郷土料理で枝豆を潰して・・・
(PCから♪ずんだずんだ〜♪ の歌声が・・・・)
うるさい!
PCの蓋バンッ!!

「(゜∇゜ ;)・・・・・・・
一日中見でんの?部屋さ籠もって」アキ
「だって、気になるじゃん。
本当は岩手も赤だったのに。邪魔が入んなきゃ」ユイ

 ( ̄□ ̄;)あらーーーかなり荒んどる・・・・
はぁ〜やっぱりタイミングって大切だよね。
本人がやる気みなぎっている時に道が開かれたら、いつも以上の力を発揮できるし頑張れると思うんだけど、それを強引にへし折られるとねぇ・・・
その思いがマイナス方向へどんどん突き進んじゃうよ。


 ユイの部屋の壁には、デビューできたGMTのメンバーの記事と共に、
「潮騒のメモリーズ」の記事や写真がいっぱい飾られていました。
花開くはずだったユイの夢と希望・・・輝き・・・
アキは改めてユイの失望と傷の深さを思いました。
このままじゃ、楽しかった思い出まで真っ黒になっちまうべ!

 
 そんな訳でアキは真剣にユイのことを心配しております。

「このままじゃ、ヤバイと思うんです。ユイちゃん。
ほっといたらまた家出するんじゃねぇかって。
いや、家出する気力もなくなる。
部屋に籠もって毒ばっか吐いてっから・・・」アキ
「まぁ、それはご家族がちゃんとケアして・・・」菅原(吹越満) 
アンタ達にだって責任あるんだからね(д)
「気晴らしが必要だって意味だよね」ヒロシ(小池徹平)
「とにかく部屋から出さねぇと」アキ
「東京見物さでも連れてったらどうですか?2泊3日ぐらいで」栗原ちゃん(安藤玉恵)
「帰ってこなくなったらどうすんの?」菅原
「ありえますね」ヒロシ

 も〜いいじゃん!
帰ってこなかったら来なかったでその時だよ。
ユイは冷めてるとこあるけど、頭で考えて納得できるタイプじゃないんだよ。
春子みたいに行動にうつさなきゃ、そして失敗しなきゃわからない。


 池田(野間口徹)から「潮騒のメモリーズ」を復活させたらという案が出たけど、アキは春子から引退勧告されてっからなぁ・・・
それじゃ・・ってんで、またまた池田から「海女カフェ」の特設ステージで二人で歌うことを提案。んが、それすらも春子の許しがでそうにない。
なんとか春子も納得できて、ユイちゃんを引っ張り出せるようなうまい案がないべか・・・

「・・・・あっ!」アキ
「ふぇす?何だ?「ふぇす」って」夏(宮本信子)
「みんなで歌ったり踊ったり潜ったりウニ取ったりする、海女のフェスティバルだ!」
「えっ、ここでか?」美寿々(美保純)
「んだ。ユイちゃんに元気になってもらうのが目的なんだけど、
露骨に元気出せって言うと元気なくなる子だから」アキ よくわかってるじゃん・・
「あ〜」みんな
「だから、無駄に元気な海女クラブのお祭りに放り出したら、どうだべ?」アキ
アマーソニック。海女のサマーフェス・・・
『海女〜ソニック』花巻(伊勢志摩)  さすが海女クラブの博報堂。

「はあ???」みんな
「何でもねぇ(わかるもんだけわかりゃいい・・)」花巻
「それいいよ、花巻さん!『海女〜ソニック』いぐねぇ?」アキ
「何だか分がんねぇけど、にぎやかなのはいい事だ!」夏
「ユイちゃんもよ、来てくれたら客足更に伸びるべ!」かつ枝
「出たよ、この守銭奴がぁ!」美寿々
「そしたら、おら、「ヨイトマケの唄」歌うべ。
「♪父ちゃんのため〜なら、エ〜ンヤコ〜ラ♪」弥生

 弥生さんの「ヨイトマケの唄」も気になるところだけどな、
これでユイがまた夢に向かっていく気力を取り戻してくれたらいんだけどな〜

 って、まだ続いていた(オイオイ!)ヒロシと栗原ちゃん・・・・
「今までの恋愛全部自然消滅だったんで。
まぁ、今回は職場も一緒だし?そう簡単には終わらないと思います」って・・・
ヒロシ、簡単には逃げられないべ・・・( ̄▽ ̄)


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話
 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話

br_banner_sumire