さて、よしえを見かけたアキ(能年玲奈)は、とりあえず「じぇじぇ!」と叫ぶと、安部ちゃん(片桐はいり)に通報!

「安部ちゃん、安部ちゃん!来て来て!」
「えっ?何!?どうしたのアキちゃん!」
安部ちゃん
「いいがら見で!」
「うん?」
「見える!?」
「うん。見える。三又又三!」    いやいやいや、じゃなくてさ!ヾ(・ω・`;)ノ
「じぇじぇ!嘘!?どこどこ?」   アキも乗っかってる暇ないっつーの!
「アレ、ほら!」
「ホントだ!」
「あの人、岩手県出身なんだよ!花巻市の医者の息子なんだよぉ〜!
コロッケの付き人だったこともあるんだよお〜!」
「あっ!あ〜!!
アラッ?(゚ー゚;三 ;゚ー゚) アラッ?」
「何?・・・・コロッケからもらった芸名が「ハムエッグ」なんだよぉ〜」
「あーーーもう、どっか行っちゃったぁ・・・」
「何が?」
「何がって・・・・安部ちゃん三又について詳しすぎ!」  
三又、三又・・・どっかで聞いたことあるような・・σ( ̄、 ̄=)
「しっ!」

 横を通り過ぎていく女連れの三又から目が離せない安部ちゃんなのでした。

 よしえさん消えちゃったよお・・・・
でも、一緒にいた男性って、お兄さんとかなのかもね。
そんなさ〜夫と子供置いてきてさ〜、すぐに男に走るような人とは思えないんだよなぁ・・・

 アキもよしえさんの事を考えると眠れねぇさ・・・

『えれえもん見ちまった。
ユイちゃんとストーブさんのママが北三陸で一番恵まれていると言っても過言ではねぇ・・・
幸せの代名詞、足立家の奥様が・・・あんな楽しそうな笑顔初めて見た』

「いやいやいやいや!」    アキ、アンタまた、うるさいよ!

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
『人違いかもしんねぇ!ユイちゃんの身を案ずるあまり幻を見だんだ!
そうに違いねぇ。だって・・・・』


 よしえとの会話を思い出すアキ・・・

「私は、ただ、帰ってきた子どもたちを温かく迎えてあげたいなって思うだけ。
おいしい御飯と笑顔で」
 

 まぁ、デキすぎの奥様だったもんなぁ・・・家族に対しても取り繕っていたのかねぇ・・・

『あれは、嘘だったんだべか・・・・?』

 まるっきり嘘って訳でもねぇべ。そういう妻であり母親になりたかったんだろうな・・・
この年頃の娘が親を否定するのは当たり前っちゃー当たり前だが・・・・
ユイちゃん言ってたな。


「全部嘘だよ。声も言い方も嘘くさいでしょ?原稿読んでるみたいでしょ?」ユイ

「いやいやいやいや!」
        
 あーーもーー声がデカイ!ヒヤヒヤするーー.+゚☆|ョ゚Д゚。))))

『ユイちゃんの言うとおり、全部嘘だったんだ!』

「んだんだんだんだ!」

『そして、ついに病気の夫を見捨て、娘の夢を犠牲にしてまで、東京さ来たのだ。
あららららら・・・・恐ろしい女。鬼嫁だぁ・・・』


知らせなきゃ!・・・痛い。痛い痛い・・・・」   <
span style="color: #0000CC;">もーーだから、部屋から出て電話かけなさいよ。

『言えねぇ!これ以上ユイちゃんを傷つけだぐねぇ!』

「いやいやいやいや!」
うるせぇな!お前、この野郎!
何時だと思ってんだよぉ!寝ろ (-ω-*)」しおり(松岡茉優)

 そりゃそーだ。そりゃ、そうだよねぇ・・・ヽ`(;~▽~;)、ヽ`
でも、どうしても眠れない。
泣きながら水口の部屋をノックする甘えんぼさんのアキなのでした。


「(/_;)・・・眠れません」アキ
「君は・・・いくつだ?
もう寝なくていいから布団の中でじっとしてなさい」水口(松田龍平)
「じっとしてたら、うるさいって言われました!」
「うるさい?」
「気配がうるさいって。出てってくれって・・・」   

 なんかわかる気がする・・・( ´,_ゝ`)プッ.

 アキは今日のことを水口に話したさ〜

「えっ?!ユイちゃんのお母さんが?あの上品な奥さんが?
浮気とか絶対しなさそうな、風邪薬のコマーシャルに出てそうな奥さんが?
男と上野で!?」水口
「はい」アキ
「それは、確かに「じぇじぇじぇ」だ」
「どうすべぇ・・・」
「どっちにしろ警察に届け出してる訳だから、似た人見かけたって通報した方がいいかもね」
「ユイちゃんには?」
「それは絶対言っちゃ駄目だよ。
ただでさえ心が折れかけてるのに、蒸発した母親が東京で、
しかも男と一緒だなんて聞いたら完全に折れるよ」
「はい・・・」

 最近はアキがメールを送っても留守電を入れても一切返事がないらしい。
水口、ちょっと責任を感じているようです。

「だって2人を引き裂いたもともとの原因は俺だし。あんなに仲良かったのに」水口
「んだな。あっちさいた頃は、毎日何時間でも喋れたのに、今は電話つながっても、正直何喋っていいか分がんねぇ。せめて、おらとユイちゃんの立場が逆だったら・・・」アキ
「そういうもんかもしれないね。前に言っただろ?
『ユイちゃんの方がかわいくて華があるのに』って。
でも、ひょっとすると世の中を動かしてるのは一番かわいい子や一番才能のある人間じゃなくて2番目なんじゃないかって思うんだ」

「2番目・・・・」     アキ、顔がにやけてるぞ!
「2番目の人間が1番の人間に対して恥ずかしい姿見せたくないって頑張った時に
成功するんじゃないかって」
「ユイちゃんに対して、恥ずかしくねぇ仕事をしろって事ですか?」
「うん。あっ!君が2番っていう意味じゃないけどね」
「そこは「うん」でいいじゃないですかーーー」
「いや、それは駄目でしょう。今40位に入れるかどうかの崖っぷちなんだから。
ドラマの撮影もあるし」
「あっ、そうでした!」
「セリフ完璧?」
「『島田さん、先週引っ越しましたよ』」
「棒読みだな」

 ということで、夜の特訓が始まりました。
水口はずっとこの一言のセリフに付き合ってくれたようです。

『考えてもしょうがねぇし、とりあえず、おらは仕事さ打ち込む事にしました。
隣人Cになり切る事に。
生まれて初めてカメラの前で演技する事に緊張していたのはもちろんですが
今は、余計な事を考えたくなかったというのが本音です。
幸い、土日はイベントだし考える余裕もありませんでしたが・・・
気を抜くと、思い出してしまう・・・・』


 アキ、気合いいれろや!大事な時期でしょうがーーー!!
もちろん、しおりから喝が入りました。


「しっかりしてよ!」
「ごめんなさい・・・」アキ
「反省会?もう反省会?」安部ちゃん  
安部ちゃん・・・寮母さんみたくなってる・・・(´∀`;)
「もうすぐドラマの収録だからぁ、集中できないのかもしんないけどさぁ!
ちょっと酷過ぎ!」しおり
「ダンスはともかく、握手会のあれはマズイわ」アユミ(山下リオ)
アキ、ずっと「島田さん、引っ越しました」って言ってたらしい・・・
「誰!?島田とかいうメンバーおらんし!」アユミ
「ごめん・・・無意識・・・完全に無意識」アキ
うちら、もう、後がないんだよ!
やる気ねぇなら辞退してくんねぇかな。目障りだから!」しおり
「あらら・・・埼玉の人、「行田フライ」食べねぇの?」安部ちゃん
「要らない!」

 そりゃ、そうだよね。イラッときて当たり前だと思うワ〜
国民投票まで1週間をきったらしい。
でも、基本、みんないい子だよ・・・それぞれ不安で押しつぶされそうなのに、
それでもこんなアキ(オイオイ!)を受け入れてくれている。


 水口は、先日の太巻(古田新太)の「アキは何か違う・・・」という発言が気になっているようですが、どう判断しているのかは例によって、読めん・・・

「できたら、6人みんな残りたいな」アユミ
「残れるよ。残れるように、やるしかねぇべ!
ねぇ、水口さん!6人全員で年越せたら
安部ちゃんに年越しそば作ってもらうべ!」
アキ
「あぁ〜〜」水口
「まめぶも作るか?」安部ちゃん
「もっと、うまいもん食わしてやるよ」水口
「じぇ・・・この野郎・・・」安部ちゃん
「とにかく、みんなここまで頑張ったんだから、悔いのないように正々堂々戦い、
どんな結果も受け入れ、ちゃんと前を向いて・・・・」水口 部屋に入っちゃった
「いや、最後まで言えや!」エレン(蔵下穂波)

 なんてこと言ってたら、アキのたくさんあるミサンガのうち1本が切れて床に落ちたぞ。

じぇー!じぇじぇー!願い事かなうべや!切れんだな」安部ちゃん
「それってもしかして!6人みんな合格って事!?」薫子(優希美青)
「しおりちゃんば呼んできて!」真奈(大野いと)
「見て!」エレン
「見てリーダー!ミサンガ切れた!」アキ
「天下取れる!天下取ろうね、みんな!」しおり
「天下!よし!」
「よし!」みんな
「安部ちゃん!」エレン   安部ちゃんも、ついにチームGMTの一員になったべ!
「天下取ろうね!」
「GMT6!」

 やっぱり、いい子達だよ・・・(`;ω;´)
そして、ついに国民投票の日が来ました。
その日はアキの撮影の日でもありましたョ〜


「鈴鹿さん、今日までいろいろとありがとうございました!」アキ  
オイオイ、気が早いにもほどがあるべ!
「えっ、引退?」鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)
「はい!そのつもりで当たって砕けます!」アキ

『前略、ユイちゃん、ママ、夏ばっぱ、あと大吉っつぁんとかそこら辺の皆さん・・・
ついに私、天野アキ、女優デビューでがす!』


 いや〜アキが調子こいて変なことしそうで、いろいろ不安だけど・・・ ( ̄▼ ̄;)
取りあえず見守ることにしませう・・・


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 第156話(最終話)


br_banner_kingyo

帰宅して、ちょっと横になったら、2時間近く寝ちまった・・・(´д`;) 暑いのは、もう嫌ダス・・・