アキ(能年玲奈)がベッドで北三陸のみんなの顔を思い出していたら・・・
「足立先生と奥さん、いっそん・・・あっ!ストーブさん!ストーブさん忘れでだ」アキ

 目の前にストーブの箱が置いてあって良かった!C=(^◇^ ; ホッ!
ずっと思い出してもらえないのかと思ったぜ。


 2011年5月20日・・・・
今回の主役はスリーJプロダクションのマネージャー水口琢磨さん(松田龍平)、
34歳デスョ〜
彼は社長(小泉今日子)から言われた「アキ、あの子、岩手に帰りたいのよ」という
言葉が重くのしかかっていました。
アキがインタビューを受けている間も、ずっと自問自答し続けております。

『「なぜ、気付いてあげられなかったんだ」。水口君は自分を責めました。
「タレントが今、何を考え何を欲しているのか先回りして
考えるのがマネージャーの仕事なのに・・・
何をやってるんだ、俺は!」

「違う。俺は目を背けていたんだ」

「アキちゃんが岩手に帰ると言いだしたら今までの苦労が水の泡。
だから気付かないふりしてたんだ。
もともとユイちゃんに誘われて芸能界を目指した彼女に野心はなかった。
もう思い残す事はない。
岩手に帰って大好きな海に潜ってウニを取りたい。
その気持ちを誰にも打ち明けられず、カメラの前で健気に笑顔を作っている」

「水口、お前はどうしたいんだ。夏が近づいている。
このままアキちゃんを東京砂漠につなぎ止めるつもりか、水口!」』


 アキの言動を気にしながら、クールな敏腕マネージャーふうに立ってますが、
内心は苦悩し、大荒れに荒れております。

 って、インタビュアーは「半沢直樹」でおなじみの近藤さん(じゃないですか〜!
出向先でも前向きに頑張っているというのに、ほとんどの視聴者が逆に不安感を募らせる結果になったという・・・
気分転換に副業始めたのかしら・・・( ̄ー ̄?)


 で、その近藤さんが岩手のことを話題にしましたぞ。
「そういえば、アキちゃん実家大丈夫でした?岩手の、確か海沿いだったよね」
「あ・・・はい。祖母が、一人で暮らしてて・・・」アキ
「帰ったりしないんですか?」
アキの顔から笑顔が消えてしまったわ〜
「アキちゃん、笑顔。笑って」水口

 その後、時間が空いたんで「アイドル」で休憩することに。
黙っていると水口にはアキが思い悩んでいるふうに見える・・・

「・・・・何か、ごめんね。変に時間空いちゃって」水口
「お構いねぐ。ゆっくり考え事したかったんで」アキ

『「ゆっくり考え事!?い・・・岩手の事か!?」』

「「マイブームは何ですか?」とか「はまってるものは?」とか
アイドルらしい答えって何なんですかね」アキ

『「違った・・・(;-_-) =3 フゥ」』

「やっぱり編み物とか雑貨集めとかですかね?」アキ
「あと、無難に音楽鑑賞とかコスメとか」水口
「ホクロの毛伸ばすのはまずかったですね。
パブリックイメージがありますもんね」アキ
「・・・そうだね」水口

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!
 そこにTVからGMTのメンバーが岩手県の避難所を慰問に訪れたという
映像が流れました。

「熱いよね・・・
どうせ売名行為だろうけどさ。日本を元気にしてるよね」甲斐さん(松尾スズキ)
アキの顔に複雑な表情が走ったのを水口は見逃しませんでした。
『「岩手め・・・」』

 売名行為だろうと何だろうといいのさ〜
こんなに地元の皆さんが喜んでくれている。
よく、24時間ぶっ続けのチャリティー番組に対しても「偽善だ」とか言う人がいるけど、偽善だろうと何だろうと、それで実際にお金が集まって、現実に役立つんならいいじゃんって思うぞ。


 さて、悩めるミズタクは無頼鮨のごみ置き場で葛藤しております。

「俺は今、岩手県と闘ってる・・・」水口
「(急に居てびっくり!)うわっ!」種(福士蒼汰)
「なかなか手ごわい・・・・
全国47都道府県の中でも北海道に次いで広大な面積を誇る岩手県だからな・・・
圧倒的に不利だ」
「大丈夫ですか?」
「お前はどうなんだ?種市浩一。闘ってるのか?」
「闘ってはねぇです。仕込み中です」
「アキちゃんとどうなってんだって聞いてんだよ。それぐらい分れよ」
「1回・・・キスしただけです」
そんな事聞いてない!
自慢すんじゃねえよ!つうか、自慢すんじゃねえよ!

 「アキ」「種市」「キス」「1回」・・・・
水口、思いのほか、この言葉へのショックが強かったようです。
も〜〜水口自身もマネージャーとして気にしてんのか男として気にしてんのかわかんなくなってるんじゃないのお〜?


 アキが部屋で一か月前に夏ばっぱに送ったメールのことを考えていると、相変わらず仕事をしていない鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)が入ってきたぞ。

「ぬれ煎餅、食べるぅ〜?」
「暇だったら、仕事したらどうですか?」アキ
「もう・・・お母さんのマネして・・(´-д-) 気晴らしに映画でも見ない?」

『それは、公開後1週間で打ち切られてしまったアキのデビュー映画
「潮騒のメモリー」でした』


「もったいねぇよ、鈴鹿さん!(涙)こんなに、いい映画なのになぁ・・・」アキ
「ホントよね。あんたは・・・まあまあ。私は・・・最高」鈴鹿

 アキは夏ばっぱからもらった「北の海女」の手ぬぐいで涙をぬぐっておりました。
って、昨夜「TV Bros. TV」の松尾スズキさんの『ぬれせんべい』の歌(実際歌ってるのはママさんコーラスのみなさんだけど)聞いたばっかりだから、意味ありげに見えてしまうよ〜( ´艸`)


 さて・・・水口は岩手に勝つために行動を起こしました。
アキの前に『私らの音楽』という番組の企画書を差し出しましたぞ(6月1日)

「『私らの』?歌番組ですか?」アキ
「うん。出演依頼」水口
「『潮騒のメモリー』ですか?」
「いや・・・「できれば違う曲が」って言われてる。
「いい曲なんだけど歌詞が ちょっと」って」
「違う曲なんか、ねぇです」
「うん、知ってる。だから断ろうとしたんだけど・・・」
捲るとそこには「出演者 GMT5 × 天野アキ」と書かれております。

「じぇ!」アキ
「そうなんだよ。
GMTの出演が先に決まってて、向こうが君と共演したいって提案してくれたんだ。
『地元に帰ろう』をアキちゃんと一緒に歌いたいって」
「でも、社長が何て言うか・・・」
「どっちの?太巻さん?春子さん?」
「どっちもです」
「太巻さんも悔いが残ってるみたい。
覚えてる?劇場公演が震災で中止になった時・・・。
約束を果たそうとしてくれたんだよ。
あっ、もちろん、君のお母さんもやらせたがってる」

『彼は、ところどころ嘘をついていました。
本当は水口君の持ち込み企画で、自ら太巻さんに直談判して頭を下げ成立させたのです。アキのために』


「お前の頼みだから、一肌脱ぐか!プロデューサーに話つけてやるよ」太巻(古田新太)
「太巻さん、ありがとうございます!」水口
「恩売るだけだぞ。お前に対する売名行為だ」

 というような会話があったのさ〜
も〜太巻さん、売名行為、最高にかっけーじゃないですかーー!( ^ω^)b


「分がった。やるべ!」アキ
やったあ〜〜!あっ、ごめん。でも、うれしい。 
俺、見るよ。録画して、何度も見るよ!」甲斐さん  

 今回はかわゆい甲斐さん萌えの回でもあったな・・・(´▽`)

 そして、水口は種にも話をつけていました。

「アキちゃんを東京につなぎ止めるためには、「種市浩一とのラブ」が必要なんだよ」
「いや・・・でも、CMの契約があるから恋愛御法度・・・」種
「しょうがねぇ、解禁だ!俺一人じゃ岩手に勝てねぇ」
「でも、天野は岩手に帰りてぇんじゃないでしょうか。
寝る前に、みんなの笑顔思い浮かべるんだそうです。
でも・・・ユイの笑顔だけ思い出せないって言ってました」
「それ・・・それ、メチャメチャ帰りたがってるよ!

 すべてはアキのため。
収録現場でGMTと一緒に歌っているアキの姿を見ていたら、
水口め、泣けてきちゃったぜ。
そして水口は決心したのかな・・・


 『地元に帰ろう』は声を加工していない素朴バージョン。
GMTのみんながかわいらしくて、健気で、聴いている者に歌詞がす〜っと入ってくる。
「アイドル」で録画したものを見ている甲斐さんも春子も正宗も、こころ揺さぶられております。

「熱いよね、これ。永久保存版だよね」甲斐さん
「ねぇ、春子さん。
僕の考え過ぎかもしれないけど、もしかしてアキは
岩手に帰りたいんじゃないかな」正宗(尾美としのり)
「今頃!?」甲斐さん
「・・・・・・」春子
「君はどうなの?帰りたいんじゃないの?」正宗
そこにアキが飛び込んできました。
「ママ!おら、岩手さ帰りでぇ!北三陸さ帰りでぇ!」

 迷っていたアキが決断できた理由はなんじゃろ・・・
今度は水口が背中を押してくれたのかな・・・?


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話
 第156話(最終話)


br_banner_tonbo