おもしろかったです。
SPドラマ見てなくてもついていけるかしら〜?と不安だったけど、
あのメンバーズが登場したら思いだしたワ。
そういえば見た!見た!( ̄▽ ̄;)アハハ…
藤原竜也が引きこもりで、ラストにあの変な着ぐるみ(ガッキー君と言うらしい)着て走ってたワ。思いだせて良かった・・
変人大好きを自負するもんとしちゃ、見ずにはおられんでしょ。
HPはこちら

 さて、「ST」こと「警視庁科学特捜班」はその存在意義が認められず解散を迫れていた。
一応、束ね役の百合根(岡田将生)は上層部にSTの必要性を訴えようとしたんだけど、プレゼン能力も説得力もゼロの百合根の言葉は全く届かないのだった。
さらにST設立のために尽力し何かとメンバーたちを助けてくれていた三枝参事官(渡部篤郎)が突然警察を辞めちゃうし(そのごカフェをオープン)、代わりに来た理事官(ST監査役も兼任)・松戸(瀬戸朝香)はSTを目の仇にしとる。
一人、危機感を募らせる百合根なのでした。

 そんな中、二つの遺体が発見された。
臨海公園の中でジャージを着て死んでいた杉田英吉。19歳。
鑑識が終わって、移動させようとしたらゾンビのように蘇り、また死んだ。

 錦町でトレーニングウェア姿で道に倒れていた笹本雅彦。35歳。
目立った外傷がなかったんで現場を確認した菊川刑事(田中哲司)はジョギング中の心臓発作と判断したんだけど・・・突然現れた赤城(藤原竜也)が異議を唱えたぞ。

「被害者はフリーのカメラマンだ。
それも ゴシップ専門、いわゆるパパラッチだ。
死因も心臓発作じゃない。毒物。他殺だ」赤木
「何で分かるんです?」桃子(新人刑事)(柴本幸)
「雁首揃えて、こんな簡単なことも分からないようなら警察辞めるんだな。税金泥棒集団め」

「クッソ〜 赤城ぃ!」掴みかかる菊川
「赤城って・・・赤城左門ですか?あの、STの?」桃子
「今日こそ、その腐った根性を叩き直してやる!」菊川
「根性は腐ってるが推理は正しい。
腰にコルセットをつけた時に出来る痣。被害者は腰痛持ち。
スポーツ選手や重たい物を持つ人にある職業病。
筋肉の質からしてアスリートではない。運送業者でもなければカメラマンだ。
シャッターチャンスを待つため無理な体勢になり腰を痛める。
重い機材を片側で持って運ぶからだ。
眼鏡の度数も左右で違う。
片方の目でファインダーをのぞくから片方だけが悪くなる。
しかも 暗い所で目を酷使した形跡がある。
普通のカメラマンなら明るい場所。暗い場所に隠れて撮影するのは・・・
パパラッチだ」

「すごい・・・」桃子
「上着のチャックがインナーシャツに引っ掛かってる。
自分で着たらこうはならない。気付いて直す。
つまり被害者ではない誰かがチャックを上げた。
犯人だ よって他殺。外傷なし。絞められた痕もなし。眼球に鬱血点もなし。
一見すると確かに病死だが他殺となれば原因は毒物以外考えられない。
以上!反論のある者は?
「・・・・・・・・」
皆無!

 鮮やか!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ みなさんぐうの音も出やしない。
でも態度がまたえらっそうなもんだから嫌われちゃうのよね〜
フォロー役の百合根が到着したけれど彼に赤城をコントロールできるはずもなく・・・常に後手後手に


ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社文庫)ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
 赤城は言いたいことだけ言ったら自宅に籠っちゃった。
本当は赤木もST存続のための主張に同行することになっていたんだけど、
いつものようにキャンセル。
怒って百合根が部屋の扉を叩くも「事件捜査以外でここから出るつもりはない」
鍵をかけて拒絶。

 なのにメールでこげな訴えを・・・
『退屈だ。事件が俺を呼んでいる』

「あのですね!STが解散したら捜査できませんし、こんなポエムも書けなくなりますからね!」百合根
「ポエムじゃない。一匹狼にポエムなど必要ない」赤木
「 「一匹狼」・・・自分で言いますか?」
「餌は事件だ。事件を持って来い」

 キャップというよりわがままなお殿様に仕える小姓のような百合根・・・( ̄▽ ̄;)
でも、そんな役が合っている岡田君・・・もっといぢめたくなるわ〜


 錦町の遺体の身元は赤城が言った通りカメラマンで、死因は毒殺だった。
「上からの命令だ。これが 最後のチャンスだってよ」菊川
「はい!」百合根

 二つの遺体が連続殺人事件と判断され捜査本部が立てられたことで、
赤城も部屋から出てきました。
遺体のゾンビ現象の謎もすぐに解いてくれましたぞ。
テトロドトキシンを摂取するとそうなるんだって〜

 捜査会議が始まっているんだけど、例によって赤城は来ない(一人捜査開始中)。
残りの4人は堂々と遅刻。
みなさんの前でメンバーを使ってテトロドトキシンが配合されている「ゾンビパウダー」なるものの効力を実証。
ゾンビパウダーの量の調節で仮死状態と蘇生を繰り返した後、死に至らせることができるそうな。

 この説明だけで終っておけば良かったんだけど、青山(志田未来)が大の大人たちを相手に暴言を吐いちまった。
「皆さんは僕らの指示通りに捜査してればいいの。分かった? はい 返事!」
さらに松戸を「おばさん」呼ばわりしたもんだから捜査本部から締め出されちゃいました。
そういう訳でSTの独自捜査開始。

 さて、ここで「ST」のメンバーを紹介しておきましょう。

百合根(岡田将生)・・・STを統率するよう命じられており、メンバーからは「キャップ」と呼ばれている。
キャリア警部なんだけど、STを任されたばっかりに各方面に頭を下げ続ける日々。
コントロールの難しいメンバーの統率に頭を悩ませているが、それぞれの能力と個性に強い魅力も感じている。STを抜けようと思えば抜けられるが「5人の居場所をつくってあげたい」という使命感から彼らの優秀さを認めてもらおうと頑張っている。

赤城(藤原竜也)・・・STのリーダーさん。東大医学部を卒業しており専門は法医学。
天才的能力でメンバーから絶大な信頼を得ている。
対人恐怖症であるため籠りんぼうになりがちなのに俺様発言でST以外の刑事たちから反感を買うのが日常。
腕っぷしはかなり弱く、格闘的場面ではすぐに手を上げて無抵抗を強調し身を守る。
捜査能力以外はダメ人間と自覚しているせいか、事件が解決するとガッカリする模様。
今回も「あぁ・・・残念だ。謎が全て解けてしまった」と悲痛な叫びをもらした。
「一匹狼」というフレーズを気に入っており、連発するが一匹狼ではない。
『ガッキー君』というマスコットが心の支えて、でかい着ぐるみも持っている。

 ミスター傲慢・藤原竜也君ですョ。
変人ぶりが完璧!魅せてくれますワ〜
確かSPドラマの時は引きこもりだったんだけど、STに任命され能力を発揮できるようになってから外に出られるようになったんだよね(うろ覚え〜)。
基本俺様なんだけど、仲間に出会えた喜びは感じてはいるようなんだよな〜


青山翔(志田未来)・・・少年のような外見で自分のことも「僕」と呼ぶ。
アメリカの大学院では飛び級で博士号を得た犯罪心理学のエキスパート。
STでは文書鑑定・プロファイリング担当。
散らかっていたり汚れたりしていないと心が落ち着かない秩序恐怖症。
基本、空気を読まないので先ほどの捜査会議でのようなことになってしまう。

 いや〜子役として活躍されていた方がこうやって女優として着々と個性を伸ばしている姿をみると嬉しくなるというか、ほっとすると言うか・・・
実力は自他ともに認められている志田未来さんなので安心して見ていられますわ〜
このアクの強い女の子の役も彼女だからこそキュートに感じられます。


結城翠(芦名星)・・・物理学担当。弾道解析や電気系統に優れている。
絶対音感と超人的な聴覚を持ち、話声のわずかな乱れから嘘を見抜くことができる。なぜかキャバ嬢っぽい派手なファッション。閉所恐怖症で密閉された場所が苦手。青山のお姉さん的存在。松戸と知り合いのようです。

 何かSPで見た時はバイオ二ック・ジェミーばりに遠くの音をキャッチしていたような・・
しかも犬笛的な音も聞き取れたんじゃなかったっけ?(うろ覚え〜)


黒崎勇治(窪田正孝)・・・・化学の専門家。優れた嗅覚で毒物の匂いも瞬時に嗅ぎ分ける。武道・武術に通じていて超人的に強い。先端恐怖症が進化してしまい人の言葉にも棘を感じるようになった結果、ほとんど話さなくなった。今回も山吹に小声で耳打ちして伝達しておった。

 いや〜朝ドラのどこまでも優しく大きな心をもった朝市もいいけど、こちらのワイルドな窪田君もいいねぇ〜
細っこいのに強靭な肉体から繰り出されるアクションシーンは見ごたえあるし、かっちょいい!
ときおり見せる優しい表情もいいわぁ〜♪
声が聞けないのは寂しいけど、それ以外の魅力爆発!・・・・させてくれると思われます。


山吹才蔵(三宅弘城)・・・こちらも化学担当。僧籍を持った僧侶であるためいつも作務衣みたいのに半袈裟をかけております。だもんで捜査会議ではコスプレ感がでた雰囲気に。メンバーの中では一番コミュニケーション能力が高い。

 まぁ、なごみ要員ですワ。どこかふざけた雰囲気を感じさせる三宅さんがいるだけで色が変わるというか〜
STメンバーそれぞれ、いいキャスティングですよね〜


 捜査の方ですが・・・
赤城は最初の被害者杉田の第一発見者・篠崎というホームレスのおじさんがいつもの場所から移動したのに気づき、百合根に事情聴取するよう指示(一応自分でやろうとしてみたんだけど、目を見て話せないし〜もごもご言ってて通じず諦めた)。

 カンペを渡して背後から百合根を見張っている赤城がかわいい・・(* ̄m ̄)プッ
赤城は篠崎が移動したのは仕事を開始したから→それはスマホを入手したから→遺体から抜き取った?と推理したのさ〜(実際は犯人が篠崎の元に置いておいた)百合根に新しいスマホを用意させ、杉田の携帯と交換しましたぞ。

 中を見たらモデルの八神秋子(加藤夏希)を隠し撮りした画像が一杯。
どうやら杉田は彼女のストーカーだったようです。

 八神秋子は人気ファッションモデルだったんだけど、半年前に熱愛スキャンダルが発覚。
お相手の実業家・岩谷(升毅)が30以上も年上だったため、金目当てとバッシングされネットで炎上。
以来、人気に陰りがでたらしい。
そのきっかけとなった写真を撮ったのが2番目の被害者・笹本だった。
被害者が繋がったぞ。

 てな訳で八神秋子にも事情聴取したいんだけど、篠崎へのチャレンジで心が折れてしまった赤城は逃避。
適度な距離を保ちつつ、百合根にやらせましたョ〜
秋子によると、笹本はその後もスクープを狙ってしつこく付きまとっていたらしい。
杉田の方は熱愛報道後、ターゲットを岩谷に変更したようで嫌がらせの手紙を送っていた。

 容疑者として八神秋子浮上。赤城ははっきり「疑っている」と伝えてたわ〜
殺された時に着せられていたウェアは彼女がイメージキャラクターを務めた会社のものだった。
さらに、その後の調べで死因となったテトロドトキシンは中米に生息するハーレクインフロッグというカエルに多く含まれるタイプなんだけど、秋子は一ヶ月前に仕事でカリブ海へ行っていることが判明。その時入手した疑いも出た。

 んが秋子を犯人に仕立て上げようとするミスリードに気づいたメンバーは彼女を恨むモデル仲間の仁美(矢吹春奈)や、元彼で今は仁美と付き合っているマネージャーの渡部(湯江健幸)にも疑惑の目を向けたんだけど、犯人はにゃんと岩谷だった。
ストーカーもパパラッチも岩谷がやらせたことだった。
彼女が困れば自分を必要とすると思ったんだと〜

 罪が発覚した岩谷はゾンビパウダーを大量に飲み、自殺。
赤城は事前に秋子に全てを話し、薬をビタミン剤にすり替えておくよう命じたんだけど、秋子は変えなかった。
このまま死なせてあげたいという秋子の思いを赤城は読むことができなかったんだね。

 事件後、報告のため松戸に呼び出されていた赤城を百合根は思いっきりビンタ。
「殺人未遂のうち1件は赤城さんのせいです。
人殺しの機会を与えた、そういう自覚は ないんですか!?」

「・・・・・・」赤城
「ホラ、ない!だから赤城さんはダメなんですよ。
秋子さんの気持ちを考えればあんなトラップは仕掛けません。
科学も法医学もいいですけど、その前に人の心っていうものを分かろうとしなきゃ。
赤城さん、いつか怪物になりますよ。なってからじゃ遅いんですよ!

分かっていただけますか?」
「上司らしい 上から目線だな」
もう一発、ビシッ!
「2発。慰謝料は後で請求する」去りっ

「あんな男と心中する必要ないわ。
あなたはまだ若いんだし、他にいくらでも道はある。それを早く見つけなさい」松戸
「はい。・・・・決めました。
自分はあの人から離れません。絶対に」百合根

 意外と男らしいやないの〜
同期で出世頭の池田管理官(林遣都)から赤城を見ているとニーチェの『怪物と闘う者は自らも怪物と化さぬよう 心せよ』という言葉が思い浮かぶから目を離すなと言われたんだけど、百合根の中に、この天才を怪物にさせないという強い意志が生まれたようです。


 そして赤城の方も心境の変化が・・・・
ガッキー君の着ぐるみ姿で三枝のカフェに現れました。
「今日はお別れをしに来ました。こいつと」赤城
篤郎スマイルで迎える三枝・・・

「どうして警察辞めたんですか?」赤城
「理由は1つには絞れませんよ。
でも、まぁ、もう心配はいりません。私がいなくても赤城君はもう大丈夫。
百合根君がいるじゃないですか。彼と決別できたのがその証拠です」三枝

 三枝は別の形でSTを支えるために警察を辞めたのかしら・・・
それとも、何か目的があって身を潜めているのか?
(外事じゃないっての ゞ( ̄∇ ̄;))


 そこに百合根も来店。気まずいながらも隣り合わせに座る二人。
「2発も殴ったこと、謝りませんからね。
慰謝料なんて払いませんし、日本の借金だって返すつもりはありませんから」百合根
「悪かった・・・」赤城
謝った?!赤城さんが謝った!

 どうやら、赤と白はお互いに影響を与え合って成長していくのでしょう・・・
これは楽しみなドラマですよ〜
いや〜ブレない俺様の赤城と受けに回りつつもしっかり支えてる百合根との関係がいいですなぁ。
STメンバーも一人一人しっかりキャラが立っていて見やすいわ〜
コレは視聴決定です。


 第2話 相棒刑事が卑劣な犯罪を追う!大好評の新バディが今夜も難事件をズバリ解決!
 第3話 迫る炎に美女の悲鳴・連続放火事件に隠された謎を追え!
 第4話 謎の集団自殺に隠された欲望の罠・哀しい男と女の悲劇を天才赤城左門が解く!
 第5話 真夏の夜の心霊スポットの謎・暗闇に美女の悲鳴が響く!証人全員の嘘を暴け!
 第6話 女医監禁の裏に医療ミスの秘密!天才赤城左門の秘められた過去が今夜明らかに
 第8話 母の悲しみが奏でる死の子守唄・天才赤城左門 VS 犯罪心理学の権威究極の対決!
 第9話 いよいよ大詰め シリーズ最大の難事件にST絶体絶命・モモタロウの謎を解け!
 第10話(最終話) シリーズ最大の難事件 モモタロウの謎今夜完結!黒幕の正体は?
 
br_banner_asagao

何だか最近、午後3時頃になると疲れて寝てしまって〜記事アップがこんな遅くになっちゃった〜(-公- ll)
夏ドラマはこんな感じになると思いますが、良かったらお付き合い下さいませ〜