トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「白い春」

「白い春」 最終回

 まさか、津田さん以外の刺客が現れるとは・・・・(((゚Д゚;)))
9年前、春男(阿部寛)が800万のために殺した男の息子が復讐に・・・
勘違いして康史(遠藤憲一)を襲った男が、さらに止めを刺そうとした時、
自分の体を盾にして、康史をかばった春男・・・

 そして、春男を刺した後、自分の顔を見た康史をも殺そうとする男にすがりつくのでした。
「こいつは・・・こいつはだめだ・・・・
お前の親父を殺して・・・本当にすいませんでした・・・・
だけど・・・こいつだけは・・こいつだけは助けてやってくんないか・・・
さちの父親なんだよ・・・頼む・・・・頼むから!」

 すぐに病院に運ばれ、手当てを受けた春男だったけど・・・
意識が戻ることはなく・・・康史は最期の時間をさちと過ごさせるのでした。

 「おじさん、起きてよ・・・おじさん・・・私のもう一人のお父さん・・」
「おじさん!お父さん!」春男の手を握り、呼びかけるさちの声は春男に届き・・
春男は、充たされた幸せな気持で逝ったはずです。

 。゚(゚っд´゚)゚。 涙でパソの画面が見えないっ・・・でも、振り返ります・・
春男を泣きながら捜すさちに
「おじさんはね・・・ホントはね・・・ホントはさっちゃんのお父さんなんだよ」栞

 ええっ!!(゚Д゚屮)屮 見てて、思わず声がでちゃったよ!
栞よ・・・まさか言っちまうとは・・・Σ(゚ロ゚」)」
今の若いもんは簡単に一線越えるわ・・・ 続きを読む

「白い春」 第10回

 「おじさんはね・・・おじさんは・・・ホントはね、ホントはさっちゃんの・・」栞

 い〜や!栞ちゃん・・・君にはそれ以上は言えないはずだ。
おじさんに去られて、泣いているさち(大橋のぞみ)と小さい頃の自分が
重なって、
さちがおじさんに嫌われた訳じゃないことを伝えたい衝動にかられた栞(吉高由里子)だったけど、耐えて身を引いた春男の気持もわかるはず・・・
ここはこらえて欲しいぞ・・

 今回も、後半涙ではっきり見えませんでしたが、振り返ってみましょう・・。(。pω-。)

 さちの手術は春男(阿部寛)の必死の願いも通じて、無事成功。
(先生も成功したんなら、あんなにためないですぐに康史たちに伝えてあげて〜!)
 従業員の皆様と喜びを分かち合う康史(遠藤憲一)と佳奈子(白石美帆)。
そっけない態度で迎えた春男だったけど、いつもの神社に康史を連れて行って
感謝を口にするのでした。
「助かってよかった・・・」
「ああ」康史
「金・・・無理したのか?」
「父親として当然の事をしただけだ。約束は守った。文句はないな?」康史
「ああ」

 最初、さちの手術成功に喜ぶふうでもない春男の態度にむっとした康史でしたが、
本音を聞いてほっとしてましたね。
さちのお見舞いに誘っていました。
春男とさちの距離がいちいち気になる康史の複雑な思いが感じられました。続きを読む

「白い春」 第9回

 ε-(・´д`・;)フゥ… 取り合えず、今週も春男は無事だったわ・・
でも、さちの手術が始まりました。
先生もいい人だったし、さちもがんばってくれると思います。
しかし、手術代どうしようかねぇ・・・

 振り返ってみましょう・・・
初めての給料をもらって、ホントはすんごくうれしいくせに
「( ‘д‘)なんだ・・これだけか・・」なんて、悪態をつく春男・・
でも、康史(遠藤憲一)も佳奈子(白石美帆)も、春男(阿部寛)の性質を
すっかり理解して受け入れているようです。

 そして、公園で給料袋を出したり入れたりして、喜びをかみ締める春男・・・
(* ̄∀ ̄*)自然と笑みがこぼれるわぁ〜
そんな春男を冷静に観察して、描いているさち(大橋のぞみ)。

 絵を描くのが大好きなさち・・・
そんなさちのために春男は初任給で、何か買ってあげようと思うんだけど、
画材屋に一人で入ることができない・・・
 栞(吉高由里子)を呼び出して、一緒に店に入って、プレゼントを選んでもらうのでした。
 
 お金を払う時の春男の誇らしげな表情・・・
それだけで、じ〜んときちゃったよぉ・・・
デートだと思ったのに買い物の付き添いとわかって、最初はむくれていた栞も
嬉しそうでしたね〜
続きを読む

「白い春」 第8回

 。(。pω-。) と、とりあえず良かった・・・春男が罪を犯さないで・・
1時間ずっとヒヤヒヤしどうしだったよぉ〜

 でも、一難去って、また一難・・・
何かやくざの幹部に目をつけられたみたいだし、
さちが真理子(紺野まひる)と同じ病に?!
過去に真理子の病気を治すお金を得るため、犯罪を犯した春男・・・
今度は同じ過ちを犯さずにいられるでしょうか・・・

 さて、振り返ってみましょう・・・
さち(大橋のぞみ)がテストで62点取ったことを相談したのに、
父親にチクったことで絶交を言い渡された春男(阿部寛)・・・

 「どうしてくれる?絶交された・・」春男
「俺のせいかよ・・」康史
「もうちょっと言い方考えろよ!」春男
「知るかっ!」康史
「絶交か・・・・・・・・」春男
 春男さん、ショックですっかり仕事にやる気を失ってしまいましたとさ。

 そしてやくざにショバ代を請求されていた栞(吉高由里子)と勇樹(遠藤雄弥)・・
ワッフル屋の売り上げを渡そうと思ったけど、3万ちょいしかたまらないし・・続きを読む

「白い春」 第7回

 うわ〜〜ん!!((ヽ(゚〇゚;)オロオロ(;゚〇゚)ノ)) 来週の春男が心配だよお・・
栞のバカーーー!
何やってくれてんのよぉ!ムショに逆戻りになっちゃうじゃん!!
 って、毎回予告にオロオロさせられてるよ〜

 振り返ってみましょう・・・
パン屋の仕事にも少し慣れてきた春男(阿部寛)・・・
怖い顔は相変わらずですが、仕事はきっちりやっております。
毎日さち(大橋のぞみ)に会えるし、苺のおすそ分けも持ってきてくれます。
「この間のお礼に、一番おっきいのあげるね」
 さちから渡された苺を大切に、味わう春男・・・

 そんなある日、配達途中の恵一(村上剛基)が事故にあったという知らせを受けた康史(遠藤憲一)らが病院へ行っている間にさちが早退してきました。
どうやら熱があるらしい・・・
 他の従業員が寝かせてくれたけど、心配でたまらない春男・・・
康史が住居には上がって欲しくないのは知っていたけど、様子を見に行ってしまいました。

 額に触ろうとしたけどれど、思いとどまった春男・・・
さちのいる部屋に行ってはいけない、でも何かしてあげたい・・・何とか気持を抑えようとした春男でしたが、体が自然に動いてしまったって感じでした。続きを読む

「白い春」 第6回

 ゥヮ━。+゚ヽ(・´Д`・)ノ゚+。━ァァン!!逆上がりで泣けた〜!
自分の娘が逆上がりできても泣かんかったのに〜

 さち(大橋のぞみ)が逆上がりできるように手伝ってあげて、ささやかな満足感を感じた春男(阿部寛)だったけど、「お父さんがせっかく来てくれるから、喜ばせたかったの!」という言葉を聞いて、チクリと胸が痛んだはず・・・

 そして、娘が逆上がりができるようになり、その成長を見届けた父親の嬉しさを感じた康史(遠藤憲一)。
でも、その影には春男の切ない思いがあったんだョ・・

 逆上がりの練習を手伝っている時も『自分の手は穢れている』から、
さちには触れないようにしていた春男だったけど、つい支えてあげようと手を差し出してしまった・・・
自分を責める気持と手伝ってあげたい気持の葛藤があって・・・・・
鞄を使って、直接手で触れないように手伝ってました。
 春男の戸惑いと湧き上がるさちへの思いが阿部ちゃんの手から伝わってきましたわ( ;∀;)

 さて、振り返ってみましょう・・・
今回から第二章になったんかい?
今までのあらすじが流れたけど、さちがパンを持ってきてくれるくだりは何度見ても泣けるわ・・続きを読む

「白い春」 第5回

 イィーーーーーーーー?!(o゚Д゚o)!!!
春男ちゃん、むらかみベーカリーに就職?!
和解成立か?

 ちょっと振り返ってみましょう・・・
ついに写真を発見した春男(阿部寛)は、さちが自分の娘だと知ってしまいました。
「あんの野郎・・・」

 康史(遠藤憲一)を呼び出した春男は「何で隠していた?」と、康史を殴り続けるのでした。
「だいたいオマエ・・真理子に愛されたこともねぇんだろ?
触れたこともねぇんだろぉーーーー?!こんのニセモノ親父が・・!」

 あっ!それを言っちゃ・・・・Σ(|li゜Д゜ノ)ノ

 黙って殴られていた康史ですが、どうしてもコレだけは伝えたい。
「お前は何もわかっちゃいない!!( #゚д゚)=○
真理子がどんな気持でいたか!どんな気持でさちを産んだか!
あのままだったらな、さちは施設に行くしかなかったんだぞ!
真理子が死ぬ時、俺はさちを守るって約束した。
8年間!俺はさちを育ててきた!

 お前が引き取るって言うのか?!
どんな暮らしをさせて、どんな教育が受けさせられるっていうんだよ!お前にっ!
さちは俺の子だ。俺の娘としてりっぱに育てる。
お前に用はない」康
「このやろおおおおおおおーーーーー!!」春男
「お前、人殺しだろお!その手汚れてるんだぞ!
頼むから、さちに会うのやめてくれ・・・もう・・・
そんな手でさちに触って欲しくないんだよ」康
「くっそおおおおおおーーー!!!」

 康史の言うとおりなのです・・・
父親だなんて名乗る気は毛頭なかった春男ですが・・・言われてみて初めて気づいたっていうか・・・続きを読む

「白い春」 第4回

 さて、春男(阿部寛)の存在が暗〜い影となってきつつある康史(遠藤憲一)でしたが・・
さち(大橋のぞみ)から「私のお父さん」という作文を読んでもらって、
じ〜ん・・・( ;∀;)
父親としての喜びをかみ締めておりました。

 しかし『怠け者でずっと一緒に遊んでくれるお父さんよりずっといいと思います』って・・
さちのキャラが時々スパイシーに感じるのは気のせい(「´-ω・)ン??
 ところで、春男がまだちゃんと清掃のお仕事を続けていて、ほっ・・・

 一方、また変なもん押し付けられた勇樹(遠藤雄弥)の借金のせいで、
栞(吉高由里子)は、スーパーでマネキンのお仕事をしておりました(ただし、やる気なし)。
 で、偶然、スーパーでさちと会った栞は、母親の御墓参りに行くというのを小耳にはさみ、春男のためにお墓の場所を聞き出すのでした。

 栞の描いた地図が悪いのか、さちがうまく伝えられなかったのか・・・
お線香を手に持って、ゼイゼイ言いながら迷い続ける春男・・・
もしかして、方向音痴なのか?
 先に霊園に着いていた佳奈子(白石美帆)とさちはそれに気づくんだけど、
とりあえず隠れる佳奈子・・・
でも、見るに見かねたさちが案内して、結局一緒に墓参りすることに。

 「おじさんも一緒にやる?」お掃除用のたわしを渡すさち。
お墓を磨いているうちに、真理子のことを思い出して泣けてくる春男・・・
真理子と過ごした決して戻らない平穏で愛しい日々・・

 わざと桶の水を自分にかけてごまかそうとする春男の姿にもらい泣きっスョ・・
阿部ちゃん・・・どうして毎週泣かせるんだよぉ・・続きを読む

「白い春」 第3回

 さて、春男(阿部寛)はビル清掃の仕事を始めたようですョ〜
ブルーのユニフォームが似合っております。
 控え室では例によって春男がムショ帰りだという情報が漏れてるらしく・・・
怯えて対応する他の従業員のみなさん。

 800万問題に康史(遠藤憲一)は無関係だとやっと納得した春男は
真理子(紺野まひる)の墓の場所を教えて欲しいと電話をかけるんだけど
「病気の真理子を放り出して、刑務所に入ったような男に墓参りなんかして欲しくない!」と拒否されてしまう。
 
 (#`-д-)ちっ・・・
いつもの公園の桜の木の下で、真理子の事を思い出していると・・・
さち(大橋のぞみ)が泣きながらとぼとぼ歩いていくぞ・・・
(「´-ω・)?・・・・
 そっと後をつけるんだけど、枝に躓いてバレちゃった・・・

 大事にしていた母親の写真をいぢめっ子3人衆に取られ、樹の上のほうの葉っぱに
ひっかかっちゃって取れなくなっちゃったらしい。
「取れる?」さち
「取ったらいくらくれる?」春男
 てなやり取りの後、樹に登って、大事なところを強打しつつも取る事に成功。
で・・・写真を見た春男は驚愕したのさ〜
 「お前の父ちゃん、パン屋か?!」

 春男が奥さんだと思っていた佳奈子(白石美帆)は真理子の妹であり、
真理子はさちを産んだ後すぐに亡くなったらしい・・・
「俺と会った事、絶対言うなよ!」

 いやいやいや・・・
阿部ちゃんのびっくり顔が懐かしの「結婚できない男」に出演していたパグ犬の
こつぶちゃんにそっくり!
目が大きいしさ〜続きを読む

「白い春」 第2回

 警察に連れて行かれた春男(阿部寛)は取調べの刑事にふてぶてしい態度を取り続けるが、康史(遠藤憲一)が800万請求された事を黙っててくれたおかげで釈放される。
 んで、その足で早速、店の前に立ってこわ〜〜い顔で睨む春男・・・( ̄´皿` ̄)
そんな春男を神社の境内に誘って話し合おうとする康史。

 春男は「800万恐喝」の事を警察に言わなかったのは康史に後ろめたいことが
あるからだと主張するんだけど、康史は真理子(紺野まひる)が800万持っていたなんて知らないし、開業資金は貯金と信金からの借り入れだったとはっきり言ってたわ〜

 800万が消えた憤りを康史にぶつける春男・・・
康史が、50万を手渡そうとしても「ざけんなあ!!」
「店や家族に何かしたら許さないぞ」康史
「ちっぽけな生活がなそんなに大切か?
あんなちっぽけな店でパン焼いてて幸せなのか?」春男
「あぁ、幸せだ。オマエみたいな人間にはわかんないだろ。
俺達は毎朝4時に起きてパン焼いてるんだ。みんなの代わりに。
しかも、家庭で焼くよりずっと美味しいパンをな。
だからみんな買いに来てくれるんだ。必要としてくれてるんだよ!」

 「( ̄皿 ̄)  お前の店の看板ずいぶん汚れてたぞ。
そんなに大切な店の看板ならちゃんと磨いとけよ。
やくざでも看板はちゃんと磨いてるぞ」
 あらあら・・・康史さん、目を伏せちゃったョ。

 街の人たちに必要とされ、一生懸命働く場のある康史に比べて、なんもない春男・・
康史に嫌がらせをすることを生きがいにしたみたいです。

 「パン屋めぇ〜〜〜今に見てろ」
って、重たいバス停を引きずってむらかみベーカリーの扉の前に?
ちっちぇえ・・・ちっちぇえぞ・・・春男・・・続きを読む

「白い春」 第1回

 いや〜阿部ちゃんのすさみっぷりがすごかった・・・
でも、無骨な中にも純粋な部分が感じられて、憎めない感じ・・・
天使の羽ってのはやりすぎだと思うけど〜
いろんなアクが身にまといついちゃってる春男・・・すっきりさっぱりする時が来るのでしょうか?
 HPはこちら。

 9年前、やくざの佐倉春男(阿部寛)は高村真理子(紺野まひる)という女性と暮らしていた。
病気の真理子のためにやくざから足を洗おうと考えていた春男だったんだけど、
真理子の治療費を得るために、800万の報酬で敵対する組の山倉という男の殺害を引き受け、それで9年のムショ暮らしをすることになっちゃったのよね・・

 春男の思い出の中の真理子さんは優しくてほわ〜っとした感じで、
やくざの男と付き合うような激しい雰囲気ではないのよね・・
コワモテの春男の外見や口調に惑わされず、春男の本質を見ていたんでしょうね。
そんな真理子のことを春男も本気で思っていたようで・・・
拘置所に会いに来た真理子にわざと悪態をついて別れるのでした。
 (ノω・、)うぅ・・男だねぇ・・

 しかし、組の人に春男が足を洗いたいって頼んだ時のボコりぐあいが、
血をゲホッ!!って、マジ怖かったわ〜
あと、春男のやくざ時代のファッションがリアルっぽくて笑えたわ〜
一昔前のプロ野球選手の休日って感じで・・・(-c_,-。)
 
 さて、春男は労働報酬の38万を持って9年ぶりにシャバへ・・・
早速、食堂へ入ってビール、刺身定食、カツ丼、天ぷら定食を頼んでましたわ〜
ビールの飲み方がいかにも久し振りって感じでえがったわ〜!続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa