さて、昨日はアキ(能年玲奈)が種市先輩(福士蒼汰)を無頼鮨に連れて行ったら、太巻さん(古田新太)と鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)が現れ、身を潜めたところで終ったんだったわね。

「誰?」種市
「うちの社長と大女優」アキ
じぇ!だったら、挨拶した方がいいんじゃん」 ←やっぱり東京弁(?)かよ・・・
「駄目」
「何で?」
「うちの事務所は恋愛御法度なんです」
「恋愛!?でも、俺ら、そういうふうに見えるか?(ないべ!)」

 恋愛どうこうよりも、居合わせちゃいけねぇ場に居た気まずさだべ。
でも、二人ともたいした話もしないて別れてったぞ。

「よく来るんですか?」荒巻
「ここ?帰って御飯作るの面倒だし。ねぇ、大将?」鈴鹿
営業スマイルの大将・・・なんか不気味・・・(* ̄m ̄)
「一人でこんな店来て、誰が見てるか分かりませんよ」
「平気よ。店の前までタクシー呼ぶし」
「えっ、運転手は?」
「辞めてもらった。だって、うちまで送るって言うのよ?
耐えられない!朝はマンションの下で待ってるし・・・・( ;゚д゚))」
「それが運転手なんですよ」
「そうなの?怖くて通報しちゃったわ」
「え〜〜?」
「駄目なのよ。最低限のプライバシーは守りたいの」   
ホント、えーーーーだわ・・・( ̄▽ ̄;)
「まっ、私も1年でクビになりましたけどね」
「アハハハッ!」

 『もしかして社長・・・鈴鹿さんのマネージャーだったのか…?』
アキは衝立の後ろでお茶を飲みながら聞いております。

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
「付き人ぐらいつけたらどうです?紹介しますよ。うちにも女優志望の子がいるから。
ちょっとおもしろい新人がいるんですよ。
鈴鹿さん、気に入ってくれるんじゃないかなぁ・・・
グループ名がね、『潮騒のメモリーズ』って言うんです」
「(*゚<>゚);:*';:.ブッ」アキ

「ほお〜」鈴鹿
「岩手のご当地アイドルなんですが、その名の通り『潮騒のメモリー』歌ってるんです」荒巻
それを聞いて鈴鹿さん、アキのことがチラッと横切ったみたいだけど
思いだせなかったわ〜

「どんな感じ?」鈴鹿
「歌全然ダメ。お話になりません。
二人組なんですが、かわいい子の方はまだ東京に来ていません。
この子は素質的には申し分ないです。
もう一人のなまってる方は・・・・・・なまっています」
「( ´,_ゝ`)∵:.プッ」種市

「『潮騒のメモリー』・・・懐かしい・・って言うか・・・憶えてない」鈴鹿
「デビュー作なのに」荒巻
「うん・・たっま〜にカラオケで入れてみるんだけど、
何でだろう?ぜんぜん歌えないの」鈴鹿

 目を伏せてお茶を飲んでいる荒巻さん・・・
もしかして、鈴鹿ひろ美さんは歌ってないのか?
アキが「ママの歌の方が本物だって思った」って言った時、春子は複雑な表情浮かべてたような気がするんだが・・・
そして、もし春子が歌ってたとしても鈴鹿ひろ美はその事知らないのかもしれないな。周りが勝手にやったことで忙しい鈴鹿ひろ美は映画の内容を確認もしていないのかもしれない。


 荒巻さんがお茶だけ飲んで帰った後、鈴鹿さんも帰って行きました。

 「無頼鮨」の大将(ピエール瀧)の微笑みを見て「何アレ・・・小林薫のつもりかしら・・?」ってつぶやいたのに笑ったぞ。
「いろいろ」あった割には適度な距離を保ってたよね〜
男女のアレではなく、太巻さんが鈴鹿ひろ美のいた事務所を独立する時とかにいろいろあったってことか?


 二人が居なくなったので、やっと種市先輩とゆっくり話せるべ。
でも先輩は、アキがアイドルになれるとは全く思っていないようです。
そしてユイのことも。

「来ねぇんじゃねぇかな。アイツ、もう諦めてんじゃねぇか・・・」種市
「そんな・・・やめて下さいよ。縁起でもねぇ・・・!」
「出鼻くじかれたっつうの?もう遅れとっちゃってる訳だべ?
来ても舞台の下からスタートだべ。耐えられねぇと思うんだ。
天野と違って、ユイはプライド高いし、エリートだし、この年まで挫折を経験したことねぇし・・」
「・・・・やめてよ」
「いっそこのまま田舎で地元のアイドルやってたほうが」
わかったようなこと語んな!
ユイちゃんは来る!絶対来る!
そんな簡単に諦めねぇし、弱くねぇし、
中途半端な事はしねぇ!

「お客様・・」伊東
「落ち着け、天野」

「しっかりしてけろ、先輩!
この間まで70キロのヘルメットかぶってもシャンとしてたのに。
縮こまって、情けねぇ!南部もぐりの精神忘れたのか?!」

「・・・・・・・・・」種
「・・・・・田舎さ居る時は田舎の悪口、東京さ来たら・・・東京さ来たら、東京の悪口。
そういうの一番嫌いだったんでねぇか」アキ
「・・・・・・・・・」種
「何だよ?!
エリートでプライド高ぇのは先輩の方でねぇか!
何だよ!
おらの初恋の相手はこんなちっちぇえ男だったのかよ!」

「お客さん!」大将
「自分が挫折して帰るのは構わねぇが、
おらとユイちゃんを巻き込むのは止めてけろ!」

「お客さん!」

「ユイちゃんは来る!
絶対来る!!」

「お客さん!!」
「わかった・・わかったから、天野・・・すいません・・・」種市

 アキだって、もしかしたら来ないのかも…不安になってたからさ、
それでも信じる!って自分に言い聞かせていたのに先輩が言うからさーー
しかも、確かにアキが言う通り自分が挫折したからって匂いも感じられるしよ。


 でも、アキ、かっけえかったぞ。
(また店で騒いじまったけどよ・・・(;^ω^))
ユイを信じたいってまっすぐな気持ちが痛いほど伝わってきたべ。
そんな言葉を先輩がしっかり受け止めてくれたなら、何かが変わるはずだぁ・・・。

 そして、残った寿司をもったいないと言ってみんなのために持って帰ろうとするのもアキらしくて良かったべ。
先輩が大切なお金で奢ってくれたんだもんな。


 てか・・・・また鈴鹿さん支払いをしていってくれたようです。
『・・・・あの人、気づいてたんだ・・・』

 その頃ユイは・・・・
転院先で功先生(平泉成)のリハビリに付き添っていました。
功先生は主治医も驚く回復力でリハビリにも熱心に取り組んでいました。
きっと早く回復してユイを東京に行かせてやりたいって思ってるんだろうなぁ・・

 退院が決まりほっとして、よしえさん(八木亜希子)は緊張の糸がきれて疲れを感じたようです。
で、春子に会いに来ましたぞ。

「ちょっと休んだ方がいいのよ」春子(小泉今日子)
「お医者さんにもそう言われたんです。頑張りすぎちゃダメだって。だけど、加減がわからなくて・・・」よしえ
「頼ればいいのよ。みんな暇でおせっかいなんだから。
私も大吉さんも菅原君も、みんな先生の教え子なんだから、当てにしてよ」春子

 なんだか春子の口調がしっとりと優しくて・・・
すっかり北三陸の人になったのが感じられたよ。
いろいろあって春子も気負いがなくなったっていうか、まあるくなったよね。

 相変わらず奈落でGMTのみんなと練習に励むアキの元にユイからメールが届きました。ちゃんと水口(松田龍平)のところにも父親の退院が決まったと報告があったようです。
ユイ(橋本愛)はアキから手渡されたキップを手に、ちゃんと出発の準備をしてるわ〜
良かったぁ〜(ノ)´∀`(ヾ)


『ずっと連絡ができなくてごめんね。
アキちゃんが頑張ってるから、ユイもこの試練を乗り越えられました。
アキちゃんとの約束、やっと果たせそうです。
「潮騒のメモリーズ」完全復活まで、もうちょっと待っててね。
★ CATCH A DREAM!! Yui ★』


「いがったあ〜〜」アキ

 アキもこれで本腰入れられるべ。ユイちゃん、早く来てけろ〜〜
って・・・・・・・・・・・・・・・
でも、予告でヤンキーになっちゃってるユイを見ているからな〜(-_-)
まさか・・・お父さん頑張りすぎて退院がのびちゃうのかちら・・・・
それとも、お母さんが倒れる・・・?想像したくないけどよ・・・


 アキは鈴鹿さんにおごって頂いたお礼をしたくて無頼鮨の勝手口で待っていました。(って、EDOシアターのすぐ裏なんだね)
大将もすっかりアキのことわかっていて、中に入るよう言ってくれました。

「あの!」アキ
「あらら・・・アイドルの卵だ!」鈴鹿
「先日は連れの分までごちそう様でした」
「あは、や〜だ、いいのよ。食べなさい」

 アキが自己紹介すると、鈴鹿さんは太巻さんが言っていた「おもしろい子」がアキだったとわかったようです。

「あの・・・もう一人の子がもうすぐ東京さ来るんで、
そしたら、おらの歌っこ聞いて下さい!」アキ
「・・・・・・・はい。(手拍子始めたぞ)」鈴鹿
「・・・・・いや・・・今でなくて、来月です・・・」
「・・・・なんだ・・・。何でも頼みなさい」
「ありがとうございます」
「私は・・・カッパ」
「じゃあ、おら、ウニ!」
 
 コラコラ、アキ・・・ゞ( ̄∇ ̄;) 
大先輩がカッパなら、アンタはかんぴょうでもいかんかい!
鈴鹿さんが思わず素に帰っちゃっただろうが〜



 なんか・・・鈴鹿さんって・・・天然?アキとタイプ似てるよね〜((´艸`*))
こりゃ、太巻さんが推薦するはずだわ。
大女優の裏の顔を楽しみにしていたけれど、もちろん、こういう鈴鹿さんも待ってました!アキとのかけあいが楽しみデス♪


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 第156話(最終話)


br_banner_kingyo