さてさて・・・オープニングは昭和51年(1976年)の『徹子の部屋』。
第一回目のゲストは森繁久彌さん(吉田鋼太郎)だったんだね〜
森繁は徹子に頼まれ「知床旅情」を歌っております。

 森繁と言えば「知床旅情」だもんね。
てか、わたしゃそれしか知らないという・・・
『駅前シリーズ』も『社長シリーズ』チラリとテレビで見た程度で
ちゃんと見たことないしな〜『だいこんの花』は見た・・・かなぁ・・・
あとは正月の向田邦子さん原作のドラマとか・・・
あ!『猫と庄造と二人のをんな』は見たぞ!あれはおもしろかった。


 それから25年後、平成13年(2001年)の『徹子の部屋』のスペシャルゲストも森繁。
88歳になっております。
お付きのマネージャーが松田龍平さん!にゃんと豪華なヽ(*゚∀゚*)ノ

 この頃の森繁はホントにボケてるんだか、ボケたフリをしているんだか謎のところがあった。
年齢から言えばボケてて当たり前。でも森繁だからな。何やらかすかわからん。

 こうやって見てみると、やっぱり森繁は相変わらずテレビの中で自分なりに遊んでいたのかもしれない。
スタッフの段取りを崩してみたり、たまに素面になってみたりして。
でも「重鎮」扱いになっちゃってツッコんでくれる人もいなくなりつまらんと思っていたのか。
てか、こんなふうに視聴者をざわざわと変な気持ちにさせるのを楽しんでいたのかも。


 その日の森繁も例によって反応が鈍かった。
聞こえてんだか聞いてないんだか・・・

 徹子はディレクター(前野朋哉(最近よく見ますな( ̄▼ ̄) ))の指示で
「カンペの話」を振りましたぞ。
森繁はセリフを「覚えてこない人」で有名だったらしい。

 昭和36年(1961年)、NHKドラマ「王将(将棋棋士・阪田三吉とその妻の物語)」で
森繁と共演した徹子(満島ひかり)は呆れ返った。
森繁用のセリフカンペの数が尋常じゃない。
壁はもちろん、柱、カウンター、鍋の中の白菜にまでセリフが?!w( ̄▽ ̄;)w

 大物然とスタジオ入りした森繁に徹子は食ってかかったさ。

「お、チャック、一回どう?」森繁
「そんな一回どう?一回どう?って不真面目なことばっかりおっしゃってないで、
一回どう?カンニング無しで演技なさったらどう?一回どう?!」
徹子
「・・・・・・・・わかったわかった・・・」


 って、コレも生放送かーい?!
本日は森繁演じる三吉が飲み屋で苦労をかけた妻への思いを語るクライマックスシーン。
ところが、その大事なセリフが書いてある衝立をカメラマン(ピエール瀧)が
どかしちゃった・・・( ̄∇ ̄;)ハハハ
ディレクターはいつもの伊集院(濱田岳)。
徹子の役は妻・小春、飲み屋の親父は渥美清(中村獅童)ですぞ。


 入って来た森繁はすぐに大事なもんが無いことに気づいた。

・・・・・衝立・・・」森繁
「・・・・・・・・」伊集院
「衝立っ!」
「・・・へえっ?!・・・・
ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ 衝立知ってます?ここにあったやつ?」
「片づけたよ。邪魔だろうが!」カメラマン

 慌てて衝立を探しに行く伊集院。
森繁のセリフは止まったまま・・・
徹子と渥美は何とか繋いでおります。

「アンタ、何とか言うてんか・・」徹子
「・・・・・・・・・」森繁
「な、何かあるやろ?」
「・・・・・・・・・」

 「終」を出そうとした他のディレクターを蹴っ飛ばし、伊集院が衝立を運んだ来た!
気配を感じて芝居を再開した森繁はカンペを見ながら小春への思いを伝えたさ。


 コレ、ある程度は覚えてるんだろうねぇ。
まるっきり覚えてなかったら明らかに読んでいるふうになっちゃうもの。
森繁がカンペを待っている間の微妙〜な間が効を奏したのか視聴者からは森繁の演技に感動したという声がたくさん届いたそうな。
HPはこちら


トットチャンネル (新潮文庫 く 7-2)トットひとり
「カンニングをしてもね、人の心をこんなに動かすことができるんだって
私、本当にすごい!って思いました!」徹子
「・・・・・・・・・(ぼんやり〜)」森繁
「・・・すごいって思いました!」
「・・・・・・・何か言わなきゃいかんのかい?」
「・・・・・・おとぼけなさってらっしゃるのか分からないけれど・・・
ね、森繁さん、聞いてらっしゃる?」
「・・・・(上の空〜)」

『森繁さんは深く考える話は面倒だという雰囲気だった。
トットちゃんは年をとるとはこういうことなのだと思った』


 徹子が話を振ってもネガティブな答えが返ってきたり、
聞こえないフリをしたり・・・
段取り通りに進まない展開にプロデューサーはイライラし始めた。

 徹子は森繁とかつてした約束の話をしてみた。

『昭和53年(1978年)、テレビ放送開始25周年の番組でトットちゃんは
森繁さんと共演することになった』


 伊集院が森繁に番組のコンセプトを説明すると・・・

おもしろくないね!テレビはね、おもしろくなくちゃ!
このね・・・25ってのが中途半端なんだな・・」と
企画書の25という数字に×を描いた。

「50でいこうよ」森繁
「5・・・え・・・?」伊集院
「50年周年!ということは私が70で森繁さんが・・・」徹子
「90だね!」森繁
「いいわね!いいじゃない!」徹子
「いいかなぁ・・・」伊集院
「じゃあ70歳の私と90歳の森繁さんで一緒にコントやりましょうよ!」
「それもね、お客さんの前で!」
「いいね!それどっかの大ホール貸し切って」
「あ、そうしましょうよ!!」
「スケールでっかくいこうよ!」
「じゃ、生でいきましょうよ」
「テレビは生と決まっとるからね!やろう!やろう!」


 青ざめる伊集院他スタッフの前で25周年記念番組の改定案が
決定した・・・( ̄∇ ̄;)ハハハ


「昔っからああなんだよ・・・・あーーーやだな・・・・
この人達との生・・・(-言-)」伊集院

 ご愁傷さまです・・・
でも、それでもこの人達をキャスティングせずにはいられないんだろうな・・


 そして生放送でテレビ放送開始25周年記念番組が始まった。

『70歳のトットちゃん90歳の森繁さんによるコント『テレビ50周年』も実現した』

 尿瓶でお茶を飲み、徹子のおしゃべりを無視してせんべいをバリバリこぼしながら食べる森繁・・
急に『おしっこ・・・』って言いだしたり、「おしっこNG」というカンペを取り上げて
ディレクターの頭を叩いたりして、ボケ演技も堂に入っております。

 その後は森繁によるテレビジョンへの思いが詰まった朗読『おまえさん』・・・

「おまえさんよ・・・こうして改めて見つめてみると
四角い不思議な顔をしたおまえさんよ・・
おまえさんには、たんと泣かされた。
キーキー笑わされた。
ドキッとさせられた。
一緒に歌を歌った。

正直、つまらないおまえさんに「フン!」と思ったこともある。
私はこれから先、もっとすばらしいおまえさんに会えるだろうと思っている」


 この時、森繁は65歳。
感慨深い思いはあっただろうが、正直、テレビではやりつくした感もあったんだろうか。
テレビ放送開始25年、青年期に入ったテレビジョンに対して熟年期に入った自分。
まだまだめざましく変化していくであろうテレビジョンをどこか遠くに感じている自分を意識したのか・・・
テレビ放送開始と共に誕生し、現在ノリに乗っている『黒柳徹子』とは同じ感覚ではなかっただろう。


 それでも森繁は25年後の『テレビ50周年番組』を徹子と一緒にやると約束してくれた。

 場面は平成13年(2001年)の『徹子の部屋』へと戻ります。
相変わらず反応のない森繁に徹子は話しかけた。

「森繁さん、もうすぐ50周年ですよ。ね、あと2年ですから。
それまでは現役でいていただかないと」
「・・・・・・・・」森繁
「ね、約束したでしょ」
「・・・・・だいたい、私がこうして生きていることがおかしいんだ・・・」
「ま、おめでたい日なのでね・・
おめでたい話をしていただきたいと思っていたんですけれども」
「・・・・友達がみんな逝っちゃった・・・
のり平も・・・清も・・・向田さんも・・・」
「・・・・・・・・・」
「みんなね、あっちでね、おいでおいでしているんだよ・・・」
「ね、森繁さん、今日はそういったお話をなさりたいんですか?
ね、森繁さん、そういったお話を・・・・?」
「・・・・・・・・・・・(一点を見つめている)」

 徹子は腹立たしいやら悲しいやら・・・
CMを入れて収録を中断させた。


「森繁さん!ちゃんとやっていただかないと困るんです!ねっ、森繁さん!」
「・・・・・・(ぼーーーっ)・・・」
「森繁久彌 という俳優がどんなに魅力的でね、どんなに素敵かってことをね
みんなに知っていただきたいのにね、それじゃ放送できません!
こんなのね、テレビじゃありませんよ!」

「・・・・・・・・」
「森繁さん、ご存じかと思いますけど『徹子の部屋』はね、生と同じでね、
編集しないで放送しているんです。テレビは生!ね、そうでしょ?!」

「・・・・・・・・・」
私、森繁さんに教えていただいたんですよ!
今日のじゃおもしろくありませんよ!ねぇ、おもしろくないの!
おもしろくないですよ」

 さすがにマネージャーが休憩を入れようとしたんだけど・・・
この徹子もスタッフも固まっているとんでもなく嫌な空気の中で森繁が突然動いた。


「一曲いいかい?あなたが好きだった、僕が作ったあなたが好きだったあの歌だよ」
「・・・・・・・・・・まぁ・・・ずいぶんムチャな展開ですけれど・・・
お願いいたしましょうか・・・・」 

 うつむいたままで、衰えた声で、ゆっくりと森繁は『知床旅情』を歌い始めた。
徹子は黙って見守った。

 そして・・・今は老人ホームに入って『徹子の部屋』の森繁を見つめていた王さん(松重豊)・・・・
彼の中で何か蘇るものがあった。
他の入居者のみなさん達もテレビ画面の森繁に注目しております。

 「老いた森繁」そのまんまでつぶやくように歌う『知床旅情』・・・
それが逆に王さん達、森繁と共に時代を生きて来た入居者達の心に火をつけた。
テラスの舞台で力いっぱい歌う王さんと一緒に合唱したり、手拍子を送るみなさん・・・


 これは森繁にしかできない芸だね。
テレビと共に生き、その中で思いっきりやんちゃをして、楽しんで、
その愛着のある恋人へ少しづつ別れの準備をしている。
本気なのか演技なのかわからないギリギリの線で「今の森繁」を生中継する。
気負いもてらいもない。むしろ無の境地・・・?
「老いている森繁」がひょうひょうと歌っているその姿は不思議と心を打つものがあった。徹子の目からも涙がこぼれたさ。


 その2年後、大きなリムジンで移動中の森繁に徹子は再会した。
相変わらずぼ〜んやりした感じだったが、それでも「あのね、一回どう?」といつものように誘っていた。
そして徹子もいつものように「また今度」と返して別れた。

 森繁は誰も遊んでくれる子がいなくなった空き地に戻る子供のような
寂しい顔で徹子を見送った。
森繁という人は徹子にとっていつまでも親戚の変なおじちゃんのような、
やることなすことそわそわさせられるけどおもしろくてたまらない。
つい近寄って話したくなる不思議な魅力のある人だったんだろうね。
そして徹子と同じようにテレビジョンの中で存分に遊びまわった大先輩であり戦友。


『これがトットちゃんと森繁さんの最後の会話になった。
あの時、森繁さんは90歳。
「一回どう?」と半世紀もかけて一つのジョークを言い続けてくれたのは
森繁さんの粋だった』
 

 街のサックス吹きの演奏に合わせ、月灯りの下、一人で踊る徹子さんが悲しくて美しい。
みんな逝ってしまったけど、徹子さんはまだテレビジョンの中で「黒柳徹子」をやっている。
それは幸せなことであり、そして残された徹子さんの使命感でもあるのだろう。


 スタジオのセットの中、サックスの音色を聴きながら徹子は歩いて行く。
壁には懐かしくて大好きな人達の顔が映っている。

『あんなおもしろい人達がもう死んでしまっている。
というのは、やっぱり悲しいものだ。
でもトットちゃんは、逆に死ぬのは怖くない・・とも感じている。
あんなにすごい人達み〜んなが体験したことなのだから』


『マンモスの夢を見ると、よいことが起こる。
というのが、トットちゃんの得意な話だった』


 セットの中に突如現れたマンモス・・・
そこに若き日の徹子が乗って手を振っている。
そして徹子とマンモスは夜空へと飛び立って行った。
 
 徹子の幸せな夢は続いている。
そしてまだまだ終えるつもりはない。
そのことが、同じ時代のはしっこにいて見ることができた私には
嬉しくて誇らしくて・・・


 ラストは本物の徹子さんと徹子さんを演じた大徹子の満島さんと小徹子だった藤澤遥ちゃんが、あの「ザ・ベストテン」のキラキラの扉の前に集合。
元気一杯の王さんも応援に来ております。

「あなた、おいくつ?ね、おいくつ?あなた」大徹子
「私はね、今の今日の私です」徹子
「あ、ホント。あなたは?」
「私も今日の私です」小徹子
「私も今日の私なんですけどね・・」大徹子
「山!」徹子
「川!」大徹子
「空!」小徹子
「追いかけます!お出かけならばどこまでも〜!」三人

 第一位は『出発の歌』。
歌い手は黒柳徹子・里見京子・横山道代となっていたから、徹子のデビュー作である『ヤン坊ニン坊トン坊』の劇中歌なのかな?

 入口からはドラマにも登場した徹子の大切な人達が次々と登場。
もちろん語り手のパンダ(小泉今日子)も居ますョ〜

『♪ さよならさよならたくさん言って 元気に元気に出発だ
さぁさぁ、出発だ さぁさぁ 出発だ
お別れは悲しいけれど 出発は嬉しいな
さよならさよなら たくさん言って 元気に元気に出発だ
さぁさぁ出発だ さぁさぁしゅっぱーーーつーーだあーーー! ♪』


 いや〜楽しいお祭りでした。
でもお祭りの楽しさだけでなく、終わった後のいいようのない寂しさと悲しさも描いてくれたドラマでした。
そして熱い思いでテレビジョンの時代を創って来た人々の姿を見ながら、
今のテレビジョンはどうなんだ?この人達に負けていないか?
テレビジョンと視聴者との関係もすっかり変わってしまった今、
テレビジョンの存在する意義ってなんなんだ?という創り手側からのツッコミも感じた。

 最終回を迎えて、このドラマを心を込めてばかばかしいほどに真面目に創り上げることが答えなんだろうと思いました。
テレビジョン創世記の強いスピリットがしっかりと『今』に伝わっているのがわかったし
黒柳徹子さんというテレビジョンと共に生きて来た、そして『今』を生きている人間の姿から決してあきらめない前向きな強い意志が伝わって来た。
そしてそんな画面を創っている、画面には映らないテレビに関わるたくさんの人達の愛情も伝わってきた。

 懐かしい人々の登場に心が揺さぶられたけど、郷愁に引きずられずにすんだのは
悲しみは悲しみとして受け止めながら、彼らの思いを受け継いできた黒柳徹子さんがいたから。
テレビジョンという遊び場にはまだまだ私たちが見つけられていない楽しいものがある。
徹子さんがいるからテレビジョンは大丈夫・・・
テレビ史に堂々と残るドラマだと思いましたョ〜


 第1話 テレビ女優第一号・黒柳徹子の笑いと涙の青春
 第2話 上を向いて歩こう!
 第3話 生放送は波乱の連続!
 第4話 徹子、変身!玉ねぎヘア誕生 
 第5話 向田邦子と徹子・友情の物語 
 第6話 私の兄ちゃん・渥美清 
 
ねこちゃん