『♪ 君の中にあるもの〜 距離の中にある鼓動〜
恋をした貴方の 指の混ざり 頬の香り〜
夫婦を超えてゆけ〜
二人を超えてゆけ〜
一人を超えてゆけ〜♪』
『恋』 作詞・作曲 星野源


 いや〜ん!源ちゃんワールド全開!
楽しい〜〜ヽ(´∀`)ノ 主演のかわいいお二人さんを見ているだけで癒されるぅ〜
エンディングのダンスは何度も見直してしまったわ〜♪
てか『プロの独身男』って・・・(* ̄m ̄) 流行りそうだね。
もちろん視聴決定よ!
簡単ながら記事も書いていきまする。
HPはこちら


 てか、『情熱大陸』から『プロフェッショナル』への自然な流れといったら・・・
うまいことみくり(新垣結衣)のプロフィールを紹介して、ドラマをスタートさせてました。


 主人公のみくり(25歳)は大学在学中の就活にも失敗、大学院卒業後もうまいこといかず、希望職ではないが派遣社員として働いたのち契約終了(クビ)。
無職になり途方にくれていたら父・栃男(宇梶剛士)の強引な口利きで
IT企業で働く津崎 平匡(35歳)(星野源)の所で家事代行を務めることになった。

 初対面の時に平匡がみくりのことをあまりにもじーーーーーっと見ているから
コレは実はひとめ惚れのパターン?
それとも冬彦さんみたいに実は若い頃のみくりに惚れてた?とか
想像しちゃったけど、たた単に女に慣れてなかっただけか?( ̄∇ ̄;)


 まぁ、こんなかわいこちゃんが家事代行で来るなんて思わないよね〜
しかし、平匡、いい部屋に住んでるわね。
仕事もできるみたいだから結構もらってるのかしら〜?

 そしてみくりの仕事っぷりが気持ちいい。
丁寧だし、気働きも利くし、プラスアルファがある。
みくりが動くだけで部屋の中の気の流れが良くなりそうよ〜
母・桜(富田靖子)が掃除のパートをしていたおかげで、その教えも受けているのかしら?
プロとして働けるのも納得のスキル。
そりゃ神経質そうな平匡もすぐに採用決めるわね。

 鳥の餌を片づけたせいで減点になるか、
翌週、ひとこと注意が入るかと思ったけどそげなことはなく。
職場で指導する立場でもある平匡はわきまえておりました。

 どちらも常識的、かつ控えめなタイプ。
情熱的でもないし、平匡なんてタンタンタン!と音がしそうなぐらい
淡泊な雰囲気・・
そんな二人がなぜに契約結婚することになったのか・・・


恋 (初回限定盤)逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)逃げるは恥だが役に立つ(2) (Kissコミックス)
 それはみくりの両親が急に千葉の館山の古民家に移住を決めてしまったから。
定年を機に希望だった田舎暮らしを愛する妻としたかったんだって〜

 この時の桜さんの反応がほんわかと栃男さんへの愛情が伝わってくるんだよね。
勝手に契約してきちゃったのに「仕事が早ぁ〜い〜」って、心はすでに館山。
この夫婦の息の合いっぷりが尋常じゃない (* ̄m ̄)


 みくりは館山になんて行きたくないけど、一人暮らしをするには経済的に苦しすぎる。
しかたなくついて行くことにして平匡に事情を説明したら、
みくりの仕事ぶりを高く評価していた平匡はかなり残念そうな表情を浮かべておりました。

 網戸の掃除をしたことに気づいてくれて、その成果(なんだか明るい!)と感動を伝えてくれ、しっかり感謝もしてくれる、なかなかこういう雇用主はいないぞ。

 いままで「選ばれない自分」と向き合い続け、自信が持てずにいたみくりは
平匡の誠実な評価がすごく嬉しかった。
だもんで、調子づいて『住み込みで雇いませんか?』『いっそ結婚しては?』と
提案してしまう。

 もちろん後で床を転げまわるほど後悔するんだけどね。
すっとんきょうな提案に平匡も、ぽかん・・・
みくりに好印象は抱いていたけど、結婚ってのも唐突だ。

 ところが、デスマもどきの納期のせいで無理した平匡が風邪をひいて寝込んでしまったことから急展開。
適度な距離を保ちつつ自然と温かみも感じさせる看病&家事をこなすみくりの存在に初めての心地よさを感じたのでしょうか〜

『家賃・水道・光熱費等の生活費を折半した場合の収支』
『食事を作ってもらった場合と外食との比較』
『毎週家事代行スタッフを頼んだ時との比較』
『OC法に基づいた専業主婦の年間無償労働時間を年収に換算したものを元にした主婦への月給』等の試算表を作成しみくりに提出。
「事実婚(戸籍はそのままで住民票だけ移す)」の提案をしてきました。

「もちろん諸条件は話し合う必要がありますが、
試算した結果、事実婚という形で森山さんをここに住まわせ、
給与を支払い、主婦として雇用することは
僕にとっても有意義であるとの結論に達しました。
・・・・もちろんどうするかは森山さん次第・・」
「やります!雇ってください!!」

 話が早いやね (* ̄m ̄)プッ
平匡もみくりも真剣に考えた末の雇用契約締結だす。


 おりしもみくりの実家では引っ越し作業が進んでおり、荷物を止めるために向かった二人は両親と叔母のゆり(石田ゆり子)に結婚の報告をすることになってしまいましたとさ。

 ベランダに来ていた十四松にお相手ができていた。
こういう演出にほっとする〜(*´∇`*)


 「お嬢さんをください」と言えなかった源ちゃんに笑った〜
さすがに契約結婚とは言えず隠すことにしたんだけど
動揺するパパさんに対して、すぐに察して笑顔でウェルカムを表現する桜さんに、
こちらもほっこり。素敵なお母さんだわ〜
電撃結婚にいろんな意味で動揺しまくりの百合さんのキャラも楽しい。

 脇も充実しとる。
平匡の職場の先輩・頼綱さん(古田新太)、HPによるとゲイらしい。
実は本気で平匡のこと狙っていたのか?
結婚にメリットを感じないプレイボーイさんの涼太(大谷亮平)、平匡の結婚は彼にも影響を与えるのかしら。
既婚者で家庭を愛する秀司さん(藤井隆)、
みくりの親友で夫の浮気の証拠集め中の安恵(真野恵里菜)。
メリハリ効いておりますな。
テンポもいいし、じっくり聞きたいセリフもある。
いい火曜日の夜になりそうです。


 第2話 秘密の契約結婚!波乱の両家顔合わせ
 第3話 一番好きです!契約妻の突然の告白
 第4話 私、恋人を作ろうと思います!
 第5話 ハグの日、始めました!
 第6話 温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ
 第7話 あのキスのあとさき 
 第8話 離婚と実家と運命の相手
 第9話 あの人に好きだよと言われる3日前
 第10話 恋愛レボリューション2016
 最終話 夫婦を超えてゆけ

br_banner_risu