今日はこのドラマの柱となってきた二人の『今』が描かれました。
時に交わり、時に離れつつも、常にお互いの存在を意識しながら生きてきた二人。
ライバルであり、友人でもあり、お互いの人生に深く影響を与えた特別な相手。
最終回を前に、そんな二人の線と線が重なり、また新たな力強い線が伸びていこうとしているのを感じました。
心は寄り添いながら。


 さて、合同結婚式の余興はかなり楽しかったようですなぁ・・・
スタートはいっそん(皆川猿時)の『南部ダイバー』。
そして種市先輩(福士蒼汰)の『南部ダイバー』。

 足立先生(平泉成)の手品・・・は・・・・
ず〜っと背広の胸元から鳩のクルックルーという鳴き声が
聞こえていたという・・( ̄▽ ̄;)


 そして、弥生さん・かつ枝さん・美寿々さんのPerfume。
すごい迫力だぁ・・・(´∀`;) こりゃ、そんじょそこらの娘っこには出せねぇ味だべ。
何でこのメンバーでPerfumeやろうってことになったんだろうね?
で、手を振りながらコールしていたヒビキ(村杉蝉之介)が、またしても肩脱臼したという・・・


 急きょ、アキ(能年玲奈)も加わり、3度目の『南部ダイバー』で場つなぎ。
そして、定番の花束贈呈。

『とはいえ安部ちゃんは身寄りがなく、大吉っつぁんのお母さんは早々に酔い潰れでしまい、結果、花束は夏ばっぱに集中しました』

 夏ばっぱは、みんなのお母ちゃんだもんな。

「それでは、春子さんのお母様で袖が浜海女クラブの会長であられます、
あの、天野夏さんからひと言お願いします」菅原(吹越満)
「おら・・・しゃべる事ねぇんだがら」夏(宮本信子)
「いいから」菅原

「え〜っと・・・天野家の初代マーメイドでがす
鈴鹿さん、わざわざこんなへんぴなとこさ来てくれて、ありがとうごぜぇます」夏
「いえいえ」鈴鹿(薬師丸ひろ子)
「あんたが動いてくれたおかげで、二十数年前に拝めなかった娘の花嫁姿を
図らずも見る事ができました。
やっぱし、嬉しがったんだなぁ・・・(ノ∀;`)
できれば忠兵衛さんにも見せたかったが、
ぜ〜んぶ叶ったら、あの人、もう、ここさ帰ってこねぐなる。
いやいやいやいや・・・どうぞお座り下さい。
お互い若ぐねぇんだから」夏

「大吉!」
「はい」大吉(杉本哲太)
「今度こそぉ、安部ちゃん泣かしたら、おら、もう北鉄乗んねぇどお」夏
「おらもだ」かつ枝
「ウニ丼作んねぇぞ!」夏
「んだ!」弥生(渡辺えり)
「分かったか!?」
「はい!」大吉
「座れ」
「ありがとう。ありがとう」安部ちゃん(片桐はいり)

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!
「それがら、荒巻ジャケ」夏
「サケではないんですけども・・・はい」太巻(古田新太)
「あんたみでえな金持ちが、田舎さ目ぇつけるのはいい事だぁ。
どんどん金出せ。そしたら、おらたちもどんどん元気出すべ!」夏
「んだ!んだんだんだ!」弥生
「(弥生さんに)座れ。え〜・・・(太巻さんに)座れ」
「はい」
 
 神妙な顔の太巻さんに、その隣で輝く笑顔を見せている鈴鹿さん・・・

「おととし倒れまして、去年は地震があったりして、明日はどうなるか分がんねぇ
毎日を送ってましたが娘や孫に助けられて、なんとか生きてます。
明日は「海開き」でがす!
今年はウニも帰ってきたし、去年のリベンジでがす!

いっぺえ潜って、いっぺえ取って、そんで一段落したら、
まぁ、これは毎年言ってる事ですが・・・・
今年こそ、海女引退するつもりです」夏ばっぱ
「夏ばっぱ・・・」かつ枝
「これからは、おめぇたちの時代だ。老兵は去りゆく。
去る者は追わないで下さい。
最後に、本日は皆さん、おらの夢をかなえてくれてどうもありがとう」夏

 どこまでも、潔い天野家の初代マーメイドなのでした。
「さる者は負わず。来る者は拒まず」きれいな生き方の人だなぁ・・


 締めはみんなで集合写真。
おやおや〜水口(松田龍平)がいませんよ〜
結婚式にも居なかったよねぇ?
どこに居るのかと思ったら・・・黙々と琥珀掘りに精を出していました。

 水口、本物になったな。
アキが「いても気付かねえのに、いねぇど気付くもんだな」って言ってたけど、
それって師匠の勉さんのスタンスだよね(*^m^*)
で、収穫物の中に・・・何やらネジ・・じゃなくて骨のようなものが・・・
こりゃ、ミズタク大発見かぁ〜?!


 さて、春子(小泉今日子)は酒を片手に80年代部屋でのんびりしようとしたら、鈴鹿さんがすっかりリラックスしてベッドの上に居て、お互いびっくり。

「ごめんなさいごめんなさい!・・・っていうか、何で居るの?」春子
「え?あぁ・・・ずっとお借りしてたんです。社長は?」鈴鹿
「ここ、私の部屋だから?」
「アハハハッ、そうでした。ごめんなさい」
「いえいえいえいえ、座ってて下さい!あっ、お酒とか要ります?」
「頂いてます」
「じゃ、ちょっとお邪魔して・・」

 二人して同じ指輪してるのを見て、何か笑っちゃう・・・

「懐かしいわね、ここ」鈴鹿
「そうでしょ〜?あっ!コレとか、ヤバくないですか?」春子
「渋谷哲平!同じの持ってる〜!」
「マジで!?」

「え〜じゃあ、これはこれは?これこれこれ!」
「太川陽介!持ってる!」
「持ってます?」
「『Lui−Lui』!」
「『Lui−Lui』!」


 まるで、昔っから友達だったような二人。
いろいろあったけど、それぞれ乗り越えて今がある。


 そして、こちらのお二人さんは・・・駅のいつもの場所だ。

「かっこよかったね、鈴鹿さん」ユイ(橋本愛)
「さすが、天下の大女優だべ」アキ
「アキちゃんはさ・・・どっちが辛かったと思う?」
「え?どっちが?」
「鈴鹿さんと春子さん」
「あぁ・・・影武者問題か」
「私は鈴鹿さんの方が辛かったと思うんだよね」
「なして?」
「・・・何となく。ステージ見てて そう思った」

 辛い思いした分だけ、ユイちゃんは人の辛さや悲しみがわかる子に
なったんだべな。


「何か、変な感じ〜自分の部屋に鈴鹿ひろ美が居るなんて」春子
「ふふふっ・・・」鈴鹿
「・・・楽しかったですか?今日」
「はい」
「吹っ切れた?」
「はい」
「私も」
「それは・・よかった」

 この部屋から始まって、この部屋に戻ってきた。
そして、ここから、また始まる。
春子にとってもこの場所は、切ない場所ではなく
懐かしく愛おしい場所になったはずだ。


「知ってた?明日、全国放送のテレビも来るんだって〜」ユイ
「うん。ママに聞いた」アキ
「フフフッ・・・アキちゃんは平気だよね」
「うん。ユイちゃんがいるがら怖ぐねぇ!
東京では一人だったがらな。
なまってる方だけじゃ潮騒のメモリーズって言えねぇべ。
もちろんかわいい方だけでも駄目だ。
2人そろうのは・・・何年ぶり?」
「3年ぶり」
「3年が〜長かったような、あっという間だったような」
「私は・・・長かった」

 長かったな・・
でも、長いトンネルを抜ける日がやっときたべ。
その先には自由と希望が広がっているはずだ。


 その頃、ヒロシ(小池鉄平)と種市先輩(福士蒼汰)、栗原ちゃん(安藤玉恵)に勉さん(塩見三省)は、また、お座敷列車のための看板を作っていました。

「あっ!ちょ・・・ちょっと、種市君!アキちゃんの方ばっか描かないでよ!」ヒロシ
「え?んな事ねえです。ずぶん、平等に描いてます。
絵の具だって5色ずつ使ってます」種
「いや・・・ホレ!早ぐしねえと朝になるから」栗原ちゃん

 ヒロシと種市先輩、この二人も永遠のライバルなのかねぇ・・・
ヒロシは、やっぱり永遠にアキのファン第一号のままなのかな〜
アイドルへの思いは一生褪せないだろうけど、結婚とか恋人にはなれないんだろうなぁ・・・


 そして、「海開き」の日。
袖が浜に、いままで聞いたことがないような艶やかな声が響きましたぞ〜

「海女クラブの皆さんおはようございます」
じぇじぇ!この声は・・・」アキ
「袖が浜海岸海開きを行います」鈴鹿さん
「どう?びっくりした?」春子
「サプライズだ・・・超サプライズだ!」アキ

「海女クラブの皆
さんおはようございます!」鈴鹿
「おはようございます」   目の前にいるべ・・・( ̄w ̄)
「海女クラブの皆さんは速やかに旧漁協前海女カフェ前に集合して下さい。
7時より安全祈願のご祈祷を行います」鈴鹿
太巻さんが、そばでカンペ出してるべ。
「鈴鹿さん、僕たちも7時の新幹線に乗って・・・」太巻
「繰り返します!」鈴鹿

「じゃあ行くね」春子
「もう行ぐの?」アキ
「うん」
「せめて開通式見ていけばいいのに」
「やめとく。いろいろ思い出しちゃうから」   
家出した日を思い出して感慨に浸っちゃうべな・・・
「そっか・・・」
「頑張ってね!」
「うん!」


 夏さんと春子、春子とアキ、この親子はずっとこんな感じでやっていくんだべな。
去る者は追わず、来るものは拒まず。
明日は明日の風が吹く・・・って、最終回じゃねえよ!


『2012年7月1日、私の故郷・北三陸が大きな一歩を踏み出します』

 「私の故郷」と胸を張って言える幸せ・・・
春子もアキもユイも、そして鈴鹿さんも新たな一歩を踏み出します。


 第1週(第1話〜第6話) おら、この海が好きだ! 
 第2週(第7話〜第12話) おら、東京さ帰りたくねぇ
 第3週(第13話〜18話) おら、友達ができた! 
 第4週(第19話〜第24話) おら、ウニが獲りてぇ
 第5週(第25話〜第30話) おら、先輩が好きだ!
 第6週 おらのじっちゃん、大暴れ
 第31話 第32話 第33話 第34話 第35話 第36話
 第7週 おらのママに歴史あり 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話
 第8週 おら、ドキドキがとまんねぇ
 第43話 第44話 第45話 第46話 第47話 第48話
 第9週 おらの大失恋
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話
 第10週 おら、スカウトされる!?
 第55話 第56話 第57話 第58話 第59話 第60話
 第11週 おら、アイドルになりてぇ! 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話
 第12週 おら、東京さ行くだ! 
 第67話 第68話 第69話 第70話  第71話 第72話
 第13週 おら、奈落に落ちる
 第73話 第74話 第75話 第76話 第77話 第78話
 第14週 おら、大女優の付き人になる 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話
 第15週 おらの仁義なき戦い 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話
 第16週 おらのママに歴史あり 2
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話
 第17週 おら、悲しみがとまらねぇ 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話
 第18週 おら、地元に帰ろう!? 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話
 第19週 おらのハート、再点火 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話
 第20週 おらのばっぱ、恋の珍道中 
 第115話 第116話 第117話 第118話 第119話 第120話
 第21週 おらたちの大逆転 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話 第126話
 第22週 おらとママの潮騒のメモリー 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話 第132話
 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 
 第133話 第134話 第135話 第136話  第137話 第138話
 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 
 第139話 第140話 第141話 第142話 第143話 第144話
 第25週 おらたち、いつでも夢を 
 第145話 第146話 第147話 第148話 第149話 第150話
 最終週 おらたち、熱いよね! 
 第151話 第152話 第153話 第154話  第156話(最終話)

br_banner_tonbo