水口は「梨明日」。夏ばっぱは「海女カフェ」・・
やっぱり春子とタイマン勝負するしかないようです・・・
HPはこちら

「どれ、2階行くよ」春子(小泉今日子)
「((((;´・ω・`)))・・・」アキ(能年玲奈)

 2階の春子の部屋と言えば、最初はここを見つけたのも秘密だったよね。
それが春子にバレて、懐かしアイテム話で盛り上がったっけ・・・
なんだかもはや懐かしいぞ。
一緒に春子のオーディションのテープも聞いたし・・・


「さては・・・アレが良くなかったか・・・どういうつもりぃ?」春子
「すいません」アキ
「そうかそうか〜ママにもできるんだから私もできるかななんて思っちゃった?」
「違うよ!」
「そういう話じゃないからね、アレは。むしろ逆。
東京なんか行かなきゃよかった。アイドルになんか憧れてバカみたい。
人生やり直したいってそういう話だからね!」

「そしたら、おら、この世にいねぇ」

「また、そういう。 いいから、アキ。
聞いて。ママね、アンタが東京に行くのを全然反対しない。
韓流スターの追っかけになるとか、なでしこジャパンに入るとかも全然OK!
ガールズバーで働きたいとかでも全然OK!
アイドル以外だったら何に憧れても全然いい!
ガールズバーもいいんだ・・・(´・∀・`)
それぐらいアイドルは駄目!許さない!」
「何で?」
「不幸になるからよ」       断定だよ・・・
「やってみなきゃ分かんねぇべ!」
「分かるの!純粋な気持ち弄ばれて利用されて消費されて心が折れる。 
いやいや、春子、騙されてAVでも撮られたのか?どんなひどい目に遭ったんだよ
水口も、その社長の太巻って人も誰も、決して手を差し伸べてくれない。そういう世界なのよ」
「それでもいい。やるだけやってみでぇんだ」

 平行線だべ・・・(´-ω-`)
でも、アキはアキなりに一生懸命自分の気持ちを伝えようとしております。


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
「聞いてけろ、ママ。
おらがアイドルになりてぇって思ったのは、ママの歌聴いた時なんだよ」アキ
「え?」春子
「かっこよかった。
御飯作ってるママや洗濯物干してるママも好ぎだけど、
歌ってるママは最高だど思った。
アキ、泣かせるフレーズだべ・・・(ノ∀;`)
だいぶたってから本物聴いたべ」
「本物?」
「鈴鹿ひろ美の「潮騒のメモリー」もかっこよかった。
やっぱり女優は違うなぁと思った。
でも、おら、ママの歌の方が好ぎだ。
先に聴いたからかもしんねぇが、ママの歌の方が本物だって思った。
今でもそう思ってるよ」
「ありがとう・・・」
「お座敷列車で歌った時、海女カフェで歌った時、楽しかった。
もちろんママの足元にも及ばねぇが、おらの歌がお客さんに届いたような気がして嬉しがった。
もっと届けてぇ。もっともっと元気になってもらいてぇ。
1人じゃ無理だがユイちゃんと2人ならやれそうな気がするんだ」

 アキは正攻法でしかぶつかれない子だ。
そのアキの言葉が春子に伝わらない訳がねぇ。
それに春子だって一度は目指した世界だ。
どうすりゃあいいんだよう・・・


「(;-_-) =3 フゥ」春子
「駄目か?」アキ
「分がんね」    なまってる・・・
「ママ・・・」
「何て答えていいのか全然分かんない・・・・
ちょっと待ってて。お母さんに聞いてくるわ」
「え?!」

 これまた、意外な展開・・・そら、アキもびっくりだな・・
で、寝ている夏ばっぱ(宮本信子)に、あの晩のように尋ねました。


「どうしたらいいか分かんないよ。
夏さん・・・起きてよ夏さん。起きてんでしょう?
アンタならどうする?ねぇ、夏さん!」
春子

 でも、夏ぱっぱは動かない・・・

「ふん!あん時と一緒か・・・」春子
「待で!・・・何だって?」
「アキが東京行くって言って聞かないの。
アイドルになるんだって。どうしたらいいと思う?」
「行がせてやったらいいべ」
「何で?!」
「本人が 行きてえって言ってるからだ」
「私も行きたかったけど・・・
同じように私も夢があって、東京行きたくて、
オーディション受けたいって相談したじゃん。
あん時、夏さん私に何つったか覚えてる?」
「へへ!くっだらねぇ」   そう言ったみたいです・・・
「そんな冷たい夏さんがさ、どうしてアキには甘いの?孫だから?
ねぇ、答えてくんないとさ、私もアキに何て言っていいか分かんないんだよ!」


「なしてだべなぁ・・・やっぱし、あん時の事が引っ掛かってんだべなぁ・・・
母親として娘の将来も考えねばなんねぇ。
同時に海女クラブの会長として地域の活性化に貢献せねばなんねぇ。
北鉄が開通して、あの頃はみんな前向いてたもんで。
地元のために娘を犠牲にした事、今やっぱし後悔してんだべな」夏
「ちょちょ・・・え・・・やめてよ」春子

 やっぱり袖が浜で海女さんやってる身としては、
欲の皮のつっぱった大人だと思いつつも、邪見にはできなかったべ・・・
でも、こころの中では春子に手合せてたんだね・・
だから春子が出ていくのをわかっていても何も言えなかった。
あえて出て行かせたのかもしれない。だから、追いかけることもできなかったさ・・・


「あの晩、おめぇは本気で訴えかけてきた。
おらも本気で応えるべきだった。
「大事な娘を欲の皮の突っ張った大人たちの犠牲にしたくねえ」って。
市長さんや組合長さ、啖呵切るべきだった・・・!
その事を、ず〜っとず〜っと悔やんでたから、
おめぇの顔見んのがつらかった。
すまなかったな、春子。25年かかった・・・
このとおりだ。許してけろ・・・」


「お母さん。顔・・顔上げてよ、お母さん・・お母さん・・・」春子
「すっとしたーーーやっと言えたべ」夏
「・・・私もすっとした」
「そうかい。へへ!」
「謝ってほしかったのか、私。よく分かったね?」
「まぁな。腹減ったな。うどんでも食うか?」
「やっぱかっこいいわ、お母さんは」
「ああ?」
「何でもねぇ・・・」

 素直な気持ちで「お母さん」と呼べる幸せ・・・
謝ってくれたら許せるのに・・・春子はずっと心の奥で思っていたんですね。
そして夏ばっぱも、あの時の自分の判断が春子の心の傷となっていることを
知っていて、ずっと後悔してきた。

 強い拒絶は、強い愛情の顕れ。
夏に感じていた自分でもよくわからないもやもやとした怒り、
それが形になって春子の心から飛び出した。
抑えこんでいた母への思いが、静かに戻ってきているのを春子は感じていました。

 甘えるように涙ぐむ春子の表情が印象的でした。
夏と春子の心を繋いでくれたのはアキ・・・
今、春子は素直な気持ちでアキの前に立っているんじゃないのかな・・
どうなるんだろ・・・・それでも、やっぱりアイドルはダメなのかなぁ?


  2015年6月25日追記

 アキの「ママの歌の方が本物だって思った」という言葉、春子は衝撃とともに受け止めたと思う。
そして春子の中で何かがはずれた。
ずっと封じ込めてきた思いがやっと出口をみっけたんだべ。
だから武器を捨てて夏の前に立つことができた。
それは夏ばっぱも同じ。
言いたくても言えなかった言葉をやっと伝えることができたんだ。
自分では気づかずにアキはいろんなところで奇跡を起こしてるんだ。
アイドルの条件を十分充たしてるべ!

 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 第156話(最終話)

br_banner_sumire