トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「アグリー・ベティ」 シーズン3

「アグリー・ベティ 3」 第24回 転落 (シーズン3 最終回)

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)はヘンリーとキスしたことに罪の意識を感じ、
マットにその事を話そうとするんだけど、なかなか勇気がでない・・・

 さて、出版界の賞・MAMA(ママ)アワードの優秀ファッション特集号部門に
『モード』の「ブライダル特集号」がノミネートされ、編集部は一気に華やかムードに・・
ダニエル(エリック・メビウス)と連名なのはシャクに触るけどウィルミナも喜んでおります。

 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は、上級副社長となったクレアを
追い落とすために、過去に彼女がカルと付き合っていて妊娠した情報を元に脅すのでした。
 妊娠発覚後、クレアは、その事はカルにも告げずに中絶手術を受けたそうな・・
ウィルミナは、その情報をカルに知らせない代わりに、上級副社長の地位から降り、
今後一切『モード』の編集には口を出すなという要求を出しました。
 さらに辞任を、MAMA(ママ)アワードの授賞式で発表しろと言い出しましたぞ・・

「私、これまでは、誰にでも人間性のかけらぐらいはあると信じてたわ。
根っからの悪人なんて一人もいないと思ってた。でも、現実にいるのね」クレア
「嬉しい事言ってくれるじゃない・・」ウィルミナ 

 この闘い・・五分と五分だわね・・・
どちらもしぶとそう・・・(  ̄〜 ̄;)続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第23回 ずっと忘れない

 なんだか最終回が近づいて、例によって急激に怒涛の展開になってきたね〜
また、えええ〜?!ってとこで終るんだろうなぁ・・・

 さて、結婚式の夜に倒れたモリーは、すぐに入院治療をしたおかげで、
何とか1週間で退院できました。
このことで、プレイボーイだったダニエル(エリック・メビウス)が
モリーを一筋に愛していることが知れ渡り、世間ではダニエル株が急上昇・・・
当のダニエルは困惑し、モリーへの精神的な影響を心配しております・・・
 モリーへの関心も高まり、ハートリー氏は広告を出す球場の始球式にモリーを
出したいと言って来たけど、ダニエルが代わりを申し出ましたわ・・

 クレア(ジュディス・ライト)が上級副社長に任命されるし、ダニエルの人気はうなぎのぼり・・・
おまけに『モード』の表紙にまでクレアにダメ出しをされるなんて・・
ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は怒りと屈辱がおさまらないようです。

「なぜカルは、クレアにあんな権限を持たせたの?
絶対何かあるわ。2人の繋がりを探り出して、引き裂かないと」ウ
そんな相談をマーク(マイケル・ユーリー)としていると、カルを訪ねてきた
ビクトリア(マットのお母さん)を見て、クレアの表情が固まったのを目撃・・・
「元奥さんとクレアはどう見ても敵どうしよ・・・使えそうだわ( ̄∀ ̄)」ウ

 画家修業をしているマット(ダニエル・エリック・ゴールド)とベティ(アメリカ・フェレーラ)は順調。
マットから一緒に暮らしたいと言われましたわ〜
家族に相談をしてから返事をするってことにしたんだけど、最大の難関と思われたイグナシオがなぜか賛成してくれて、あっさりと決まったようです。
「お互い大人じゃないか。わかってるよ、娘たちにだって自分の人生がある。
だが、一緒に暮らすなら、結婚が先だがね・・・」イグナシオ
アイ・トゥ・ザ・テレスコープアグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK
テーマ曲の『Suddenly I See』収録
続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第22回 2つのプロポーズ

 ミード社では年に一度の勤務評定の日がやってまいりました。
ベティもマークもエディターへの昇格を願い出ようと、張り切って出勤しましたぞ・・
上司からの2人への評価はもちろん合格・・
んが、ハートリー氏が投資契約時に「昇格停止」という条件を出したため、
誰かが辞めて空きポストが出ない限り、昇格はないそうな・・・
(ll�禧ェ�禧)・・・(�禧д�禧ll)・・・ガーーーン・・・うなだれる2人。

