面白かった。コレは視聴決定。記事も書いていきます。
波瑠さん、出演作のチョイスがうまいですな。
『ストロベリーナイト』のような名作になるかどうか・・・楽しみに見守りたいと思います。HPはこちら


 警視庁捜査一課に宅配便の配達員・宮原秋雄(清水優)がアパートの部屋で惨殺死体発見されたと連絡が入った。
その名前を聞いた途端、藤堂比奈子(波瑠)は『ストーカーと強制わいせつの罪で三度の検挙歴がある』という情報を口にした。

 比奈子の頭の中には都内で発生した未解決事件と性犯罪の容疑者リストが記憶されており、「キーワード」を聞くと自動的に情報が検索される模様。
早速現場に出動するんだが、その前に比奈子の所属する課について書いておきまひょ。

 彼女がいるのは警視庁捜査一課の厚田巌夫(渡部篤郎)率いる厚田班。
先輩刑事の倉島敬一郎(要潤)は比奈子にちょいとホの字。
もう一人の先輩・東海林泰久(横山裕)は反対に比奈子のことなんて眼中にない。
異常なほど正義感が強く、HPによると「以前は刑事部のエースだったが、ある事件をきっかけに出世街道から脱落」したそうな。
そして同じ年だから同期なのかな?
清水良信(百瀬朔)は「所轄から鳴り物入りで厚田班に異動してきた」んだって〜

 宮原秋雄の遺体は凄惨な現場に慣れている鑑識ですらも正視できないものだった。
下半身がカッターナイフで切り刻まれており、首に扼殺の痕があった。
3日前から彼の使っていたトラックが「八王子南インター下」に放置されていたことから、殺されたのも、その頃と思われた。

 その報告を聞いた比奈子は3年前に「八王子南インター下」で起きた強姦され扼殺された女子高校生の事件情報をアウトプット。
その事件を担当した刑事によると宮原秋雄の遺体は口に下着を銜えさせられていること、倒れている手足の位置、胸の咬み痕・・・すべてがその女子高校生の遺体発見時の状態とそっくり。
そして宮原はその事件の容疑者の一人だった。

 さて、比奈子は現場に出て遺体と対面するのは初めてだったが、その態度は冷静だった。
資料でさんざんどぎつい写真を見て来たからだと言っていたが、恐怖や嫌悪感も無く、興味が先立っている様子は刑事と言うよりも監察医のようだった。

 その後、宮原の部屋で録画状態になっているスマホが見つかった。
録画をセットしたのは宮原自身であり、犯人は映ってはいないが物音と叫び声は録画されていた。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
 4年前、宮原が起こした事件の被害者・宇田川早苗(柏原優美)を調べていた比奈子と東海林は、彼女が三か月前に自殺したことを知った。
担当医の中島保(林遣都)のおかげで精神的に回復し、結婚する予定だったのに、
偶然それを知った宮原が襲った時の写真をメールで送りつけるなどの嫌がらせをしたせいだった。
娘を思い、怒り、そして嘆き悲しむ両親に二人は何も言えなかった。

 ここで帝都大医学部教授で監察医の石上妙子(原田美枝子)登場。
あだ名は『死神女史』だってよ・・( ̄∇ ̄;)
解剖の後でも焼き肉が美味しく頂ける豪快さん。
変死体が大好物らしい。
今回の検視結果も「おもしろい!実におもしろい!」・・・


 彼女の見立てもやはり3年前に殺害された女子高生の遺体の状態と類似点が多いというもの。
ただし宮原の傷はすべて宮原がつけたものらしい。
自分で自分自身を傷つけ、首を絞めて死んだ自殺ということになった。

 しかし人間には自己防衛本能や痛覚があるからよほど鈍感になっていないと難しい。
宮原の血液検査ではドラッグもアルコールも検出されなかったが、
尿中のノルアドレナリン濃度は異常に高かった。
そして咬み痕のように見えたものはどうやって付けたのか不明だった。

 一応宮原は自殺ということになったんで捜査は終了。
しかし石上は自分が検死を行った宮原と同じように自己防衛本能と痛覚を超越した不可解なケースを教えてくれた。
半年前に起きた3人の小学生の無差別殺人事件の容疑者だった柏木という男が自殺したんだが、自分で心臓を3回も刺して亡くなっていたそうな。

 宮原も柏木も誰かの暗示を受けて自殺したんでしょうか・・・
人間は催眠術をかけられても自分を殺すような指示には従わないようになっているそうだが暗示のかけかたをうまいことやれば・・・

 「刑事コロンボ」では、ある言葉を聞くと暑くて暑くて海に入らずにはいられなくなるとかって暗示をかけ、マンションのベランダから一階のプールに飛び込ませてたぞ。

 そういうことができるのは精神科医だから、やはり林遣都君が怪しいよねぇ・・・
あるいは彼の師匠の早坂(光石研)か・・・・
でも林君ってラスボスに設定されがちだから、当たり前すぎるかしら〜?


 さて、署に戻った比奈子は石上から教えてもらった柏木の遺体のデータをチェックしながら宮原の死について考えを巡らせていた。
思考に集中するあまり、いつのまにかにやりとしてしまっていたようで、それに気づいた東海林が射すような目で見ております。

「熱心だな・・」東海林
「ありがとうございます」比奈子
「でも、それ以上に・・・楽しそうだな、オマエ」
「いや・・・別にそんなこと」
「だったらもっと嫌そうな、辛そうな顔してろよ。殺人事件のデータを見る時は」
「・・・・・・・」

「世の中の人間のほとんどは事件とも警察とも無縁のまま一生を送るんだ。
中には生活が荒れたり、生き方が曲がったりして犯罪に巻き込まれやすい奴ってのもいるだろうが、それでも殺されて当然って訳じゃない。
ましてや・・・普通に暮らしてただけなのに、ある日いきなり殺されちまったら・・・
やり切れねぇだろうが・・」

「・・・・・・・はい」
「いつ、どこで、誰が、そうなってもおかしくねぇってこと、俺ら警察は知っている。
だからこそ刑事は犯罪者に、人殺しにムカついてなきゃいけねぇんだよ」


 彼の中にある何かが、比奈子の様子に敏感に反応した。
捜査上の興味以上の、犯罪者や人殺しの側にあるような何かを感じたのでしょう。


 比奈子の同期・鈴木仁美(篠田麻里子)が撲殺された現場でも全く取り乱すことなく丹念に遺体を調べる比奈子に東海林の心はざわついた。
無理やり遺体のそばから引き離しました。

「お前、あいつと同期だろ?!よく二人でくっちゃべってたろ・・」東海林
「同期です。入庁してから一番の親友でした」比奈子
「なら、ここにいろ!」
「・・・・・・・・」

 そんな二人を厚田が気遣っております。

「東海林・・・・」厚田
「うまく言えないっすよ・・・でも、あいつはそばに居させちゃダメだと思う」
「・・・・・・・」

 比奈子を見ると広がる不安と不快感。
でも、それだけじゃなく東海林の比奈子を思いやる気持ちも伝わってきました。
なにやら複雑な、未だに整理のつかない抑えられない感情があるのでしょう。


 宮原のスマホの死亡時の映像が動画サイトに流出しているのが判明した。
スマホに録画機能を使うと投稿サイトに自動送信されるアプリがダウンロードされていたらしい。

 そして仁美の事件の捜査会議中、鑑識の三木(斉藤慎二)が宮原の動画が上がっていたのと同じサイトに仁美の殺害場面の動画がアップされたと報告に来た。
仁美の殺害犯人のスマホにも宮原と同じアプリがダウンロードされていたらしい。
そしてその発信元と仁美にしつこくメールを送っていた男が同一人物であることを突き止めた。
その男は斉藤文隆(山中崇)、自殺した宇田川早苗の婚約者だった。
やはり復讐殺人なのか・・・?

 すぐに斎藤は確保され事情聴取を受けた。
しかし彼は殺害を否定。
仁美とは一方的に早苗から婚約破棄され自暴自棄になっていた時期に行った合コンで知り合った。
早苗が自殺したことと、その事情は匿名の手紙で知ったらしい。
手紙の主に復讐のために協力して欲しいとアプリの開発を頼まれ作ったが、あのような事に使われるとは思っていなかった。
宮原の動画を見つけ、とんでもないことになったと思い仁美に相談しようと連絡を入れていたと訴えました。

 捜査本部では仁美の事件と宮原の自殺は全く別物と判断していた。
宮原と斎藤のつながりも、斎藤と仁美の繋がりも、斎藤が開発したアプリが犯人のスマホにあったのも偶然。しかし比奈子は繋がりがあるという思いを消せずにいた。

「偶然でしょうね。
ただし偶然が蓋然になるファクターが、まだ目に見えてないってことは
あるかもね」石上

 石上は宮原の胸の咬み痕のような傷について仮設を立て、倉島で実験をした結果、暗示で傷は創りだせると証明しました。
触ったら火傷をすると警告しておいたものに触れた倉島は動転。
手にはしっかりと火傷の痕がついていた。これは脳の錯覚が与えた作用らしい。

「宮原にも同じことが起きたんだとすれば・・・」石上
「自分が犯した犯行と同じ状況を脳内で生み出した・・・・
だから同じように自分の体に傷をつけて!」比奈子
「宮原が3年前に女子高生を殺した犯人だとすればね・・・
ただそうすると別の問題も起きてくる。これがたまたま宮原にだけ起きた病気?
症状なのか・・それとも意図的に引き起こされた事件なのか・・・
もしかしたら鈴木巡査を殺した犯人が同じように自分の頭を砕く・・・
ってこともあるかもよ」

 宮原が女子高生殺害事件の犯人だとしたら、その詳しい状況は脳が記憶している。
その時の記憶を呼び覚まし、自分の体を使って再現するよう暗示にかけたら・・・


 その頃、東海林は情報屋に繋ぎをつけ、仁美の事件について情報を集めるよう指示していた。
そして仁美の殺害現場に戻った比奈子はそこで手を合わせていた中島(林遣都)と再会。いろいろ話しているうちにおもしろい情報を得た。

 中島は鑑別技官を目指しており、元々は育児放棄が心に及ぼす影響を研究しているそうで、以前見た「蛍光灯ベビー」だった少年の話をした。
「蛍光灯ベビー」とはネグレクトされた子供に見られる現象の一つ。
泣いても相手にされず、ほったらかしにされた子供は刺激を求め蛍光灯の光だけを見つめて育つため、蛍光灯の光に興奮を覚えるらしい。

 さらに宮原の遺体にあったように体内でノルアドレナリンとβエンドルフィンが大量に発生すると肉体が意志を超える可能性がある。
ノルアドレナリンは怒りのホルモンと呼ばれおり、βエンドルフィンは快感物質なんだと。
怒りが快感に繋がるなんて不思議だけど、怒りのスイッチを入れるよう設定し、その快感がさらにエスカレートするようにすれば操ることもできるってことか・・?

 それらのことを記憶するために、いつものように情報を絵にして記す比奈子。
スイッチの左右に「ON」「OFF」、あとお弁当箱みたいのはなに?( ̄∇ ̄;)
やっぱり楽しそうだ。


「変わってますよね・・・藤堂さん・・」

 そういう中島の目も珍しい症例を見つけて嬉しそうに見えるが・・・

 署に戻った比奈子は中島から教えてもらった15歳で母親をバットで殴り殺した蛍光灯ベビーだった少年が精神鑑定を受けているビデオを見た。

 鑑別技官は中島が勤めているメンタルクリニックの院長・早坂。
少年はおとなしく早坂の質問に答えていたが、殺害当時の状況を尋ねると母親を金属バッドで殴っているうちに興奮したと言っていた。

「どうしてそういうことをしたと思う?」早坂
「・・・気持ち・・・よくて・・・」少年


 そのテレビ画面を食い入るように見つめていたら東海林が入ってきた。

「なんだ・・・コイツ・・・気持ち悪いな。何なんだよ、このビデオ」東海林
「平成10年、今から18年前に母親を殺害した少年と鑑別技官との会話を
録画したビデオです」比奈子
「オマエ、いったい何調べてんの?」
「気がつきませんでしたか?この少年の表情の変化。
母親殺害のくだりから吃音が激しくなって、あきらかに何かのスイッチが入ったように思うんですけど」
「それで?」
「もし、殺人の衝動を引き起こすスイッチがあったとして、
その衝動が自分自身に向けられたのだとしたら・・・」

「(机バンッ!!)・・・いいかげんにしろよ、オマエ・・・
鈴木巡査の事件の手がかりを探してるのかと思ったら、関係ねぇことぐだぐだと」

「・・・・・・・・」
「宮原の件はただの自殺だ!
あいつが三年前の女子高生殺しの殺人犯だったって確証はねぇし、
仮にそうだとしても殺人犯が自分で自分を罰してくれるなら、
刑事も裁判官もいらねぇだろうが!」

「私はただの自殺だとは思えません。
それに、それを言うなら仁美の事件の方が」
「んああ?!」
「・・・・いいえ」
「もういいよ。おとなしく内勤やってろ・・・」

 何か罰したいのに罰せない相手がいるんでしょうか・・・
そして比奈子の犯罪に夢中になっているかのような姿が同じ刑事として許せなかったのか・・・
本能のように湧き上がる違和感と怒りは、あながち間違っていないようです。
東海林がいなくなった後、つぶやく比奈子の顔は完全にあちら側のものでした。


「・・・・・・・・仁美の事件の方こそ・・・・
ただの・・・普通の殺人事件じゃないですか・・・・」


「・・・それに、もう犯人はわかりました」

 仁美を殺した犯人は、そのビデオに映っていた少年・大友翔、現在は名前を小林翔太に変えていました。
平成20年に少年院を退院した後、早坂が保護観察を引き受けていた。
比奈子は中島が大友のことを意図的に自分に伝えたと考え電話をかけた。

「大友は平成22年にも墨田区で女性を殺害しています。
そして今回の仁美の事件で三度目の殺人を」比奈子
「証拠は?・・・何か証拠はあるんですか?」中島
「物的証拠はありませんが、スイッチは見つけました。
なので、私はこれから大友翔に会ってきます」
「え・・・えっ?藤堂さん、あなた今どちらですか?
・・・・あなた・・・一人ですか・・・?」

「他の刑事を動かす根拠はありませんから。
それに私の個人的な興味もありますし」

「・・・興味って・・・藤堂さん、あなたは・・」
「あのビデオを教えてくれたのが偶然なら・・・・
素敵な偶然に感謝します・・・・・中島先生」


 いや・・・この比奈子の捨身なまでの在り方はなんなんだろう・・・
自分の身に降りかかるかもしれない生命の危機感はいっさいない。
むしろ喜びが感じられる・・・
殺人者への興味が生きることへの大きな支えとなっているような・・・


 比奈子が向かったのは仁美が合コンしていたメキシコ料理店「マドゥルガーダ」。
大友はそこで働いていたのさ〜。
中島は匿名で捜査一課に電話を入れ、比奈子のいる場所を伝えた。
厚田らはすぐに向かったぞ。
そしてその頃、情報屋から大友の情報を得た東海林も「マドゥルガーダ」へ
(って、情報屋が犯人教えてくれるなら、刑事必要ないんぢゃ・・・( ̄∇ ̄;))

 比奈子は大友と対面し殺人のスイッチを入れようとしていた。
電話で高架下のトンネルに呼び出しました。

「誰?」大友
「警察です。
でも、あなたに会いたくて一人で来ました」比奈子
「どういう意味?」
「そのままの意味です。私は、人殺しに会いたかったから。
資料を読みこんでわかりました。
あなたの殺人衝動のスイッチは・・・・香水と裸電球だったんですね。
『ワレキューレ』・・・・あなたの母親も、墨田区の女性も、そして仁美も、
みんな同じ香水を使っていました。
そしてこの3件の犯行はすべて・・・裸電球のある場所で発生しています」

 そしてここにもある裸電球の電源をON!
大友の目の光が妙な具合になってきたぞ。


「探してたんですよ・・・ず〜っと。でもやっと会えた」比奈子

 比奈子は『ワレキューレ』の瓶を通路に叩きつけた。
香りが立ち上り・・・大友の顔の喜悦の表情が顕れた。


「な、なに・・・ナニ?・・何?・・・死にたいの・・?」大友

 変化していく大友の表情にロックオンする比奈子・・・

「そう。その顔が見たかったの。
あなたの人殺しのスイッチが入る瞬間が」

「・・・・そ・・・そう・・・いいよ・・・いいよ・・・いいよ・・・・
はぁ・・・はあ・・・はぁ・・・逃げろ・・・ママみたいに・・ゆ・・・許しを・・乞え」

 大友は片手に鉄パイプを、もう片方でスマホを向け撮影を開始。
その顔をまっすぐに観察していた比奈子は、さらに刺激を与えた。
母親が言っていたのと同じ言葉を。

「邪魔者!お前なんか産むんじゃなかった!
育てるんじゃなかった!」


 驚愕ののち、怒りのスイッチが入った大友は殺人衝動が高まった。
それでも比奈子は彼を見つめ続けた。
って、バッグから何か取りだそうとしてたけど、ナニ?唐辛子?


 大友が鉄パイプを振り下げようとしたら・・・東海林が現れ、大友をボッコボコに。

 ここでも殺人衝動が・・・( ̄∇ ̄;)
確保のためというよりも、殺人者に対する強い憎しみと殺意がありました。


 厚田達が到着し止めたため、大友は殺されずにすみました。
大友は仁美の殺人容疑で逮捕された。

 東海林は比奈子と大友のやり取りをいつから聞いていたのか・・・
大友が連れていかれると、比奈子の胸倉を掴み言った。

「お前は・なんだ?!」
「・・・・・刑事です」比奈子
「・・・・・・・」

 その後、大友は犯行を自供したが動機があいまいということで弁護士の指示で精神鑑定を受けることになった。逮捕時の詳しい状況確認があるため東海林の暴行も問題視される流れとなり、比奈子は責任を感じていた。

「心配しなくていいぞ、藤堂。あいつは大丈夫だ。
お前さんも東海林も刑事として犯人を追いかけた。そうだろ?」厚田
「・・・・・・」比奈子
「鈴木巡査の仇を討ったんだ。これからも、しっかりな」
「・・・・・・・」

 比奈子は母親の形見である七味缶を常に携帯し、飲み物にも食べ物にもかけているんだが、この会話の後にもココアに七味を入れて飲んでいた。
もしかしたら比奈子にとって七味は悲しみや心の痛みを消す魔法の粉なのかもしれない。
「辛さ」で湧き上がる感情にストップをかける。
押し流されそうな悲しみの中でも冷静さを保っていられる。

 部屋を出て仕事に向かう時に「ON」という言葉で自分を創り、
帰宅したら「OFF」とつぶやき開放する。
そうやってはっきり切り替えなければ生活が送れない?
殺人者への興味は自分自身の生、生きていていいのかという思いなのかもしれない。

 彼女が『殺人者』に拘るのは、彼女自身が被害者か(数ある犯罪の中でも性犯罪者のリストアップをしていたから、もしかしたら性犯罪の被害者なのか?)、家族が殺されたか、あるいは家族が殺人者になってしまったか・・・
なぜ人は殺人を犯すのか、殺人者となってしまうのか、
その理由が知りたいんだと思う。

 比奈子の異常性とまた違った異常性がある大友との対決の場面は目が離せませんでした。
瞳の奥に悲しみがにじんでいるような、でもそんな自分と真摯に向き合い戦っているような・・
複雑だけど強い意志が感じられる目・・・
比奈子という人間を知りたい、もっと見たいという思いが膨らみました。

 そして殺人者を異常に憎む東海林。
お墓参りをしていたけど、殺人者と向き合うことで家族を失った傷が開いてしまうのか。
5年前ってことは・・・もしかしてオープニングで比奈子が見ていた事件ファイル、平成23年に起きた『江東区アパート少女惨殺事件』の被害者が妹とか・・?
こちらの謎も気になります。

 厚田は両方の事情を知っていて見守り、刑事としても育てていこうとしている。
今回の篤郎にも期待できそうよ。

 そしてなんとも怪しさが消えない中島君。
『江東区アパート少女惨殺事件』で被害者が口内に詰められていた飴の包み紙を大事に取ってあった。
常に挙動不審だしよ・・

 大友は留置所で自分で自分の頭をぶつけ自殺した。
接見できたのは弁護士か精神鑑定を行っていた医師。
その時に暗示をかけたのだとしたら・・・
早坂院長も怪しいよねぇ・・

 仁美を殺した犯人は捕まったけど、斎藤にアプリを作らせた人物は謎のまま・・・
コレは最終回まで続くんだろうなぁ・・・
非常に楽しみなドラマが始まりました。
もしかしたら今季は書くドラマないかしらん・・・・なんて思っていたけど良かった〜


 第2話 謎の凍結遺体…犯人への危険な興味 
 第3話 洋館美女連続殺人・・・奪われた完全美
 第4話 女刑事VS女殺人鬼・・・自死操作の陰謀
 第5話 猟奇自殺事件の謎・・・裁かれる罪人
 第6話 リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去
 第7話 毒物死へ誘うAID・・・比奈子の殺意
 第8話 美しき殺人鬼が脱走・・・悪夢の扉開く
 第9話(最終回) 私は刑事か、怪物なのか

ねこちゃん