トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「君たちに明日はない」

「君たちに明日はない」 最終回 人にやさしく

 いや〜5回までは、いろいろ細かいアレもありましたが、いい最終回だったんじゃないですか〜?
それぞれの登場人物たちの最後の決断もちゃんと見せてくれたし、
「リストラされた人間に明日はあるのか」という問いに、しっかりと答えてくれた
最終回だったと思います。

 真介(坂口憲二)は、ホームレスになってしまった平山(村田雄浩)と再会・・・
ラーメン屋で若い店長に怒鳴られながら働くのに耐えられず辞めた彼は
PCの株の投資で退職金を失ってしまったそうな・・
「もう終ってるよな・・・俺の人生」

 まぁ、彼がホームレスにまでなったのはリストラだけのせいではなく、
彼自身の生き方が大きいとは思いますが・・・
リストラが明日を奪うきっかけになったことに責任を感じた真介は、
高橋社長(堺正章)に「リストラされた人間の人材活用」を提案するのさ・・

 って、ドンドの社長と高橋が会ってるとこにおじゃまするのはいかがなものか・・
トップ同士の話し合いの場で細かい事を一社員が話すのはマズイんじゃ・・
緒方のすばらしさを訴えたかったんだろうけど、あの状況では自分の判断の正当性を伝えようとしていると思われてもしかたないぞ・・

 一方、陽子(田中美佐子)は石綿(前田吟)に建材協会会長相川(夏八木勲)と引き合わされ、
石渡の後任となる事務局長をやってみないかと誘われる。
あまりの大役に自分では勤まらないと断ろうとする陽子に相川会長は
「人に対する評価は自分で下すものじゃない。他人が下すものですよ」と説得するのでした。
Tomorrow Waltz(初回生産限定盤)(DVD付)いい曲だったね〜
続きを読む

「君たちに明日はない」 第5回 オモチャの男

 ついに真介が決意したようですね〜
リストラするだけでなく、その人の再スタートとなるような就職の世話をする場を作ることを高橋に提案するつもりみたいです。

 さて、ラーメン屋で平山(村田雄浩)を見かけた真介(坂口憲二)と陽子(田中美佐子)は、
そろ〜っと逃げ出そうとしたんだけど、バレちゃって・・・
「なんで・・お前が・・?」平山
「・・・こんばんわ・・・」真介
「・・・ごぶさたしてます・・・」陽子
お互い気まずいわ〜(´д`;)2人して逃走・・・
 その後、陽子が訪ねた時には辞めたあとだったし・・・

 陽子は就活もいまいちうまくいかないんで、故郷の鹿児島で、一休みすることに。
それを聞いた真介は、この機会を逃さずプロポーズしようかと思うんだけど、
隆志(北村有起哉)に制されてたわ〜
 今の仕事から足を洗って、ついでに鹿児島に付いていこうと?
ある意味、すごいけど・・・
続きを読む

「君たちに明日はない」 第4回 旧友

 さて、公衆の面前で真介を殴り続けた平山は警官に連れて行かれ、
真介も事情聴取のため警察へ。
一部始終を見ていた陽子は、あら〜〜という顔で見送るしかありませんでした。

 真介(坂口憲二)はやっぱり告訴しないそうです。
リストラした相手の痛みを少しでも受け入れたいってアレなのかね・・・

 平山(村田雄浩)は再就職活動もうまくいかず、奥さんとも離婚したらしい・・
辞表届けを出し、会社と決別した陽子(田中美佐子)は、真介に複雑な胸のうちを明かすのでした。
「さっきの平山さんを見たらなんだか怖くなってきちゃったなぁ・・
あれがひとつの現実なんだよね。特別でも何でもない、よくあるひとつの現実」

 今回、ヒューマンリアクト社がリストラするのは、帝都銀行とあかつき銀行が合併してできた
日本一のメガバンクわかば銀行の為替電信部。
合併によって生まれた余剰人員のたまり場らしい。

 そして、真介が面接担当する社員の中にかつての高校の同級生池田昌男(青木崇高)がいたのさ〜
真介はかつて帝都銀行にいた隆志(北村有起哉)に名前を伏せた池田の資料を渡し、
バンカーとしての能力を評価して欲しいと頼みました。
隆志はすぐに池田だって気付いたけどね。
 
 隆志の評価は『池田はハンパなく優秀なバンカー』
真介はそんな優秀な男を飼い殺しにするような会社のやり方に腹を立て、
彼を再生させるために、リストラ面接で絶対に落すと決意するのでした。  続きを読む

「君たちに明日はない」 第3回 二億円の女

 う〜ん・・・何だか変なの・・・
「逆金」社員を辞めさせたくないなら、会社の評価をきちんと伝えればいいんじゃないの?
個人面接なんだからさぁ・・相手だってそんな他の社員にペラペラしゃべんないでしょ・・
それとも、それをバラさずに残させるのが面接官の腕なのかい?

 それと、深刻すぎる内容になっちゃアレだからなのかもしれないけど、
陽子との恋愛をもうひとつの軸にしたことによって、本来のリストラ面接官としての
真介を描きにくくなってるんじゃ・・?って気も・・

 さて、久保田利伸のコンサートに遅刻した真介(坂口憲二)は、
会場から出てきた陽子(田中美佐子)に交際を申し込んでる最中に倒れてしまう。
で、ストレスと過労が原因と知り、ちょっと同情した陽子は真介を置いて帰ることができず
病院で眠り続ける真介に一晩中付き添っておりました。
 感謝しつつも、また調子に乗って手を握る真介・・・(;´∀`)ァリャリャ
土気色の顔になりながらも「お礼」を理由に次のデートに繋ごうとしております。

 そして、リストラ請負人の日々は続く・・
今回のヒューマンリアクト社のクライアントは、東証一部上場、首都圏と全国の六大都市に11の支店を構える規模・売り上げ高共に最大手のマウンテン百貨店。

 不況対策に乗り遅れた結果、そのツケは社員に回され、この度のリストラになったらしい。
面接するのは、新宿本店外商部の社員およそ100名。

 真介が担当する社員の中には「逆金」のエリート社員倉橋なぎさ(内山理名)の
ファイルもあった。続きを読む

「君たちに明日はない」 第2回 去り行く者

 さて、陽子(田中美佐子)と会った真介(坂口憲二)は、楽しくお食事・・・
その後、絶対オフレコってことで森松ハウスのリストラ進行状況が伝えられました。
 
 現在、森松ハウスから依頼のあった退職者人数はクリアしているんだけど、
請負側としては、これからも継続してその数を増やしていく方針らしい。
 ここで、真介から『特○』『逆金』などのワードが・・・
『特○』は絶対辞めてほしい人ですよね・・
『逆金』は、絶対に辞めてもらっちゃ困る、会社にとって大変必要とされている人。

 で、問題の『GP』は『Gray Position』。
真介は、「どちらかというと辞めなくていい人」の意味だと説明してましたが、コレほんと?
それなら、陽子は別にショック受けないんじゃないの・・?( ̄ー ̄?)

 で、真介は陽子が『GP』であることを明かし、会社側としては退社の意志のないGPは候補者リストからはずすつもりであることを伝えました。
つまり、陽子のリストラは無くなったってこと。
何だか納得がいかないながらも、ほっとした陽子・・・

 いや〜コレ、真介が陽子を辞めさせないために時間稼ぎしてるだけなんじゃ・・
疑り深いかい?
退職者人数がある程度いけば、会社側もそれ以上深追いしないだろうし、
その時点で陽子のリストラを見逃してくれるかも・・っていうアレなんじゃ・・

 で、その後、食事代のお返しを気にする陽子にいきなりチューだよ。
「お返し・・・と言う事で」真介

 あれあれ〜・・・真介って、もっと真面目さんかと思ってたのに、
エレベーターってシチュエーションに弱いのかな?
順子(麻生祐未)の時もそうだったしなぁ・・・
 澄まして去っていこうとする真介に陽子から思いっきりパンチが・・
「リストラ面接官が何ぼのもんよ!
立場利用したつもりかもしんないけど、こっちはそんなのへでもないのよっ!!」続きを読む

「君たちに明日はない」 第1回 怒る女

 なんか、期待できそうな感じじゃないですか〜?
おもしろかったですョ・・・
HPはこちら

 村上真介(坂口憲二)は、週刊誌に『血も涙もないリストラ請負会社』と書かれるヒューマン・リアクト社の敏腕社員。
HPによると、村上も以前務めていた会社からリストラされた後、そのドライな仕事ぶりを評価され社長にスカウトされ、この会社に来たらしい・・
 その確実な仕事ぶりのせいか、恨みを買うことも多いようで・・・
オープニングで出勤前に、以前リストラ面接をした男になぐられてたぞ・・・

 でも、社内ではよくあることらしい・・・
社長(堺正章)は、告訴の費用は会社持ちなんだからって、普通に告訴を勧めてましたが、村上だけは告訴したことないんだって・・・

 そのヒューマン・リアクト社の次のクライアントは建材メーカー『森松ハウス』。
依頼は営業部門での200名のリストラ。
クライアントが選んだ候補者は255名。
 それぞれ社長によって割り当てられた社員たちのチェックをして面接に備えております。

 そして、ヒューマン・リアクト社の介入を知った森本ハウスの戦々恐々とした社員たちの様子も描かれます。
ヒューマン・リアクト社の記事が載っている雑誌を読みながら青ざめております。
 その一人、課長代理の芹沢陽子(46才)(田中美佐子)と真介との関わりを軸にして
様々なパターンのリストラ面接が描かれるようです。 続きを読む
最新コメント   
記事検索
最新トラックバック
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa