『まだ結婚できない男』 第5話 神様にお願い事して悪いか!!『まだ結婚できない男』 第6話 見た目で判断して悪いか!!

2019年11月09日

『時効警察はじめました』 第四話

 今回は『カメラを止めるな!』的な?
でも、私、その本家の方見てないのよね( ̄▽ ̄;)
録画はしてあるんだけど・・・ゾンビがどうも苦手で・・


 全編長回し1カットで撮影した『ロマンティックを止めるな!』が25年ぶりに
同じキャストスタッフでリメイクされることが発表され、時効捜査課は盛り上がっております。元々ホラー好きゾンビ映画ファンの彩雲(吉岡里帆)は大喜び。

 ・彩雲、十文字(豊原功補)より『ロマ止め』じゃなく『Mr.ビーン』を見るよう指令が下る。
 ・十文字が「ハチさんは『Mr.ビーン』を見てコミカルな動きを習得した」と言いいだし、一応マネするハチさん。←まぁ・・似てる( ̄▽ ̄;)

 実はこの映画の撮影中に監督の唐沢浩一郎(津田寛治)が殺され、
その事件の担当をしたのが若き日の十文字とハチさんだった(この頃から組んでたの?)
捜査の甲斐なく時効を迎えてしまい、今でもこの映画のことを思い出すと
『食事しか喉を通らない』そうな。

 そのこともあって映画は大ヒット。
しかも映像に幽霊が映りこんでいるいると話題にもなった。
主演の折原千香子(中島美嘉)は、この映画をきっかけにブレイクし
様々な作品に出演するようになった。


 ・三日月さん(麻生久美子)、霧山(オダギリジョー)に『映画でも見る?』と誘われ、ぱあああ!と笑顔になるも事件の資料として残っていた『ロマ止め』のマスターテープでしたとさ。
 ・でも一応、ポップコーンを手に。
 ・しかも小型のマジックハンドみたいので食べてる。

 マスターテープには映画の続き、死体発見の瞬間が映っておりました。
監督はこの映画初盤に役者としても登場していたので、事件は長回し1カット70分の間に起きたことになる。
凶器はナイフで死因は刺されたことによる失血死。
現場にあった監督の台本には『俺は自殺する』と書かれていた。
しかし他殺と断定されるも犯人特定には至らず・・・時効を迎えたと。

 容疑者として撮影の前夜に監督とモメて『殺してやる!』と叫んでいた(旅館の女将談)折原があがったが、映画に出ずっぱりの彼女には犯行は無理。


 悩む霧山に三日月さんが『ロマ止め』の「ゾンビエキストラオーディション」の話を持ってきたんで参加することに。
十文字に止められていた彩雲ももちろん参加。
抜群の存在感で合格を勝ち取ったという・・・( ̄▽ ̄;)

 ・『働き方改革』で全員1週間の有給を取るよう通達が来ていた総武署。今年誰も有給取ってないのか?
 ・十文字の『刑事に有給休暇なんていらない!!』発言
 ・『ロマ止め』キャストに番長が。
 ・ついでに霧山と三日月も合格。

 HPはこちら

時効警察DVD-BOX帰ってきた時効警察DVD-BOX

 ・折原千香子の『ナントカメロン』のCM
  「♬ お前らみんなメロンメロン ♬ おいらにメロンメロンなのさ〜
   ♬ とどめのメロンビーム! ♬ ひとかぶりメロン♬


 ・三日月さん特製ゾンビキャラ弁の完成度。
 ・ゾンビメイクをした霧山の又吉み。
 ・キャストの一人急遽入院で彩雲がメインキャストへ
 ・三日月さんの妬み爆発。カメラを止める。

 ・霧山と同室で並んだお布団にときめく三日月さん・・
 ・霧山は海鮮三昧の夕食にときめく。

 結局、あんなオーディションやったのに通ったのは彩雲だけだったんだね( ̄▽ ̄;)
追加の霧山と三日月入れても少ない御一行様。
せっかくの海鮮三昧ですのに〜


 ・女将に当時の監督と折原とのモメについて確認したら、芝居の練習だったと判明
 ・よし子ちゃん、年取ったら声変わるのかな?って思っていたけど全く変わらず。
 ・『「出ずっぱり」ってどうなんだろうねぇ・・出てるのに「出ず」ってなんか変じゃない?まぁ、かといって「出っぱり」って言うと全然話が違うことになるもんね』

 ・ドリフの『いい湯だな』について激論しあう3人
 ・偶然居合わせたカトちゃん(若い・・特殊メイク?)

 ・折原に霧山をもってかれ、ヤケ酒の三日月につきあう彩雲
 ・突然の女子トーク。
 ・『霧山さんはイタリアの靴の先みたいに素敵』
 ・『私、二人のこと応援しますよ!』少女漫画展開。でも、ほっとする三日月さん。
 ・『三日月君の気持ちを聞かせてほしい!』

 ・宿に呼び出された諸沢(三石研)と又来息子(磯村勇斗)
 ・スクーターであぜ道をガッタンゴットンガッタンゴットンしてきた諸沢。
 ・今回はガソリン代と深夜割増で5,000円。

 ・霧山が描いた現場の幽霊の絵(タッチがかわいい)
 ・三日月さんの寝言「霧山のばかー」←キョエちゃん?
 ・『刑事と役者は似てる』

 ・NG連発でクビになった霧山と三日月。
 ・時効のトラウマで『ロマ止め』のポスターをビリリ!と破る十文字(コレが解決のヒントに)
 ・『うおーー!うおーー!うおーーー!!

 ・今回も一緒に行けない彩雲。
 ・ハチさんとサウナに行こうとしていた課長(岩松了)。

 『あの日、カメラは止められていたんです』
そもそもあの映画は長回しの一発撮りではなかった。
犯人ややはり折原。
撮影中に強烈なダメ出しをされ罵倒されたため逆上し刺してしまった。

 だが監督は撮影続行を指示。上映中止にさせないために自殺に見せかけ「俺は自殺する」と書いた。
キャストスタッフは一丸となり監督の意志を受け継ぎ、監督の死体を発見する場面を撮り編集でつなぎ合わせた。
幽霊と思われたのはつなぎ目の部分に映っていた当時の折原の恋人だった。

 折原は監督を殺したことで初めて監督が自分の演技力を信じてくれていたこと、
映画に賭ける思いを知り尊敬の念を抱くようになったのでした。
『絶対に・・・上映を止めるな・・・』


 ・『誰にも言いませんよカードZ』(ゾンビのZとアルファベットの最後であることから、もう捜査は最後ですの意)(ゾンビ色がキュート)の存在。
 ・緩い結末に『これじゃまるで深夜ドラマじゃないの!』とキレる折原
 ・『まぁ・・緩くてもいんじゃないですか?人生って案外こんなもんですよ』
  『それに深夜ドラマってすごくおもしろいですよ。テレ東とか』

 ・『働き方改革は中目黒で起きている』
 ・諸沢さん、幽霊として銀幕デビューするも現代の最新技術で消されるの巻

 今回は小ネタが少なかったね〜
しかし事件解決に至るアレは『シャーロック』よりもよっぽどしっかりしてるわ〜( ̄▽ ̄;)


 第一話 第二話 第三話 第六話

 「時効警察・復活スペシャル」の記事

ねこちゃん  

matakita821 at 20:42│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 『時効警察はじめました』 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『まだ結婚できない男』 第5話 神様にお願い事して悪いか!!『まだ結婚できない男』 第6話 見た目で判断して悪いか!!