 こうなったらYETI(イエティ)に賭けるしかない。
なのに出版業界も不況のあおりをくらい、新規採用を控える傾向にあるらしい。
イエティから面接を受けられるのは、卒業制作で優勝したチームの3名だけと発表されました。
 道は険しい・・・

 イエティに入りさえすれば、エディターの道が拓けると思ったのにね・・・
ベティとマーク、マットの3人で力を合わせて優勝するしかない!
で、抽選で決まった『音楽』と『物理化学』をテーマにした雑誌のコンセプトを話し合うんだけど、
な〜んかマットが集中していない。
 イエティにもいつも遅刻してくるし、マークは彼をチームから外すべきでは?と言ってきたぞ。

 そして、『モード』では「ブライダル特集号」のミーティングに突然現れたハートリー氏が見開きページのドレスについて口を出し始めたもんだから、ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は困惑・・・
 さらに、犬猿の仲のクレア(ジュディス・ライト)に手伝うよう命じたもんだから、
大荒れになりそうな雰囲気にマーク(マイケル・ユーリー)は(゚□゚;ノ)ノビクビク・・

 プロポーズのきっかけを捜していたダニエル(エリック・メビウス)は、
やモリーが机の上に置いてあったブライダル特集の記事をダニエルのプロポーズと
勘違いして大喜びする姿を見て、やっと決心できたようです。
 病気の女性と結婚することによってダニエルが傷つくのを恐れていたクレアでしたが
ダニエルのモリーへの深い愛情を知り、自分の指から指輪を抜いてダニエルに握らせました。
「その時がきたら、これをモリーに渡して」
「今がその時だよ」ダニエル

 プロポーズは、もちろん受け入れてもらえました。
幸せそうにキスして抱き合う2人・・・
偶然立ち会ったベティも感激・・・クレアも嬉しそうでしたわ〜
 残された時間は少ない・・・ダニエルはモリーの希望する結婚式を実現させようと動き出しました。続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第21回 消えた赤ちゃん

 さて、ウィリアムの側からシャットダウンされたクリスティーナ(アシュリー・ジェンセン)はショックで職場放棄・・・
ベティ(アメリカ・フェレーラ)がクローゼットでの仕事をフォローしております。

 ミード社では、ダニエル(エリック・メビウス)がうさぎになったおかげで
ハートリー氏が投資契約のサインに応じてくれる事になり、そのプレゼンと
契約後のパーティの準備でバタバタしてるわ〜
 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は子供好きなハートリー氏の機嫌を取ろうと
ウィリアムをスタンバイさせておくんだけど、みんなでハートリーさんを出迎えに行ってる合間に、ウィリアムが誘拐されてしまったのさ・・

 もうプレゼンどころじゃない・・でも、ハートリー氏が翌日から旅に出るから
今、やってくれって言うのさ〜
で、ダニエルは警官たちがうろうろして、ウィルミナが怒鳴りまくってる中、
一生懸命プレゼンするんだけど、やっぱりウィリアムが心配で集中できない・・
何とか頼んで、明日、空港へ行く前にプレゼンの許可をもらいました。
 
 さて、刑事たちが到着して・・・もちろん一番に疑われたのがクリスティーナ・・・
でも彼女だけでなく、ウィルミナの要求で、ベティを含む全員が事情聴取されました。
その後、事情聴取が終わったベティがクリスティーナを慰めようと彼女を追いかけていくと、
にゃんと車の中にはウィリアムが!
 
 同じ会社の中にウィリアムがいると思ったら、耐えられなかったらしい・・・
それと、ウィルミナが自分に伝えたDNA鑑定の結果にも疑いを抱いているようよ・・・
確かに、クリスティーナが見せた彼女の赤ちゃんの頃の写真とウィリアムはそっくり・・
 「わかってるでしょ?自分の子だって確信がなかったら私がこんな事する訳ないって・・
頼むから信じて!!」クリスティーナ続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第20回 ラビット・テスト

 ミード出版社は『モード』の「セックス特集号」の失敗で倒産寸前・・・
そんな時、マット(ダニエル・エリック・ゴールド)の父親で実業家カル・ハートリー氏が主催するチャリティ・イベントにベティとスアレス一家が招待される。
で、ハートリー氏が出版業界の投資に興味を持っている事を知ったベティは
マットに頼んで父親とダニエル(エリック・メビウス)を引き合わせようと考える。

 でも、マットから、めずらしくキツイ感じで断られちゃったわ〜
なのに、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、すっかりその気になってるダニエルにその事が伝えられない。
しかも、ハッスルして徹夜でミード出版社PR用の素材を作っている事を知ったら、
ますます本当の事が言えなくなっちゃった・・・

 ところが、ランチのお迎えに来たマットとダニエルが会ってしまい、ベティが両方に嘘をついていたことがバレてしまう。
ベティは再度、マットに、自分の仲とは関係なくハートリー氏とダニエルを5分でいいから会わせて欲しいと頼むんだけど、マットの気持は変わらないのさ〜

 「カル・ハートリーの息子であることは二つの顔を持つ事だ。
OPEC加盟国を上回る資産を持つ男の息子である僕と、
スポーツを愛し、しょっちゅう財布を忘れ、君の笑顔を見る度に思わず泣きそうになる僕。
僕は父の仕事やお金と、自分の人生を切り離したい。
君は僕にとって人生の一部だ。そうだろ?」マット
「ええ、もちろんよ・・」ベティ

 これ以上は言えないやね〜
「マットにもそれなりの理由があるんだろう?
家族ってのは複雑だからね・・よくわかる。いいよ、もう・・・」
ダニエルはわかってくれたけど、会社の一大事に何もできない自分がはがゆいわ〜続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第19回 特別なナンバーワン

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)とマット(ダニエル・エリック・ゴールド)は付き合って1ヶ月。
ベティはそろそろ、一緒にお泊りしてもいいかな〜と思ってるんだけど、
なぜか、マットの方が消極的・・・というか逃避的・・
そのことでベティは悩んでおります。

 「モード」では初のセックス特集が企画され、アマンダとベティが担当するHPでも、関連記事を書くことにしたんだけど、その打ち合わせをしてたら、マットとまだそういう関係になっていないことがバレちゃって・・・
 何とかベティの思いを遂げさせようとハッスルしたアマンダ(ベッキー・ニュートン )は、マークと共に「ベティセクシー化大作戦」に乗り出し、デート前の彼女を変身させるのでした。

 って・・・逆に不自然な感じになっちゃったけど・・・
まぁ、ストレートに思いは伝わったはず。
なのに、マットったら、「ベティ、ごめん・・だめなんだよ僕は・・」とか言って
逃げるように去っていってしまったわ・・・

 (  ̄〜 ̄;) どういうことかちら・・?まさか初めてってことないよねぇ・・
実は、マークと同じ組合なの?

  一方、ヒルダ(アナ・オルティス)は市議会議員のアーチーと付き合い始めたんだけど、
いままでとは違う真面目でいい人のアーチーとのデートに、もの足りなさを感じてるようョ・・
 で、別に別れてもいっか・・って思ってたんだけど、デート中に、アーチーが以前付き合っていたフェリッサが偶然現れ、ベタベタするとこを見てるうちに気が変わっちゃった。
 一気に大人の関係に進展。
で、急に態度がメロメロになったヒルダに、アーチーは不信感を抱いたようですわ〜
こちらも不機嫌な顔で帰っちゃった・・続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第18回 恋の障害

 う〜む・・・なんだか、このドラマも哲学的な内容になってきたぞ・・
でも、シーズン2よりも確実におもしろいと思いますわ〜

 ダニエルとウィルミナは、彼の写真が表紙を飾れば売り上げ倍増まちがいなしという写真家のマイルズとの契約に臨むんだけど、ギャラが高くて、交渉中断。
 ダニエル(エリック・メビウス)が自分のポケットマネーを出すと言い出したもんだから、
彼と対等な立場を保ちたいウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)もお金を出すことに・・
でも、土地や証券は持っているけど現金がないウィルミナは自分の豪華な衣類や宝石を売ってお金を作ることに・・・
 でも、ウィルミナったら、査定してもらってる間も辛そうだわ〜

 さらに、毎日食べていたおやつ、アフタヌーンシャンパンとキャビアが
予算の関係からアーモンドと炭酸水になっちゃって・・・
モチベーションが下がりっぱなし・・・

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、マットのお母様に会う事になりました。
マットからの事前情報では、「娘ができたみたい」と喜んですごく会いたがっているってことだったんだけどさ〜
 マジソン・アヴェニューにあるご立派なお宅に伺って見れば、出てきたのは
ヒラリー・クリントンを嫌味っぽくしたようなご婦人・・・
ベティの姿を値踏みするように見た後、新しいメイドだとジャッジしたようです。続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第17回 マネー・トラブル

 タイトルは「マネー・トラブル」ですが、ベティやダニエルたちは
トラブルの中で本当に大切なものを再確認したようですぞ・・・

 会社の資金を持ち逃げしたコナーは行方不明・・・崖っぷちのミード社です。
一応気を使って地味〜に黒装束で出勤したベティ(アメリカ・フェレーラ)ですが、
マットから贈り物(ジェリー・ビーンズ)が届いたりして、思わず笑みが浮かんでおります。
 家族にはあくまで「友達」と言ってありますが、お二人さんいい感じですわ〜

 恋人も失い、職場も失うかもしれない危機を感じているウィルミナは
かなり機嫌が悪い・・・
「(#`-_ゝ-) なんだか幸せそうね?」ウ
「いえ!いぢわるそうな顔してたの」マーク(マイケル・ユーリー)
「よろしい」ウ
「C=(^◇^ ; ふぅ・・」マ

 ところがグラディエーター・サンダルを履いてるのを見つかったスタッフは
とんでもない目に・・
「すぐ脱ぎなさい!」ウ
脱いで、ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)に手渡す女性・・・
ウィルミナはすぐにマークに渡して「コレ、焼き捨てて!」ですってョ〜
「それから、あなたクビよ」

 (⌒▽⌒;) ひ〜〜!
でも、傷心のウィリーを心配するマーク・・・
「バカ言わないで。
コナー・オーエンズは泥棒よ。私にとってはそれだけ。
男なんて、見かけ倒しばかりだわ・・」ウ続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第16回 人生の別れ道

 いやはや・・とんでもないことになってしまいましたね〜
でも、アメリカのドラマらしい展開かも・・(o ̄ー ̄o)

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)はYETI(イエティ)で、自分が関わってる雑誌の予算について研究しプレゼンするという課題を出されました。
で、マーク(マイケル・ユーリー)と協力することにしたんだけど、
二人とも数字には強くないらしく、ちと不安・・・
 それを小耳にはさんだマットは予算関係のことをを教えてあげると言ってベティを飲みに誘ってました。
にゃんとマットは、MBA(経営学の修士号)を持っているんだってョ・・

 マットの好意は嬉しいし、彼のことは気になる存在ではあるんだけど、
何かあってこじれたらYETIで気まずいからと、適度な距離を保とうとするベティ・・・
(;´∀`)相変らずだにゃ〜若いんだから、頭でばっかり考えないで付き合えばいいのにぃ・・

 で、早速、経理部に行ったら、元恋人のヘンリーが新しい恋人と旅行に行ったと知らされ、複雑な気持になっちゃった・・

 って、ヘンリーってチャーリーとは離婚したんだっけ?( ゚д゚)
まぁ、ぱっとしない男だったけど、新しい恋人ができたって情報は
嬉しくないよねぇ・・・てか、どんな相手でもムカつくよね・・(#・∀・)続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第15回 YETI(イエティ)のパートナー

今回は怒涛のファッション・ウィークの様子が描かれましたョ〜
 
 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)はYETI(イエティ)で、
まったく興味のないスポーツ雑誌のマットと組むはめになり、うんざり・・・
なのにジョディ(バーナデット・ピータース)から、お互いの職場を訪問して学んだことを5つ上げるという課題を出されたぞ・・・
 ただでさえファッション・ウィークで地獄のような忙しさなのに、
ちょっとピントのずれた『スポーツ野郎』マットと行動しなきゃならないなんて・・・
 早速『モード』編集部にやって来たマットにわずらわしさを感じつつ、
仕事を片付けるんだけど、なんかペースを狂わされてる感じですわ〜

 さらに、新進デザイナーハインリッヒの宣伝用プレス・リリースを書かなきゃならない。
プレス・リリースを書くのも初めてだし、ハインリッヒの作品を見たこともない・・
ここはじっくりと仕事に取り組んで、確実に成果を上げたいところですよね〜
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOKオリジナル・サウンドトラック プラダを着た悪魔続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第14回 母の寂しさ 父の幸せ

 今回はいろんな愛が描かれましたね。親子の愛、男女の愛・・
何かちょっとほろっときちゃった・・・(゚ーÅ)

 朝っぱらからベティ(アメリカ・フェレーラ)はクレア(ジュディス・ライト)に
現金を持って、ドラッグストアに来るよう電話で呼び出されましたョ〜
にゃんとクレアは24ドルの口紅を万引きしたそうな・・・

 しかし、謝りもせずにお金を払えばいいんでしょ的なクレアの態度は
いただけませんなぁ・・・セレブってこういうもんなのか・・?

 ベティはすぐに万引きの件をダニエル(エリック・メビウス)に報告。
クレアはもうすぐ60才になるそうで・・・
どうやら、老化への不安と日々の寂しさが万引きに走らせたらしいと考えた2人は、
クレアのために誕生日の「サプライズ・パーティ」を計画するのさ・・
(って、例によってベティにおまかせなんだが・・)

 さて、ダニエルとモリーがスケートリンクでデートをしていると、
ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)&コナーカップルと遭遇。
気まずいながらも、一緒にお茶を飲む4人・・・・・なんだけど、
なぜかモリーとコナーは昔二人で行ったチベット旅行の話で盛り上がり、
ダニエルとウィルミナの新恋人二人は蚊帳の外。

 あせりを感じたダニエルはコナーに負けずにモリーといっぱい思い出を作ろうと
彼女が好きだというチベット料理の店に連れて行くんだけど、そこはコナーとモリーの馴染みの店。
 オーナーからはコナーのことばかり聞かれるし、慣れないチベット料理は口に合わず吐いてしまい、さんざんのデートになってしまう。続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第13回 マンハッタンの夢

 マンハッタンのアパートを出て家に戻ることにしたベティ(アメリカ・フェレーラ)は少しづつ荷物を運んでおります。
てか、あの部屋にアマンダは残るのね・・・
で、アマンダごと部屋を又貸しできる相手を探して面接するんだけど
なかなかいい相手には出会えない。

 そして、このアパートを出るにあたって気になってるのがジェシーのこと。
告白しようと決心するほど盛り上がっていたのに、パーティの時にアマンダとキスするとこを見て以来疎遠になってるらしい(気になる方は第7話へどうぞ)。
 で、気持にケジメを付けるためにジェシーに会ったら、なぜかキスをされてしまってますます混乱してしまうのさ〜
 ( ゚д゚)な〜んか、変な男・・・・

 モリーと付き合い始めたダニエル(エリック・メビウス)は、
そのことをなかなかコナーに告げることができずもやもやとしております。
コナーだってウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)と付き合ってるんだから
さっさと言やーいいのにねぇ・・・
 たまたま新聞の写真のリゾート地でモリーが誰かと手を繋いでる(その相手は
写ってない)のを見つけたコナーは、別れてすぐに旅行に行く相手がいたことにショックを受けてましたわ〜

 で、ウィルミナとのデートにも集中できず途中で帰っちゃうし、
約束もキャンセルする有様・・・
そんなコナーの態度にウィルミナが気づかない訳がないじゃんね〜

「マーク?!ないがしろにされたの?私」ウィルミナ
「いいえ・・そんな・・そうね」マーク
「状況が変わったみたい。気持ちが離れてる。
今夜は予定があってもキャンセルしてちょうだい。
突き止めないと、いったい彼の中で何が起きてるのかを」ウ続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第12回 それぞれの秘密

 さて、心臓発作で倒れたイグナシオパパ(トニー・プラナ)は手術を受けて
退院したようです。
その間ちょうど2週間『モード』編集部はお休みだったのね・・・
だから、イグナシオの付き添いや家のこともやれたんだけど、
仕事が始まったらいつものように忙殺されるはず。
ヒルダ(アナ・オルティス)だって店があるしね・・・
気がかりだけど、お互い都合を付けて分担するってことにして、ベティは仕事に戻っていきました。

