「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第8話 美しき殺人鬼が脱走・・・悪夢の扉開く2016年 秋ドラマ何を見る? その2

2016年09月07日

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第9話(最終回) 私は刑事か、怪物なのか

「私は、刑事だから」
夢の中の比奈子はナイフを捨て、永久に手錠をかけた。
比奈子の心に種を蒔いてくれた母・香織の愛情、
東海林の言葉、そして中島の思い、
刑事としての自分を支えてくれた厚田や石神、同僚たちの信頼、
それが比奈子をこちら側に留める助けとなった。
でも選んだのは比奈子自身。

 それは殺人者になるかもしれないという破滅の淵にいながら
決して逃げることなく自分と向き合い、
本当の自分自身を求め続けた比奈子だからこそ。
これは猟奇殺人を題材に取りながら、藤堂比奈子という人間の成長を稀有な視点で描いてくれたドラマでもある。

 確定した未来なんてない。
これからも比奈子は殺人者になるかもしれない自分自身と向き合う時が来るかもしれない。
でも、その度に彼女は自分自身で未来を選択するだろう。
呪いの代わりに自分の中に根付いた刑事としての誇りを大切にしながら。
HPはこちら


 さて、振り返ってみましょうかのう・・・
片岡(高橋努)を切りつけ、東海林(横山裕)を拉致した永久(芦名星)は
比奈子(波瑠)にこんな言葉を残した。
「選択肢を与えてあげる。
一人で来て人質を取り戻すか、警察の連中と一緒に来て人質を死なせるか。
24時間以内に決めて」


 そして永久からの隠れメッセージを見つけた中島(林遣都)は
厚田(渡部篤郎)へこげなメールを送った。

『動物殺傷、人体埋め込み事件の犯人は非常に婉曲にですが
藤堂さんに対してアピールを行っています。
脱走した佐藤都夜だけでなく別の第三者が藤堂さんを
狙っている可能性があるということです。
十二分に警戒してください』


 さらに片岡殺傷時の監視カメラ映像で永久が比奈子に話しかけている
のを確認した厚田は比奈子に彼女のことを尋ねた。
比奈子は会話の内容は言わずに『8歳の時、親元を離れ「永遠の翼」という養護施設で育ったこと。常習的に動物殺傷を行っていたこと』を伝えた。

「それから・・・嫌いだと言っていました。何もかも。全部。
自分はこの世界の全部を憎んでいると」


 シリアルキラーが育つにも理由がある。
人は育てられた相手や環境から人とのコミュニケーション方法を学ぶ。
両親からの虐待、その後の施設での性的虐待を受けてきた永久は
人と人は暴力で繋がっていると教えられた。
痛みと苦痛、怒りと憎しみは澱のように溜まり、
そしてそのエネルギーを自分をこの世界から消す自殺ではなく
回りの人間を消す殺人という方法で表現した。 


 調査すると、ここ数年、永久と関わりのあった人間が次々と行方不明になっていた。
両親、施設の運営者夫婦と幹部数名、
そして佐藤都夜に送られた手紙の送り主である5名の男性も消えていた。
(その後、DNA鑑定で連続動物殺傷人体埋め込み事件の被害者と一致)
厚田たちはまだ知らないが、もちろん情報屋の藤川(不破万作)、
佐藤都夜も自分に従わない、ノリが合わないという理由で焼死させていた。

 早いとこ東海林を見つけないと、殺されてしまう。
必死の捜査が続く中、安全のため内勤を命じられていた比奈子も捜査に加わらせて欲しいと厚田に訴えた。
「東海林先輩は私の代わりに拉致されたかもしれないんです。
それに・・・・私はまだ刑事です

 比奈子の中で、初めて刑事魂が目覚めたようですぞ。

ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)LEAK 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

【Amazon.co.jp限定】Swan(初回限定盤)(DVD付)(Amazonオリジナルポストカード付)


 その頃、永久は殺人についての独自の見解を東海林に語っていた。 

「思いこんでいるだけだよ。アンタだけじゃなくてみ〜んなね。
自分は絶対に人殺しなんてしないしましてや殺されるとかありえな〜い・・・
お気楽だよね。
ニュースでは毎日のように悲惨な事件が起きてて
な〜んで自分は無関係だと思えんの?
どっかの誰かが今日も殺して、殺されて、だからアンタら警察は失業せずにすんでんのに!

人を殺すなんて、みんなが思ってるほどハードル高くないんだよね。
日常のほ〜んの一瞬。
法律とか倫理とか、そういうのにバイバイして、目の前にいる人間を
刃物で刺すか、鈍器でぶん殴るか、首を絞めるかすればすむんだから」

「世の中はてめぇみたいにイカレた奴ばっかじゃねぇよ」東海林
「人殺し見つける度にムカついてボコボコにするアンタはイカレてないっての?
私のこと死にかけるぐらい虐待して捨てた親、
私を立派な怪物に育ててくれた連中は?!」


 そう言いながら永久は自分の殺人コレクション(人体の一部をケースに入れたもの)を披露。その数はりんご箱一杯分ぐらいあった。

 比奈子にコンタクトを取った理由も説明した。
「グズグズしているから、こっち側に引っ張ってあげるの。
私もそろそろ飽きてきた頃だしねぇ〜」
「飽きた?」東海林
「世界を憎み続けることに」 

 比奈子は東海林を救うために一人で永久の元へ向かうことに決めた。
その決意を感じていた厚田の指示で石上(原田美枝子)の所に行った比奈子は彼女から抱きしめられた。

 その時、脳裏に母・香織(奥貫薫)の言葉が蘇った。
『比奈子、大丈夫よ。
あなたはきっと間違えずに正しく生きていくことができるから』


「生きてることとか、人との繋がりとか、そういうのがあると、
ギリギリのところで踏み留まれるもんよ」石上
「・・・・ありがとうございます」比奈子
「どういたしまして」

 感情がなくても感じることはできる。
石上の包み込むような明るい笑顔、伝わってくる温かな体温、込められた思い・・
常に現象を知性で理解してきた比奈子が考えずに感じることができた一瞬だったのかもしれません。


 さらに石上は比奈子を中島の元へ行かせた。

 いろんな人達が比奈子をこちら側に留めようと動いている。
もし比奈子が誰とも関わり合わず、隔絶された環境で生きてきたとしたら
簡単にあちら側へ流れて行ったでしょう。
自分でも実感したことのなかったであろう生活の重み、
それが比奈子を救った。


 比奈子は永久が現れたのは自分が殺す予定だった父親を殺さず、
彼女の期待に応えられていないからだと話した。

「あなたが真壁永久の期待に応える可能性は限りなく低かったと僕は思う。
僕はあなたに潜入しました」中島
「それで答えが出たんですか?私が・・・どういう人間なのか」比奈子
「人間に答えなんてありませんよ。
それに安易な答えも求めることはできない。
僕はあなたの『自分自身が知りたい』という言葉が
何かに縛られて結果だと思っています。

それは・・父親から言われた『怪物』という言葉であり、
真壁永久の『自分らしく殺す』という言葉ではないか・・・
あなたはその言葉に抗おうとしているのではないか・・・
でも、実際に潜入してみると、しっくりこなかった。
心あたりはありませんか?
藤堂さんに何か大きな影響を与えた誰かからの言葉について」

「だとしたら・・・それは母の言葉だと思います。
父と離婚した時、母は私を抱きしめて言いました。
『心配しなくていいの。
あなたはきっと間違えずに正しく生きていくことができるから』・・・
ただ私には、その言葉の意味が理解できなかった・・・」

「藤堂さん、お母さんはあなたを愛していたし、
あなたも、お母さんを愛していたんですね」
「・・・・・・・愛・・?」
「あなたはただ、お母さんのその言葉を証明したかっただけだ。
だから警察官になった。
殺人犯と対峙し、ナイフを手にして、命の危険にさらされ、
あなたがそこで確かめたかったのは自分と人殺しの違いではありません。
それでも相手を殺さずにいられる自分なのかどうかだった。
自分を疑い続けて、試さなければいけないと思い続けたんです。
答えを追い求めて」

 人間の心の底にあるもの、自分を突き動かしているものの正体は
自分自身でもわかっていないことが多い。
『愛』というものを理解できないと思っていた比奈子が
殺人犯たちと向き合い続けたのは『愛』故だった。
自分を信じ、無償の愛で自分を包んでくれた母に応えたかった。
中島の言葉で、バラバラになっていた比奈子の心の中のパズルが整い始めた。
でも最後のピースとなったのは東海林の言葉でした。


 永久に指示された廃工場に行った比奈子はさらに選択を求められた。
「私と東海林巡査長、どっちを死なせるか♪」

 東海林は鉄筋に手錠ごと縛り付けられており、その回りには灯油がまかれ、
手錠の鍵は永久が飲みこんでいた。
助けたければ自分の腹を切り裂くしかないとライターを手に永久は迫りましたぞ。

「どうしてそんなことを・・・」比奈子
「心のないアンタのことは嫌いじゃないから、殺されてあげたくなったの。
あの長野の山の廃屋で最初に会った時からときめいてたんだよね。
私のこと少しも怖がらない、何も感じてないあんたに・・・
私と同じ場所に来て欲しい。
私と同じように、その手を血で汚して欲しいって・・・」

 連続動物殺傷人体埋め込み事件は、やはり比奈子を殺人者に導くための
ものだった。
動物の対象を徐々に大きくしていき最後は人間である自分を殺させる。

「いい訳は立つでしょ?
ただの正当防衛。ただの人命救助なんだから。
あんたらしく人を殺すの。
あんたはそういう人間なんだから。
誰よりも透明で何も感じずに人を殺すことができるんだから」

 鞄からナイフを取りだし手にもった比奈子に永久はにっこり。
これも愛なのかもしれないね。
自分という人間をそのまま受け入れてくれた感情のない少女・比奈子への。
永久は殺人そのものを楽しんでいるけど、その根底には人間に対する強い怒りと憎しみがどろどろと渦巻いている。
自分は汚れきっていると思っている永久は感情がない故に理由なく、聖なる儀式として殺人を行える比奈子に殺されることで清められたいと思ったのかも・・・


 一歩一歩、永久に近づいていく比奈子に東海林は叫んだ。

「ふざけんなよ!
藤堂、オマエ、そんな奴の言いなりになってんじゃねぇよ!」 
「でも、東海林先輩が・・」比奈子
「理由がありゃ人殺していいなんて理屈ねぇんだよ!
だから心がねぇとか言い訳すんじゃねぇ!
藤堂、オマエはちょっと根暗で、悪趣味で、
一人ん時は無表情で、犯罪に興味深々で、何でも七味かけるすげぇ変な奴だよ!
だからってお前は怪物なんかじゃねぇ!!
ただの普通の人間だろ!!


「・・・・・・」比奈子
殺すんじゃねぇぞ!
そっち行っちまったら絶対許さねぇからな!
お前のこと信用している人間裏切んじゃねぇよ!!


 中島が望んでいた通り、東海林の言葉が比奈子を引き戻した。
そしてその中島の言葉も・・・

『あなたが一線を超えないように繋ぎとめていたものは
形見の七味缶ではなく、お母さんが与えてくれたぬくもりです。
お母さんはただ、あなたを信じていた』
 

「ありがとうございます。東海林先輩」比奈子

 ナイフを下した比奈子を見た永久は火のついたライターを投げた。
あっと言う間に火に包まれちゃったけど、地味に手錠を繋いである鉄パイプを破壊しようとする比奈子ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


 必死に東海林を助けようとする比奈子に絶望する永久。
「結局・・・アンタもそっち側かよ・・・」

 そんな比奈子を殺そうとして走り寄る永久!
東海林が気づいて比奈子に知らせたがどうすることもできん!
と思ったら・・・倉島(要潤)が永久にタックル。捜査一課のみなさんも現れましたぞ。

 永久が都夜に送った手紙に隠されたいた暗号を三木(斉藤慎二)が解読に成功。
示してあったアジトを突き止めたそうな。

 連行されていく永久を引き留めた比奈子は彼女を抱きしめた。
「あなたも誰かにこうしてもらっていたら・・・」

 静かに固まっていた永久は叫び声をあげて暴れだした。
今まで味わったことのない感覚が亀裂のように永久の中に走ったのか・・・
それは封じ込められていた永久の人間としての心の叫びだったのかもしれない。
その姿を見た比奈子は涙を流していた。


「あの女、ずっとひでぇ目に遭ってきたみたいだな・・」東海林
「ええ。ずっと独りぼっちで・・・
彼女は殺すことで人と繋がりを持とうとしていたのかもしれません」比奈子
「そんな理屈、殺される側にしたらたまったもんじゃねぇよ」
「わかっています。
でも私は、母のおかげで・・・ただの・・・普通の人間でいられました」
「あぁ、ただの普通の新人刑事だ。
あのギリギリで踏みとどまったじゃねぇか。
だから・・・とりあえず、信じてみるわ。お前のこと」

 「ただの生理現象です」と比奈子は言っていたけど、
涙は比奈子の心が動いたということ。
人間だから心が動くのか、心が動くから人間なのか。
今はまだ大きな変化は見えないけど、硬く固まっていた比奈子の中に一滴の水が落ちたような。


 辞表は厚田のポッケで火に焼かれボロボロになっちまったそうで、不受理に。
比奈子はこれからも刑事として生きていくことにしたようです。

  比奈子から中島へのメール

『そういう訳で刑事を続けることになりました。
今回は踏み留まれましたが・・・先生が仰るように人間に答えはないので
先のことはまだわかりません。

ただ・・・・・中島先生や東海林先輩、そして母が信じてくれたように
自分を信じたいと思います。』


 ああ〜〜もっと藤堂比奈子という人間を追いかけていたい。
ラストはちょっと甘めの味付けで、今までのテイストから浮いているような気がしたけど、まぁ、いいでしょうゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
今季、かなり好きなドラマでした。

 波瑠さんという大好きな女優さんが演じているからでもあるけど、
非常に珍しいスタイルのドラマだったと思います。
自分が殺人者になるかもしれないという思いを抱きながら興味津々で
殺人者達と向き合うヒロイン。
凄惨な猟奇殺人を描いているのに彼女の生への渇望が伝わってきた。

 これは血なまぐさい現場でも強い意志と共に清らかな存在感を魅せてくれた波瑠さんだからこそ。
も〜私の中では波瑠さんは松ケンと並ぶ実力の特別な俳優さんです。
作品と共にメタモルフォーゼしていく彼女から目が離せません。
林遣都君と横山裕さんとのコンビネーションも最高でした。

 そしていつもながらにドラマの輪郭を濃く鮮やかに縁取り、物語のさらに奥へ深く誘ってくれる菅野祐悟さんの音楽がすばらしかった。
も〜サントラ、iPodに入れちゃうよ〜♪

 原作がまだあるのなら、ぜひ藤堂比奈子と中島先生や東海林との
その後が見たいです。
 

 第1話 新人刑事が殺人者への探求心で難事件を暴く 型破り捜査班&最高に危ないヒロイン誕生
 第2話 謎の凍結遺体…犯人への危険な興味
 第3話 洋館美女連続殺人・・・奪われた完全美
 第4話 女刑事VS女殺人鬼・・・自死操作の陰謀
 第5話 猟奇自殺事件の謎・・・裁かれる罪人
 第6話 リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去
 第7話 毒物死へ誘うAID・・・比奈子の殺意
 第8話 美しき殺人鬼が脱走・・・悪夢の扉開く

br_banner_fuurin


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

「私は刑事だから」  藤堂比奈子(波瑠)の最後のせりふだ。 「私はサイコパスだから」「私は殺人者だから」  にならなかった。  比奈子が留まれた理由は、母親や仲間たちの力。  母親は幼い比奈子を抱きしめて、 「心配しなくていいの。あなたは間違えることなく生きて
2. ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子  [ Akira's VOICE ]   2016年09月07日 17:57
最終回とまとめ
3. ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 (第9話/最終回・2016/9/6) 感想  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2016年09月07日 18:02
フジテレビ・関西テレビ系・『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(公式) 第9話/最終回『最終回…私は刑事か、怪物なのか』の感想。 なお、原作:内藤了による小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズは未読。 殺された情報屋・藤川の携帯電話の電源
4. 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」最終回 感想  [ Kanataのお部屋へようこそ ]   2016年09月07日 18:08
 心の闇や悪の全てを真壁永久に押し付けて物語は収束しました。  最終回直前、唐突に現れた永久。彼女に全部を背負わせました。  芦名星は精一杯異常なキャラを演じてたと思います。  声、話し方、立ち居振る舞い、そして過剰な目の動きと表情で、悪役に成り切ってい
普通の殺人鬼VS青い目の殺人鬼VS心ない刑事・・・である。 やはり・・・普通の殺人鬼はうかつだったな。 いじめを見過ごす人も同罪の論理から言えば見殺しにしたら人殺しである。 死刑制度がある国家では・・・国民は全員、人殺しなのだ。 人間というものはいい加減なもので
6. ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第9話(最終話)  [ Happy☆Lucky ]   2016年09月07日 19:04
第9話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント
それにしても、青いカラーコンタクトをつけて、サイコ・キラーを怪演した、真壁永久(芦名星)、ある意味、新境地でしたね。これまでの宿敵と思ってた佐藤都夜(佐々木希)を「じゃまっ!」と雑魚キャラ並みに、ガソリン撒いて、あっさり焼き殺してしまうとは。中島(林遣都
8. ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 最終回  [ ぷち丸くんの日常日記 ]   2016年09月07日 21:28
ホテル住まいをしていた比奈子(波瑠)の居場所を突き止めた都夜(佐々木希)を追い、比奈子の前にやって来た片岡(高橋努)は、突然現れた真壁永久(芦名星)に首を切りつけられます。 永久は、かつて高校生だった比奈子にナイフを渡し、「自分らしく人を殺せばいい」と
9. ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 #09 最終回  [ ぐ〜たらにっき ]   2016年09月07日 21:48
『最終回…私は刑事か、怪物なのか』
10. 「ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子」〜最終回 ☆☆☆  [ ドラマでポン ]   2016年09月07日 21:58
愛は勝つ! 長らく、サイコパスっていうと殺人鬼と決めつけた物語ばかり見てきた気がします。でもこのドラマの連続殺人犯は虐待・ストーキングの被害者や、『自殺マシン』を開発 ...
11.  ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 最終話  [ emitanの心にうつりゆくもの ]   2016年09月08日 17:12
第9話(最終話) 「私は刑事か、怪物なのか」
12. 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第9話(最終話)  [ 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ ]   2016年09月09日 06:39
抱きしめられた記憶。 愛された記憶。 第9話(最終話)『ANSWER THE LAST』ネタバレです。 ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 オリジナルサウンドトラック菅野祐悟 ワンミュージックレコード by G-Tools
13. 殺人に惹かれて  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年10月25日 00:29
ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」を見ました。 フジにて 火曜10時からやってました 刑事モノであり、基本は1、2話で完結型の構成 異常犯罪捜査官という題名だけど、普通に捜査一課のチームです とはいえ、題名通りに その事件は異常犯罪ばかりで 私的にはけ...

この記事へのコメント

1. Posted by Largo   2016年09月08日 15:21
きこりさん こんにちわ。ちょっとご無沙汰しておりました。

この夏はオリンピック、加えて夏バテに過密スケジュールが重なって、普段なら何となく見る、いわゆる「ながら見ドラマ」が次々と脱落しております(汗
でもこのドラマは、感想は書いていませんでしたが、最後まで見ました。

人が一線を越えるのは何時、何が引き金になるのか、というテーマ、面白かったですね。
先週、カラコン女性が登場した時は、誰?って感じで、なんだか後出しジャンケンみたくもあり、ちょっと・・・だったのですが、最終回の石上先生、お母さんのハグと繋げ、比奈子が一線を越えるのを踏みとどまらせる、という流れにしたかったんだね、と納得しました。
波瑠さんだったら、もっとクールに終わらせても大丈夫だったとは思いましたけれども(^^;;
でも、皆が助けに来てくれた時は、甘いかもしれないけれども、ああ、良かった、と思いました。倉島刑事、最後に決めてくれました〜
あと、林さんが良かっただけに、中島先生の使い方がちょっともったいない気もしました。
ともかく三木さんと麗華さんが幸せそうで、なにより。このカップル、好きなんです(^^

>作品と共にメタモルフォーゼしていく彼女から目が離せません
私も目が離せませんわ(^^

>物語のさらに奥へ深く誘ってくれる菅野祐悟さんの音楽がすばらしかった。
音楽ってほんと、大事ですよね!
2. Posted by しゅあー   2016年09月08日 16:00
終わってしまったねえ。私は泣けたわ。比奈子の抱きしめで永久が発狂したところ。
ほんと、とてつもない孤独と絶望感の中だけで生きてきたんだろうなあと想像がついた。
自分をいたぶる大人しかいない世界ってさ、ほんとは想像もつかないけど、なんかでもなんとなく理解出来てしまうシーンだったね、あそこはほんとに素晴らしかった。

>自分でも実感したことのなかったであろう生活の重み、それが比奈子を救った。
ソーシャルボンド理論ていうらしいよ。家族も含めての他の人達とのつながりこそが、犯罪の抑止力になるっていう説。感情があろうがなかろうが
それって、ある種の本能に近いものがあるよね。


>自分は汚れきっていると思っている永久は感情がない故に理由なく、聖なる儀式として殺人を行える比奈子に殺されることで清められたいと思ったのかも・
深い読みだねえ!!素晴らしいわ!!私は、永久にとって比奈子って憧れっていうか、あんな風に感情がなければ良かったのにっていう、この世で唯一の「なりたい自分」だったんじゃないかと思って見てたのよ。

だからなんとしても自分と同じ所に来て欲しかった。そうすることで比奈子に近づけるように思ってたんじゃないかって。
比奈子は東海林ではなく自分(永久)を殺すはずだから、その時やっと比奈子に近づけると思ってたんじゃないかなって いう見方をしてました。

終わったあとも結構しばらくこのドラマのことをあれこれ考えたりしてしまったよ。
そういう意味でも、深みのあるなかなか面白いドラマだったね。音楽も、ほんとに良かったです!!
3. Posted by emi   2016年09月08日 17:09
きこりさん、こんばんは。
先日の大雨被害は大丈夫でしょうか?
交通網があちこちで寸断されているから、そういう面でも影響は出ていますよね・・・。
もう雨は降らないでほしいです(>_<)

石上先生のハグ、とてもよく温かさが伝わってきましたよね。
>常に現象を知性で理解してきた比奈子が考えずに感じることができた一瞬だったのかもしれません。
感情がない比奈子だけど、体温を通じて「心の温もり」も伝わったように見えました。
それを永久にも伝える事ができて・・・
早く永久にそういう人が現れていれば良かったのですけどね(TдT)

波瑠さん、ホント良かったですね!
主役でも脇役でも、色んな役に染まることが出来る俳優さんなのだな〜と、この1年の作品だけでも驚きっぱなしです。
何故こんな猟奇ものに・・・と思っていたのですが、見事に全話を見入ってしまいました。
朝ドラの時のキャラクターが大きすぎて伸び悩む方も多いけど、波瑠さんは全然大丈夫そうですね(*^^)v

夏ドラマも、きこりさんの記事を読むことが出来て、とても嬉しかったです♪
ありがとうございました!
4. Posted by きこり→Largoさん   2016年09月08日 21:47
こんばんわ〜♪Largoさん、夏バテ大丈夫ですかいな?たまにはだら〜っと何もせずに過ごしてくださいよ〜
私も今年は夏バテなのか加齢のせいなのか、すんごく疲れやすくて仕事から帰ってきたらソファに横になることが多かったです。
私もながら見のドラマで続いているのは『家売るオンナ』ぐらいかな〜
いや、これは結構おもしろく見ているかな(*^^*)
『侠飯』は先週ぐらいから飽きてきてるかも・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
>人が一線を越えるのは何時、何が引き金になるのか、というテーマ、面白かったですね。
すごくおもしろいテーマでしたよね。
殺人者とある意味真摯に向き合う比奈子の姿と共にドキドキしながら興味深く見ていましたよ〜
父親も出てくるのかな〜と思ったけど、そこまで広げちゃったらアレかしらね。
>波瑠さんだったら、もっとクールに終わらせても大丈夫だったとは思いましたけれども(^^;;
私もそう思います。波瑠さんだったらやってくれると思うんですが。
なんか今までの温度から一気に上がっちゃった感じでちょっとびっくりしました(笑
原作はどうなのかわかりませんが、フジテレビだから勝手にマイルドな感じに自主規制しちゃったのかしら?とか思ったり・・( ̄∇ ̄;)
>林さんが良かっただけに、中島先生の使い方がちょっともったいない気もしました。
東海林ファンにはアレですが、いっそ中島VS比奈子にしぼった方が世界観がはっきりしたかもしれないですね。
>三木さんと麗華さんが幸せそうで、なにより
いい組み合わせでしたよね。麗華さん、温かみがあってユニークで、素敵な女性でした。
>音楽ってほんと、大事ですよね!
菅野さんの音楽じゃなかったら、ここまで引きこまれていなかったかもしれません。
やっぱりすごいですよね。


5. Posted by きこり→しゅあーさん   2016年09月08日 22:03
>とてつもない孤独と絶望感の中だけで生きてきたんだろうなあと想像がついた。
あの瞬間に彼女が守り続けてきた世界にヒビが入ったのがわかって
見ていて心が苦しくなったよ。
何も与えられず苦しみ続けた時間が過ぎると求めていたはずの愛情とかぬくもりを
排除して、そんなもんこの世にはないって思うことでなんとか生きていられたんだろうね。
比奈子から抱きしめられたということが大きかったと思うワ。
>家族も含めての他の人達とのつながりこそが、犯罪の抑止力になるっていう説。
そうなんだ・・・でも確かにそうだよね。
生活感もないし、感情がないから人と繋がっているって意識はなかったんだろうけど
比奈子にもちゃんと仲間ができていたんだよね。
>あんな風に感情がなければ良かったのにっていう、この世で唯一の「なりたい自分」だったんじゃないかと思って見てたのよ。
そうだよね。比奈子は比奈子で感情がないことで苦しんでいたし、殺人者になるかもしれない自分と向き合い続けてきたけどさ・・・
感情があることで苦しみも憎しみも生まれ、絶望も感じるわけで・・
比奈子をうらやましく思っていたかもしれないよね。
そしてシリアルキラーであろうと、やはり人間は人間と繋がりたいという思いからは
逃れられないんだなって。
永久にとっては繋がりたいと思った唯一の人間が比奈子だったんだろうね。
だからこそ比奈子にも自分と同じように血で染まっていて欲しかったのか・・
永久の最期の賭けだったんだろうね。
殺人を描きながらも「生」がはっきりと見えるドラマだったと思うワ〜


6. Posted by きこり→emiさん   2016年09月08日 22:25
ご心配いただきありがとうございます。
私が小さかった頃、川が氾濫して床上浸水になったことがあるんですが
かなり前なので覚えておらず・・( ̄∇ ̄;)
今回初めて洪水警報で避難勧告が出て、外はサイレンが鳴ったり、スピーカーで避難呼びかける車が走りまわってたりしてびくびくしながら過ごしていましたよ〜
結局、なにごともなく終わりましたが近隣の町では死者も出てしまいました。
冠水や土砂崩れで通れなくなった道路は復旧したみたいですがJRはいつになるやら・・ホント雨はもういいですよね〜
>感情がない比奈子だけど、体温を通じて「心の温もり」も伝わったように見えました
そうですよね。
体から伝わってくる温もりと一緒に石上の思いも見えたんじゃないでしょうか。
比奈子のまわりのいろんな人達がほどよい距離感でこちら側に引き留めてくれましたよね。
>何故こんな猟奇ものに・・・と思っていたのですが、見事に全話を見入ってしまいました。
ホントホント!(* ̄m ̄) 朝ドラからラブコメ、そして猟奇ものですもんね。
すごい選択だな〜と思いましたが、むしろ波瑠さんの良さはそういう場面で光る(前に「おそろし」っておどろおどろしいドラマでも透明感のある美しさを放ってました)と思っていたので期待しておりました。で、やはり期待以上でした。
もはや朝ドラのヒロインだったことなんてほぼ忘れてる(私だけかしら・・?( ̄∇ ̄;))
いったい次はどんな役を演じて驚かせてくれるのか楽しみですよね〜
そうそう、一緒に中島先生のことで盛り上がれてうれしかったです。
もうあのプロファイリングの場面が見られないなんて寂しすぎる〜!
中島先生ロスですわ〜ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
7. Posted by ま・ここっと   2016年09月09日 16:03
いやはや、最終回で初めてライトな吐き気をもよおしました。
本当に回数のせいなのか、脇役さんたちの(特に殺されてしまったひとたちの)背景がちょっと中途半端でもやーんとしたままなのが私の脳内消化不良ですかねぇ。続編、スピンオフがあればいいなあ。中島先生、主人公でも?

比奈ちゃんの大好物のとうがらしは私も大好物で、前回の里帰りの時、まとめ買いしたのです。きこりさんもぜひお試しあれ。もんのすごいおいしさですよ。
8. Posted by きこり→ま・ここっとさん   2016年09月09日 19:36
>ちょっと中途半端でもやーんとしたままなのが私の脳内消化不良ですかねぇ。
このドラマ、思い切って比奈子と中島だけに焦点合わせた方が
良かったかもしれないですね。で、比奈子の過去と現在とじっくり中島先生が向き合うっていう・・・
>中島先生、主人公でも?
いいですなぁ〜捜査一課とは離れていろんな事件をプロファイリングする
姿が見たいです。思い切って深夜枠とかねぇ・・
>比奈ちゃんの大好物のとうがらしは私も大好物で、前回の里帰りの時、まとめ買いしたのです
あらま!そりゃ羨ましい!
私も普段七味使う方なんで、あの缶入りの七味、すごく美味しそうだな〜って
思って見ていましたよ〜
比奈子の故郷、長野県でしたっけ?ネットで取り寄せてみようかしら
9. Posted by ま・ここっと   2016年09月11日 17:23
きこりさん、東京にいらしたら銀座の長野ショップでこのとうがらしを買うことができますよ。と、直営ネットショップを覗いたら「進め!比奈ちゃん」缶が買えるwww

http://shop.yawataya.co.jp/
10. Posted by きこり→ま・ここっとさん   2016年09月11日 19:45
うわ〜!ありがとうございます!
でも比奈ちゃん缶売り切れだった〜(´;ω;`)
でも他の七味買っちゃった(笑
楽しみです。
11. Posted by う〜みん   2016年09月15日 14:57
比奈子が呪いから解放されて良かった〜「いつか自分は殺人者になるのかも」なんて思って生きていくのは苦しくてたまらないですよね。これから少しずつ色んな感情が芽生えて(戻って?)いくのかな?
父親の話が詳しく出なかったしシーズン2の可能性があるんですかね〜

「そして、誰もいなくなった」の方は先週の時点で主犯はもうはっきりわかってたしネタバレ満載の予告で最終回の展開もある程度予想はついてたので動機や誰がどこまで関わっていたのかなどが焦点でした。
回収しきれてない謎もあったし最後に更に大きな謎が残る結果ではあったものの私的にはまあまあ予想が当たったのでスッキリしました(*^_^*)
毎回謎が深まる内容だっただけに途中で脱落する人も多かったみたいですが途中から腐女子が食い付いてきて視聴率がまた上がったという話ですね(^_^;)元腐女子の私も玉鉄にはドキッとさせられました(^_^;)
賛否両論みたいですが私は好きなドラマでした(*^_^*)

「家を売る女」も終わっちゃいましたね。ラスト「サンチー不動産」には笑っちゃいました(*^_^*)
最初は北川景子さんがコメディなんて大丈夫かなって思ってましたがいい意味で想定外でした(*^_^*)
シーズン2があったらいいな〜
12. Posted by きこり→う〜みんさん   2016年09月16日 07:09
おはようございます〜(* ̄▽ ̄)ノ
>比奈子が呪いから解放されて良かった〜
不安はすっかり消えた訳ではないみたいですが、自分が殺人者になるかもしれない
という不安は誰にでも少しはあると思います。
それと永久が言っていたように被害者になる可能性も。
人間と関わりながら生きている限り、その不安は残るのかもしれません。
涙を流していた比奈子なので、これから少しづつ感情というものを
取り戻していくのかも〜
その比奈子を見守っていきたいですわ〜
かなり好きなドラマだったのでシーズン2・・・が無理ならSPを創って欲しいです。
う〜みんさんが書かれているように父親が一切登場しなかったし、
(やはりいつかは父親と対面というか対決せねばならない日が来るだろうし)
『そして誰もいなくなった』ネットだけ読んでいると
もやもやが残った方が多かった見たいですが(笑
う〜みんさん的には腑に落ちたようで良かった(笑
日曜ドラマの次回作『レンタル救世主』おもしろそうですね〜
キャスティングも好きな感じだし。一回目は見てみたいと思います。
『家売るオンナ』終わっちゃいましたね。
今となっては結構好きなドラマでしたよ〜
恋愛要素は控えめに抑えて仕事メインに描きながらも人生が見えたりして
北川さんもハマってましたよね。
結局屋代課長と一緒に会社辞めて一緒に不動産会社始めるも
サンチーにこき使われるという・・
でもあの二人ならずっとやっていけそうですよね。
庭野もついていくのかな〜と思ったのに、遠慮したのかしら・・
こちらも続きが見たくなるドラマでした。
秋ドラマの記事、今書いているところです。
のんびり更新が見に着いちゃって、庭仕事ばかりしてるんで
いつアップできるやら〜( ̄∇ ̄;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第8話 美しき殺人鬼が脱走・・・悪夢の扉開く2016年 秋ドラマ何を見る? その2