ユイちゃん、キターー!!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
めんどくさくて、腹黒くて、嫉妬深くて、負けず嫌いなユイが帰ってきましたョ〜!
それでこそ、アキの相方だべ。
おら、そんなガツガツしたユイちゃんが大好きだぁ〜


 さて、振り返ってみましょう。
GMT5が現れ、静かだった駅は彼女たち見たさのやじ馬であっという間に溢れかえりました。
現役の人気アイドルに大吉っつあん達のテンションも一気に上がったさ。

 その騒ぎを見ない聞こえないふうにリアスへ逃げるユイ(橋本愛)。
でも、みんなリアスに入って来たから、嫌でも対面しなきゃならん。

「いや〜それにしても皆さん、わざわざ遠いところ」大吉(杉本哲太)
「チャリティーコンサートで東北をツアー中なんです。
昨日は宮古で、今日は移動日なんで」河島
「何か、まだ信じられません!こんな田舎に天野以外のアイドルが・・・」いっそん(皆川猿時)
「GMTがやって来た。じぇ!じぇ!じぇ!だな」菅原
「ところで天野」河島
「あっ、流された」菅原
「紹介してよ例の相方」河島
「相方?」アキ(能年玲奈)
「潮騒のメモリーズのなまってない方ね!」
「かわいか方やなかと?」真奈(大野いと)
「ああ、ユイちゃん?」アキ
「何?」
私は芸能人になんかキャーキャー言わないわよという風情で
あくまでクールに対するユイ。


 みんなユイの美少女ぶりにびっくりしておりますぞ。

「・・・・・かわいい!河島
「こちら、「オフィスハートフル」のちっちゃい方の河島さん」アキ
「うん・・・・まぁ、あの・・・大きい方はいないんだけど。どうも。か・・・河島です」    
河島、いまだかつてないほど上がってるべ・・・
「あっ・・・水口さんの?」ユイ
「そうそう。あいつ、俺の後輩。フフフッ、今いくつ?」河島
「買い物行ってくるね」ユイ
「あぁ・・・買い物行くんだ」河島
「あっ、うん。ごめん」アキ

「ホント、お人形さんのごとかわいかね」真奈
「素材の違いは否めないよネ」ベロニカ(斎藤アリーナ)
「否めない。でも、何か影があるね」しおり(松岡茉優)
「そこがいいんだよ」河島
「ごめん。多分、人見知りしてんだ。
しゃべってみたら意外とおもしれぇし。
そのギャップが、またたまんねぇんだ」アキ
「たまんねえ!」 河島、すっかりユイの虜ザンス。

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!
 その後、GMTのみんなは、うるさいおっちゃん達のリクエストに応えて自己紹介パフォーマンスをやってくれましたョ〜
おっちゃん達(ヒロシ含む)はコールも振りも完璧。
すごく楽しそうだったな〜 柱| ̄m ̄) ウププッ


 遅れてやって来た海女クラブのおばちゃん達はGMTのことよくわからないみたいだけど、芸能人が来たらしいっちゅーことで興奮しております。

「あ〜いたいた!おめぇたちの好きなGMTだど!」かつ枝(木野花)
「かつ枝さん、琴が好きなのAKBだけど・・・」鈴(花巻さんの娘)
「うるせぇ!」かつ枝
「残念。今、自己紹介終わったとこ」アキ
「ほれ、そこなんとかお願いします!」琴ちゃんの頭を無理やりさげさせるメガネ会計ばばあ
「うわーーーーん(泣)」琴
「このとおり!」かつ枝
「これ、結構消耗するんですよ」しおり
「大ファンなんです〜!」
琴・銀二人の手をぎゅいーーんと上に引っ張るかつ枝さん
「大ファンの顔じゃないでしょ」河島
「や・・・やります!チャリティー!チャリティー!」しおり

 子供達がローテンションなのにファンと言い張るめがね会計ばばあに笑ったぞ。
こういうことよくあるんだろうなぁ・・・(* ̄m ̄)プッ


『その頃、東京でもあるチャリティーの企画が進行していました』

 スリーJプロダクションで太巻さん(古田新太)が春子(小泉今日子)に企画書を差し出していましたよ。
『東北を笑顔に! SMILE FOR とうほく』

「『著名人、総勢80名によるチャリティーソング。
楽曲は森山直太朗さんの『さくら』』・・・・
ムリムリムリ!お断りします」春子
「でも、チャリティーでしょ〜?断りづらいなぁ〜」太巻
「歌わせんの?」
「まさか!」
でっすよね〜!え?本人はオファーがあった事知ってんの?」
「家内に・・・(せきばらい)鈴鹿さんには見せていません。
というのも、最近、家内・・・は、歌に興味を示しておりまして」
「え!?」
「口の堅いボイストレーナーを紹介しろと。あなたがあんな事、言うから」

 あ〜〜『音痴様々』の件ね・・( ̄▽ ̄;)

「私のせい!?ヤダ!怖い!・・・ってかムリ!!
絶対無理音感の持ち主なんだから!」
春子
春子のあの言いぐさが鈴鹿さんの負けず嫌いと歌魂に火を点けたんだべ。
「分かってます!誰よりも分かってます。
でもね、歌うの歌詞「さくら さくら」の1行だけなんですよ」太巻
「そうなんだ・・・」
「はい。ただし、前を歌うのが森公美子。
後ろがセリーヌ・ディオン。「(交渉中)」なんですけど。ウフフッ!」
「無理!音痴が際立つ!」

 企画書見ると、橋さんも小野寺ちゃんも出るのね〜
一行ぐらい歌わせてあげればいいじゃん・・・
てか、セリーヌ・ディオンって、いきなりすぎるだろ! ゞ( ̄∇ ̄;)


 さて、盛り上がっている「リアス」デス・・・
買いものから戻ったユイはアキも混じってのGMT6にも、
大喜びする大人達にもイラッ。
久しぶりに会って、よもやま話に花が咲いていると・・・

「お話し中すいません。追加でご注文頂いてよろしいですか?」ユイ
「あ・・・お構いねぐ」小野寺ちゃん(優希美青)
「いやいや、そうじゃなくて。
いつまでも貸し切りにしてたら商売になりませんから」
ユイ
(- -) (- -) (- -) (- -)(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

 そこに種市先輩(福士蒼汰)も来て、親しげに話し始めたもんだから、間に割って入ってきたぞ。

「すいません!ご注文!ご注文!」ユイ
「じゃあ・・・コーラ〜、ファイブ〜!」しおり
「( ̄ ̄ ̄ ̄д ̄ ̄ ̄ ̄)チッ」ユイ
( ゚o゚)(;゚ロ゚)(゚Д゚)(・o・;)('〇';)・・・・・

 ギョッとしつつも、アキとのことで種市をひやかし始めると・・・グラスドン!
「ユイちゃん・・・」アキ
「カラオケありますけど、歌います?」ユイ
「いやいやいやいや・・・今日は、ちょっとオフなんで」河島
「『地元に帰ろう』聴きたいですね〜」吉田
こらこらいくら何でも失礼だべ!」大吉
「んだよ!ププ・・・プライベートですもんね〜」菅原
「別に」しおり
いいんですかあ〜!?じゃあ、じゃあ・・・お願いします!」菅原

 GMT6の歌にみんな大感激。ヒロシもHP用に張り切って撮ったさ〜
そんなみんなをカウンターの奥から冷たーーーい目で見ているユイ・・・
ホラホラ・・・心の奥底からどろどろしたもんが湧き上がってきたでしょうが〜!
それを抑え込まずに吐き出すのよ〜〜!
GMTのみんなが帰った後、ついに毒を吐き始めましたぞ


「えっ?!GMTが来たの!?」勉さん(塩見三省)
「勉さん、知ってんのか?」夏(宮本信子)
「そりゃもう、作業中ず〜っと聴いてますよ!
ちょっと言ってよ!ねえ!ここ?ここさ座ったの?あっ!まだ温けえ!」
勉さん
「そこは、マネージャーの河島さんです」ヒロシ
「ハハハハッ!」
「河島さん来てたんだ」水口(松田龍平)
「んだ!ユイちゃん見たら、あがっちゃって名刺渡すのが精いっぱいだった」アキ
「へえ〜すごいじゃん」水
「・・・別に。・・・っていうかさ、あのレベルでテレビとか出れるんだ」ユイ
「え?」
あの小野寺って子も思ってたより普通っていうか、何か若くてかわいいだけ?
リーダー性格悪そうだし、沖縄の子はキャラだけだし
」ユイ
「ベロニカは?」水口
あれは、ねらい過ぎ。
あの枠は、今、トリンドルがいるから厳しいっしょ!
」ユイ

『腹黒ユイちゃん、久々に復活です』

 みんな、ニヤニヤしてるべ・・・(ー) フフ

ずばぬけてかわいい子もいないし、ずばぬけて歌がうまい子もいないし、
アイドルとしては限りなくCに近いB級?
♪「地元に帰ろう」っていうか、お前らが♪「田舎に帰れ」って感じ!
」ユイ

『毒舌のアクセル全開。フルスロットルです』

「ちょっと待ってけろ。一応、みんな、おらの友達で・・・」アキ
友達?あ〜そうだよね!ごめんごめん。
いや、でもさ、友達だからっていきなり押しかけてきて、
大騒ぎして、素人レベルの歌聞かされて、
興味ない人間にとっては、この上なく迷惑だし、
リーダー性格最悪だし〜!

アキちゃんGMTだったら余裕でセンター取れるよ」ユイ
「じゃあ・・・ユイちゃんだったら?」水
私はぁ!・・・私はいいよ。もう、そういうの。
でもさ、あんなんでアイドルとかいってチヤホヤされるんだったら
「潮騒のメモリーズ」の方がよっぽど可能性あると思うな
」ユイ

「じゃあ、やろうよ!」アキ
「えっ?やんないけど・・・やんないよ。お店あるし。でもさあ!
「何だよ、さっきから!「でもさ!でもさ!」って。やりたいの?やりたくないの?」アキ
やりたいよ!
「・・・・・・・・」
「やんないよ・・・やりたいよ!でも、やんないよ!」ユイ
「やりなよ」水
「やんない」ユイ
「やればいいのに」夏
「やんないよ」ユイ
「やれよ!」ヒロシ
「やるよ!」ユイ
「やった〜〜!O(≧▽≦)O」勉さん

 さすが、兄貴、妹にイエスと言わせるタイミングわかっちょる!
みんなほっとした笑顔になったべ。
もう取り繕ったような微笑みを浮かべている少女はいない。
いつものユイが、やっと戻って来たべ!


「マジで?」アキ
ユイはシンクの下に入れていたノートを差し出したさ。
「え?」ヒロシ
「えっ・・・何?」アキ
「『潮騒のメモリーズ現象』?何、これ」ヒロシ
「再結成からお座敷列車までのストーリーをまとめたの。読んどいて」ユイ
「やる気満々じゃん!」アキ
「もう失敗は許されないからね!前回の反省を踏まえてしっかり戦略練らないと。
水口さん!」

「はい」
「『わんこチャンネル』の池田Dに連絡しといて。
あとお兄ちゃん、観光協会のホームページで再結成の情報流して」
ユイ
「はい」

ごめん!私、嘘ついてた。
全然諦めきれてないし、全然吹っ切れてないし!
物分かりいいふりしてたけど・・・無理!

何かGMTの歌聴いてたら、イライラしちゃって。
あっ、もちろん私に。何か、同い年なのに何やってんの私・・・・って。
いつも面倒くさくて、ごめんね・・・」ユイ
「お帰り」
「え?」
「面倒くさいユイちゃん、お帰り!」
「アハハッ、ただいま!」

「フフフッ」

 憎たらしそうに口をとんがらして答えたユイちゃん・・・完全復活だべ!
ユイちゃんの復活が北三陸の復活へと繋がる。
また始まったぞ〜〜!!


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話
 第156話(最終話)

br_banner_tonbo