 てか、基本、家で仕事をしているヒルダに頼むことになるったっていうのに、
あちこちに指示のメモを貼っていくってのはいかがなものか・・
まかせるんなら、ヒルダのやり方を尊重したら〜?って思ったぞ・・
 で、お互いイライラし始めるんだけど、パパの前でケンカする訳にもいかなにので
「瑠璃つぐみが鳴いてる!」って言葉を合図に、奥に引っ込んで
言いたい事言い合ってたわ〜(´m`)

 で、2週間ぶりにマンハッタンの自分の部屋に戻ると、すっかり汚部屋になって、
ゴキブリが出没!
それに請求書だらけって・・・アマンダが食べた物とかのツケか?
 でも、アマンダは心臓発作を起こしたのがベティだと勘違いしてすごく心配していたみたい・・
「お帰り、ベティ!」って抱きしめる姿が、もうすっかり親友だわね〜
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK
続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第11回 奪われたドレス

  さて、『モード』は、最近『ELLE』の勢いに押されぎみ・・・
そこで、最近見つかったホルストンの「ファイアーワークコレクション」のドレスをコレクターから借りて、表紙を飾ることが極秘に決定。
そのおかげで30ページ分の広告が取れたそうな・・(・∀・*)
巻き返しを図ろうとダニエル(エリック・メビウス)も張り切ってますョ〜

 そして、ダニエルのモリーへの恋心を利用しようと画策するウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は、二人がキスしそうになっている映像をダニエルに見せております。
「私のアドバイスなんか欲しくもないでしょうけど・・・・
もう一度アタックしてみたら?愛ってなかなか見つからないものよ」
「いや、愛なんかじゃない。何だかわからないんだよ・・彼女の気持も」ダニエル
「好きなんでしょ?モリーも同じ気持かもしれないわ。
ちゃんと確かめないと後悔することになるんじゃない?」ウ

 モリーがダニエルとふっつけば、コナーはフリーになって自分の方に落ちると踏んでるのよね・・
そう、うまくいくかにゃ〜

 で、ダニエルは、コナーに会いに来たモリーにこの前の事を聞こうとしたんだけど、
すぐにコナーとランチに行っちゃって・・・もやもや〜
「何でなんだろう!今まで何人もの女性と付き合ったのに、
モリーといるとウブな少年みたいにぎこちなくて・・」ダニエル
「それは本気で好きだからよ」ウィルミナ

 ウィルミナもコナーといるといつもの調子が出ないようだし・・・
二人とも運命の人に出会っちゃったのかしら〜?
ウィルミナは自宅のパーティに二人を呼んで、自分がコナーを引きつけておくから、その間にモリーと二人でじっくり話せるように段取りしてくれるってョ。 続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第10回 人生楽しく

 アマンダ(ベッキー・ニュートン)が、ベティ(アメリカ・フェレーラ)の部屋に
居候し始めてどれぐらいたったのかしら?
ベティのマンハッタンでの優雅な一人暮らしはアマンダのせいで、かなり趣を変えたようで・・
 食費も光熱費も、アマンダのせいで倍増・・・ギリギリの生活を強いられているようです。
それとなく部屋代を払うように匂わせてもまったく通じず、ストレスが溜まるベティ・・

 クリスティーナ(アシュリー・ジェンセン)に、ぐちっております。
「どうしてこうなるんだろう・・
あのアパートに越せば夢が叶うって・・そう信じてたのよ・・・」
「悩んでないで夢に生きなきゃ!それにもっと遊んだ方がいんじゃない?」ク
「そりゃ遊びたいけど、お金もかかるもの」ベティ
「そんなことないわよ〜
初めてニューヨークに来た時は、私も全くのスカンピンだった。
でも、全然平気!世界で一番ワクワクする街に住んでるんだもん。
あの頃は遊びまくってたけど、お金なんて全然かからなかった」ク

 そんなバカな・・・なんだか納得がいかないベティ・・・
私のやり方が間違ってるの・・・?

 さて、コナーに振られた体になったウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は
バツが悪くてコナーをずっと避けている。
用事があってどうしても話さなきゃならなくなると、動揺しまくり・・・
いつものウィルミナじゃないぞお・・・
 そんな時、クリスティーナがお腹の子の7ヶ月検診に誘いに来たんだけど、
バッサリ断るウィルミナ・・・
でも、コナーがプレゼンに同行を頼んだら、それを断るために一緒に行くことにしたようよ・・・
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第9回 YETI(イエティ)との出会い

 さて、以前アレクシスの助手だったニックが『モード』に遊びに来ました。
にゃんと、ニックは『ニューヨーク・レビュー』のカルチャー担当副エディターになってんのさ〜
『モード』にいた時はたいして仕事も出来なかったはずなのに、なぜ?
 ベティ(アメリカ・フェレーラ)がその秘密を聞いてみたら・・・
『YETI(イエティ)』を卒業したら、エディターになれたんだって・・・

 「『YETI』との出会い」って、タイトル・・
見るまでは何か宗教的なものかと思ったよ(´∀`;)・・
 『ヤング・エディター・トレーニング・イニシアチブ』と言って、編集者を育てるトレーニング・プログラムでした。
入る前の試験がかなり厳しいらしいけど、入っちゃえばエディターとして活躍できる場が待ってるらしい。

 すぐに申込書をもらいに行くベティ・・・
表紙も目次も編集後記もあるオリジナルの雑誌を作ってプレゼンするんだと・・・
で、来年の案内を渡されたんだけど、1年も待てないと今年のものを要求しましたぞ・・
 でも・・・プレゼンまで48時間だよ〜大丈夫? 
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第8回 トルネード・ガール

 『モード』では最新号『ファッション旋風号』の準備で忙しい・・
なのに、印刷機の故障で出荷が遅れると連絡があり、編集者研修に行かなきゃならないダニエル(エリック・メビウス)は最終チェックができないと困っております。
 そこで、ベティ(アメリカ・フェレーラ)が最終チェックは自分がすると提案して
ダニエルもしぶしぶ了承・・・

 ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)はコナーへの思いが高まり混乱しているようョ・・
「どうせ無駄なのよ!人のものなんだもの・・・婚約者がいるんだから。
相手はきっとまだ20代で美人でヨーロッパ系で細くて・・」
「あなたも全部当てはまるじゃない」マーク(マイケル・ユーリー)
「(キΦдΦ) キッ!」ウィルミナ
「(ll゚д゚ll)」マーク
「狩猟シーズンでよかったわ。好きな相手を仕留められないなら、何かでウサを晴らさないと」
 ちゃんと銃も持っていくようです・・・・( ̄∀ ̄;)

 で、印刷されたばかりの『モード』の匂いを嗅いで責任者フィルにオッケーを出すベティ・・・
『モード』に来て以来のエキサイティングな体験にベティのテンションもうなぎのぼり・・
 ところが、そこにカンザス州で竜巻発生、被害が広がっているというニュースが流れ、みなさんギョッ!!
よりによって最新号の表紙は竜巻をモチーフにしているのです。
出荷されたら、大問題になっちゃうぞぉ・・・・

 ベティはすぐにフィルに「出荷中止」を告げに行くんだけど、もう準備できちゃってるし、何の権限もないベティのいう事は聞けないっていうのさ〜
でも、フィルも鬼じゃありませんよ〜
4時間だけ待ってくれることになりました。
 その間に何とかダニエルに連絡を取らないと〜続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第7回 臨時休業日

 さてさて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は向かえの部屋に住むミュージシャン・ジェシー
(バル・エミック)に夢中のようです。
彼が帰宅する頃を見計らって、かち合うように外に出てコーヒーを渡したり、
彼の好きな番組を見せるために部屋に呼んだりとがんばっておりますョ〜

 で、いつもよりかなり早く出勤してみれば・・・
なぜかアマンダ(ベッキー・ニュートン)がオフィスを裸で歩いてるぞぉ・・・(゚Д゚ノ)ノ
家賃の支払いが滞って追い出されたんだと・・・
衣装保管室の秘密の部屋にでも寝てるのかしら・・?
それとも警備員室で過ごしてるの?

 財務管理の責任者として友人のコナーを雇ったダニエル(エリック・メビウス)は自分の味方ができたと大喜び。
ミード社のコスト削減に関しては、彼にいっさいを任せることにしました。
 二人が犬猿の仲と思って安心していたウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)は
実は二人は仲良しさんで自分を騙していたと知り、血圧急上昇。
コナーをクビに出来るネタを捜し始めましたわ〜
「あんな幼稚な白人男二人に負けてたまるもんですか!」

 ベティはヒルダ(アナ・オルティス)やジャスティン(マーク・インデリケイト)に手伝ってもらって、ジェシーを迎える準備・・・
わくわくドキドキ・・・盛り上がってます。
 
 んが、バッドタイミングで、行き場を失ったアマンダが転がりこんで来たのさ〜
せっかく部屋に来たジェシーに帰ってもらうことに・・・( ; ̄。 ̄)フゥ-3

 で、ベティの部屋で一緒に暮らし始めるのですが、居候らしくない彼女の態度に
ペース狂わされっぱなし・・・
服は勝手に着るし、飼い犬のわんこはベティのランチを食べちゃうし、
眠れないと言ってベッドにもぐりこんできて寝かしつけを要求されるし・・・
(;´-3-`)=3 私ならすぐに追い出してるね・・・続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第6回 アグリー・ベリー

 ほ、ほんとうに、もうキミーは戻ってこない?(((( ;゚Д゚)))
何か仕返ししに来そうで怖いんだけど・・

 アソシエイト・エディターになったキミー(リンジー・ローハン)は、すっかり調子に乗って、
ベティ(アメリカ・フェレーラ)を顎で使い始めましたわ〜
さらに、名刺を見せびらかして「アンタは一生アシスタントかもねぇ〜」などと言って、ベティをあせらせるのでした。

 帰宅したベティが、向えの部屋に住むジェシー(バル・エミック)にその不安を話したら
「♪ゆけゆけ ベティ♪ ♪負けるな ベティ♪」と応援ソングを歌ってくれたぞ・・
まぁ・・ちょっとジェシーの才能に不安を感じるアレではあったけど・・(´∀`;)

 さて、『モード』の今月号のテーマは『今、最高にホットなものは何か?』。
企画会議でキミーの『最高にホットなクラブ』という企画が採用されたことを知り、ますますあせりを強めるベティ・・・
 
 てか、ベティはアシスタントの自分が企画を出していいと知らなかったらしい・・
で、キミーとの差を縮めなきゃ・・・と追いつめられたベティは、
たまたまフルーツの屋台が目に入ったもんだから『最高にホットなフルーツ』という企画をダニエルに提案しました。

 スアレス家のみなさんの意見も参考にしながら、珍しくて効能のあるフルーツ探しをするベティ。
するとイグナシオ(トニー・プラナ)がブラジル産で希少価値、特別なヒーリングパワーを持つという「ティコ・ベリー」っちゅーもんを教えてくれたわ〜続きを読む

「アグリー・ベティ 3」 第5回 高校時代の悪夢

 (;´・д・)-3 うっわ〜『アグリー・ベティ』史上最悪のキャラ・・・
見てたら腹立ってきたわ〜
ベティも人がいいにもほどがあるよ・・・
でも、高校時代の関係性からぬけだせないベティにも問題あるのかにゃ〜

 さて、編集長が二人になった『モード』は混乱状態。
ダニエル(エリック・メビウス)が立てた企画をウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)が変更、ウィルミナの企画をダニエルがチェンジ・・
その度に進行の指示を出すベティ(アメリカ・フェレーラ)は大変・・
疲れきっております。

 そこに、にゃんと高校の時ベティをいじめていて、高校出てから人生下り坂のキミー(リンジー・ローハン)が『モード』で雇って欲しいと現れたのよ・・
彼女と距離を置きたいベティは断ろうとするんだけど、忙しいベティをフォローさせるためにダニエルがキミーを雇っちゃいました。
L(゚□゚)」オーマイガ!

 「もうホント最悪・・・キミーって信じられないほどいぢわるなんだから」
クリスティーナ(アシュリー・ジェンセン)にぐちるベティ。
何でも高校時代ベティに『ブタ女』ってあだ名をつけて広めたらしい・・
さらに、食堂で冷蔵庫の中から水を取らせてる間にスカートを脱がせたことが・・
おかげで、高校の間ずっと『オバサンパンツ』と呼ばれたらしい・・・

 悪魔だわ・・・( ゚Д゚ )続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa