トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「アグリー・ベティ」 シーズン4

「アグリー・ベティ 4」 第20回(最終回) 旅立ちのとき

 葬式の映像から始まったから、えっ?!まさかウィルミナ殺しちゃったんかい?!
最終回だからってやり過ぎだろ!と思ったら、アマンダ(ベッキー・ニュートン)の愛犬ホルストンのお葬式でした。(´∀`;)

 しかも、許可を取らずに公園で埋めようとしたため、警官に見つかり列席者全員で逃げることに。
(埋めることができなかったので、その後ホルストンはベティの冷蔵庫の冷凍室に勝手に保存されてたぞ)

 タイラーに撃たれたウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)は昏睡状態。
マーク(マイケル・ユーリー)がつきっきりでお世話をしております。
 いろいろ話しかけて、爪もきれいに塗って、メイクも完璧にしてあげてます。
献身的・・・d('∀'o)
で、目を覚ましていたら絶対にできないこと、ベッドの隣で彼女を抱きしめて添い寝してましたわ〜
 現場にいたクレア(ジュディス・ライト)がタイラーのことを黙っていたもんだから、真相は隠され、世間では噂が噂を呼んでおります。

 さて、『モード』を辞めてロンドンへ行く決心を固めたベティ(アメリカ・フェレーラ)ですが、一番の友達であるダニエル(エリック・メビウス)には言い出せずにいました。
続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第19回 過去、現在、未来

 さぁ、今回は、最終回に向かって、それぞれかなり大きな動きがありましたョ〜

 『モード』を辞めて、スタイリストとしてデビューしたアマンダ(ベッキー・ニュートン)は初めてのお客・昼メロ俳優のスペンサー・キャノンと意気投合。
トロイに振られて意気消沈しているマーク(マイケル・ユーリー)と引き合わせようとしております。

 ボビーにオースティンとキスしているとこを見られたジャスティンは、ゲイであることを家族に知られるのを恐れていました。
で、マークに相談。
 マークはボビーはいい人だから誰にも話さないだろうし、もし知られたとしてもジャスティンの家族なら大丈夫と伝え、「心の準備ができるまでは誰にも伝えなくていいのよ」とアドバイス

 そして、タイラーに取り入り、クレアと仲違いさせるのに成功したウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)は、彼から「会社の一部をよこせってクレアに言う」と聞き、v( ̄∇ ̄)ニヤッ
 タイラーがミード家の株をもらったら「買い取ってあげてもいいわ」と優しく微笑むのでした。

 その後、酔ってクレアの前に現れたタイラーは、株をよこさなきゃタイラーの処へ行くぞと脅迫し暴れました。
(o´_`o)サウスダコタから出てきた時は気のいい子だったのにねぇ・・続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第18回 ロンドンでの再会

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、多忙を極めている。
エディターになってから、仕事の量も増えているし、
ヒルダ(アナ・オルティス)のための「独身最後のパーティ」を企画しなきゃならない。
あんなに熱心に書いていたブログの更新も滞ってるらしい。

 ダニエル(エリック・メビウス)の代わりにロンドンの「ファッション・ウィーク」の取材に行くことになったベティは、ヒルダのパーティをロンドンですることを思いつく。
ヒルダは大喜び。で、アシスタントとしてアマンダも同行。
3人でロンドンへと旅立ったぞ。

 ロンドンでは、デザイナーとして成功しているクリスティーナ(アシュリー・ジェンセン)と再会。
かしましいメンバーで盛り上がるのでした。

 そして、タイラーがサウスダコタに帰る日が迫ってました。
クレア(ジュディス・ライト)は、父親がカルとは伝えず、リハビリ施設で出会った男性で、現在は行方知れずとタイラーに伝えてたのよね。

 って、実はタイラーはアルコール依存症で断酒会に入ってるらしい。
そんな情報あったっけ( ´゚д゚)?
 ミード社乗っ取りのためにタイラーを利用しようと考えているウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)は、アルコール依存症を装い、彼が参加しているグループセラピーに現れるのでした。
秘密を共有しあったウィルミナとタイラーは急激に接近。
すっかり仲良しさんに。

続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第17回 百万ドルの笑顔

 さて、ついにベティ(アメリカ・フェレーラ)のトレードマークとも言える歯の矯正器具が外れる日がやってきました。
で、意気揚々とザッカリーから紹介してもらったフランケル先生(キャシー・ナジミー)の元へ。

 先生の無駄話を延々と聞かされ、やっと外してもらえる!と思ったら、
火災報知機が誤作動し、治療室のスプリンクラーから水がジャーーー!
取り外しは延期になっちゃいました。

 パリにいるアレクシスにタイラーを会わせに行ったクレア( ジュディス・ライト)は、その報告をダニエル(エリック・メビウス)にするんだけど、
お子ちゃまのダニエルはと〜っても冷たい。
ちゃんと話し合いたいというクレアの願いを無視するのでした。

 や〜ね〜〜思春期の中学生みたい。いい加減に許してあげなよ。
てか、こんな嫌なキャラに設定した脚本家を憎むわ〜

 『モード』では、ダニエルが、ランジェリー・ブランド『イブの誘惑』が製作した「百万ドルのブラ」(宝石製)で表紙を飾る企画を推進中。
ブラが披露されるグッゲンハイム美術館で撮影する予定だったんだけど、
広報担当がスケジュールを変えて移動の予定を入れため撮影時間がゼロに・・・
 慌てふためいている時にアマンダ(ベッキー・ニュートン)からタイラーと付き合いたいから、セフレ関係を解消したいと伝えられ、さらにショック・・!
「君まで僕を裏切るのか?!」

 ( ゚д゚)・・・・・
続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第16回 人生はステージ

 何か文句ばかり書いちゃいそうだから、もう最終回だけ書こうかな〜と
思ったのですが、17回目を見たら、16回の方がまだマシだった ┐(´Д`)┌
あと4回なので、書ける時に書ける分だけ書くことにしました。

 ジャスティンの演技クラスで出会った劇作家ザッカリーに一目惚れしたベティ(アメリカ・フェラーラ)は、取材を名目に会っているうちに、高まる思いが抑えられずキスをしてしまう。
そんな自分に衝撃をうけるベティでしたが、ザッカリーもベティに関心を持っていることを知り、付き合うことに。

 で、ちょっとの間、恋人気分を満喫するのですが・・・
彼の芝居の初日を見に行く日、ザッカリーは母親をエスコートすると言ってベティの同伴を断ったのに、モデル風美女と現れてガーン!

 帰ろうとするベティを引き止め、「アレは宣伝なんだ。マスコミが取り上げればチケットが売れるし、君とは今まで通り付き合える」と言い訳する彼にパンチを食らわせて、退場。
 翌日、謝りに来たザッカリーを袖にして、自分らしく生きることを再確認するというお話でした。

 そして、同じ演劇クラスのリリーが気になっているジャスティン(マーク・インデリケイト)は、一緒に立てる舞台に賭けております。
続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第15回 スアレス家の危機

 さて、先週、ヘアサロンが全焼&家はボヤになったスアレス家のみなさんは
ベティのアパートに同居することになりました。
で、それぞれ、小悩みを抱えております。

 イグナシオ(トニー・プラナ)はシャンデリアを取り付ける時の配線を業者に頼まず、
自分でやったために出火したと思い込み、ジャスティン(マーク・インデリカート)は自分のタバコのせいだと思ってたのさ〜
さらに、ヒルダ(アナ・オルティス)はボビーが自分のために、その筋の人を雇って(親をヤクザと思ってるんで)放火したのでは?と疑っていた。

 で、ジャスティンはマーク(マイケル・ユーリー)に、
イグナシオはアマンダ(ベッキー・ニュートン)に相談。
ヒルダは、ボビーにしっかりと疑いをぶつけておりましたョ〜

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)は人口密度の高いアパートに居心地の悪さを感じながらも我慢しておりました。
んが、自分のPCの仕事用ファイルをジャスティンに入れ替えられ(ジャスティンがレディー・ガガの当て振りをしている映像)、
そのせいでレディー・ガガの撮影のプレゼンに失敗して、ウィルミナから外されてからは、早く出ていって欲しいと切実に願うように。

 でも、家の建て替えをするには保険が降りないと〜
出火原因の報告書をもらうために消防署へ行ったら、ふとっちょの消防士ジミーから、スアレス家はリストの一番最後に載ってると言われ、デートしてくれたらトップにしてあげると言われ困惑・・・

 このジミーとかいう奴、くっだらない笑えないジョークもどきを連発しやがって、
( ゚Д゚)見てたらイライラしたわ〜
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK


  続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第14回 センスを信じて

 さて、「ファッション・ウィーク」が始まり、『モード』主催の「10人の注目デザイナー」のショーが近づいております。
なのに、デザイナーの半分しか決まっておらず、一人は辞めちゃったという状況。
 ダニエルの「男性モデル使用禁止令」(何のためにそんなもん出すの?(゚ペ)?)のせいで、選考も難航しているらしい。
ウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)のイライラは高まっております。

 で、ウィルミナはデザイナー選考を急がせるために、エディターには一人ひとつ、ショーを割り振られる予定なのに、センスの悪いベティにはやらせたくないもんだから、『ブックレビュー』の本(『洋裁とミシンの歴史』800P.アリ)をすぐ読めって、ミーティングから追い出しちゃいました。
 ダニエル(エリック・メビウス)おかげで、ベティにも小さなーショーが割り当てられることになったけどね。

 でも、その電話連絡の時、ウィルミナが自分の事を「ファッションセンスがない」と言っている声も聞いてしまい、自分のセンスを認めて欲しいと発奮するベティなのでした。

 ウィルミナは、「男性モデル使用禁止令」を破棄させるために、
有名デザイナーからダニエルにモデルとして指名があったと嘘をついて、
うまいこと持っていきましたョ〜

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)はレストランで開かれている小さなショーで、
マリサというデザイナーを発見。彼女を「10人の注目デザイナー」に推薦しようと決めたんだけど、ウィルミナが自分の意見を聞いてくれるか自信のなかったんで、
ウィルミナの事を知り尽くしているマーク(マイケル・ユーリー)に援護を頼むことに。
一緒に売り込んで、お手柄をシェアしない?と持ちかけました。
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第13回 友達と上司の境界線

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)のブログが「BLOB」という団体の最優秀ニューブログ賞を受賞したそうな・・
授賞式でのプレゼンターをダニエル(エリック・メビウス)に頼んでました。

 で、授賞式の前に「ベティスト」(22人いるらしい)のウェンディがインタビューにやってきました。
彼女はゴシップ的な話を期待してたんだけど真面目なベティは応えることができず、
たまたま通りかかったダニエルに助けを求めましたョ〜

 すると、出てくる出てくる・・・
ダニエルったら、ベティが『モード』に来た頃、いかにダサくて浮きまくっていたかを調子にのって喋り続けたもんだから、内心ベティはムッカー!((o(-゛-;)

 一方、ウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)は、ゲイバーで自分のモノマネをしている芸人がいると知り、(-_-メ;)メラメラメラ〜
その名も「WILHELDIVA HATER(ウィルディーバ・ヘイター)」・・・

 ウィルミナは怒り心頭。すぐに弁護士に警告状を作らせると言ってましたわ。
「オネエにイラつくのは「モード」の中だけでたくさんよ!」
で、隠密にそのゲイバーに偵察に行くと・・・
しっかりマーク(マイケル・ユーリー)とクレア(ジュディス・ライト)が見に来てるし・・
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第12回 都会の孤独

 さて・・・
「何様のつもりなんだよ・・ここの王様は俺だ!それを忘れんじゃねぇぞ!!」と怒鳴りながら、
ベティとヒルダにモノを投げつけるジャスティンの衝撃映像から始まりましたが・・
 ここはベティのアパートの部屋。
リーナ・コルビンカという女優さんの伝説的なクラスに参加するためのオーディションの練習らしい。
『欲望という名の電車』のスタンレー(イメージと違うぞ)をやるようだけど、
まだ迷ってるようよ。

 晩ご飯も食べずに帰って行く二人を見送ったベティ(アメリカ・フェレーラ)は時間を持て余しております。
そんな時、TVのニュースで一人暮らしの女性の孤独死を見て、ドキーン!
運ばれていく女性が同じピンクのスリッパを履いてる!
さらに、大量に作りすぎたスパゲティを食べていたというエピソードもベティと重なるわ〜

 で、アパートのみなさんと友好を深めようとカラオケパーティを企画して、
チラシを配ってたんだけど、反応は冷たい。
そこに鍵を忘れたからアパートに入れなくて困っているというカップルが
玄関の扉を叩いたもんだから、親切に開けてあげたら必ず行くと言ってくれて

 ところが・・・にゃんと、このカップルはコソドロだった!
アパートの各階で盗みを働いたらしい。
いったい誰がこいつらを入れたんだ?と住人たちは怒り心頭。
監視カメラで確認したら、ベティが入れた事がバレて、親しくなるどころか糾弾されてしまったわ・・・(;´д`)
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK
 続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第11回 さよならに終りはない

 今回はそれぞれの再出発が描かれました。
さよなら〜は別れ〜の言葉じゃなくって〜
再び会うための〜遠い約束〜

 ベティ(アメリカ・フェラーラ)は、ウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)からの指令で「歩きやすいピンヒール」の記事をを書くことに。
でも、自分のテイストを出したくて、いろんな靴の人にインタビューをして、その人の個人的なエピソードを添えるという「この靴で一マイル歩いてみよう」へ変更を提案。
例として、ボランティアをしている女性のワークブーツを出したら、ウィルミナを怒らせちゃいました。

 ボールペン、バキッ!!
あ〜〜NGワードの「ボランティア」を言っちゃったから・・
「与えられた仕事に何か不満でもあるの?(-_-メ) 」ウ
「ないです。ただ・・・ちょっと軽いような気がしたし、自分の色を出したくて・・」べ
「余計なことしないで。私の色に染まればいいのよ。もらった仕事をしなさい!」ウ
「すいません・・」べ
「でも、確かに、この記事には何かが必要ね。別のライター。
行きなさい。あなたの仕事はナシ!みんなで見送りましょう!」ウ

 あら〜〜〜(⌒▽⌒;)こりゃ、マズイ。
ヒルダと話して、落ち着いたベティはすぐにウィルミナに謝りに行き、
言われた通りに記事を書くと伝えましたぞ。
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK
続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第10回 ベティの情熱

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)とマット(ダニエル・エリック・ゴールド)の仲は好調。
毎日、朝から晩まで一緒にいて、常にマットはベティを気遣い、愛していると言ってくれる・・

 んが・・・実は、ベティはこの状態にちょっと疲れてきてたのよね〜
残業を理由に会わない時間を作っても現場にまで会いにきてべったり・・・
このままでは、マットの事が嫌いになってしまいそう・・・そう考えたベティは
マットの情熱を他にも向けさせたら楽になるんじゃないかと、一時勉強していた絵に関心を戻す作戦を立てました。

 毎日一緒ってのは疲れるよな〜(-_-)
職場でも一緒だしさ〜それにベタベタひっつかれるのはね〜
まるでお母さんにまとわりつく5歳児だよ・・

 ベティはマットには秘密にして、有望な新人画家発掘に力をいれている画商のおばさんの所に彼の絵を売り込みに行きました。
で、絵がしまってある倉庫へも連れて行って、気に入った絵を持っていくよう頼みました。

 って、コレ、どうなんだろ〜?
いくら恋人同士で合鍵持ってるからって、勝手に作品とか持ち出させるって
ねぇ・・
私の感覚ではありえないけど、一般的には「彼のため」ならノープロブレムなのか?

 そしてヒルダ(アナ・オルティス)の方は、妊娠したことをイグナシオ(トニー・プラナ)にもジャスティンにも言えずにいました。
肝心のボビーにも。
ボビーの家族はマフィアと繋がってるって噂があって、それも引っかかってるのよね〜
 そんな事も知らずにボビーは、映画好きのジャスティンのために大型TVのプレゼントを持ってきてくれました。
内心、盗品じゃないかと心配なヒルダ・・・
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第9回 運命のプラス・マイナス

 今回は、ベティとヒルダの妊娠騒動。

 クリスマスの日、イグナシオ(トニー・プラナ)はパーティの準備でハッスルしております。
どうやら気になる女性ができたようで、その彼女を招待しているらしい。
その女性がユダヤ人であるため、ユダヤ教のお祭り『ハヌカー』も一緒に祝おうと「ラートカ」も作ってるよ。

 ちなみに、そのパーティにはマットも来るんで、イグナシオが気をきかせてアーチーも呼んだらしい。
先週、ホラ、ボビーと致してしまったヒルダはさすがに声をかけられなかったようで・・
 アレ以来、ボビーはジャスティンを送って行くとか言って、しょっちゅう顔を出すのも落ち着かないのよね〜
そんな時、妊娠疑惑が湧き上がり・・・あわてて妊娠検査薬を買いに行くヒルダ。
 
 そして、実はベティも妊娠を疑っていた。
こちらはお相手はマットだけど、エディターになったばかりで、これからバリバリ仕事をやっていこうって思ってるから、非常に困る状況なのよね〜

 ヒルダもベティも気づかずに同じドラッグストアーに買いに行くんだけど、
店内にイグナシオ発見!
ニアミス寸前でうまいこと隠れたから、3人が出会うことはなかったわ〜
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第8回 バハマ・トライアングル

 今回は『アグリー・ベティ』バハマ編。
いつもの狭い空間を飛び出して、青空の下、みなさんリゾート気分で開放的になってましたなぁ・・

 『モード』編集部は『水着〜そのモードの変遷〜』という企画のグラビア撮影のため、バハマへ行くことに。
一応、限られたスタッフだけなんだけど、人選はマット(ダニエル・エリック・ゴールド)にまかされてるらしい。
ウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)にとっては、『モード』での最後の仕事。

「何度も口を酸っぱくして言ってるけど、万が一、この撮影でミスがあったら、
死人が出ますからね。今度ばかりは、冗談抜きよ」ウィルミナ
「冗談抜きよ」マーク(マイケル・ユーリー)

「あ〜楽しかったぁ最後に下っ端どもを脅して、震え上がらせたわね〜」マーク
「脅しじゃないわ。本気よ」ウ
「えぇ・・そうね(^▽^;)」マーク

 『モード』退職後の仕事が決まってないウィルミナでしたが、
『イザベラ』の編集長が体調不良を理由に辞めるという情報をキャッチし、その後釜を狙ってるようです。
ペネロペ・グレイブリッジかウィルミナのどちらからしいのよ〜

「彼女の写真を薬物におぼれた人達の掲示板にアップして。
あのポストは渡せないわ」ウ

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)とマットですが・・・
ベティから「友達」と確認されちゃったもんだから、マットは彼女の事を忘れようと、アマンダ(ベッキー・ニュートン)をバハマに誘って過ごすことにしたようです。
アグリー・ベティ オフィシャルブック THE BOOK続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第7回 レベル・セブン

 今回はカルト教団『フェニックスの会』にどっぷり浸かっているダニエルを離脱させるまでが描かれました。

 さて、『モード』を辞めてしまったウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)は、ニコの殺人で脅されてることやコナーの死ですっかりパワーダウン。
あろうことか、スウェット上下にサンダル姿で外出する姿を撮られ『ファッションTV』で流されちゃった・・・
 で、その件でダニエル(エリック・メビウス)はスズキ・セント・ピエール(アレック・マパ)から生放送でインタビューを受けるんだけど、『フェニックスの会』のことばっかり夢中で話しちゃって・・・見るからにヤバい人になってたぞ。
 気づいてないのは本人だけ・・・怖いねぇ・・・

 それを見ていたベティはやんわりと注意をしに・・
「なかなか良かったんじゃないかと思います。髭もよく似合ってるし。
でも、薬を飲んでたって言った方がいいかもしれません。誤解を解くために」
「誤解を解く?そんな必要ないだろ。すごく良かったよ〜」ベネット

 にゃんとベネットたち『フェニックスの会』のメンバーは、
すっかり『モード』に入り込んでるようで、ダニエルったら、ミーティングにまで参加させてる。
 で、ベティが企画を出しても、「ネガティブなエネルギーを感じる!」とか言って却下。
思考が完全に教団モードになってるわ〜( ̄ω ̄)
 このままでは会社までがまずいことになってしまう・・
ベティはクレアと協力して、ダニエルの目を覚ますために動き出しました。


続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第6回 変身願望

 さて、ベティ(アメリカ・フェレーラ)は「変身願望」が高まっております。
自分を変えたい、違う自分になりたい・・・これは誰もが持つ願望ですわな・・・
で、変身の第一歩は『したことのないことを、せよ』・・・
ウィークデーに飲みに行ったり、腕にタトゥー入れたり(ペイントョ)とかね・・

 そんな時、ヒルダが昔付き合っていた「一番危険な男」ボビー・タラーチオと再会。
実は、ベティはずっと彼のことが好きだったのよね。
で、今月の特集「怖いもの知らず体験談」に書くという口実で、彼に運転(マニュアル車)を教えてもらうことに。
 ヒルダ(アナ・オルティス)は、ちょっこしジェラシー・・・

 今回、久しぶりにベティの妄想場面が見られたわ〜
堂々と「あなたと一晩過ごしたいの」って言ったり、車に押し倒して革ジャン剥いだり・・・( ̄m ̄〃)
 こういう妄想、ジャンジャン入れたら、もっとおもしろくなるのに。

 ジャスティン(マーク・インデリケイト)は、マークの「高校で無事に過ごしたかったら、いぢわるな人気者と友達になれ」という教えに従い、ダンスパーティに向けてチアリーディングのお手伝い。

 マーク(マイケル・ユーリー)はユニフォームを用意してくれたり、応援してくれてます。
いじめっこ達にからかわれてるジャスティンにアドバイスもくれたぞ。
「(バカにされたら)ジョークで切り返せばいいのよ。
「お前のスカートは?」って聞かれたら、「アンタのマントとクリーニングにだしてる」とか。
ジョークで返すと、相手に気にして無いってことが伝わるでしょ?
もう、バカにされなくなるのよ

アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD]アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン3 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第5回 ひとりぼっちの勇気

 さて・・・
マーク(マイケル・ユーリー)は、ウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)の会計士の指示で税金対策として彼女の名前でチベットの恵まれない子供たちに寄付をしていたんだけど、その功績を認められたウィルミナは表彰されることになりました。
 ボランティアとかそういうのまったく関心ないのにね・・・( ̄∀ ̄)
で、受賞者は自宅でパーティを開いて寄付を募るっていう慣例があるらしくて・・・
その事を直前になって知ったウィルミナの目はつりあがってますぞ。

「(キΦдΦ)その事いったい、いつ私に言うつもりだったの?!」ウ
「パーティの前日よぅ・・・ヾ(・ω・`;)ノ私を殴る暇がないように・・・
恵まれない子供たちのためなのっ!あなたの社会的イメージもあるし・・・」マーク
 最後の一言が効いて、何とか殴られずにすんだようです。

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、ウィルミナの自宅で行なわれるチャリティパーティに招待され、大喜び。
で、最近、関係が改善されたマット(ダニエル・エリック・ゴールド)を勇気を出して誘うことにしましたよん。

 なのに、翌日、マットから「パーティに別の子と行ってもいいかな?」と聞かれ、
自分が誘われると思って、思いっきり「イエス!」と答えちゃったぞ。
ガッカリ感をおし隠して、笑顔で見送るはめに・・・
 マットったら、ベティには言ってないんだけど、アマンダ(ベッキー・ニュートン)を誘ってたのよね。

 マットに運命を感じてたアマンダは天にも登る心地だけど、マークから「ベティの太ったハートを傷つけるんじゃない?」と言われ、ドキッ!
恋愛より友情をとるような甘ちゃんじゃないけど、ベティにはさんざん世話になったからねぇ・・
すっきりドライにマットの腕を取ってパーティに登場って訳にはいかないのさ・・
 リアルに困っております・・・
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD] 続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第4回 ウインナーとパンと大失敗

 さて、ダニエル(エリック・メビウス)は、ベティ(アメリカ・フェレーラ)の代わりのアシスタントを決めることにしたんだけど、彼が選んだのはベティが推薦したメガネ君ではなく、セクシー美女のレクシー(ブルックリン・デッカー)・・・

 性格もよろしくなさそうだし、気がきくタイプでもなさそう・・・
ダニエルは顔で選んだんじゃないって言うけど・・・(´-ω-`)ほんとぉ?
な〜んか納得できないベティ。

 で、仕事に忙殺されるベティはアシスタントをつけて欲しいとウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)に頼むんだけど、あろうことかマークをアシスタントに任命。
 ただでさえ、自分がなるはずだったエディターの座を奪われて、機嫌が悪いのに、絶望的な表情になるマーク(マイケル・ユーリー)・・・
ベティだって使いずらいわさ・・・

「何かの罰?あなたの後釜にフランス人が収まるかも?って言ったから?!
アタシは情報を伝えただけよっ!」マーク
「あの〜〜やっぱり結構です。私、一人でできますから」ベティ
「アシスタントとしては優秀だったとしても、エディターとしてまだ一度も記事を採用されてないのよ。
助手が欲しいんでしょ!もうグダグダ言わないで!さっさと行って!行きなさいっ!!」ウィルミナ

 そのウィルミナは、娘のニコがチョロチョロ外出するから、殺人の事がバレるんじゃないかと気が気じゃない。
今回も、いきなり「モード」にやって来て、マークと話し始めるもんだから、
会話を止めさせるために、マークをベティのアシスタントにしたのよね。

 さらに、下っ端しか行かない社内カフェみたいなとこで食べたいとニコが言うもんだから、しかたなく付き合ってました。
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD]  続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第3回 特ダネをつかめ

 ベティ(アメリカ・フェレーラ)は、ヒルダの店にやって来た客のサミーから
「ドルガバ」のメンズ・デザイナーのエバン・グラントがグッチに移籍するという話を聞き、名誉挽回のチャンスと張り切っております。

 折しも、マットからエディター達に新しい企画を出すよう指示がありましたぞ。
早速、エバンに合わせてもらうようサミーに連絡を入れましたわ〜

 何しろ、マット(ダニエル・エリック・ゴールド)の妨害のせいで、ペースが乱されっぱなしだからね。
ミーティングの時の椅子もベティのものだけ、ビーズクッションにしたりして子供っぽいったらありゃしない。
正々堂々とベティが抗議しても、取り合ってくれないし・・・

「あの二人、ムカつくほど愛し合ってる。羨ましい」アマンダ(ベッキー・ニュートン)
「奪うのよ!私はあの子のポストを。
私たち、ベティにとり憑かれてる!」マーク(マイケル・ユーリー)
「ホントね、イライラするぐらい」いつのまにか後にウィルミナが!
「わかってる、ごめんなさい。
でもあのサイケ柄のミスコーディネート女に夢を奪われたんだもの」マーク
「私なら、夢を盗られて黙っていないわ。きっと何とかして奪い返すでしょう」ウ

 さすがウィルミナ・・・黒い話が好きだわね〜

「たとえ、誰かを破滅させても奪うべき?」マーク
「自分のためならね」アマンダ
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD] 続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第2回 バタフライ効果 後編

 今回は、それぞれの変革・・って感じかな?
 
 ダニエル(エリック・メビウス)の思いやりのお陰でマット(ダニエル・エリック・ゴールド)とエディター達を敵に回してしまったベティ(アメリカ・フェレーラ)・・・
 みんながベティに向けて次々と矢を放ち、マークとアマンダはにゃんと吹き矢!
網で捉えられた後ウィルミナがアリババみたいな刀で止めを!ってのは大げさなんだろうけど、
心理的にはそんな感じ?またまた孤立無援からのスタートョ〜

 ベティは贔屓と思われるから応援はいらないよ〜ってダニエルに伝えるんだけど、何かいまいち伝わんないのよね〜

 その後、企画会議の時に、マットに振られたせいでいきなり企画を発表することになったベティは、苦し紛れに、国連がマラリア防止を訴えるために開発途上国で蚊帳の使用を奨励していることを話し、大物デザイナーに蚊帳のようなネットを使ったドレスを作らせると発表したら、ウィルミナ(バネッサ・ウィリアムズ)が許可してくれましたぞ!

 で、国連での撮影許可が取れたんだけど、明日のみという条件が・・・
時間がないんで、他のエディターのみなさんにも協力してもらうようマットに指示するよう頼むベティ。
 で、編集部全体で協力体制で準備をすることに。
冷え切った状態の中、みなさんの冷たい視線が刺さるけど、しょーがないやね・・

 で、作業開始!ってところに、警備員からダニエルがビルの前にあるタヒチの観光用ポスターを破いて暴れているとの連絡が入ったのよ。
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD] 続きを読む

「アグリー・ベティ 4」 第1回 バタフライ効果 前編

 さて、波乱の第4シーズンスタートですョ〜
エディター(ジュニア・エディターだったのね)になったばかりのベティ(アメリカ・フェレーラ)、
そして、高校に入学したジャスティン(マーク・インデリケイト)・・・
どちらも初日はかなりハードだったようです。

 ちなみにシーズン3、最終回はこんな感じ
シーズン4ほHPはこちら

 オープニング・・・
歯医者さんにいるベティの歯から、矯正器具が1個づつ外されていく・・・
やっと取れるのか〜と思ったら、夢でした。
ちなみに、矯正器具が外れるのは3ヶ月後だそうな・・・
最終回にはすっきりした歯のベティに会えるのかしら〜?

 ファッションTVではスズキ・セント・ピエール(アレック・マパ)がミード社の状況を伝えております。
ミード社に投資をしているカル・ハートリーは引き続きクレアをバックアップ。
ミード社の所有権を持っている跡取り息子をなくした(クリスティーナの子供であることが判明したために、彼女が引き取り育ててる)ウィルミナの立場は崖っぷち・・・
クレア( ジュディス・ライト)に追い出されるのも、時間の問題だってョ・・・
 そして、最愛の妻モリーを失ったダニエルはチベット旅行中。
いつ帰ってくるのかもわからない・・・
ミード社は、『モード』は、どうなっちまうんだ〜?
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD] 続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa