あさ(波瑠)が選んだのは梅の木でした。
新次郎はん(玉木宏)からもらった最初のプレゼント。
ぱちぱちはんと同じ、梅の木。
その梅の木にぽっちりと蕾が出ております。


「おぉ・・・あれが梅の木ぃやて知ってましたんか」新次郎
「へぇ。お母はんが珍しい木使てるて」あさ
「あらなぁ・・・あさがパチパチはん振って踊ってたんを
忘れられへんかったよってなぁ。
思う存分遊んでもらお思てええ音がなる雲州で作りましたのや」
「それでええ音しましたんやなぁ」

「わてはなぁ、そろばん使てるあさが好きなんだす。
わての事で隠居する言うねやったらそらお門違いだっせ
「もう、何言うてはりますの。
うちはもう、ようけ働きました。人の2倍か3倍働いた思いますわ。
そろそろ商い忘れて旦那様とゆっくりしたかてええのと違いますやろか」
「そら、あさが・・・誰よりもお商売の好きな、この白岡あさが
お商売よりもわての方が大事ゆう事だすか?」
「そうだす。
旦那様より大事なもんなんかあるはずあらしまへん」
「そうか・・・まぁ、それやったらしゃあないなぁ」
「へぇ。うちにもゆっくり奥さんさしとくなはれ」
「あさ。おおきにな」

 お商売よりも大事。
新次郎はんにとって、これ以上嬉しい告白があろうか・・
うっすらと涙ぐむ新次郎はんにもらい泣きだよぅ・・・(ノω;`)
あさと新次郎には語り合う思い出がいっぱいあるんだよねぇ・・


 しんみりしていたら・・・そこに大学校の学生があさに会いに来たという知らせが。
平塚明(大島優子)他二名だす。

 白岡家の居間であさは対面しましたぞ。
宜(吉岡里帆)から『文句があるなら堂々と言え』というあさの言葉を聞いた明は
わざわざ堂々と文句を言いにきたんやてぇ〜
明の言葉を受けたあさは内容よりも、堂々としたその態度に感服してみせました。

「あんさんみたいなおなごはんが出てくるやてなぁ・・・
まぁ、まだ未熟で偏ったとこもようけありますけど、それでもここまで自分の意思持ってきちんとものが言えるいうのは、こら、なかなか大したもんだす。
平塚明さん。
あんさん、何やひとかどのおなごはんになりはるかも分からしまへんなぁ」あさ
「え?えっと・・・私は・・・」明
「頑張ってな。どうか存分に学んで下さい。
せや。秋の運動会ででもお会いしまひょ。
今年は、うちもあんさん方と一緒に自転車乗り参加さしてもらいますよってなぁ」

 (-_-)ウーム・・・・あさの人間的な大きさを強調しつつ、新しい女性の時代が来たことを描きたかったのかもしれないが・・・
平塚明という女性があまりにも魅力に乏しいので嫌なものが残ったぞ。
そもそも悪口言いふらすて・・
自分が望んでいた講義内容と違ったとしても、あんなふうに嫌味っぽくぐちぐち言うおなごは好かん。
学びたくて来たんとちゃうんか・・・
そして一人で来るならまだしもお仲間ひきつれてくるって・・・
いくら『のちの平塚らいてう・・・』とか言われてもなぁ・・
すごくつまらない女に見えた。
新しい時代の女性は宜ちゃんじゃダメだったの?
HPはこちら


連続テレビ小説 あさが来た Part1 (NHKドラマ・ガイド)NHK連続テレビ小説 あさが来た 上文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
『あさはそれからすっぱり仕事と縁を切ると、ただただ新次郎と共に
時を過ごすようになりました』


 美和さん(野々すみ花)が美味しいもんをちょいちょい持ってきてくれるのですが・・・
新次郎はんは、その理由をちゃんとわかってましたでぇ・・・
久しぶりの立ち聞き人・新次郎はん。
美和さんとへぇさん(辻本茂雄)の会話を聞いてしまったんやて。

「あぁ、美和さん!」へぇ
「シ〜!もういい加減、美和言うとくれやす」美和
「へぇ?」
「それ、取っとくれやす」
「へぇ・・・」
「もう『へぇ』言うのもやめとくれやす」
「へぇ・・・いや、ほな何て呼んだらよろしいんですか?」
「『何や、お前』言わはったらよろしいねん」
「あ・・何や・・お前」
「へぇ。ほな、行きまひょ。お前様

「へぇ・・・!ほほ〜ぅ・・・[障子] ̄m ̄)・・」新次郎


 なんやら「晴花亭」でも二人の世界っぽい場面がありましたな。
あれ?へぇさんって独身だっけ?子供はいたはずだが・・・
美和が持ってきてくれたお菓子はプリン。
もうこの頃にありましたんやなぁ・・・

 そして千代(小芝風花)は二人目ご懐妊。
それを聞いて気分の良くなった新次郎はんは「遊びたいなぁ」やて。
「アレ、どないだす?」で終わったけど、なんやろな・・・

 あさと新次郎はんの最期の時間が静かに輝くように描かれます。
やっぱり平塚なんとやらさんのエピソードはいらんと思ったワ・・・( ̄∇ ̄;)


 第1週 小さな許嫁(いいなずけ) 第1話〜第6話

 第2週 ふたつの花びら 
 第7話  第8話〜第10話 第11話 第12話

 第3週 新選組参上! 
 第13話 第14話 第15話・第16話 第17話 第18話

 第4週 若奥さんの底力 
 第19話 第20話 第21話 第22話・第23話 第24話

 第5週 お姉ちゃんに笑顔を 
 第25話 第26話 第27話 第28話・第29話 第30話

 第6週 妻の決心、夫の決意 
 第31話 第32話 第33話 第34話・第35話 第36話

  第7週 だんな様の秘密 
 第37話 第38話 第39話 第40話 第41話 第42話 

 第8週 京都、最後の贈り物 
 第43話 第44話 第45話 第46話・第47話 第48話

 第9週 炭坑の光 
 第49話 第50話 第51話 第52話 第53話 第54話

 第10週 お姉ちゃんの旅立ち 
 第55話 第56話 第57話 第58話・第59話 第60話

 第11週 九転び十起き 
 第61話 第62話 第63話 第64話 第65話 第66話

 第12週 大阪一のおとうさま 
 第67話 第68話 第69話 第70話 第71話 第72話 

 第13週 東京物語 
 第73話 第74話 第75話 第76話・77話 第78話

 第14週 新春、恋心のゆくえ 
 第79話 第80話 第81話 第82話 第83話 第84話

 第15週 大阪の大恩人 
 第85話 第86話 第87話 第88話 第89話 第90話

 第16週 道を照らす人 
 第91話 第92話 第93話 第94話 第95話 第96話

 第17週 最後のご奉公 
 第97話 第98話 第99話 第100話 第101話 第102話

 第18週 ようこそ!銀行へ 
 第103話 第104話 第105話 第106話 第107話 第108話

 第19週 みかんの季節 
 第109話 第110話 第111話 第112話 第113話 第114話

 第20週 今、話したい事 
 第115話  第116話 第117話 第118話 第119話 第120話

 第21週 夢見る人 
 第121話 第122話 第123話 第124話 第125話

 第22週 自慢の娘 
 第127話 第128話 第129話 第130話 第131話・第132話

 第23週 大番頭のてのひら 
 第133話 第134話 第135話 第136話 第137話 第138話

 第24週 おばあちゃんの大仕事 
 第139話・第140話 第141話 第142話 第143話 第144話

 第25週 誇り高き人生 
 第145話 第149話 第150話

 第26週(最終週) 柔らかい心 
 第151話 第152話 第154話 第155話 第156話(最終話)

br_banner_tsubame