『2012年3月。あの日から1年がたちました』

 いつものようにアキ(能年玲奈)が仏壇で手を合わせていると・・・
忠兵衛さん(蟹江敬三)の遺影(生きてるがよ・・・)が消えとる!

「じいちゃんって、いつから帰ってきてねぇ?
なあなあ!ばっぱ、震災のあと帰ってきた?
来てねえべ?遺影は?ねえべ!どういう事?」
アキ
「うるせえなぁ、もう・・・」夏ばっぱ(宮本信子)
「帰ってくんのか?
なあ!ばっぱ、遺影がねぇって事は、じいちゃん近々帰ってくんのか?」
「あ〜〜!もう、うるせえ!うるせえ!うるせえ!」

「あるいは・・・まさか・・・じいちゃん・・・まさか…!」
「心配するな。忠兵衛さんは元気だ!」

 にゃんと仏壇の引き出しからPC出して来たべ。
『夏さんの病気と震災を経て、忠兵衛さんと夏さんはネット電話で
つながっていました』


 すぐに忠兵衛さんと繋がりましたぞ〜
「よう!夏さん、ボア ノイチ。 ボア ノイチ。ポルトガルは、今、まだ夜中だ〜」
「な・・・何で?w(*゚o゚*)w」アキ
「う〜ん〜(^ε^)チュッ 」忠兵衛
わいふぁい?」夏

 なるほど〜(* ̄m ̄)
も〜相変わらずラブラブなんだからぁ・・
それにしても夏ばっぱ、頭が柔らかい!ボケる暇ないな。


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!
『2012年春。北鉄は北三陸−袖が浜間を往復運転しつつ、
7月1日からの本格的な運転再開に向け点検作業も大詰めです』


だから、ネズミの絵描かねえでよ!
子どもは喜ぶけど、大人は胃が痛くなるんだから!
あっ、もう〜!これ、消えないよ!」
吉田(荒川良々)

 このネズミ王国ふうの絵も懐かしいな。
やっぱり、コレはアウトか・・・( ̄-  ̄ ) ンー 
半ズボンやめて腰みのつけるとか・・・足元ぞうりにするとかすれば大丈夫じゃね?


『一方、6月30日オープン予定の海女カフェは遅々として進まず。
漁協のかつ枝さんが計算しているのは海女カフェ再建にかかる費用の見積もり、
つまり支出』


「ぐっ・・・!」かつ枝(木野花)

『栗原さんが計算しているのは海女カフェ再建をサポートする企業からの協賛金、
一般からの寄付金、つまり収入』


「くっくっくっ・・・!できましたあ〜!」かつ枝
こっちも出ました〜!( ̄皿 ̄;; 」栗原ちゃん(安藤玉恵)
「うん?うん?はい!かつ枝さんの勝ち〜!さすが、眼鏡会計ばばあ!
栗原ちゃん、足元にも及ばない」
菅原(吹越満)
「う〜〜・・・・(`皿´)」栗原
「勝ってどうすんだよ」長内(でんでん)  そうだ!むしろ大きく負けなきゃダメだべ!
「あ・・・・」かつ枝
「めっちゃ悔しい!(≧血≦;) 」栗原
「顔では負けてなかった。いい勝負だったよ」吉田

「どこか切り詰めねえと、「海開き」間に合わねえど」夏
「分がってる」アキ
「んでも・・・天下の鈴鹿ひろ美が来るのに、まさかビールケースの上で
歌わせる訳にはいかねえべ」菅原
「それも分がってる」アキ
「しゃあねぇ〜水槽諦めんベぇ!」美寿々(美保純)
「だったら、魚も諦めんべ」長内
「ドイツ製のシステムキッチンも諦めんべ」安部ちゃん  
キッチンはリサイクルとかであるべ!
「エスプレッソマシーンも諦めんべ」かつ枝   
エスプレッソマシーン、10万もするぞ!(゚益゚*) 手でいれろ・・

「おやおや? まだまだ切り詰められそうですよ」栗原
「フロアの面積を半分に、メニューはまめぶと乾き物中心(もともとまめぶセットしかなかったんじゃ・・?)照明はミラーボール」ヒロシ(小池徹平)
「これでどうだ!?眼鏡会計ばばあ!」アキ
「なんとか予算内には収まるが、これじゃあリアスで歌うのと大差ねえべ」かつ枝
「あ〜〜〜〜」

 もういっそ、『リアス』を名前替えちまえばいいべ!
てか、あんまりりっぱなもん建てちまうと、反「海女カフェ」感情が生まれねぇか?
言うたらなんだけど、鈴鹿さんは勝手に来るんだから気を使わなくていいんじゃないのぉ・・ムリせずやれる範囲でいいと思うが・・・


「まず最低限の設備で開業して、海女さんたちの実演で
黒字が出たら解体しませんか?」ヒロシ
「口で言うのは簡単だけど、出るか?黒字」菅原
「去年、がれき撤去したけど、結局ウニは戻ってこなかったもんなぁ・・・・」美寿々

『そう。以前アキが潜った時には、ウニはほとんどいませんでした』

「去年放流したウニが卵産んでちゃんと育ってくれればいいが、
こればっかしは潜ってみねえと分かんねえど」夏
「そうなのが?」アキ
「津波で一遍流されたら、元に戻るには通常3〜4年かかる」長内
「じぇじぇ!」アキ
「悪いが、今年はあんまり期待できねぇな」夏

 そんな話をしていたら、北三陸駅にまたしても不審者出没のニュースが・・・
しかもアキの知り合いだと言っているらしい。


「それが、何を聞いても「ギョギョ!」ってしか言わねえんだど」吉田
「じぇじぇじぇ!」

 みんなで駆けつけてみると・・・そこにいたのは・・・
「さかなちゃん!」栗原ちゃん
「ギョえ?」
「さかな先輩・・・」菅原
「ギョお?」
「おさかな野郎!」吉田
「サカナクション!」栗原
「どこ?人面魚!どこ!?」ユイ(橋本愛)
「惜しいけど全部違います。さかなクン!
ヒロシがさかなクンの帽子を取ると、その下にいつものハコフグの帽子が・・・
「正解でギョざいます」さかなクン

 わたしゃ、一瞬、TOSHIYA(勝地涼)が来たのかと思ったよ(´^◇^) ちえっ・・・

 さかなクンはアキのことが気になってネットで検索しているうちに観光協会のHPに辿り着いたそうな。
で、自分にできることはないかと来てくれたんだって〜
さかなクンは海女カフェのために自分のコレクションの珍しい魚と水槽を寄贈してくれました。
さらに、オープンまでいろいろ手伝ってくれたぞ。

 何か、さかなクンのお人柄でしょうか・・すごくリアルなエピソードっぽい
新しい海女カフェは手作り感あふれる暖かい雰囲気になりました。
子供達に手伝ってもらって壁に絵を描いてもらったら、すごく明るくなったな〜
カフェというよりも海の家っぽいが、それでいいんだよ。
今なにも無理してご立派なもん作る必要ないよ。
そんなお金もないんだしさ。
みんな海女カフェに来るんじゃなくて北三陸に来るんだからさ。


「アキちゃん、よかったね!」さかなクン
「うん。完全に元どおりじゃねえが、逆回転成功だべ!」アキ
「ギョギョギョ!」
「じぇじぇじぇ!」

「やった!」
「フフフフッ!」


『種市先輩、ストーブさん、勉さん、それにユイちゃん・・・
みんないろいろあったけど今ここにいる。その事がたまらなくうれしいアキでした』


 そうなんだよな・・・
みんな本当にいろいろあった。でもまるで昔に戻ったみたいにみんなここに居る。
変わったんだけど変わらない。
それって、やっぱりすごいことだ。


 そして、「リアス」にも珍客が・・・
遠洋漁業から帰ってきた忠兵衛さんと鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)(サングラスのデカ帽子だから吉田はまだ気づいてないけどよ)だぁ・・・
で、鈴鹿さんと忠兵衛さんは最後の一個のウニ丼を賭けてジャンケン勝負をすることに。

『7月1日の海開きに先立って、いよいよ海女クラブがウニの繁殖具合を確かめる事になりました。この日の水温14℃』

 冷たくてアレだから、夏ばっぱは潜っちゃダメ〜
美寿々さんとアキが潜ってみたさ。
夏さんは願いのこもった目で二人が上がってくるのを待っている。
ドキドキドキ・・・・

「どうだ?美寿々!アキ!」
二人があがってきた。
「アキ!ウニいねえが?」
「ばっぱ、大変だ!」
「どうした!?」
「ウニで岩が見えねえぐれえだ!」

 アキは獲ってきたばかりのウニを掲げたべ!

「じぇじぇじぇ〜!」
「やった〜!繁殖大成功だ!ばっぱ!」美寿々
「いがった!いがった!」
ギャラリーの観光客の皆さんからも拍手と歓声があがったさ!
「やった〜!」

 アキは初めて北三陸に来た日、夏ばっぱがしてくれたように、うにを夏ばっぱに放りました。
「ハッハッ!あ〜ハッハッハッ!」

 夏ばっぱが愛した、そして残したいと思っていたものが、
ちゃんとアキに受け継がれていこうとしている。
それは奇跡・・・
そのウニに感謝する夏ばっぱとはじけるようなアキの笑顔から、北三陸の確かな再生と未来へと繋がる希望が伝わってきたさ〜
岩にはりついたたくさんのウニ、その中をゆっくりと泳ぐアキの姿は美しく、
そして幸せそうでした。


 その頃・・・リアスではうに丼を巡るし烈な闘いが続いておりました。
で、や〜っと勝負がついたようです。

「あっ!やった〜!おらの勝ちだ!」忠兵衛
「後出し!今の後出しです!」鈴鹿さん
ショックで思わずサングラスとっちまったべ・・
「ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~!!」吉田
「考えられないっ!」鈴鹿さん
「うるせえ!おらは、この一口を楽しむために7つの海を乗り越えて
帰ってきたんだからよ!」
忠兵衛

 って、食べようとしたら、吉田が取り上げて鈴鹿さんの前に置いたべ。

「何すんだ!? このわらし!」
「( ̄∇+ ̄)」鈴鹿さん
「す、す・・・すずがすろみ!」吉田
「すずが?すりみ?何だ、そりゃ・・」忠兵衛
「女優・・・・すずが・・・すろみ・・・」吉田
「(⌒¬⌒*) おいしい・・・う〜ん!」

 ラストの見せびらかすような鈴鹿さんの顔が、最高にかわいかったべ!
最終回にむかって、確実に一コマづつ進んでいる感じですなぁ・・・


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話 第155話
 第156話(最終話)


br_banner_tonbo