トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「ガキの使いやあらへんで!」

「ガキの使いやあらへんで!!」 芸能界お腹痛い王グランプリ!! 後半戦

 さて、先週に引き続き「お腹痛王グランプリ」ですョ〜
四番目の挑戦者は・・・『ガラスのお腹を持つ男』笑い飯 西田幸治!

「すいませんけど、3組見ていただきましたか・・裏で。どうでした?」浜田
「何かみなさん、ちょっと・・症状がぼんやりしているというか・・」西田
「なるほど!」浜田
「もう、今のでもう『ワードセンス』があるもんね?」松本

  ターゲットはネゴシックス、POISON GIRL BAND 阿部、カナリア・ポン溝黒

  お腹痛プラン 西田劇団立ち上げ(ウソ)の打ち合わせで集まった中、腹痛が・・

「飲み屋よりもこういうとこ(会議室?)の方がいんでしょうかね・・」松本
「まぁ、マジっぽくはなるわね・・」浜田

 みなさんが揃った所で、5月ぐらいに劇団を立ち上げて公演すると西田から説明があり、
何をするか意見を求めましたわ・・

「かばん邪魔やなあ!」松本
「なあ?」浜田
POISONの阿部が置いた小さめのトートバックみたいなんが画面の真ん中にあるのよ・・
 続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!!」 芸能界お腹痛い王グランプリ!! 前半戦

 いやいやいや・・・何でしょ、この企画・・・
しかも、出場者が微妙だぞ・・・
まさか、コレも第三弾まであるんじゃないだろうな〜(´・∀・`)
このタイトル見て、「アメトーーク!」の「お腹ピーピー芸人」みたいにお腹こわしやすい人を競うのかと思ったけど、お腹痛ぶりを競うアレだったのね・・

  挑戦者が後輩や知人と食事会を開催。
その中で、いかに腹痛を起すかを隠し撮りし、そのお腹痛ぶりを採点し優勝を決めるというもの。
 採点基準は各5点満点で「心配させ度」「緊迫感」「声の張り」「ワードセンス」「タイミング」。
『怒り王』同様、松ちゃんが判定を下します。
 挑戦者から「お前にこの痛みがわかるのか!!」という言葉が出た時点で挑戦終了。

  挑戦者ナンバー1 『一人身の腹痛ファイター』ココリコ遠藤
付き添いココリコ田中

「ちょっとお腹痛顔ですからね、遠藤は」松本
「僕は、もう・・そうですね」遠藤
「どっちかゆうたら田中やろ!」浜田
「そうですよね!胃が弱いんで・・」田中
「ダウンタウンでもあります、お腹痛顔っていうのは」松本
「え、どっちが?」浜田
「僕ですね」松本

 出場動機としては、田中が役者として活動しているんで、その対抗意識から・・
「遠藤もできるよ!ってとこ見せたくて」遠藤
「大丈夫ね?コレ」浜田
「大丈夫です!!もの凄い大丈夫ですよ!」遠藤

  ターゲットは遠藤が主催する『ゴルフ馬鹿』仲間のキングコング梶原、友人の清水さん、
盛岡さん。

  お腹痛プラン メガネをはずしたら活動開始・・って、コレってプラン?

 居酒屋の個室で遠藤が待っていると清水さんと盛岡さん到着。
最後に梶原。
みんなで『ゴルフ馬鹿』の次回開催場所について話し合っております。
早速遠藤がメガネ取ったョ。

 いきなりお腹押さえて苦しむ遠藤・・・「めっちゃお腹痛い・・」

「すぐわかられてるやん!」浜田
松ちゃん、大笑い・・・
「何やねん!お前の演技!!すぐ「大丈夫すか?」言われてるやん」浜

 いやいやいや・・・( ゚Д゚)いきなりかい・・
普通、ちょっと『あれ?何かお腹痛いけど・・?』みたいなところから入るだろ・・続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!!」 温厚タレント大集合 芸能界怒り王グランプリ 第三弾

 さて、ついに3週目の『怒り王』も完結編ですョ〜
いや〜怒るのって難しいですね〜この企画で改めて浜ちゃんの偉大さを思い知りましたわ〜

 第三弾の一人目は、『低姿勢クィーン』 椿鬼奴
初の女性挑戦者ですね。
名前だけ聞くと、温和なイメージゼロなんだけど・・・
 女性の場合は難しいですよね、ヒステリーぽくなっちゃってもアレだし、
腹から声出すと、作ってる感じがバレちゃうしね〜
やっぱり迫力出すには、刃物とか出すしかないよな〜

 「あなたはどうなんですか?人にキレたことは」浜ちゃん
「私はないですね〜昔、別居した父にはよくケンカしてましたけど・・・
でも、それ以来全然・・」鬼
「そんな事まで言わなくていいのよ。どうですか?今日、化粧のノリとかは?」松
「すごく自分ではよくできた・・チークがよくのったんじゃないかな・・」鬼

  怒りプラン
「今日は、仲のいい後輩芸人を集めて、女性芸人ならではの悩みを聞いてみたいと思います。
それについてのリアクションによって、キレようと思います」

  ターゲット マキシマムパーパーサムの長澤、グランジの佐藤、LLRの福田

 言っちゃなんだけど、この怒られターゲットになったことで初めて知った芸人さん多いわ〜
みなさん、ブログやってらっしゃるのね〜 

 鬼奴姉さんは、ライブの相談がしたいと言って、居酒屋の個室に3人を呼び出したようです。
親身になってライブの企画をいろいろ出してくれる3人に怒れるのかな〜? 続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!!」 温厚タレント大集合 芸能界怒り王グランプリ 第二弾

 さて、先週の続き「怒り王」の第二弾ですョ〜
今週の挑戦者は誰かな・・・

 エントリーナンバー4 『浪花の温厚キング』笑い飯 哲夫
あら〜確かにね〜怒ってるイメージはないけど、温和なイメージもないよな〜
基本的に「笑い飯」の二人はテンション低いっつーか、ひっそり生きてる感じだよな。

 「あんまりイメージないけど、今までよりはマシなような、ちょっと、
気がするけどな」松ちゃん
「そやな」浜
「哲夫的には今まで見ててどうなの?」松
「あ〜でも、最初の田中さん、わー、結構いってはるな〜思うたけど、
そっからすごい下降にいったんで・・
コレはちょっといけるんちゃうかって思うてるんですけど・・」哲夫

  怒りプラン
「僕がこう、煙草を吸ってるのに、いちいちその後で『すいません、僕、煙草吸うていいですか』聞いてくる後輩」にキレる予定

 なるほど〜普段そういうとこにイラッとしてはんのや〜
 
  ターゲット POISON GIRL BAND の吉田 マキシマムパーパーサムの山本が、
そのいちいち聞いてくる後輩らしい・・

 後輩2人と共に焼き肉店の個室に入って来た哲夫・・・
座った途端に煙草に火を点け、戦闘開始・・・
んが!!それに続いて、特に許可を得るでもなく普通に煙草を吸い始める山本!

 浜ちゃんからは「何にも言えへんやん!勝手に煙草すうたやん!」とツッコミが・・
あれあれ〜?
哲夫には印象に残った行為だったけど本人にはまったく自覚がなかったようで・・・
しょっぱなからプランがガラガラ〜
一人苦笑いする哲夫・・・ 続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!!」 温厚タレント大集合 芸能界怒り王グランプリ 第一弾

 久し振りに笑ったわ〜
芸能界の中でも草食系でキレる姿の想像できない方たちに
あえてキレてもらおうというこの企画・・・今週は第一弾で3人登場です。

 さて、そのルールは・・・
『温厚タレントが後輩や知人と食事会などを主催。
その中でいかに怒るかを一部始終隠し撮り。
その怒り方を松ちゃんが採点して順位を決めるというもの』
『最終的に、出場者から「誰にも負けへんで!」という言葉が飛び出したら挑戦終了』

 採点基準は

・緊迫感
・声の張り
・ワードセンス
・タイミング
・キレの良さ         
それぞれ5点満点です。

 松ちゃんから「ほとんど生命力のない人たちなんです、生命力2って言われてる」と、評価されちゃった挑戦者のみなさん・・・
今回は、ココリコ田中もう中学生シャ乱Qまことですってョ〜
確かにね〜私でもがんばればカツアゲできそうだわ・・・(* ̄ω ̄)
続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!放送900回記念企画!チキチキ 笑福亭笑瓶の被害者は誰だ〜?」と「サラリーマンNEO Season 3」

 「サラリーマンNEO」が日曜の11時からになってから、「ガキの使い」とどっち見ようか迷う日々なのですが〜
 先週は「さよなら山ちゃん」だったから即決で「NEO」。
で、今週は一応放送900回記念ということだったんで、「ガキ」録画して
「NEO」をリアルタイムで見ました。

 しかし・・・さすが「ガキの使い」・・・笑瓶かよ・・・?
私、いつも笑瓶の時はすぐ消してるんだけど・・
「(900回に)ふさわしいゲストじゃないでしょうか・・」松ちゃん
司会・・ココリコ
回答者 山崎邦正、松本人志、浜田雅功

 今回の企画はスペシャルゲストの笑瓶が様々な場面で被害者となるのですが、
赤笑瓶、青笑瓶、黄笑瓶と演じわけ本当に被害にあっている笑瓶はどれか?を回答者が当てるというもの。
 笑瓶が3回連続で回答者をだませたら「ガキの使い」レギュラー入り決定、
騙せなかったら日テレ出入り禁止・・
「ハイリスク、ローリターン・・・」松ちゃん

 ちなみに問題は・・
 屮繊コマシーンを受けたショーヘイは何色?」
◆屬悒螢Ε爛スを吸ったのは何色ショーヘイ?」
「フル○ンにされたのは何色ショーヘイ?」
ぁ嵋榲にタライを落とされたショーヘイは何色?」
ァ崋分で考えた一発ギャグをしたのは何色ショーヘイ?」
Α屮織ぅックをされたのは何色ショーヘイ?」
 (ll∀)・・・ハハハ・・って感じスカね・・
先週といい、今週といい、このところつまらん企画が続いてるぞ〜

 で、「サラリーマンNEO」の方は・・安定した笑いを提供してましたよ〜
「なめてるよな」
確かにタモリが怒られてるところはみたくない・・
「タモリは国会議員より偉い!」・・名言です。

「サラリーマン語講座 「体育会系なもので」」

「サラリーマン百景 コーヒー」
唐突だったけど、かなり笑いましたョ〜

「セクスィー部長」
いや〜、ますますシュールさに加速がかかってきてるセクスィー部長・・・
もはやセクスィーですらないんだけど、最高のキャラですョ・・

「社宅の人」
「大いなる新人」も好きだったけど・・こっちもいいわぁ〜
平泉成さん・・こんなに魅せてくれる人だったとは・・・
そりゃ生瀬さんもドラマの中でモノマネするさ・・

「世界の社食から」はベネッセ-でしたよ〜
コレを見ると、大企業に就職できなかった自分のふがいなさに腹が立ちます。
この食堂にいられる人が心底羨ましい!
栄養面だけでなくメタボ対策まで考えてランチを作ってくれるなんて・・・
何とかもぐりこんで味わいたいよ・・
てか、ここの食堂で働きたいよ・・

 今のところ、6:4で「サラリーマンNEO」の勝ち。

「ガキの使いやあらへんで!!」 山崎邦正コソ泥裁判!後編

 さて、先週の前編では・・
山崎邦正の悪事の数々が暴かれたわけだが・・・

 屮イズ楳図かずおの500のコト」 収録後、優勝していないにもかかわらず
(本来は優勝者(この時は遠藤)以外はゲストに接触するのは許されない)
ルール無視して楳図先生にサインをおねだり。

▲ぅ瓮船Д鵑魴廚蹐Δ箸靴討い浸該蠅枠崛肇妊レクター高橋のコーディネートを
まる盗み。
 これはホントに靴以外まるっきり同じ・・
「こんなもん、絶対コソ泥やんけ!コソ泥にもほどがあるわ!」松本
「コレ、あかんやろ!」浜田
「ひどいなと思います」遠藤
「・・これ、何がアカンのですか?」山崎

若手芸人からのギャグのコソ泥
「2007年おもしろVTRベスト10」の企画の最後で山崎が披露したギャグ
「関係ないから〜関係ないから〜」(アクションは腕を曲げたり伸ばしたり)は
小島よしおの「そんなの関係ねぇ」のフレーズを拝借、さらに
永井祐一郎の「問題〜ないから!問題ないから!」のリズムを拝借したというもの。
「だだちょっと、コレは言わして下さい!
僕が常にいいなって思ってる「そんなの関係ねぇ」と(問題ないからの)音楽が
残ってるのを融合させただけなんですよ」山崎
「それがパクってるんでしょ!」遠藤

 いや〜山崎言うところの「3人でコラボする」場面はシュールですごかったですね〜
まだ脳裏に焼きついていますよ・・
ギャグを盗まれた上に大やけどまでしそうになった小島よしおと永井君が気の毒になりましたよ・・
山崎はよく若手芸人のネタ帳を盗み見してるって噂もありますからね〜
事実だとしたら大事件ですよ〜

 そして今週はそんな山崎の悪行がさらに暴かれる!続きを読む

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!笑ってはいけない病院24時」

 皆様あけましておめでとうございます〜
例によって遅ればせながら新年の挨拶をさせていただきます〜
2008年が皆様にとって笑顔と喜びに満ちた年でありますように
北海道より祈らせていただきます〜
まねこねこ


 さて、今更ですが31日にカウントダウンもなしに放送されたこの番組について
書かせてください。
放送前に山崎の入院、遠藤の離婚などのニュースが入ったりしてちょっとアレでしたが・・・
結論から言うと、いまいちだったかな〜
見てる方の慣れもあるのかもしれませんが・・・
 前回までは「落す方」と「落とされる方」に別れてたんでその落し方で
松ちゃんや浜ちゃんを感じられて、その楽しみもあったんですが・・
今回は全体的にガースーが仕切ってたのでしょうか?
何かネタでは笑うことほとんどなくて、笑ってる松ちゃんや浜ちゃんを見て笑ったってのの方が多かったな〜

 笑いをこらえる浜ちゃん、
『オイ、見てみろや・・』と松ちゃんの顔をうかがう浜ちゃん、
そして必死で腕を噛みながら笑いをこらえる松ちゃん・・
そんな姿を見ながら湧き上がってくる喜びにも似た笑い・・
これはダウンタウンのための「お笑いウルトラクイズ」なのか?

 「警察」の時よりもテンポは規則的だったよね。
でも、そこが逆にアレだったかも・・
それでは、印象に残ったところを書いてみます。

・浜田のミニスカートとガーターベルト。

・ナースステーションの山崎の机の中のボールペン1本。

・普通に笑ったのが蝶野先生にハンカチ泥棒としてしばかれる時の山崎。
「知りません!ホント知りません!ほんっとすいません!!
ちょっと、ホンマに変わってもらえへん?!」普通に必死じゃん・・
「今日だけは許してください!!いやああああ〜〜!!」と頼む姿が・・・
あと、その山崎の姿に落ちて罰を受けるはめになった4人が
「ねばんなや!」「も〜早くやられろや!」と罵声を飛ばす姿には笑ったね〜。

・ ハリゼンボン、がんばってたよね〜
緊張が伝わってきたけど・・・
山崎の猫のマネとその後の「猫のマネで紙コップ」ってのが妙にリアルで笑っちゃったわ〜

・ むちゃ振りされたブラマヨの小杉の「ナースのぬくもり」。
「セ〜ンキュ〜セ〜ンキュ〜、ナース、スマイル〜♪
あなたの優しさ、ピンクのかたまり〜」→全員out
「何言うてんねん!」浜田
「小杉め〜!」田中

・ナースの祭典に飽きてきたあきたか君。

・「板尾創路のブラック・ジャック」。
「何や、その世界観!!」松本
ピノコにあまりやる気が感じられなかったのもグッド。

・存在自体がぼやきふうの岸部シロー、うつろな目がしゅてき。

・晩御飯の地鶏の水炊き鍋をめぐる揉め事でマジ怒りする田中・・・

ジミー大西先生の診療ビデオは去年ほどじゃなかったなぁ・・
「ちっちゃいミクロのアシスタント」、「ディスカウントのアシスタント」、
「玉が出た」、「繊維が・・」にはちょっと来たけど。

・地元の猟師に狙い撃ちされていた村上ショージのバレリーナ。

・過去の浜田との「バームクーヘン話」と「パンにマヨネーズ話」を思い出してるうちに笑いの止らなくなった松ちゃん。

・中途半端な中村Pの「そんなの関係ねぇ・・」
「うわぁ・・ノリ切れてないな〜」遠藤
「変な間空けてるな〜」田中
「コレは小島がかわいそうやな・・」松本

・「絶対に怖がってはいけない病院」でブランデーグラスを持って「よぉ!」と
声をかけたゆうたろう

 罰に関しては新しい武器を期待してたんですが、普通のプラスチック製の棒だったね。かなり痛いんだろうけど、いまいち衝撃が感じられなかったかも・・
 結果は山崎95回、遠藤155回、田中158回、浜田171回、
松ちゃんダントツの258回でした。
全体的な評価としては10点満点で5点ってことで・・・
でも、また「24時シリーズ」始まったら見ると思うけどネ・・

 あとね〜宮迫さんはもう参加しなくていいですョ・・
何笑っとんねん!!って見てる側がイラッとしたぞ。
笑い飯は年末の人形劇でポイントかなりアップ。もっと出番を増やしてあげて〜

「ガキの使いやあらへんで!チキチキガチンコ大食い対決」

 「第一回 ガキの使いやあらへんで!力を合わせてギャル曽根を倒せ!チキチキ ガチンコ大食い対決〜!ギャル曽根・・倒します?」浜田
「そーーのよう・・・ですね?」松本
「無理でしょう!」浜
「いや〜、でも、みんなで力を合わせれば勝てない相手でもないのかもしれませんよ」松
「我々だけでは、レギュラーだけでは難しいので、我らがバキューム藤原が今日は・・」

 バキューム藤原ことザ・ちゃらんぽらんの藤原・・
私は見ていないんだけど、去年の「お菓子でご飯を食べつくせ!」という企画で
9杯の白めしを食べてから、そういうことになったらしい・・
 「飯だけは食います!」藤原
チャイナ服にでかいサングラス・・・
一瞬、犬井ヒロシ(「自由だ〜〜!!」の人)かと思ったよ・・・
「今日がんばって扮装してきたんですけど、何のことはない、昔のタモリさんのような」松本

 そこにギャル曽根登場
この人、マスカラ命だよね・・
「この子がそない食べるとはとても思えないんですよね〜」松
「今日ね、生放送でお好み焼き山ほど(3キロ)食うてたんですよ」浜田
「ちょっとお腹でてるんですよ。触ってみて下さい」ギャル
「ほら・・腹でてるわ・・」浜田
「おわっ!!半漁人みたいやんか!!」松本

 細い人見ると大食いを連想しにくいけどね〜
でも太ってる人って代謝が悪そうだから意外と食べられないのかな〜とも思うけど・・・
かなり前に「うんこが太そうな芸能人癸院廚望硝椣紡紊選ばれていたけど
そういうことなのかしらね・・・続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」絶対に笑ってはいけない警察24時未公開シーン

 古いネタで恐縮でございますう〜
しかし、大晦日に放送って止めてほしいよな〜
夫の実家に行ってたんで、居間のTVは例年のごとく格闘技系だし・・
気分的にのんびりTVなんて見てらんないんだよな〜
と、いいつつ隣の部屋でこそこそと見てましたが・・
 できれば、次回は1月3日ぐらいにしてほしいな〜(-m-)” パンパン

 未公開シーン集って言っても、ほとんどは見たものだけどね・・・
その中でおもしろかったのは、ズーズー弁の三上課長が
ふざけてる署員にいきなり発砲したとこかな〜
 あとはそれほど・・・

 ほっしゃんの所はいつも、見てたらこっちまで「おえっ!」って
なっちゃうから見ないようにしてます・・
 あと「落としの村さん(村上ショージ)」のところは、カットされたのも
しかたないかな〜って感じも。
私はショージさん好きなんで、笑えなくても見られるけどね〜
(むしろ笑えないほうが笑える)

 さて、今回は警察署に研修に来た浜ちゃん、山崎、遠藤という設定だったのですが・・結論から言うと、前回の「高校」の方が私はおもしろかったかな〜
それと、交通機動隊の訓練は別にいらなかったような・・・

 笑ったのは
・山崎の警棒だけごぼう
・Wジーパンズ・・・変な間と雰囲気が良かったっす。
・電話相談室のジミー大西・・・この人の天然は神の領域?
・殉職した板尾のお葬式・・・この嫁はやはりスゴイ!もう別格です。

 あと、浜ちゃんが笑いをかみ殺してる顔がすごいツボでした。
しかし、松ちゃんが「俺たちの頃は、心のふれあいがあった!」と言ってた通り
遠藤や山崎も一緒になって、浜ちゃんを落としいれようとしてるのが
笑った。
 いつもは全然おもしろくない山崎も(この企画以外で山崎のやる事で笑ったことなし)
この企画に限っては抜群の働きを見せるしな〜
 
 ところで、今回の、まあゴム製とは思うけど警棒でバシッ!って
今まで一番痛そうだったわ〜
吹き矢、ムチ、警棒と来たら次回は何だろ?
切ったり締めたりはダメだもんね〜叩く系で・・・
ゴムぱっちんとかだと時間かかるしね〜
布団叩きみたいので叩くとか?ムチとかぶるか・・・
足に重しつけるとか?動き鈍くなるからだめか・・・悩むな〜

「ガキの使いやあらへんで!!」山崎VSモリマン伝説のスーパー・ファイナル・リベンジ・マッチ

 さて、先週から振ってきた「山崎VSモリマン」ついに戦いの日がやってきましたよ。
見たいような見たくないような・・・DVDもこの関連のが一番売り上げ悪いって松ちゃんも言ってたしな・・・
山崎というよりはモリマン見たさにチャンネルを合わせてみました。

 試合前の山ちゃん
「後楽園ホールは僕のホームですから、(いつからじゃい!)
地元のファン、ホールの従業員のためにも負ける訳にはいきませんね」
モリマンに対しては?
「奴にはね、地獄と言う名の天国を見せてやりますよ」
(どっちなんだよ?!)

 まあね・・何を言っても勝てる気がしねぇ・・って感じですけど。

 山崎の控え室にて。
「さ、松本さん、約一年ぶりでございます」浜田
「とうとうこの時がやってまいりました」松本
「10回目ですよ」浜
「そうなです、先ほど山崎さん本人から聞いたら、38歳に。
さ!それでは本日の主役に登場していただきましょう!」松
しーーーーん・・・・テンション低っ・・つーかテンションなしの山崎。
後ろに黒人のSPを二人連れてる。
「また、静かな・・」浜
「ホントに、テンションが・・わー!とか言わへんねんな」松
「今日、後楽園ホールに入った時はすごいテンション高かったんですけども、
やっぱり何て言うんでしょ・・
この衣装着た瞬間にテンションが上がらない・・・」


続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」引きずられ部発足!

 真っ赤なツナギを着た「ガキ」メンバー(松本・浜田・山崎・田中・遠藤)
左胸ポケットには「引」の文字が。
「新しい部が発足しました」浜田
「そうです、そうです。今までいろんな部をやってきましたけど、
所詮あれは布石でしかなかったんです」松本
「え?!」浜田
「布石でしかなかったんです」
「布石て、何の布石?」浜田
「この引きずられ部をやるために、あえてああいうバカなことをやってたんです」松本
「息とめ部、グルグル部、こちょばし部・・」浜田
「そうです、いろいろやりました。
ホントはこの引きずられ部がやりたかったんです」

 ほ〜〜「息とめ部」と「グルグル部」は見てないけど「こちゃばし部」は見たわ。
でも、こちょばし部は我慢大会的な部分もあったけど、
この引きずられ部は・・・すごく無意味で馬鹿馬鹿しそう・・
いんじゃな〜い?
続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!!」万引きGメンピカデリー梅田来日!

 「凄腕入れ歯万引きGメン、ピカデリー梅田、緊急来日特番!
今宵あなたは奇跡の千里眼を目の当たりにする!!」

「こんばんわ・・司会の梶原しげるです。
え、そして、今日も奇跡の証人になっていただく皆様にお集まりいただきました。
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の皆さんでございます。
どうぞよろしくおねがいします」
「よろしくおねがいします・・」一同
「え、さて、ピカデリー梅田さんと言うと、
これまで占い、マジック、大食いのチャンピオンということで
その奇跡の数々を目の当たりにしていただきましたが・・・
実は、凄腕の万引きGメンだったという事がこの度明らかになりました!」
神妙に話を聞くメンバー達。

 「万引きは元より、アフター5忙しくて絶対につかまらない上司も簡単に捕まえてしまうという・・(ん?)」梶原
「何から何まで分からないんですよね・・
地元はカナダじゃないと思うんですよね・・あの人・・」松本
(無視して)「今日、カナダから緊急来日された訳でありますが」梶原
「聞いてない・・・」松本
「それでは、いよいよおよびしましょう!
追跡中ままたきなし!眼球疲労この上なし!
脅威の凄腕入れ歯万引きGメン、ピカデリー梅田さんでーーーす!!」
笑いをこらえる田中・遠藤・山崎。

 また、いつのまにか来日してたのか〜
普段は何してんだろ・・・続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」おもしろVTRベストテン

 さて、長州小力のテーマが(って実は長州力のなわけだが)流れ、
太りすぎの長州小力まがいのおっさんが現われる。
「ものすごいリハーサルしたんやろな」遠藤
リングに入る時ロープにひっかかる小力。

 「ミュージックスタート!」ナイト・オブ・ファイヤーが流れる。
笑いながらパラパラみたいのをする。
「藤原、何時間前に入ったんや、コレ」浜田
「がんばってもここまでか、みたいな・・」松本
いちおう全部終わる小力。
「あ〜あ〜、ね・・」松
「なるほど・・振り付けした先生も大変やな・・」浜

「メリークリスマス!本日は「ガキの使い」おもしろVTRベストテンを
お送りします」藤原
「何や、お前キレとんのか?」松本
「えっ、え・・・(遅っ)キレてないですよ・・(はぎれ悪っ)」
「あ〜完全に裏目や・・」山崎
「私、今年で8年連続総合司会に選ばれました元ダウンタウンマネージャー
藤原寛、元の名を藤原小力と申します」
「あ〜キレてるわ、絶対」山崎
「うーんと・・・キレてないですよ・・(反応遅っ)」
「あっと〜、これは何なんでしょうね〜」田中
「一番大事なところなんですけどね〜」山崎

 こんな感じで始まった藤原が選ぶ今年のベストテン。
第十位 ほっしゃん。の鼻芸。

いや〜これは見てて苦しい。すごい芸だとは認めますが・・・
私は笑えません・・・。

第九位 怪獣ヤマラムVSダイナマイト四国

 これは見逃したんですよね〜
でも、ヤマラムは長時間見るのはキツイっす。
双子の小美人(古くはザ・ピーナッツが演じた)をマナ・カナが・・
「わざわざ来たんやろ?このために」浜
「この後、仕事一緒になったんですけど、「あれ、何だったですか?」って・・」山崎

第八位 芸能人釣り選手権

第七位 浜田がヘビメタバンド結成
「最悪やったな〜」松本
「最悪や、コレ」浜田
しかし、創聖鬼の演奏にバカ受けの山ちゃん。
「山崎さん、エライ創聖鬼にはまってるじゃないですか、ちょっと引いてしまうぐらい」松本
「いや〜アホですもん。まるだしですもん。
俺、浜田さんが苦しんでいるとこ大好きですからね〜家族みんなで笑ってますから」山崎

これもわけわかんない企画でけっこう笑った。すごい唐突だった。

第六位 奇跡の入れ歯占い師 ピカデリー梅田

これも見逃しちゃったんですよ〜
うちじゃ、「ペロリ食べちゃっていいかな?」がいまだに流行っています。

第五位 板尾クイズ番組のフォーマットを売りに来る。

これ、もっと上位に来ると思ったのに〜
これは最高ですよ〜
板尾とピカデリー梅田はDVDに入れて欲しいです!
何と言っても嫁が良かった!すごい人発掘したよ。まだ当分いけるね。

第四位 マドンナ接吻バスツアー

いや〜松ちゃん、男らしかった!がっぷりいったね。
田中、チューされて仮死状態になってましたね〜

第3位 引きこもり青年を勇気付けよう!

これも、ばかばかしくて良かった!
良君のお母さんも一生懸命やってて笑えた。
今年は庄司のバカ芸が開花した年でしたね〜

第二位 菅大門西部警察

よくわからんかった。

第一位 ダウンタウンをナメたらアカン

若手へのどっきり。これは浜ちゃんの方がコワイ分おもしろかった。
若手もリアルに怯えてたし・・
二回目の松ちゃんがしかけた時は、いまいちだったな〜
矢部と入江以外の若手はぬるい雰囲気だったし。

 この番組は企画力がすぐれてるというか、スタッフ達とのいい意味での
団結が伝わってきて、ばかばかしいことを淡々とやってくれるのがいいですね。
また「笑ってはいけないシリーズ」をやってほしいです。

「ガキの使いやあらへんで!」永ちゃんライブ


 レギュラー陣たちが楽屋で談笑していると、突然板尾がやって来る。
ベティちゃんが編みこんである変なセーターに紙袋。
「おはようございます」
「どしたの」浜田
「ちょっと合間やったんで顔出しといた方がええかな・・と思って」板尾
「いやいや・・・そやな」松本
「収録前ですよね?」板尾
「そう、そうやねん」松本
「足らんか・・一枚足らんか・・いや、足りる。足りるわ」板尾
(無視して)「ちょっと!俺らも用意しよか?」浜田
「すんません、ここどこでしたっけ?」板尾
「赤坂」全員
「遠い・・」板尾
「もう、用意しよや!」浜田
「いや、近いわ!近いですね、近い、近い」板尾
「どうしたの?」松本

「実はですね、あの、永ちゃんのライブがあるんです」板尾
「まじ?」浜田
「はい」板尾
「どこで?」山崎
「いや、もうほんま近所」
「え、いつよ?」浜田
「今日です」板尾
「え?マジで?!」松本
「もし、みなさん良かったらどうですか?」
「チケットは?」浜田
「チケットはあるんですよ」板尾
「マジで?!」浜田
「赤坂のライブハウスで・・最近ちっちゃいとこで」板尾
「永ちゃん、あえてちっちゃいとこでやるみたいで」松本
「ちょっと僕行けないんで、もし良かったら行きはりますか?」板尾

「え?マジ?」浜田
「何枚?」遠藤
「6枚・・(人数を数えて)菅さんもいけますね。
これ、カメラも入って全然オーケーなんで・・・」板尾
「え?マジ?!」松本
「でも、板尾さんが言えることちゃうんじゃ・・」山崎
「え?向こうは全然オーケーやって・・」板尾
「おいしいですよね」遠藤
「ガキでオンエアしてもいいわけ?」松本
「全然いいんじゃないですかね。DVDにしてもオーケー言うてますよ」板尾
「えーーー!!!」全員驚愕
「この間「情熱大陸」出たばっかりやで」松本
チケットを浜田の前に置く板尾。
「あっさりしたチケットやねんな〜」浜田 
「まあ、あの、ライブハウスですからね」板尾
「ま、そやな・・」浜田
チケットには「2005E・YAZAWA the師走」の文字が。
「何か、コレちょっと市民プールみたいな・・・」松本
続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」天ぷら選手権

「第一回 ガキの使いやあらへんで!
チキチキ これやってみたかってん第六弾
絶対においしい天ぷら選手権〜!!」
「炊き込みご飯、ピザ、たいやき、茶碗蒸し、おもちとやってきましたが」浜田
「正直このコーナーあまり好きじゃないんですよね・・・
あの、こういう中途半端な感じで腹を充たすのが・・」松本
「ああ、それはわかる」浜田
「終わった後、飯も食いに行かれへんし、おいしかったわけでもない」松本

 これも、私、始めて見るコーナーなんですが、
レギュラー陣全員がエプロンをつけた姿に娘は
「何か松ちゃんがエプロンつけるとゲイみたい・・・」との感想が・・。
確かに、似合わんけれども。

 まずは、ココリコ田中の天ぷら。
「一品目こちらでございます。いちご大福です。絶妙でしょ?」田中
「これは美味しい」浜田
「大福は想像つくんですけど、いちご大福か」松本
「そうなんです。絶妙なやつが揚げるとどうなるか」田中
「二品目はこちらでございます」(菊の花束)
「え〜〜!!」
「花束でございます」田中
「え?どういうこと?」山崎
「食用花?」遠藤
「あの、菊のです、今回」田中
「上げるものを揚げるんや」松本
「そうです、さらに揚げて見ますよ。これ、束でいきますから」田中
「マジ?」

 いちご大福、菊の花束と揚げていく。
花束には、あんまり衣つかないな〜。しかも、揚げる時のはねがすごい・・・
「うわ〜〜うわ〜〜」田中
「これ、天かすだらけじゃないですか」松本

 さて、試食タイム。
「たのむで、俺ちょっと腹へってんねん」松本
「任しといて下さい。晩飯になるぐらいの」田中
ADの江蓮君(普通にぶさいく)が料理を運んでくる。
「こういう時こそ、お姉ちゃん一人来るとかさ・・これがいかんちゅうねん」浜田
「こんなん出してくるちゅうのが考えられへん。
世界的にみても一億番目ぐらいでしょ、下から」松本続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」謎の大食い王ピカデリー梅田

 「こんばんは、司会の梶原しげるです
占い、マジックに続いて今回もお集まりいただきました。
「ガキの使いやあらへんで」の皆さんでございます。(神妙に礼をするメンバー達)
ダウンタウンのお2人、そして、山崎邦正さん、ココリコのお2人でございます。
 さて、最初に来日された時には占い師、
そして二度目はマジシャンということでカナダからいらっしゃった
ピカデリー梅田さんでございますが・・・
あれは、仮の姿でございまして、本当は大食いチャンピオンだったというんです」
「んっ?あ〜、えっ?すごいですね、それは・・」松本
「何で前回言ってくれへんかったの?」浜田
「その後明らかになったものですから」梶原
「ああ、そうなの・・」

「まぁ、今回もわざわざカナダからお越しいただいたんですが、
その驚異の胃袋は、地元カナダはもちろんアメリカ全土を震撼させ、
ラストバキュームとして恐れられているということでございます!」梶原
「それだけではございません!
冬の寒い夜にはその胃袋に自らくるまって寝ているそうです」
「えっ?」
「はい?」
「え〜〜?!」
「まあ、それぐらいの人だってことでしょ・・・」浜田
「そうなんでしょ。それ、おかしいもん」山崎
「でも、まあ、わりと高齢の方じゃないですか?そういう方がそんなに・・・って、正直、僕、疑ってる部分がありますね」松本
「今おっしゃった高齢という部分にも引っかかると思いますが、
まあ、ご存知とは思いますが、ピカデリーさんは非常にデリケートな方ですので
本番中に不穏当な発言がありますとそのまま帰国されてしまうという
おそれがありますので・・・」梶原
「どこへですか?」松本
「カナダへ!ぜひひとつ、その辺はご考慮下さい。
それでは、お呼びしましょう!!
満腹中枢なし!胃酸過多この上なし!恐怖の入れ歯大食いチャンピオン!
ピカデリー梅田さんの登場です!!」

 ものものしい音楽とともに現われたのは、ちょっと粋な普通のじいさん。
この人がピカデリー梅田?!

「世界中を震撼させた驚異の胃袋は、咀嚼感ゼロ!
噛めない方が早い!いや、噛まないから早い!
ピカデリー梅田が前人未到の記録に挑む!!」梶原

 ピカデリー梅田、三回目の登場らしいですが、
私は見るの初めて・・・このじいさん期待できるのか・・・?続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」良くんの家へ編

 バスで移動中のレギュラーメンバーと品川庄司。
浜田が手紙を読み上げる。
「私には25歳になる息子がおりますが、
とにかく人見知りがひどく部屋に篭ったきりでほとんど外にでなくなりました。
そんな息子も「ガキの使い」は大好きで
中でも「ハイテンション」が好きらしいです。
どうかメンバーの皆さんで外の世界のすばらしさを教えていただけないでしょうか
佐々木幸子」
「すごい葉書ですよね」田中
「すごいですよ。ヘタしたら一人の人生がかかってますからね」松本
「ハイテンションで外にでるかな・・?」浜田
「まあ、「ハイテンション」が好きな時点でそれほど笑いのレベルは高くないね」松

 けっこうりっぱなお家でちょっと太目の上品な奥様がみんなを迎える。
「ど〜も、わざわざありがとうございます。あの、良ちゃん、あの、出たきりで、
入ったきりで・・・出てこないんです」
「え?どっちですか?入ったきりで出てこない?」浜田
「入ったきりで出てこないんです」幸子
「部屋の前までは大丈夫ですか?」浜田
「何とか・・・大丈夫だと思います」

 良ちゃんの部屋の前らしい。
その前の踊り場のようなところに全員集合している。
戸は閉められている。
「いちおう、プレゼント用意してきたんですが・・」と、浜田「ガキの使い」のDVDBOXをお母さんに渡す。
「ま〜ありがとうございます。ちょっと良くんに言って来ますね。
良君!ガキの使いがプレゼント下さったわよ〜!」
「ガキの使い・・・」「浜田さんからじゃないんですね・・」ざわざわ
DVDをひったくると戸をピシャリと閉める良君。
「良君!せっかくプレゼントいただいたんだからお礼ぐらい言いなさい」
戸が一瞬開いて、山崎のDVDだけが投げ捨てられる。
「あれ・・・山ちゃんのだけ・・・」浜田
「ほんまや・・」遠藤
「まあ、確かに・・・よう、わかっている・・これ一番売れてないし」松本
「見てたら途中で飽きてくる」浜田

 取り合わないで「良君ね、「ガキの使い」が大好きなんですよ。
できれば、良君が喜ぶような何かをこう・・やっていただいて、
外の世界の楽しさを知ってもらえればいいなあ・・と思っているんですが」
「ただまあ、どうでしょうねぇ・・・芸人って空気って言うか・・・
いつでもどこでもっていう・・・・・遠藤、大丈夫やな」松本
「遠藤、たけしさんのやつ、ほら、頼むわ」浜田

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 6 山崎VSモリマン 男と女の真剣勝負 笑いの神が降りた奇跡の名場面集


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 5 浜田・山崎・田中 絶対笑ってはいけない温泉宿 1泊2日の旅 in 湯河原


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 7 笑魂投入!傑作トーク集


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 2 松本一人ぼっちの廃旅館1泊2日の旅 !


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで !! 1 浜田チーム体育館で24時間鬼ごっこ !
続きを読む

「ガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないハイスクール」

 さて、罰ゲームを受けることになった松本・山崎・ココリコの四人は
とある町の高校までやってきた。その名も私立くちびる西高校。
いつものようにダウンタウン元マネージャーのフジクミ先生がお出迎え。
 何かこの人の痰がからんだようなカミカミの話し方も笑いを誘うわ。

 校門をくぐった時点で罰ゲームスタートなんだけど、一歩入った途端に、
いつものオバQ似のおばさんが現われて山崎が栄えある一発目のお仕置きを。
今回のお仕置きは「お尻竹刀の刑」。「ムチより全然痛い」の声が上がる。

 グラウンドではムッシュかまやつや温水などの刺客が現われるが、
これはいまいち・・・ムッシュはまあ、いいけど温水はよくこういう使われ方
してるからね〜もう誰も驚かないって言うか・・・
 玄関入ると運動部の活動の写真が飾ってあり、そこにはやはりガースーが・・・
しかし、前回のように畳み掛けるような攻めがないなあ・・・
オープニングはこれでもかってくらいに攻めて責めて欲しいなあ。

 朝礼に向かう途中、遅刻した生徒が先生に怒られていた。
最後の一人が劇団ひとり、遅刻した理由を言うとビンタ、またビンタ。そしてビンタ。
しまいに引きずられてどっかへ連れられて行く。耐えられず笑う4人。
「あんなん、俺、明日死ぬとしても笑うわ・・・」松本

   一時間目 国語、フジクミ先生
 途中、西部警察のテーマとともに館ひろし(中村プロデューサー)が拳銃を持ってグラウンドを歩いてくる。この、実はすんげー遠くにいるっていうのが笑った。

   二時間目 英語 村上ショージ先生
 相変わらず意味不明のショージ。しょっちゅうメガネを取り替える。
シュールな一人芝居を披露して去る。
 そのあとは、英語の教材ビデオで学習。
しかし、ここに超ど級の刺客が・・・
 ジミー大西が苦労して英語を読むというだけなのに全員笑い死に寸前。
特に遠藤は教科書を噛んだり、袖口を噛んだりして耐えるも何度もお仕置きを受けるはめに。ジミーちゃんは反則でしょう。

   三時間目 体育 HG先生
 何かいつもの勢いがないHG。不完全燃焼の雰囲気で終わる。

   お昼休み
 お弁当を食べた後についにあいつがやってきた。
板尾がバイクに乗って来ただけで四人とも爆笑。うーん、愛されてるね〜板尾。
「なんでんかんでんってどいつだ?」2人でつかみ合い寸前になるが、
チャイムがなって去っていく。
 この時、写んなかったんだけど板尾がバイクに足引っ掛けたらしくて、また爆笑。
今回出番短かったなあ・・・もっと板尾劇場見たかったのに。

   四時間目 理科 ほっしゃん。先生
 やはり出ました。呼吸の勉強でうどん。うどんを鼻から吸って口から普通に出し続けるほっしゃん。先生。
「ほっしゃん。先生は鼻にものを通す訓練をつんでおり、自分の芸にしています」
のテロップが・・・。
 笑いが止まらない4人。もちろん、しょっちゅう竹刀のバシッ!の音が。
松ちゃんから「続けるんだったら、竹刀の人おってくれていいですよ」
というあきらめの声が・・・。

 これ、私は笑いというよりも気持ち悪くなりました。うう・・・
ほっしゃん。の粘膜大丈夫か?

   五時間目 バスに乗って社会科見学
 ここでは、オバQおばちゃんともう一人白塗りのおばちゃん婦人警官にどこまでも
付きまとわれるという・・・そして唇を奪われるという・・・
 これも、かなり食欲がなくなりました。

 このおばちゃんも定番になってきて、もう笑えないです。
新しいおばちゃんの開発を望みます。

   六時間目 音楽 ホリ先生

 ただ単にホリのネタ披露。

 みんなが疲れ果てた6時半ごろ総統浜田が到着。
「バッシバッシ行くよ〜」この浜田の気合は離れていても伝わったようで
すぐに松ちゃんは、
「あ、これ、ダウンタウンの浜田来てるんちゃう・・?」
遠藤も「この殴り方・・来てる・・・」浜田の気配を感じて怯える田中。
 そして、ついに教室へやった来た浜田。
一人一人に「何がキツイ?」と聞いて回る。
しかし、質問しているだけなのに次々と落ちていくメンバー。
 「こんなん、死んでまうで・・」の悲鳴も。
どS浜田の笑い声が教室中にひびく・・恐怖感をみなぎらせる田中、耐える松本。
 なぜか、浜田がいるだけでおかしいんですよ、これ。

 そして、急にゲームやろうと言い始める浜田。
スーパーボールを壁にぶつけてそれを片手で掴むというだけのゲームだが、
失敗したらさらに浜田によって罰が与えられるという理不尽なもの。
 最初は遠藤。壁にぶつけたボールが浜田を直撃して「オポッ!!」
笑ってしまった4人はもちろん竹刀のお仕置き。
捕球失敗の遠藤はさらにビンタ。しかし、浜田の威圧感に圧倒されて現われたお仕置き隊は笑ってもいないのに次々と四人を打ち始める。田中なんて二回も・・・
「無法地帯やがな・・・」続きを読む

「ガキの使いやあらへんで!」ハイテンション ザ・ベストテン 後半

 さて、第五位は・・キレてないですよ2005 夏 長州小力
「小力さん、小力さんはいつもの小力さんじゃないですか」松本
「うーあー、始めまして」
「初登場5位はりっぱですよ〜」浜田
「あーそうですか、そういうものなんですか」小力
「そういうもんですね。いきなり5位っていうのはけっこうすごい」松本
「あーじゃあ、オレもけっこうがんばった方ですねー」小力
スタジオが変な雰囲気に包まれ、ハッハッハー!と笑う三人。

 当然のように、いつもの「キレてないですよ」芸を見せる小力。
そして・・・キレてないですよ〜♪キレてないですよ〜夏!夏!(パラパラを踊る)
うなだれて帰ってくる長州小力。

 何てことだ!長州小力ですら平常時のテンションにいってないじゃないですか!
「ハイテンション」を課せられると、
こんなにも人はテンションが低くなるものなのでしょか。
いつものみなぎる力強さも、クールさもないじゃないですか。
すっかり調子崩してます。

 すごく喜ぶ河本。
「アレ、何よろこんでんの?ものすご喜んでる」浜田
「連帯意識みたいなね。いや、でも、すばらしかったんじゃないですか」松本
「でも、「ハイテンション」ですから」浜田

 第四位 平成のパピプペポ 品川庄司 庄司智春
エナメル素材の黒いビキニパンツいっちょうの庄司。
「これは、また、一糸まとわぬに近い状態でございますけど」松本
腕を組んで仁王立ち、時々足を開脚したまま屈伸したりして・・・
「いいですよ。いいです。準備はいってる」松本
2人の会話が聞こえないように屈伸する庄司。
「何か、今あるんでしょう」浜田
「なんか、こう、すりこんでいるんでしょうね、今ね」松本
「何か、探しているんでしょう。ああ、もういってほしいみたいですよ」浜田
「みなさん、言葉数がすくないんですよ」松本
 スタンバイへ
続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa