さて、あさ(波瑠)は千代に手伝ってもらい作ったお弁当を手に
大阪に戻って来た泉ちゃん(瀬戸康史)の元に行きましたぞ。


「なんぼ世のため人のためいうても自分がおなかすかしてたんではあきまへんて
いつも言うてますやろ?
ある程度お腹満たしてこそ新たな活力が生まれてくるいうもんだす」あさ
「いや〜しかし、こんなに叩かれるとは・・・
私の信条は『真の楽しみは苦しみの中にこそある』という言葉です。
逆境にも強いつもりでいた。
しかし、そんな私でさえもう潰されそうです。
他人の妬みそねみというものがこんなにもいやおうなしに人を傷つけるとは・・」泉

「はぁ、そら、めでたいこと」
「はい?めでたい?」
「叩かれるいうのはそれだけ目立ってるいう証拠だす。
今までの女子教育を真っ向からひっくり返した先生が
ようよう注目され始めましたのや。
どうか存分にポンポンポンポン叩かれとくなはれ」
「叩かれてくれ?」
「そうだす。『出る杭は打たれる』。 
肝心なのはなんぼ打たれても打たれてもへこたれへん頑丈な心を持つ事だけだす。
寄付金集めの件は、うちが甘かったんだす。
こない不況で物も売れへんようになってしもたら、みんなお金出し渋りはんのも無理あれへん。そやけど景気がようなるのを待ってたら機を逃してしまいます。
うちらも、これからもういっぺん大阪中軒並み回ってみるつもりだす」

 どこまでも平常心なあさの姿に泉ちゃんびっくりさ。

「どうしてそんなに前を向けるのですか?
あなたのような開明的な女性なら今まで叩かれるのは私の比ではなかったはず。
それなのに・・・」泉
「そら・・・う〜ん。
家で鬱々悩むより外で叩かれる方が性に合うてますのやろなぁ。
どない暗い夜でも信じて進んだら必ず新しい朝が来ます
「朝?」
「そうだす。
自分で自分の道選ばしてもろてますのやさかい前向かなあかん。
先生かて自分で選びはったいばらの道だすやろ?
『九転び十起き』!さぁ、まずは腹ごしらえだす」
「はい!」


 あさが導く側に回ってしっかりサポートしているのが伝わってくる場面でした。
それはあさの経験と実感から生れた生きた言葉だった。
そりゃ泉ちゃんの心を動かすさ。

 泉ちゃんはすっかり気力を取り戻し、活動再開。
お得意の歌が出るようになればもう大丈夫。
HPはこちら


連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 あさが来た 上文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
『東京にも創立事務所を置くと募金の依頼を更に広げるため
各省大臣や華族などの有力者やその夫人たちに援助を願い出ました』


 その後、泉ちゃんから大学の名称への提案がありました。

「あの・・・仮に大学校の名前を付けようと思うのですが、
日の出女子大学校というのはいかがでしょう?」
「日の出女子大学校?」あさ
「はい。どんなに暗い夜も信じて進めば必ず日は昇り、新しい朝が来る。
学生たちにそういう気持ちで学んでもらいたいのです」
「・・・・(どっかで聞いたことある話やな・・・)」新次郎(玉木宏)
「よろしおますなぁ。どない思います?旦那様」
「あ・・・ええ名ぁだすな( ̄∇ ̄;)」

 そんな折、綾子様(松坂慶子)から手紙が届きました。
内容は・・・『この度の白岡家とのご縁談の件先方東柳様より辞退致したき旨の
ご返事これあり候』・・・

 辞退は啓介(工藤阿須加)本人の意志らしい。
なんでも恩師の教授が政府で働けるようにと内務省の参事官にまで紹介状を書いてくれており、卒業後はそちらで働くことになっていたんだって〜

 今更辞めたら、恩師の顔も潰すしねぇ・・・
でも何年か働いて辞めるとかさ・・そういうのダメなんかい?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


 よのさん大ショック!!
でも千代は頑張って笑顔を見せてましたで。


「しょうがありまへんやろ?うちは最初から家つき娘だすさかい。やっぱり榮三郎おじちゃんやお父ちゃんに選んでもろた人と一緒になる方がよろしのや」
「そやけど千代・・・」よの
あ・・うち、ちょっとさちさんとこ行ってきますわ。
おばあちゃんの元気がのうなったらあかんさかい、すぐに次のお相手探して〜言うてな」
「ちょっと待って。千代」あさ
「ごめんやす」

 すぐにあさは千代を追いかけたさ。
そして「ほっといて」言う千代を抱きしめましたぞ。
お母ちゃんの腕の中で思いっきり泣けてよかったなぁ・・・(´;д;`)


 その後、ぐらっときたよのさんはお医者さんの診察を受けておりました。

「千代・・・かわいそうな事してしもたなぁ・・・・」よの

 まだ胸の奥に痛みはあるけれど思いっきり泣いたら、すこしすっきりしたみたいだす。
それと宜(吉岡里帆)のおかげで笑えるようにもなった。
友達の力はほんに大きなもんだす。
様子を伺いにきたあさもかのさん(楠見薫)もほっとしたべよ。


 それでも千代の気持ちを思うと黙っちゃおれんあさは今すぐにでも
東柳家に走って行きそうなのを新次郎はんに止められて我慢したようだす。

 いや〜こういう時は騒ぎすぎるとこじらせるからさ〜
ここはちょっと静観して様子見た方がいいよ〜
あさの一番苦手なことやがな。


『あさは諦められませんでした。そして本当は新次郎も・・・』

 まさかの新次郎はん、出陣?

 第1週 小さな許嫁(いいなずけ) 第1話〜第6話

 第2週 ふたつの花びら 
 第7話  第8話〜第10話 第11話 第12話

 第3週 新選組参上! 
 第13話 第14話 第15話・第16話 第17話 第18話

 第4週 若奥さんの底力 
 第19話 第20話 第21話 第22話・第23話 第24話

 第5週 お姉ちゃんに笑顔を 
 第25話 第26話 第27話 第28話・第29話 第30話

 第6週 妻の決心、夫の決意 
 第31話 第32話 第33話 第34話・第35話 第36話

  第7週 だんな様の秘密 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 

 第8週 京都、最後の贈り物 
 第43話 第44話 第45話 第46話・第47話 第48話

 第9週 炭坑の光 
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話

 第10週 お姉ちゃんの旅立ち 
 第55話 第56話 第57話 第58話・第59話 第60話

 第11週 九転び十起き 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話

 第12週 大阪一のおとうさま 
 第67話 第68話 第69話 第70話 第71話 第72話 

 第13週 東京物語 
 第73話 第74話 第75話 第76話・77話 第78話

 第14週 新春、恋心のゆくえ 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話

 第15週 大阪の大恩人 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話

 第16週 道を照らす人 
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話

 第17週 最後のご奉公 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話

 第18週 ようこそ!銀行へ 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話

 第19週 みかんの季節 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話

 第20週 今、話したい事 
 第115話  第116話 第117話 第118話 第119話 第120話

 第21週 夢見る人 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話

 第22週 自慢の娘 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話・第132話

 第23週 大番頭のてのひら 
 第133話 第134話 第135話 第136話 第137話 第138話

 第24週 おばあちゃんの大仕事 
 第139話・第140話 第142話 第143話 第144話 
br_banner_tsubame