トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「ジョーカー 許されざる捜査官」

「ジョーカー 許されざる捜査官」 特別編 伊達、最初の事件

 にゃるほどね〜伊達のラーメンには、そげな意味があったのか〜(´・∀・`)
自分が裁いた影で泣いている人もいるという事を忘れないために、
本当に裁くべき人間なのか・・
それでも、自分は裁くのか?と問いかけながら、
そして、その罪を背負って生きていくという決意・・・

 って、これじゃ美味しくないじゃん・・・(;´∀`)
いや、伊達ちゃんはもはやラーメンに味なんて求めてませんよね・・
ラーメンであって、ラーメンではない。
『神隠し』に向かう前の避けては通れない儀式ですもんね。
 でも、奥さん、伊達の顔見る度に、行方不明の夫の事を思い出してアレなんじゃ・・

 てか、伊達(堺雅人)の最初の事件って、両親を殺した灘木(斎藤歩)じゃないのぉ〜?
アレはカウントされんのかい?まぁ、いい。
コレが『伊達最初の事件』だと言うのなら、付き合おうじゃないか。

 伊達に成敗されたのは、暴力団との癒着を小耳に挟んだ運の悪いピザ屋を殺した神奈川県警の中崎刑事(鶴見辰吾)。
(しかし、暴力団事務所で発砲があれば、すぐに派出所の警官とか飛んでこないのかね・・?
相変わらず、雑だわ・・・殺さなくてもいい場面で殺しちゃうっていうか・・)

 3年前、この頃の伊達ちゃんには、まだ迷いがあった。
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)フジテレビ系ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」オリジナル・サウンドトラック
続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 最終回 神隠し・・・解き明かされる謎 黒幕は?衝撃の結末

 (。-`ω´-)・・・いい最終回だったんじゃないですか〜
ここにくるまで描き方に雑な部分も結構ありましたが、常に根幹となるを伊達という男にブレはなかった。
毎週『神隠し』に関わる伊達を見つめながら、人が人を裁くとはどういうことなのか、
犯罪被害者の遺族の救いとは何なのかを考えさせられました。

 やはり夏樹(丸山智己)と冴子(りょう)を殺害し、久遠(錦戸亮)を刺したのはマスター(大杉漣)・・・
すべては『神隠し』を守るためでした。

 妻子を殺した犯人が証拠不十分で釈放され時効が成立した後、警察OBメンバーから招集された三上は、裏の警察組織『JOKER』の執行者として選ばれたそうな・・

そして、『神隠し』一人目として、その犯人を私設刑務所送りにしたのよ。
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)フジテレビ系ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」オリジナル・サウンドトラック続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第9回 時効・・・真実に怒りの裁き!

 ( ̄Д ̄ )やっぱり、マスターなの?
久遠ちゃん、真実を知って、最初に伊達ちゃんに電話をかけてたもんね・・・
井筒課長だったら、もっと態度違うような・・
 それに、『神かくし』休むってマスターに連絡入れてたし・・・
なんてこった・・・伊達ちゃんの衝撃を思うと心が痛むぜ・・・
でも、薄々わかってたんじゃ・・・って気もするけど。

 今回、神かくしの裁きを受けたのは20年前に教え子の小原美咲(森口彩乃)を殺害した鈴川孝太(佐野史郎)。
 5年前に時効が成立した『バラバラ殺害事件』なんだけど、母親の節子(梅沢昌代)が新たな証拠として、娘が書いた手紙を持ってきて、もう一度捜査して欲しいと現れたのさ〜

 その事件は殺された冴子(りょう)が担当した事件で唯一迷宮入りになったもので、冴子はずっとホシをあげられなかったことを悔やんでいたそうな。
弔いの意味も込めて再捜査を始める伊達(堺雅人)。

 で、浮かび上がったのが手紙に出てきた『S先生』こと鈴川。
自分の血を使って描いたという絵に付着していた血液と犯人のものを照合してみたら一致。
美咲と付き合っていたという事実もあり、犯人と断定できたんだけど、
時効が成立しているため、不起訴処分と決定。

 久しぶりに憎たらしい犯人だったわ・・・
人を殺したのに、時効を盾に開き直るあの態度・・・
しかも、結婚を迫られたから殺したとか供述していたけど、ヌードモデルの写真を元に脅迫していた事実を公表すると言われて、口封じのために殺害したことが判明。
 「せめて娘に謝って欲しい」と頼む母親にも無慈悲に対応し、ケガを負わせた。

 鈴川に対する伊達ちゃんの怒りはラーメンのスープもすべて飲み干してしまうほど激しかったのよ・・・
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)フジテレビ系ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」オリジナル・サウンドトラック続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第8回 衝撃の死・・・伊達最大の危機

 やはり冴子(りょう)は殺されちまったか・・・(-ω-;)
しかし、死ぬとわかってるなら、伊達に犯人の名前教えりゃいいじゃん・・・
「知らないほうがいい・・」って、知らなきゃ伊達ちゃんだって危ないよ。
あすか(杏)にはDVD渡してたけど、そっちはいいんかい?
まぁ、冴子は、伊達が神かくしやってるってしらないからな〜

 わたしゃ、ここにきてマスターが怪しさナンバー1だよ。
3年前、伊達(堺雅人)の両親を殺した男が現れ、法の裁きを逃れて刑事をしていることで伊達を恐喝。
 それを知ったマスター(大杉漣)は、5年前から噂になっている『神かくし』を行ってるのは自分だと伝え、伊達も仲間に加わるよう言ったのよ。

 何でマスターは伊達を仲間にしたんだろ・・・
何かをごまかそうとしているような雰囲気も感じられるんだよな〜
もう罪を償うことはできないから、犯罪者たちを裁く役目を与えることによって
少しでも伊達の救いになれば・・って思ったのかな〜?
 でも、犯罪者とはいえ人を裁く痛みを背負い続けるのと、自首して自分の罪とだけ向きあうのとどっちがいいんだろう・・・って気もするが・・・
伊達は、より厳しい道を選んだってことなのかな・・

 「俺がやっていることは正義だとはいわない。
人は人を裁けない。だが、それでも裁かなきゃいけない現実がある。
その重みもわからず、人の命を奪うお前のやり方は間違ってる。
それは罰することにはならない」伊達

 伊達とマスターが罪を逃れた犯罪者たちを殺さずにどこかに幽閉しているのは、
奴らに犯した罪と向きあわせ、罪の深さを思い知らせるため。
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)フジテレビ系ドラマ「ジョーカー 許されざる捜査官」オリジナル・サウンドトラック続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第7回 模倣犯現る・・・間違った正義

 伊達ちゃん、危機一髪!!
って、予告で、負傷はしてはいたけど、生きていたからいいけどさぁ・・
久遠もやられちゃってたし・・・
来週、挽回のチャンスあるのか・・・?

 井筒課長(鹿賀丈史)の机を探っていたあすか(杏)もな〜
あれじゃ、誰かが中を見たっての丸分かりな荒らしかたじゃん・・・
危なすぎる・・・

 課長が、マスター(大杉漣)のお店に来たから、何か新展開あるかちら・・と思ったんだけど、
アリバイを証明する偽造書類を持ってきただけだった・・・・┐( -"-)┌

 夏樹(丸山智己)殺害の実行犯じゃないのかも〜って思ったけど、やっぱりやったの課長なのかな〜?
課長も誰かの指示で動いてるんだろうけど・・・
片桐(りょう)に「あいつは俺が殺した」って言ってたけど、たとえなのかリアルに殺してるのか・・わからんな〜

 さて、今回『神かくし』チームが対決することになったのは『神かくし』もどきチーム。
今のところわかってるメンバーは港北西署刑事課巡査部長の日向(忍成修吾)と港北西署刑事課の吉住(飯田基祐)。

 日向は吉住のこと『兄さん』って呼んでたけど、兄弟?
それとも違う意味の兄さん?

 模倣犯を気取ってたようだけど、幼稚だったわ。
その場で銃でバンバン撃っちゃうし、殺した後に『悪人に制裁を』という置き手紙まで・・・
伊達(堺雅人)に「僕とあなたは同じだ」って言ってたけど、全く違うぞ。
伊達様はギリギリまで法の裁きを受けさせるために全力を尽くして捜査するけど、
日向ときたら、容疑者ってだけで殺す気満々・・・

 初対面で、夫(遠藤要)を殺された美代子(尾野真千子)に「(犯人を)殺したいですか?」って聞くし・・・常に殺したいモード全開。
『神かくし』ってのは後付で、本当は思いっきり銃で人を殺したいだけ。
『デクスター』も同じ感じではあるけど、きっちり調べ上げてから成敗するぞ。
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第6回 子供の虐待・・・救えない命・・

 先生〜!久遠君が、いつもいつも団体行動を乱してま〜す!
このままじゃ『神隠し』のことがバレちゃうと思いまーす!

 って、もうバレてるか・・・
取調べ室の会話もビデオで撮られてるし〜
あの場面見ながら、( ゚Д゚)余計な事喋んなよ〜って思ってたら、案の定
「裁いてくれ」とか言い出すし・・・
 勝手に文弥(渡邉甚平)のお父ちゃん(高杉亘)島流しにしようとするしぃ〜
あんな目立つ場所でモチャモチャしてたら、目撃されるっつーの!

 『裁き』は私怨から動いちゃダメでしょうが〜!
あくまで最後の最後まで法で裁けないか熟考の末、行なわんと・・・
私、個人的にはこんな鬼畜な親やっちまえ・・って思ったけどさ・・
最期まで父親は立ち直ってくれる、暴力を止めて優しい父親に戻ってくれると
信じ続けた子供の心を無視した父親・・・こんな奴、人間じゃないよ。
でも、それと『神隠し』とは別ザンス・・・

 町の自警団の地道な活動で捕まった窃盗団の一人が、父親が文弥を突き落とす場面を見たと証言して良かったよ・・・
でも、久遠(錦戸亮)の虐待をした父親を抹殺したいという衝動は止まらない。
銃を向け続ける久遠に伊達ちゃん(堺雅人)は言ったよ・・・

 「それは君が決めることではない。
法で裁ける人間は法で償わせるんだ。
俺たちがやってるのは復讐じゃない。
文弥君は抜けだそうとしていたんだ、ただ耐えるだけの日々から。
今度は君が抜けだすんだ。
君が闇に葬るのはその男じゃない。過去の自分だ」
GOOD TIMES(初回盤)(DVD付)続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第5回 金の亡者・・女弁護士の非情

「どうしてあなたが・・・」
宮城夏樹の身近な人物で「お前」じゃなくて「あなた」と呼ぶ相手と言えば・・
やはり井筒課長(鹿賀丈史)なのか〜い?
片桐(りょう)のことも牽制してたし・・・

 今回は伊達ちゃん(堺雅人)の手品がなくてがっかり・・・
唐突にやめないで欲しいわ・・
さて、今回の堺様萌えポイントは・・・

・三半規管の弱い伊達
・金庫を開けようとするも、すぐに「無理でした」とギブアップする伊達。
・柿原沙世にバッグで思いっきり顔を殴られ、あすか(杏)には突き飛ばされる伊達。
「いった〜〜い・・・」って・・・(^∇^)いや〜ん・・私も突き飛ばしたくなるわ〜
・ラスト近くの氷川弁護士(鈴木砂羽)に向ける静かに殺意を込めたまなざし。
・捜査中は「氷川さん」って言ってたのに、仕置の時は「オマエ」と呼ぶ伊達。
・やっぱり銃を撃つ時の冷徹なお顔。
・そして、撃った後、『クライングフリーマン』のように悲しいお顔になる伊達。

 あぁ・・・やっぱり撃った後、マント翻したりして欲しいなぁ・・・
ステッキも持って欲しいぞ。
ついでに赤い薔薇とか飛ばして〜
で、服装もタキシードにして欲しいにゃ〜
それか白衣・・・
 あと、麻酔銃じゃなくて、投げナイフ(刃先に睡眠薬塗って)とかにしてくれてもいいかも。

 って、まるっきり別の話になっちゃいますよね・・・(´∀`;)
続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第4回 無差別殺人に隠されたナゾ

 ま、まさか倉田君がこんな子だったとは・・・
( ゚Д゚)これじゃ、いずみはやれないわっ!
って・・「俺が精神鑑定で心神喪失装えたと思ってんのか?」というあの最後の言葉は?

 やはり警察上層部に『神隠し』の協力者がいるってことか?
更生不可能だったり、有罪を立証できなさそうな凶悪犯罪者の裁判はチャッチャと片付けて、あとは『神隠し』レールに乗せるってアレがあるとか・・
そうなると、やはり井筒課長(鹿賀丈史)も怪しいよねぇ・・・(o・ω・o)

 エンディングで個室的な牢屋に閉じ込めてたのは、久遠の脳内イメージじゃなくて実際の話なのかい?
ガッチリ鍵かけてるだろうけど、叫び声とかも漏れないのかい?
やっぱりどこか孤島か、あるいは舟に乗せてぐるぐる回った後、都内の秘密の地下牢屋(地下鉄のさらに下とか)みたいなとこに入れてたりして・・・

 それにしても甲本さんの顔、毎週どっかで見てるような気がするけど、
もちろん錯覚ですよね・・
今回、もしかして椎名が犯人と見せかけて、実は甲本さんが娘を殺してたんじゃ?って一瞬でも疑った私を許して?(; ̄□ ̄A

 今回、『神隠し』の裁きを受けたのは、11人を死傷させた無差別殺人犯・椎名高弘(窪田正孝)。
この度、心神喪失が認められ、無罪の判決が下ったのさ〜
 
 でも、事件の記録を調べた久遠(錦戸亮)が、被害者の一人、女子高生の桃子(金澤美穂)だけが3回刺されていることに気づき、桃子を狙っていたとしたら、心神喪失は偽装なのではと指摘。
 伊達ちゃん(堺雅人)は、休暇をとって事件を調べ直すことにしました。

続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第3回 偽装されたストーカー殺人

 やはり、マスター(大杉漣)もお仲間か・・・
てか、そもそも始めたのはマスターなのか?
暴走する久遠(錦戸亮)には、ヒヤヒヤしたけど、これから3人体制で裁きを行うのね・・

 で、罪人達は伊達らによって『終身刑』に服させられてるみたいだけど、島流しか?
東京近辺に、そげな島が( ̄ー ̄?).....?
アルカトラズみたいなん?
伊達たちが個人で所有できるとも思えないから、となると、やはり国家上層部の特命とか受けてんのかね?
でも、使命感って感じじゃなくて個人的な感情で動いてるふうだったからな〜
マスターの退職金で罪人たちを閉じ込める場所作ったのかな〜
 
 ところで、今回、堺様のキュートさが強調されてたような・・(。-_-。)
いつもの堺様のキラースマイル連発!
さらに、あのぽてぽてと走る姿!
そして、マジックでお花を出した時の照れたようなお顔!
メールを覗き込む時のとぼけた表情・・
それだけで満足かも・・(おいおい!)

 でも、伊達ってそんな手品キャラだっけ?
来週の予告見たら、口からトランプだしてたし(*^m^)o==3
何か楽しみだぞ。
私的には、このドラマ、いろんな意味でおもしろみを感じてきましたわ〜

続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第2回 保険金殺人に隠されたワナ

 ちょっとおもしろくなってきたんじゃないですか〜?(´゚∀゚`)
久遠(錦戸亮)も仲間になるみたいだし・・・
あぁ・・私も堺様に「お前に明日は来ない!」って言われたいぞ(←ヤバイか?)

 今回、伊達のターゲットとなった罪人は、老人ホームの経営者春日恒夫(鈴木浩介)。
春日は医師の羽鳥(東根作寿英)と共謀し(って、全部春日の指示なんだけどさ)、インフルエンザ予防接種と偽り、睡眠導入剤的な薬剤(検死でも反応が出ない系)を注射し、眠っている間に入居者9名+従業員を焼死させたのさ〜

 そのうちの一人、出火原因を作ったことにされた高原スズエさんは羽鳥と医療ミス問題で揉めており、春日は死亡した9名のうち5人分の保険金(約1億)を受け取ることになっていた。
2人の利害が一致した訳やね。

 井筒課長(鹿賀丈史)や来栖(平山浩行)は事故として処理しようとするんだけど、
今回、伊達と宮城(杏)は粘ったよ。

 久遠(錦戸亮)の協力で羽鳥の部屋に盗聴器をしかけ、共犯者との会話を録音したテープを宮城(杏)は、証拠として羽鳥に突きつけるんだけど、羽鳥は火災は自分の犯行だという遺書を残して自殺してしまう。
 違法捜査である盗聴がバレるのを恐れた井筒課長は、春日が犯行の指示をしたという証明はできないと判断し、被疑者死亡で羽鳥を書類送検する。

 その後、久遠が撮った羽鳥と春日の会話から、春日の犯行の証拠となるメモの存在を知るんだけど、どこにあるんだか・・・
その映像も盗撮映像だから証拠能力はなく、春日の自白に頼るしかない状況だったのよ〜
続きを読む

「ジョーカー 許されざる捜査官」 第1回 二つの顔をもつ刑事・・・凶悪な真犯人を闇で裁く

 (  ̄〜 ̄;)ウーン…ちょっとセンチメンタルな『デクスター』みたい。
おもしろくないことはないけどね・・・堺様好きだし。

 さて、堺様演じる伊達一義は、複雑な過去を持っているようです。
(って、私、一義と言えば、タモリを思い浮かべてしまうわ〜(´Д`ι))
どんな理由かはわからんけど、目の前で両親を殺され、実行した男を殺したようで・・・
その悪夢にずっと苦しめられているのね。
 普段は『仏の伊達さん』と呼ばれて、部下の・・・と思ったら同僚の来栖(平山浩行)にアゴで使われてるんだけど、裏では法では裁く事のできない犯罪者を抹殺しているようです。
 使命感と言うよりも、両親を殺され、その男を自分が殺したという記憶に動かされているような・・

 それにしても永嶋よ、偉くなったもんじゃのう・・
堺様にナメた態度を・・・・(*`益´*)
でも、HP見ると同期で同じ35歳って設定なのね。
頼りにならない伊達の代わりに、現場の指揮を執ってるらしい。

 って、伊達さんって、この第一回を見る限りじゃ、かなり優秀な刑事じゃないですか〜
自分の捜査法も確立されてる感じだし、目の付け所も確かだよね。
ただマイペースなところがあるみたいだから、上司としてはちょっとアレなのかしら・・

 7歳の男児が銃殺される事件が起こる。
鑑識課の久遠健志(錦戸亮)によると、改造銃による犯行で、犯人は銃の威力を試すために泣叫ぶ子供を何度も撃ったらしい。
 すぐに木内(細田よしひこ)という男が、改造銃を作ったのは自分だと出頭し
子供を撃ったのは、高校の時自分をいじめていた新垣という男だと供述した。

 しかし、彼の供述に不審な点があることに気付いた伊達は、ここ何ヶ月か連続して改造銃で動物を撃ち殺す事件が起きていることを知り合いのルポライター片桐(りょう)に調べさせていた。 
 続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa