養之助(西畑大吾)は藍之助(森下大地)に菊さん(萬田久子)の最期の日々の様子を教えてあげましたで。

「おばあちゃんの最期は決して惨めなもんやなかったで。
寝たきりで床ずれになりそうなんをこう・・・一家みんなで世話してなぁ。
せっちゃんも手伝うてくれて」
「せっちゃん?」藍之助
僕のお嫁さんになるんや。二十歳になったら籍入れますねん。
その話したらおばあちゃん、ほんまびっくりして喜んでくれてなぁ」
「そうだしたなぁ。『笑うと腰にくる』言いながらよう笑てましたなぁ」はつ(宮崎あおい)
「そうや。3日前なんかなぁ、お父ちゃんやお母ちゃんやおじいちゃんや僕ら 
み〜んなでおばあちゃん抱いてみかん山まで行ってなぁ・・・
おばあちゃん、みかんの花の香りいっぱい浴びて、ほんま嬉しそうに笑てはったわ」

「なぁ、お母ちゃん。僕な、決めたんよ。
僕は一生ここで生きていく。
ここで家族ぎょうさん作って、みかんもぎょうさん作って
僕はそないして一生生きていきたいんよ。
せやよって・・・お兄ちゃんは安心して大阪戻ってくれてええで。な?」
養之助
「うん」藍之助
「よし。おばあちゃ〜ん!
山王寺屋はな、僕がきっと守っていくよってよ〜!」

「こら、頼もしわして」倉掛
「養ちゃん、かっこええなぁ!」
「おいしいおいしいおみかんぎょうさん作るってよ〜!
ちゃんと見ててや、おばあちゃ〜ん!おばあちゃ〜ん!」


 素直なええ子ぉに育ったなぁ・・・(ノ∀;`)
それに思わず微笑んで見守りたくなるような人間的愛らしさがある。
節ちゃんも、いかにもしっかりしていて肝っ玉母さんになってくれそうやし。
りっぱな果実が生りましたな。
はつも誇らしいかったやろ。


 その後、あさ(波瑠)がうめ(友近)を伴い焼香に来たんやが、はつを東京の今井家に誘いに来たのでした。
何やらお父様(升毅)が具合悪いいう話が出てたけど、今は梨江(寺島しのぶ)の病状の方が悪化しているらしい。

『こうして4人は和歌山から2日がかりで東京へ向かいました。
それから程なくして梨江は久しぶりにそろった姉妹の顔を見て
安心したかのように家族に見守られながら亡くなりました』


 最期に会うことができたのは良かった・・
てか、私も梨江と子供達の最期の場面を見たかったぞ。
巷で噂されているようにスケジュールが取れなかったのでしょうか〜?
梨江なら子供達が生きていくために大切な言葉をそれぞれ残してくれただろうなぁ・・
HPはこちら


連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 あさが来た 上文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
 葬儀のために千代(小芝風花)と新次郎(玉木宏)も駆けつけました。
葬儀の間も、あさは参列者達への挨拶があり悲しみに浸っている暇はなかったさ。

 父・忠興の病状も良くないようだす。
それでもベッドの中で千代と養之助のおしゃべりを聞いている忠興は嬉しそうやった。
そして梨江の写真を見つめて何かをつぶやいていた。

「お父はん・・・何か言わはりました?」はつ
「お母はんに『おおきに』言うたんや。
もう『おおきに』しか思いつかへん・・・」忠興

 夫婦としての強い結びつき、そして言葉ではいい表せないほどの深い思いが伝わって来た。
いなくなった今も梨江の魂が、忠興に優しく寄り添っているのを感じました。


 部屋を出たはつは、嫁入りの時に梨江が手渡してくれたおまもりを
懐から出して見つめました。
「お母はん・・・おおきに」はつ

 梨江はずっとはつの歩く道の灯りとなってくれていた。
梨江の言葉に導かれ支えられながら歩いてきて今がある。
それは、あさも同じ。
いろんな人に助けられてきたけど、自分を信じ前を向いて歩いてこられたのは
梨江という母があさの中にある芽を大切に育ててきてくれたから。


「・・・・お母さん・・・」あさ

 この美しい人の娘に生まれて良かったなぁ・・・(`;ω;´)

 その翌日、はつと新次郎はんは忠興の病室に呼び出されました。

「あ〜こないなってみるとなぁ・・・つくづく考えてしもてなぁ。
今までの事や後悔した事や・・・」忠興
「後悔やなんて・・・こないに成功しはったお父はんが」はつ
「フッ・・・確かにわしは幕末の乱世乗り越え、人からは大勝ちや言われてきた。
せやけど・・・2つだけ最初の最初から読み違えて失敗した事があったのや。
それは御一新での山王寺屋さんの事とあさの事です」

 山王寺屋さんのことはわかるけど、あさのことて?
じっくり聞かせてもらいまひょ・・・

 それにしても親の老いを見てしまうのは悲しいもんだす。
子供の中での親のイメージはいつだってバリバリ精力的に動いてるのに・・・
親も老いるし、死んでしまう・・・
「死」を感じることであさもはつも、自分達に残された時間も有限であると知るのでしょう。


 第1週 小さな許嫁(いいなずけ) 第1話〜第6話

 第2週 ふたつの花びら 
 第7話  第8話〜第10話 第11話 第12話

 第3週 新選組参上! 
 第13話 第14話 第15話・第16話 第17話 第18話

 第4週 若奥さんの底力 
 第19話 第20話 第21話 第22話・第23話 第24話

 第5週 お姉ちゃんに笑顔を 
 第25話 第26話 第27話 第28話・第29話 第30話

 第6週 妻の決心、夫の決意 
 第31話 第32話 第33話 第34話・第35話 第36話

  第7週 だんな様の秘密 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 

 第8週 京都、最後の贈り物 
 第43話 第44話 第45話 第46話・第47話 第48話

 第9週 炭坑の光 
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話

 第10週 お姉ちゃんの旅立ち 
 第55話 第56話 第57話 第58話・第59話 第60話

 第11週 九転び十起き 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話

 第12週 大阪一のおとうさま 
 第67話 第68話 第69話 第70話 第71話 第72話 

 第13週 東京物語 
 第73話 第74話 第75話 第76話・77話 第78話

 第14週 新春、恋心のゆくえ 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話

 第15週 大阪の大恩人 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話

 第16週 道を照らす人 
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話

 第17週 最後のご奉公 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話

 第18週 ようこそ!銀行へ 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話

 第19週 みかんの季節 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話

 第20週 今、話したい事 
 第115話  第116話 第117話 第118話 第119話 第120話

 第21週 夢見る人 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話

 第22週 自慢の娘 
 第127話 第128話 第129話 第131話・第132話

br_banner_tsubame