トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「セクシーボイスアンドロボ」

「セクシーボイスアンドロボ」最終回

 ニコ(大後寿々花)のパパ(塚本晋也)の誕生日に逃げていたインコのルミちゃんが帰って来た。
でも、どうやら家族には見えないらしい・・・
ロボ(松山ケンイチ)には見えるのにな・・
『みんなが見えないなら、私もルミちゃんが見えないことにした。
みんなと違うことを言い通すのは中々根性がいる。
たとえそれが正しいことでもだ・・』

 少しずつ・・変化が訪れてきている。
ずっと同じ日々が続くと思っていたのだけれど・・・

 ニコとロボはマキ(浅丘ルリ子)からホテルに出る幽霊を追っ払ってほしいと頼ま(脅迫)れる。
行ってみると部屋にいたのは三日坊主
自分が死んだことに気づかずにさまよっているのだろうか・・
ロボは幽霊になった三日坊主と暮らすはめになる。

 ニコのクラスに転校生白井がやってくる。
人に合わせようとしないマイペースな彼女の事が心配になったニコ
「あのさ・・自分らしくやるのはいいと思うけど・・・少しぐらい周りに合わせないとそろそろヤバクなるから。今がギリギリだから・・・」
「・・・・・(失笑)」
「自己嫌悪だ〜〜〜!!」ニコ

 常に周りから浮くのを恐れて自分らしさを押し殺してきたニコの前に現れたのは
周りに流されない強くてかわいい女の子。
彼女の存在がニコに影響を与えるのでしょうか・・

続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第十回

 ある日曜日の午後、一億円をしょってよっちゃん(岡田義徳)とマキ(浅丘ルリ子)がニコ(大後寿々花)の家にやって来た。
「ニコさんを養子にいただけませんでしょうか?
2億円でいかがでしょうか?とりあえず、1億お持ちしました」マキ
紙袋の中には札束がびっしり・・・
「そんなもんでうちの親がいいですって言うわけないでしょ!!」ニコ
おやおや〜ニコ以外は札束を凝視してますけど・・

 ♪ドナドナド〜ナ〜ド〜ナ〜♪ニコが売ら〜れ〜る〜♪

 一方、ロボ(松山ケンイチ)の方にもお金の大事さを考えさせるできごとが・・
「みんな!聞いてくれ!今日からケロ山君のクラスから転入してきたロボット君たちだ!」
ケロ山君のお父さんが借金を作って体も壊したため、田舎に帰ることになったのだ。
大事なロボット君達も売り払って・・・

 「お金さえあればなぁ・・」去っていったケロ山君のことを思うロボ。
そして、高層MSを夢見る父と借金苦を口にする母の姿に不安になるニコ。
「何か悲しいな・・・
何だかんだ言って、結局みんなお金が欲しいんでしょって言われたら誰も何も言い返せないんだよね・・」ニコ

 うちの夫も我が家の家業を継ぐに当たって、
父親から「会社を経営する上で一番大切なものは何か?」って聞かれて
「金ですか?」って答えちゃってたからなぁ・・
あと、巨人に行っちゃったO選手のことも「結局、金かよ!」っていまだに怒ってるし・・
今朝もK田Uのの結婚のニュースを見ながら「どうせ金だろ!」と。
何か、すごいいやらしい奴みたいですが・・・?
 でも、いつからなんだろう・・・幸せということを語る時に必ず「お金」がついてくるようになったのは?続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第九回

 ニコ(大後寿々花)の家ではいつも通りのもめごと勃発・・
『いつもと変わらない・・何で何も変わらないんだろう・・
あんなにいろんなことがあったのに。
全てはプッチーニが・・』
 殺人予告を受けたマキ(浅丘ルリ子)は地蔵堂も閉めて死ぬ覚悟を決めたようだ。
『ロボと地蔵堂がいっぺんになくなって、私は私じゃないみたいだ・・』

 突然世界が変わってしまった・・見えるのは色あせた初めて出会う景色・・

 ニコは神社で祈っているよっちゃん(岡田義徳)に会う。
「もう神様に頼るぐらいしかできなくなってな・・」
『神様!私、何でもします。
何でもしますからみんなの笑顔見せてください!』必死に祈るニコ。

 「社長は昔、世界的に名を馳せたスパイだったんだよね」よっちゃん
007みたいなもんか?
でも、写真はスパイというよりも「プレイガール」って感じだぞ。
マキは恋人だった仲間を見捨てて自分だけ生き残ったらしい。
彼は命は助かったけどずっと眠ったまま・・
自分の裏切りを忘れられないマキはプッチーニに自分を殺すよう書いたのだった。
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック

続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第八回

 ニコ(大後寿々花)はマキ(浅丘ルリ子)から呼び出されて
プッチーニという看護士の話を聞かされる。
「病気でもう助からない人の最後の願いをかなえてくれるの」マキ
「いい人なんですね・・」ニコ
「願えば、盗みもするし、場合によっちゃ人も殺す。
死んでいく人のためには何だってするのよ・・」
 プッチーニの存在に興味を持つニコ。

 プッチーニは昭子(小林聡美)、絵美理(ともさかりえ)、恵(もたいまさ こ)
の3人組。
仕事をする時は黒い衣装に身を包み、サングラスをかけて、バイオリンケースに
仕事道具を入れて移動。
 仕事が完了するとみんなでお食事をして、お祝いにでっかいプチプチをプチッとして締めるらしい。
 私は小さめのプチプチの方が好きだけどね・・

 さて、クールな子とは思っていたが・・
ニコの心は不感症状態らしい・・・
『ひいじいちゃんが死にそうなのに泣けない私・・
大凶を引いても心が騒がない。
こんなに緑がきれいなのに私の心は止まってる』

 その頃、ロボ(松山ケンイチ)は運命の出会いを果たしていた。
レストランのトイレにまでMAXロボを持参したロボは便器の中にロボの腕を
落としてしまう。
「うわーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」
叫び声を聞いて、駆けつけ、迷いもなく便器からロボの腕を救い上げ、
洗って消毒までしてくれた昭子にロボは、プッチーニとも知らずに惚れ込んでしまう。

続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第七回 、「セクシーボイスアンドロボ」黒田硫黄

 今日、仕事中に姉のブログを見ていたら、
「セクシーボイスアンドロボ」第七回放送中止・・って書いてあったぞ・・
 にゃんですってぇ?!
わたしゃこのドラマを見るのを一週間の糧にしてるっていうのに・・・
まぁ・・時期がアレだったかしらね・・
見てるとどうしてもあの事件を連想させてしまうだろうしな・・・

 しかし、わかってるのに家に帰ってから、録画再生した私・・・
「ごぼ蔵」の回を普通に見始めてたよ・・・
美容室の客、みんないいリアクションしてんじゃん・・・
やっぱ、おもしろいなぁ・・・

 ところで、キャストのところのゲストの名前・・
モロ師岡さんの名前消されてるじゃないですか〜
おおおお〜幻の第七回かよ・・・
DVD買ったらちゃんと見られる?なら、買うよ・・
 ちなみに来週のゲストはお待ちかねの小林聡美、ともさかりえ、もたいまさこの三名様。

 さて、原作に手を出してしまいました・・
原作の進行の中心はニコになっている。
ドラマのニコはできればマキの仕事は引き受けたくない・・という感じで、
いつも巻き込まれる形で関わってしまうのだけど
原作のニコは偶然知り合った謎のおじいさん(ドラマでは浅丘さん演じるマキ)との契約のもと、積極的に事件に関わっていく。

 「スパイか占い師になりたい」という彼女は、
自分の持っている声を聞き分ける聴力と七色の声を使い分ける能力を使いながら、
どうやったら退屈しないで生きていけるのかを好奇心と探究心を持ちながら常にさぐっているように見える。
 今いるこの世界でめいっぱい楽しく遊びまわるにはどうしたらいい?

 さて、昔、やくざをやってたらしい謎のおじいさん・・・
このままの設定で作るなら、演じるのはおひょい大滝秀治だわね〜

 よっちゃんも、よっちゃんと言うよりは「名梨!」と呼ぶのがふさわしい
寡黙で地味に徹してる男だし・・
ロボも出てくるけど、1巻ではほとんどめだたない存在・・・単なる脇役。
2巻からちょっとはキャラを出し始めるけどね。
あくまで中心はニコですから・・ 
原作のままの設定なら・・それこそよっちゃんをやっている岡田君の役かも・・
 ニコの両親もお姉さんもでてこない。
だから、脚本家の人はよくここまで設定やキャラクターを膨らませておもしろくしたよな〜と普通に感動したよ・・

 ニコはドラマだと少しマイルドな性格になってるね。
昔ながらの「少女」の設定を踏襲しながら、頭が良くて、ちょっと冷めてて、
繊細で、芯が強くて堂々としている。
 原作の方のニコは、少女という枠ではくくれない感じなんだよな〜
子供のようでいて大人、少女のようでいて女・・
声と同じように状況によって変幻自在に自分を演出し創り上げている。
「ニコというやつ」・・としか言いいようがない。

 ドラマの中のニコはいずれスパイをやめたら、普通に仕事をして、結婚して
昔スパイをやっていたなんてことおくびにもださない素敵なお母さんとかに
なっていそうだけど、
原作のニコは地球のどこにいるんだか想像がつかない・・
でも、楽しくウキウキしたことを探しながら生きてるんだろうなぁ〜って感じ?
どちらも好きだけどね・・
 でも、大後 寿々花ちゃんだったら、原作のままの設定でも絶対大丈夫だったと思うぞ。
すごく魅力的なニコになると思う。

 とにかく来週の第八回が待ち遠しい限りだわ〜

「セクシーボイスアンドロボ」第六回

 さて、晩飯時の林家では恐るべき死闘が始まっていた。
「私の青春返してよーーー!!」ママ(片桐はいり)
あらゆるものが飛び、割れた。
天井にはステーキ肉が刺さっている。
 ケンカの原因はパパ(塚本晋也)が勝手に定期を解約して友達に50万円を
貸したらしい・・・
テーブルの下で食事をするニコ(大後寿々花)と一海(村川絵梨)。
「ニコはどっちに付いて行く?
私はこれを機会に一人暮らしをする」一海

 次の日、お父さんは出張へ・・
お母さんは、パパの大切な牛乳の蓋コレクションをゴミ袋に詰め込んで
廃棄!!
 コレは人としてやっちゃいかんことでしょう〜
突然、家族崩壊の危機に直面したニコ・・どうする〜?

 ロボもある意味危機に直面していた。
部屋に帰って来たら棚から大切なフィギャア達が消えて、文学全集で埋め尽くされており
「ガオガイガーもセオザイマーもゴーショーグンもみんな捨てた」田舎から出てきた母(白石加代子)
 半狂乱になるロボ。
「MAXロボ」のビデオを見て正気を取り戻そうとしたら・・・
何と母の大好きな韓流ドラマ「冬のソナチネ」が重ね録りされてた・・・
「あ"あ"あ"ぁぁぁああーーーー!!」

続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第五回

 明日から教育実習に行くということで緊張している一海(村川絵梨)に
「うしみつ様」を差し出すママ(片桐はいり)。
「何コレ、きったねー人形!」パパ(塚本晋也)
「(コレは)あらゆる災いから守ってくれるものすごいお方なのよ!
渋谷やら六本木やらアメ横やら、若い子の間じゃ、恋愛成就、無病息災、家内安全、
一攫千金、何にでも効くって評判なんだから!」ママ

 どんだけ〜?!
「バッカみたい・・」ニコ(大後寿々花)

 その頃、ロボ(松山ケンイチ)は笑い声に誘われてある学校の中に入っていた。
ガラス越しに見える斧を振り上げる謎の人物・・そして窓ガラスに血がっ!!
「うわ〜〜〜!!〜〜〜〜〜〜ヽ(ヽ゜ロ゜)」逃っ!!

 そして、通学するニコの目の前に首にはにんにく、腕には十字架、
片手には神主さんが持ってる紙垂、もう片方には印籠(オイオイ!)の
ロボの姿が・・「ニコ〜〜助けて〜〜〜」
 んで、2人でマキ(浅丘ルリ子)の所へ。
「では、早速、呪いを解く薬をくださいっ!」(あるかっ、んなもん!)
「呪いを解く方法は・・2人でその高校に入学すること」マキ
「すいません、言ってる意味がビタ一文わかりません!」ロボ

 今回、いつもよりもさらに幼児化してしまっているロボ・・
松ケンマニアにはたまりませんな・・続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第四回

 「おしどり喫茶」が爆破されて「おしり喫茶」になってしまった! 
車の中に「ど」があったため、ロボ(松山ケンイチ)は容疑者として警察に連行されてしまう。

 真境名(浅丘ルリ子)に助けを求めたニコ(大後寿々花)だったが
助ける代わりに「堪忍袋」という名前を使って殺人予告してきた元学生宇佐美(市川実和子)から大学教授を守るようにと条件を出される。
 
 「あら〜ピュアな目・・あんまりきれいだから汚したくなっちゃうわ〜」
いいですね〜これぐらいスパイシーなこと言う大人じゃないと逆に信用できません。

 ニコがロボのためにがんばってるというのに、警察で取調べを受けているロボは・・
「何たらロボの得意技は何なの?」刑事
「MAXアターーック!」
「MAXビーム!」
「MAXボンバー!!・・・はっ!!」遅いよ・・

 真境名のおかげで開放されたロボとニコは大学へ行って教授を護衛しようとするが・・
「何だよ・・子供とバカをよこすとは・・」教授
「バカじゃないです。オタクですうーー」ロボ

 あら〜〜

 実はロボと容疑者の宇佐美は先輩後輩の関係であった。
先輩のために容疑を晴らそうと決意するロボ。
「俺の心には愛と勇気と正義が宿ってるんだ!!」ロボ
「下心は?」ニコ
「ないっ!」
「本当〜は?」
「あるっ!」

 宇佐美は教授のミスのせいで単位を落として留年し、就職も決まらなかったこで、教授を恨んでいた。恨みはまた別の恨みを呼び、恨んだ相手のいる場所を爆破するということを繰り返していた。
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック


続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第三回

 さて、都内では「お歯黒女」が出没し、TVでも話題になっていた。
黄色と黒の縞々スカートをはいて、手にはスコップ、
ネバネバの液をぶつけて、さらって生き埋めにしているそうな・・・
 そんなお歯黒女に襲われて、大切なすき焼き用のお肉を奪われてしまう
ニコ(大後寿々花)の母(片桐はいり)。

 いや〜私も「口裂け女」世代ですからね〜
あの頃は日本中が怯えたもんでした。家の近所のトンネルにも出るって噂があったな〜
確か、口癖は「私ってきれい?」苦手なものはべっこう飴だっけか?

 お金がなくてひもじいロボ(松山ケンイチ)が草を食べていると
お歯黒女が落とした肉をひろってしまう。
迷いながらもすき焼き鍋でお肉だけ食べるロボ。

 意外とちゃんと料理道具揃ってるんだよね・・

 さて、今までは偶然繋がっていた懐古堂のメンバーとニコだったけど、
今回やっと積極的なアプローチが・・・って、弓矢に結び文かよ!
懐古堂へ行ってみると、何故か頭と手に包帯、松葉杖のよっちゃん(岡田義徳)。
「口では言えないぐらいいろんな事がありまして・・・」
キラリと光るマキ(浅丘ルリ子)の目。

 ニコはマキに500万で「お歯黒女」捜索を頼まれる。
断るけど、無理やり100万をもたされて困ったニコはロボに助けを求める。
 ところが、ロボはオタク仲間とお宝品評会の真っ最中で
札束を見せても無視。

 いや〜こんなお仲間がいるなんてロボは幸せですよね。
何か濃いメンバーばっかりだったけど・・・
続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第二回

 さて、今回は、まだ愛だの恋だの「マジめんどくさい」お年頃の二湖(大後寿々花)が
ちょっっぴり大人になるお話でした。

 威一郎(松山ケンイチ)は合コンの準備で忙しい。
友人から「無敵服」(工場長か!)を借りて、美容院で髪も整えて・・と・・
隣に座ったのが二湖。
「今、お姉さんの胸吸おうとしてたでしょ!!」(何と直接的な?!)
「合コンがあるから、モノマネの練習してたの!」と中途半端な田中邦衛のモノマネをする威一郎。

 2人が言い争ってるその時、店にバイクが突っ込んでくる。
乗っていた男は店にあったシャンプーで頭を洗い始める。
何?このシュールな展開・・
「あれ・・?もしかして、ソレ、カラーボールってやつですか?
強盗とかした人・・・(はっ!)、も、もしそうなら、シャンプーとかじゃ落ちないんじゃないですかぁ・・?」威一郎

 二湖から携帯を借りて逃亡する強盗の後藤(村上淳)、
強盗を追いかける二湖、
警察に強盗と間違われて逃げる威一郎の三人の逃避行が始まる。
「ねぇ、恋愛ってこんな感じ?
訳わかんないまま、ある日気がついたら走ってるのかな?」二湖

 しかし、松山さんのダサキュートなファッション・・・
彼だから許されてるって感じですよね。
ぼさぼさの髪型、子供っぽい言動、アニメキャラになりきりポーズ、
泣き虫で口をとんがらしてしまうところ・・
コレやって許されるってかなりなもんですよね〜続きを読む

「セクシーボイスアンドロボ」第一回

 いや〜!一回目からはまってしまいましたよ〜!
哀愁を誘うようなテーマ曲もいいです。
とりあえず、振り返ってみましょう・・

 主人公の林二湖(大後寿々花)は14才の中学生、
 『とにかく問題を起こさないこと、
トラブルになることは避けて通ること、
ヘマをして家にも学校にも居場所をなくした子が、今どうしているのか・・
私たちは知らない。
 私にとって、世界とは家と学校とコンビニでできている。
その中で私はうまくやり過ごす・・
その角を曲がるまで・・・そう思っていた』

 その角を曲がって、二湖は、
男2人(中村獅童&岡田義徳)が激しくもみあい血を流してるのを見てしまう。
その場は逃げるけど気になってしょうがない・・

『テレクラ照蔵 あなたのもやもやをすっきりさせます』の張り紙と
『火星のパワー 若者よ、心の闇に光を!!!
悩みの電話相談受け付けます』の張り紙・・・・
 で、テレクラに電話をする二湖。

 そこで運命の出会いをするのが須藤威一郎(松山ケンイチ)。
テレクラの電話受付から出張までしてたんですね〜
( ↑訂正・・・別にテレクラで働いてなかったですね・・( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ)
大人の女性の声色を使って相談する二湖。
「今日、人が刺されたの見ちゃったの〜
「えっええええーーーー?!!」
「やっぱ人間は猫と違っていいリアクションするな〜」
 たくみに威一郎を誘い出して、現場を確認しにいった2人。
威一郎はお宝もののフィギュアを発見!
一方、二湖は男達が奪い合っていた箱を発見。続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa