まだまだ始まる冬ドラマ。今週見たのはこちら。

・『ハケン占い師アタル

 第一話最後まで見ましたョ〜
仕事ドラマ・・・なのでしょう・・
登場人物たちがどれも既視感があるのはもうしかたない(あえてそうしているのかもしれんけど)。
昭和からドラマを見始めて、ん十年、平成も31年目に入り、そうそう新鮮なキャラクターなんていないってのはわかっております。まぁ回を経るごとに一人一人にプラスアルファが出てくるのかも。

 感想としては志田未来さん演じる神田ちゃんのキャラにいらいらしたわ〜( ̄▽ ̄;)
言いたいことも言わず決断せず常にヘラヘラ笑ってその場をやり過ごす。
私の一番嫌いなタイプ。
でもアタルにズバッと言われてから初めて自分の思いを頑張って伝えたから、少しはすっきりした。

 占いってそういうもんだよね。
占いがその人の未来を決めるんじゃなくて、占われた結果を未来への判断材料の一部として受け止めるというか、天気予報と同じもんだと思っています。
雨が降るなら傘を持っていけばいいし、降らなくても傘を持つことで安心するならよし。
持って行かないのもあり。
大げさかもしれんけど。その時の判断によって無数の未来がある。

 アタルが豹変して占い師として神田ちゃんに対したのは、そうすることによって
結果をリアルに受け止め変わるきっかけを掴んで欲しいと思ったからでは?
占い師によってキツイ口調になったりキャラ作りこんだ体になるのは、そういうことだと思う。

 あのイベント会社の人、一人一人がアタルの占いをきっかけに変わっていくのでしょう。
まぁ、いつもの遊川さんぽいと言えばそうなのだが・・なんとなく一話で切るのが惜しいのも遊川さんなのよね・・・( ̄▽ ̄;)
杉咲花さんは今回もよいね。一応二回目も見てみます。

 『イノセンス 冤罪弁護士

う〜ん・・・特に魅かれなかったかな〜
黒川(坂口健太郎)の弁護士としてのスタンス、容疑者の冤罪被害訴えに対しやっていないとも決めつけない、全ては調べてからというのは、ある意味新鮮だったし、事件の発生状況を実験で検証するのはおもしろいと思ったが〜

 『芝公園
北海道でもBS12でやっと始まりました。
芝わんこはかわいい。見ているだけで癒されることに間違いはない。
でも長く感じたわ〜( ̄▽ ̄;) 15分ぐらいでいいかも。
そして始まった時点で映画化が決まっているのね。
そうなるとドラマが映画の壮大な予告編のように感じてしまったりするわ〜
 『トクサツガガガ
面白かった〜こちらは視聴決定。好みのドラマです。
特撮パートも完璧に作りこまれているふうだし、
細かい演出(『ジュウショウワン』を見ている時発光する叶とか
用語解説とか状況をアニメーションで捕捉とか、ピンチの時にはシシレオーや歴代の戦隊ヒーローが現れて励ましやアドバイスをくれるなど)もすごく楽しい。
何より風花ちゃんの自然な演技に惹きこまれ好感しかない。

 特撮オタの実態はわからないが、大好きだけど大多数と共有しあえないものを
隠すというか無自覚に発表はできないという思いは誰にでもあると思われ・・・
叶の座右の銘である『大事なことはすべて特撮が教えてくれた』は
私にとってはドラマであり漫画であり韓ドラだな。

 ブログやSNSのおかげで同好の士を見つけやすくなっているし
思いを伝えられるようにはなっているよね。
叶はそっちには手を出していないのかしら?

 ネットではなく奇跡的に特撮オタである女性に出会えた叶はこの出会いを花開かせることができるのかしら?職場で拒絶オーラを出している木南さん(多分彼女も特撮オタなのでしょう)との関係は?
そしてかわいいお仲間ダミアン君との今後も気になりますぞ。

 てか、今回のカラオケ怪人との闘いは壮絶だった。
『エマージェイソンのテーマ』は同僚の皆さんにも馴染み深い歌だったようで・・
オタとはバレぬように英語と早口の部分やセリフはモヤすことで乗り切り
その場をかなり盛り上げて勝利した。
ま、今後のために昭和歌謡等の鉄板歌を用意はしておいた方がいいかも( ̄▽ ̄;)

2019年冬ドラマ、何を見てます? その1
2019年冬ドラマ、何を見てます? その2
2019年冬ドラマ、何を見てます? その4

こたつ