養之助(西畑大吾)の祝言の数日後、今井家当主・忠興(升毅)が亡くなり、
忠嗣(興津正太郎)の妻・とわ(佐藤都輝子)が今井家別荘の土地譲渡證を持ってきてくれました。

 これで建設予定地は確定。
さらに渋沢先生が(三宅裕司)大学校設立に協力を申し出てくれました。
しかも加野銀行がバックについているなら創立委員の会計取締りをしてもいいとまで言って下さったそうな。泉ちゃん(瀬戸康史)大感激!


「ほな、先生。30万円は無理でもまずは10万集めまひょ。
東京に開学するとしたら土地代はかからへんさかい
予算はそれでなんとかなります。
10万円できちんとした大学の建物造って、形見せたら
寄付の上乗せもできる事や思います」あさ(波瑠)
「いや、それは・・・さすがに冒険にも程があります。しかし・・・私は・・・
ムチャな冒険であればあるほど燃え上がるたちでもあります!

「どっちやねん!」へぇさん(辻本茂雄)

 五代様のテーマ曲『舶来でごわす』がしっかり泉ちゃんに受け継がれておりますなぁ・・
五代様、役不足やろが・・・許してくれるかねぇ・・


『渋沢を説得できた事で成澤は更に勢いをつけ・・・』 

 ハッスル!ハッスル!
にゃんと自転車を乗りこなして寄付集めに拍車がかかりましたで。


『あさは大阪や神戸の有力者のもとに何度も足を運びました』

 風向きがすっかり変わったようだす。
波に乗ったあさは、ついに工藤様(曾我廼家八十吉)をも落としました。


「なんちゅうこっちゃ。
これだけの面々集めて動いてるなんて言われたらこら、
いっちょかみせぇへん者が時代に乗り遅れてるみたいな気ぃになりますなぁ」工藤
「へぇ。年が明けたら発起人大会開かさしてもらいます」あさ
「ほう・・・委員長には近衛様会計監督には渋沢様てなぁ・・・
ライスカレーのために英語の歌歌てた若者のやる事とは
思われへんぜいたくな事になりそうだすわなぁ」新次郎(玉木宏)
「はぁ・・・負けたわ。なんぼ寄付したらよろしかな?」工藤
「お父ちゃん・・・」サカエ(横田美紀)
「工藤様・・・おおきにありがとうございます!」

HPはこちら

連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 あさが来た 上文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
 実は大阪での支援者がいい感じに増えてきたのは、どうやら新次郎はんの営業のおかげらしい。
あさはいつものようにお茶を入れてくれている新次郎はんに感謝の言葉を伝えましたぞ。

「わて、な〜んもしてしまへんで。
昔から知ってる者に会うて飲んだり食べたりする話の種に
この本使わしてもろてるだけだすのや」新次郎

 そう言って新次郎はんは今井の忠嗣さんから来た手紙の中に入っていたもんをあさに見せましたで。
遺品整理していた時に見つけたという父のテケツブック。
あさと同じように乗った汽車の切符をきれーいに貼ってありました。


「やっぱり似た者親子やなぁ。
いつかあさに渡してほしいて、そない言われたそうで」新
「何や、お父はんも集めてはったんや・・・
ハハッ。・・・お父はんいうたら。見て、これ。
うちが行った事ない土地にもよう行ったはりますわ(ノω;`)
さすがお父はんやなぁ・・・」あさ

 夫婦でしっとりしとると・・・そこになんと栄達(辰巳琢郎)が訪ねてきたことを伝えにきました。
養之助が入隊し、男手が無くなったので藍之助(森下大地)に銀行を辞めて帰ってくるよう伝えにきたのさ〜
はつ(宮崎あおい)も惣兵衛(柄本佑)も藍之助を呼び戻すつもりはないので
自分が言うしかないと思ったんやろな。


「藍之助・・・帰ってきてくれ!
みかん山に男手が足らんようなってしまう。わしももう年や・・・
せっちゃんは実家に帰したし、おばあちゃんも亡うなって
もうお父ちゃんとお母ちゃんだけでやっていくのは限界なんや。
なぁ、頼む。帰ってきてくれ!」

「・・・・・・」藍之助
「新次郎さん。この子を和歌山に返しとくなはれ」栄達
「いやいや・・・頭上げとくなはれ」新
「おじいちゃん・・・」藍之助
「お願い・・・お願い申します!」

 この人・・・初めて能動的に動いたな。
今まで菊さんや惣兵衛はん(柄本佑)が決めたことを、ただ受け入れてきた人が。
初めてお家のために自分の意志で行動した。
藍之助にはかわいそうなことやが、お家あってこその自由でもあるからなぁ・・
無念ではあるけれど藍之助は栄達さんと和歌山に帰っていきました。


 藍之助のことを息子のようにかわいがっていたへぇさん、寂しそうや・・・
もう加野銀行の家族になっていたのになぁ・・・


 みんなで二人を見送って、へぇさんを慰めていると・・・
どこからともなく猫の鳴き声が・・・
そしてあの男が帰ってきましたで!

「はれ?・・・あれは!」あさ
「雁助!」新次郎
「ほんまや。雁助やがな!」榮三郎(桐山照史)
「雁助さん?雁助さんや!あ・・雁助さんや!雁助さんやあ!」亀助

 すぐに駆け寄って確認する亀助はん(三宅弘城)・・・(* ̄m ̄)プッ

「亀助やがな」雁助(山内圭哉)
「雁助さんやあ〜!」
「ちょっと、あかんあかんあかん!たたいたらあかんぞ。たたいたらあかんねん」
「あかんの?( ̄∀ ̄*)イヒッ 」
「病み上がりやからあかん。あかんねん」
「雁助さんや〜〜!\(*T▽T*)/ワーイ♪」

『雁助が久しぶりに大阪に帰ってきました』

 この前のお礼に来たんやろけど・・・
なんかでも、うめの表情は来るのわかっていたみたいな顔やな。
でも、これ以上うめの気持ちを乱さないで欲しいわーー
工場閉めて来たってんならアレだけど、どうせまたあの家族がいる神戸へ戻るんでしょ〜?
何度もストーリー展開上のダシにされるうめがかわいそうやわ・・・


 第1週 小さな許嫁(いいなずけ) 第1話〜第6話

 第2週 ふたつの花びら 
 第7話  第8話〜第10話 第11話 第12話

 第3週 新選組参上! 
 第13話 第14話 第15話・第16話 第17話 第18話

 第4週 若奥さんの底力 
 第19話 第20話 第21話 第22話・第23話 第24話

 第5週 お姉ちゃんに笑顔を 
 第25話 第26話 第27話 第28話・第29話 第30話

 第6週 妻の決心、夫の決意 
 第31話 第32話 第33話 第34話・第35話 第36話

  第7週 だんな様の秘密 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 

 第8週 京都、最後の贈り物 
 第43話 第44話 第45話 第46話・第47話 第48話

 第9週 炭坑の光 
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話

 第10週 お姉ちゃんの旅立ち 
 第55話 第56話 第57話 第58話・第59話 第60話

 第11週 九転び十起き 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話

 第12週 大阪一のおとうさま 
 第67話 第68話 第69話 第70話 第71話 第72話 

 第13週 東京物語 
 第73話 第74話 第75話 第76話・77話 第78話

 第14週 新春、恋心のゆくえ 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話

 第15週 大阪の大恩人 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話

 第16週 道を照らす人 
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話

 第17週 最後のご奉公 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話

 第18週 ようこそ!銀行へ 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話

 第19週 みかんの季節 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話

 第20週 今、話したい事 
 第115話  第116話 第117話 第118話 第119話 第120話

 第21週 夢見る人 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話

 第22週 自慢の娘 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話・第132話

 第23週 大番頭のてのひら 
 第133話 第134話 第135話 第136話 第138話

br_banner_tsubame