アユミ(山下リオ)に何が起こったんじゃい・・と思ったら・・・・まさかの恋愛沙汰。
番狂わせを予想して、写真誌の記者が撮っておいたのかと思ったら、
(さすがにそこまでやってらんないか)
アユミが男性と密着している現場写真が匿名のメールでハートフルに送られてきたそうです。


 アユミは水口(松田龍平)と共に呼び出され、チーフマネージャーの河島さん(マギー)から事情聴取されております。
「正直に答えろ。この男誰だ?うん?」河島
「友達?バイト仲間とか・・・?あれ、年子のお兄さんいたっけ?」一応、フォローしようとする水口
「彼氏です」アユミ
「ε-(ーдー)ハァ・・・」河島
「だよねぇ〜だと思った」水口
うちの『恋愛御法度・三大原則』言ってみろ」河島
『撮らない 撮られない ついていかない』」アユミ
「正直、驚いてる。メンバーならともかく、奈落組の色恋沙汰まで
管理しなきゃなんねぇとはな。
だって君ら、無名じゃん!ほぼ一般人じゃん!
・・・・って事は、これ撮ったの内部の人間なんじゃねえ?
怖っ!アメ女、怖っ!」河島
「それはない。「アメ女に限ってそれはない」と思いましょ」水口
「で、どうするよ、コレ?」河島
「5秒考えていいですか?」アユミ
「うん」水口
「辞めます」アユミ
「お・・!」水口
「はやっ・・」河島
「彼の事、好きなんで」アユミ
「いやいやいやいや、いいのかよ?!奈落じゃねぇぞ。上いけるんだぞ!」河島
いっすわ!平気で他人の足引っ張る連中と頑張るぐらいなら、
彼のために頑張ります。ありがとうございました」アユミ

 あら〜うまいこと言って両方手に入れることもできたのに・・・
GMTの子たちは、やっぱり気性がまっすぐな子達ばかりたい・・


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックピアノピース1013 あまちゃん オープニングテーマ 作曲 大友良英
 場所を奈落に移しまして・・アユミの意志がGMTのみんなに伝えられました。

「何それ、どういう事?」しおり
「写真撮られました。彼と一緒におるところ。ほなけん、辞めますアイドル。
もう21やし、彼の事好きやし・・・」アユミ
「水口さん、「まだ分かんない」ってこういう事?」しおり
「アユミが辞めると29位以下から1個ずつ繰り上がるから、
しおりは40位でギリ、クビにならずに済む」水口

 しおりは41位、アキは42位だったらしい。
しおりは、思いっきりアユミを突き飛ばしたさ〜

「こういうの嫌!ねぇ、気持ち悪いから、やめてよ!バカにしてんの!?
自分が辞めれば、私が繰り上がって、それで私が喜ぶと思った!?

ふざけんなよ!
そんなつもりで、アンタとつきあってなんかない!

あ・・・・・・・こういうとこか・・・・
こういう、うざいキャラだから落ちるんだよね、私・・・」しおり
ごめん、リーダー!ホンマごめん!
私、疑っとったんよ。「これ撮ったんしおりちゃん、ちゃうん?」って。
だって彼氏おる事リーダーにだけ言っとったし・・・
ごめん。仲間疑うとか・・・最悪!」アユミ

「その人、仕事何してるの?」エレン
「調理師。新宿の忍者居酒屋でバイトしよる」アユミ
「フフッ…(´゚c_,゚` )プッ・・あっ、失礼」水口     水口〜そこに反応しないの〜!
「好きなんよ。結婚してもいいって思っとる。
いつか徳島帰って2人でお店やろうって話しよんよ。
ほなけん、ずっと悩んどって・・・」アユミ

だったら辞めなよ、ガール!辞めちまえ!」太巻
「じぇじぇ!」アキ
「何ね、コレ。社長、ニューヨークじゃなかと?」真奈(大野いと)
「あんなものは録画だ。もっと言えば合成だ。僕は寿司屋にいた。 やっぱりかよ・・・
『恋愛御法度』は、君たちを縛りつけるためのルールではない。
若くて可能性を秘めた君たちに考えるきっかけを与えてるんだ。
アイドルとしてストイックに生きるか、彼氏と ズブズブの恋愛に溺れるか。
専ら、ズブズブの方だろ?」太巻(古田新太)
「はい」アユミ
「「はい」って言われちゃった。ハハッ。ね?
健康な女子ほど恋がしたい。
そんな分かりやすい感情を抑圧して、ステージに立つ。
それが、アイドルだ。選ばれた一握りの人間の業だ。
ねっ、海女ちゃん?」

「はい!」アキ
「はい」じゃない!今日、現場でNG40回出したんだって?
な、なんと?!40回もか!(○ω○;)
「じぇじぇ!マジか・・・・・?!」種市(福士蒼汰)    
先輩、マジで、なんで居るんだ?
マジですよ!逆に才能だよ。40通りのNG出すなんて」太巻
「すいません。次は必ず・・・」アキ
次なんか、ないよ!
君には、これからいい事なんて何にもない。
答えが出たんだ。君を必要とする人間は、ここにはいない。

君たちも、ちゃんと落ち込め!若さにごまかされるんじゃないぞ!」太巻
「はい」みなさん

 ( ̄□ ̄;)ひゃーーーーーー
確かに次があると思っているアキはおめでたいにもほどがあるが、
そこまで言うかい・・・
『これからいい事なんて何にもない』ってねぇ・・・・
アキの人生始まったばかりだっていうのにさ。
さらに『君を必要とする人間は、ここにはいない』・・・・バッサリかい・・・
良く解釈してみれば、それでも残れば本物っていうアレで子獅子を崖から突き落としたという・・
普通に解釈すれば、存在自体邪魔だから、とっとと消えな!という・・・

 ここじゃ太巻さんが神様だからな。
『恋愛御法度』についてだって、そんなの方便じゃん。
彼氏がいるアイドルにファンがつくかよってアレだけどさ。
いまいち言ってることが怪しくても、太巻さんがドーン!と言い切ればそれが法律だもんな〜


 結局、アユミは宣言を撤回せず、彼氏と暮らすために合宿所を出て行きました。

「お世話になりました」アユミ
「借りができたけどさ、お礼は言わない」しおり
「うん」アユミ
「天下取ったらさ、ありがとうって言うからさ」しおり
「応援しよるけん・・・・みんなもな!ほなな」アユミ

 去っていくアユミをしおりは力一杯抱きしめました。
やっぱり、アンタら、いい子だよぉ・・・(゚´ω`゚)
一緒に戦った同志、生涯忘れられない仲間、道は違っても友情に変わりはないけん!


『小野寺ちゃんはアメ女のレギュラーメンバーに大抜てき。
でも、春にお母さんが上京するまでは合宿所で暮らします。
佐賀の真奈ちゃんはリザーブに昇格。年越しライブにも出演します。
でも、貯金がたまるまでは合宿所暮らし。
沖縄の喜屋武ちゃんとリーダー、そしてアメ女のトップだったマメりんなどが奈落組・・・そして、おらは奈落に落とされフェードアウトしたアメ女の子に代わってなんとか40位に滑り込みました。
うれしいとかホッとしたというより、こうなる事を期待していた自分に腹が立ちました。
そして、太巻さんの言葉が耳から離れませんでした』


 結局、アキは残れた訳やね・・・・
じゃ、太巻さんの陰謀説はないのか?なんか疑惑が消せないんだけど・・
てか、こうやって選挙で人員が整理されたんだから・・・
もう、ユイが入る隙はないよね・・・(-_-)
奈落組にだって入れなかった子がいるんだから。
やっぱり遅かった・・・

 それと・・・・奈落にマメりんと成田りなとか入ってきたら、めっちゃ雰囲気悪くなるんじゃ・・・こわーーーー(дll)
しおりは負けん気があるから大丈夫と思うけど、気が優しいエレンは耐えられるかなぁ・・・


 そして2009年大晦日。
奈落は年越しライブの控室になるんでGMTは追い出されたそうな。
しおりは実家に帰り、こっちに残ることにしたアキに付き合ってエレンも一緒に年越しすることにしてくれたさぁ〜

 そんな二人を気づかって無頼鮨の大将からのお寿司を先輩が届けに来てくれましたぞ。

「いや〜迷った迷ったぁ。これ食べて」種
「じぇじぇ!なして?」アキ
「うちの大将が届けろって」種市
「は?あのキモい板さん?」エレン    
いやいやいやいや・・キモイとか言わないであげて。
アレでも出るとこでればセクスィーと言われてんのよ・・( ̄∀ ̄;)

「2人だけで、さみしい思いしてるだろうって。え・・・大将、キモい?」種
「あっ、はい。何か、質感がハブっぽいっていうか、
目つきとか動きとかハブ系ですよね、あれ」エレン

 先輩は年明けに宴会入ったから帰れなくなったそうな。
ま、自分で選んだんだろうな。


「頑張っぺ!俺が言えた義理じゃねぇけど、
このタイミングで田舎さ帰ったら負けだもんな」種
「うん、ありがとう」アキ
「おう」

 なんか先輩も大人の階段一歩あがったって感じだな。
年越しライブを見ながら、お寿司を・・・エレンが譲ってくれたうにの寿司を食べていると、アキはどうしても北三陸での楽しかった日々を思い出してしまうさぁ〜


「駄目だ・・・・(-言-)」アキ
「アキ?」エレン
「おら、やっぱ帰る!帰りでえ!今から出れば、宮古行きの深夜バスさ乗れるべ!」
「えっ!?待って、アキよ!」

 ちょっと、アンタ!アンタのために寮に残ってくれたエレンの立場は?!
やっぱりアキはまだまだ子供、あまちゃんだ。
でも、今帰っても、春子に追い返されるかもよーーーー


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話 第156話(最終話)


br_banner_kingyo