さて、梨央ちゃんの事件の犯人のアジトを見つけたという阿比留(ユースケ・サンタマリア)の報告を受け、現場に向かった捜査一課のみなさん・・・
阿比留の指示でその工場へ入りましたぞ。
HPはこちら

 この日のために阿比留は準備を進めてきた。
アジトには正常に起動しないPCを置いてあり、そのデータを復旧させてみせることで阿比留への有難味を倍増させる予定だった。

 で、工場見学のようにみなさん一緒に給湯室に向かおうとしたら・・・
鉄パイプを持った玲奈(北川景子)が現れ、矢吹(高岡早紀)を殴りつけたぞ。
「妹と琴葉が世話になったな!」

 須磨(井浦新)の指示で阿比留の事務所を盗聴するため探偵課が動いてくれた。
で、阿比留が犯人だと確定できたらしい。


 矢吹をやっつけた玲奈はそのまま逃亡。
紛れ込んでいた窪塚(三浦貴大)が追跡。
阿比留は予定が狂っちゃアレなんで他の刑事たちには追わせず誘導。

 給湯室にはもちろん誰もいない。
PCに気づいた刑事が電源入れたら、普通に起動したんで内心阿比留は(゚ロ゚」)」
どうやら玲奈が直しておいたようです。

 阿比留は刑事たちに絶対に動かないよう指示して(鬼ごっこじゃないんだからさ〜)上の階の梨央ちゃんを閉じ込めている場所へ。
梨央ちゃんを連れて刑事たちの前に颯爽と登場しようとしたんだけど、玲奈が待ち伏せしており、窪塚には偽装誘拐の件について話しているのを録音されてしまった。
火をつけて二人を亡き者にし逃亡を図ろうとしたんだけど、追いかけてきた不死身の玲奈にボコボコにされてしまう。

 いや〜同じ探偵なのに見た目どうりへなちょこであっという間に玲奈にやられてしまったのが笑えた〜
しぶとく戦ってくれたけど玲奈の相手じゃなかった。
って、現場でも阿比留の言うことにおとなしく従っていた捜査一課のみなさんがあまりにもおバカさんぽくてーー
どう見ても阿比留の言動は不自然でしょうよ。

 よくあるパターンだけど、このドラマも主人公の能力を引き立たせるために警察は無能だって強調するアレなのかしら・・・


 梨央ちゃんは救出され阿比留も矢吹も逮捕された。
警察は阿比留に捜査協力を求めたことを隠ぺい。
だからその事を知っている玲奈の矢吹への暴力への追及はなしとなった。

 マスコミのカメラの中、淡々とした表情で連れられていく阿比留が印象的でした。
え〜阿比留が出なくなるとつまんないよ〜
わたしゃ、阿比留が出ているから見てたのに。
ずっと黙秘しているらしいから、うまいことやって罪を逃れ戻ってきて欲しいわ〜

 玲奈との対決の場面で父親の虐待に遭っていたことと、なまりのために疎外され小学生の頃から人間関係を築くことができなかったことが明かされた。
その状況を利用して過去を偽り、絶対的な自己を作り上げるために権力を求めたということも。
そして「死神」阿比留ではなかった。

 って、直接本人に聞くってねぇ・・・( ̄∇ ̄;)
「私は君が探している探偵ではない」って答え聞いて普通に落ち込む玲奈・・・
こういう時だけ阿比留の言うこと信じるの?
こんな簡単にシロかクロかわかるなら、最初っから質問してりゃよかったんじゃ・・・


探偵の探偵 (講談社文庫)探偵の探偵2 (講談社文庫)探偵の探偵3 (講談社文庫)
 一か月後、玲奈は入院している琴葉(川口春奈)を見舞いに行ったが、家族に囲まれている彼女を見て会うことなく去って行った。

 琴葉が対探偵課に戻ることなく1年が過ぎた。
玲奈はフリーの探偵・堤(松尾諭)から木舵愛莉という女性を連れ去った変質者・檜池(尾上寛之)の情報を得た。
この手のストーカーを追っていけばいつか「死神」の手がかりを得られると考えていたが、須磨にはっきりと言われてしまったわ〜。

「以前にも言ったはずだ。
妹を死に追いやった探偵を見つけることなど、ほぼゼロに等しいと。
現にこの一年、死神に関してこれと言った手がかりは何も見つけられなかった。
もうすでに探偵から足を洗っている可能性だってある」

「それはありません。
死神の調査報告書には通常なら報告義務もない
会話内容まで詳細に書かれていました。
死神は対象者を執拗に追いかけまわし、自分の調査能力に
酔いしれ、他者との違いに満足している。
たとえその行為が人の死に直結しようとも何とも思っていない。
常軌を逸した行為です!
求められる限りは今もどこかで誰かを追っているはずです」


 カメラはずっと須磨の表情を追っている訳ですが・・・・
これで須磨が死神だったら普通すぎてつまんないな〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


 その後、玲奈は檜池の家に侵入し監禁されていた愛莉さんを救出(自分のことは誰にも言わないよう命じた)。
檜池の室内に「死神」が書いたものと同じ調査報告書を発見。
咲良の調査報告書と照らし合わせて確認すると会話内容も記述されているし文体も同じ。
檜池を追求すれば死神の情報を得られると思ったが・・・
錯乱した檜池はベランダから飛び降りて意識不明の重体に。
気づいた死神に殺されなきゃいいけど。

 今回も玲奈のサバイバルミニ知識が披露されました。
納豆とヒスタミンを付けたナイフなどで刺すと血管が拡張し凝固作用も起こらないから出血多量に至らしめることができるそうな。
さらに激痛を伴うんだってよーーー怖いわね〜


 さて、退院し姉の家で就職活動を始めようとしていた琴葉ですが・・・
姉のPCからみんなで玲奈を折檻しているような映像発見。驚愕するのでした。

 って、みんな病みすぎだよーーー
コレって原作通りなのかなぁ・・・優しくて面倒見のいい姉じゃなかったんかい・・・
こんな恐ろしい家族ヤダーって玲奈のもとに戻るってアレかしら・・・変なの。

 北川さんのアクションシーンが見どころなのはわかるのですが、死神問題が遅々として進まず、展開もテンポがいいとは言えず、ちょっと飽きてきました。
なんか目の覚めるような事件が起きて欲しいわね〜


 第1話 衝撃の問題作が今夜解禁!復讐に生きる女探偵
 第2話 狙われる命、暴かれる秘密
 第3話 真犯人現る!闇夜の決闘!!
 第5話 新章開幕〜新たな事件発生!DV被害者失踪の謎
 第6話 深まる謎・・・死神へと続く鍵!出会うはずない二人
 第7話 真相解明!夜明けの大乱闘!愛しき刑事に捧ぐ涙
 第8話 最終章突入!反撃の始まり
 第9話 死神からの挑戦状!黒幕と因縁の対決へ
 第10話 全ての終焉へ!遂に判明する死神の正体
 第11話(最終話) 狂乱の最終回!復讐の先の哀しき希望

br_banner_fuurin