トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「トライアングル」

「トライアングル」 最終回 決着

 ついに犯人と対決することにした亮二(江口洋介)を迎えた信造さん(北大路欣也)は・・・
「25年前、君が第一発見者だという事実を掴めず、君の心の傷に気づいてやれなかったことをふがいなく思っている・・・すまなかった」と、頭を下げるのでした。

 待ち合わせ場所はスタジアム・・・何でまた・・・( ̄‐ ̄*)?犯人が狙いやすいように?
思わせ振りに靴音を立ててやって来た均さん(大杉漣)に、亮二は
佐智絵ちゃんが自分の子供ではないと思って、娘を愛する事ができず殺したのでは?と追求するのでした。
 そんな亮二を離れた場所から狙う丸さん(小日向文世)・・・を狙う舜(稲垣吾郎)。

 全ては真犯人の丸山をひっかけるためにやったことだった。
サチ(広末涼子)が撃たれた時と同じ状況を作れば、また2人を狙うはずと考えたんだってさ・・・
 結局、犯人は丸さんか〜〜(; ̄ー ̄)...
動機は、均の会社に勤めていた妹が収賄の罪を着せられ自殺したことに対する復讐・・
信造さんの捜査の邪魔をしていたのは警察OB代議士の堂島って人らしい・・

 え〜〜でもさ〜堂島の弱みを握ってたのは新藤(宅間伸)なんでしょ〜?
でも、最後の最後まで捕まえた丸山を本部で横取りしようとしたり、
亮二をリヨンに帰るようしむけたりして圧力かけてきてたでしょ〜?
何か噛み合わなくない?
 25年前の佐智絵ちゃん殺人事件の初動捜査の段階で、新藤が関わってきてると思って圧力かけて信造を捜査からはずすってのはわかるけどさ〜
 もう新藤死んでるし〜

 そもそも新藤って、25年前にその代議士を脅迫するとかして捜査を中止に持っていくよう直接的な行動にでも出たの〜?
別のことで脅してたとか言ってなかったっけ?
でも、新藤犯人じゃないんだからそんなことする理由ないよね?
むしろ清子の娘が殺されたんだから、捜査協力申し出るぐらいの勢いあってもいいよね?
 なんか流れ聞いてたら、その代議士が新藤が事件に関わってるって思って、勝手にビビッて圧力かけたっていうふうに見えたんだけど〜
圧力ってそんな不確かな情報でかけるものなんだ・・・・・(#^ω^)続きを読む

「トライアングル」 第10回 十字架を背負う者たち

 いや〜今週もたいした進展なし・・・┐('д')┌
サチさん(広末涼子)が無意味に死んでしまったことぐらい・・・
均(大杉漣)と亮二(江口洋介)の会話もあれっきりだし・・・

 親父さん(北大路欣也)のアドバイスで八ヶ岳に向かった舜(稲垣吾郎)は、
15年前の郷田家別荘火災の記録から放火の疑いがあったことを知る。
で、聞き込みから、火災発生時に新藤(宅間伸)らしき男が別荘のあたりをうろついていたこと情報を得る。
 てか、お父ちゃん、自分も来たんならとっとと知った内容息子に伝えろよ・・・
回りくどいことばっかりやってるから、犠牲者が増えるんだよヾ(*`ェ´*)ノ ったく!

 丸さん(小日向文世)は課長から無くしたと思われた銃を渡される。
自分のとこに紛れていたんだと・・・
で、拳銃紛失がバレたら、自分の身もヤバイので黙ってるようにと命じて去っていったわ〜
なに〜どういうこと〜?コレ、ホントに紛れてたの?( ゚Д゚)ハァ?
サチを撃った銃は「レミントンM700」と特定されたんだけど・・
コレも信用していいんだか・・
 「現場にいた3人からは硝煙反応なし」って報告があったから、じゃあ丸さんも撃ってないんだよね?

 重体でICUに入っていたサチは意識を取り戻し、最後の力をふりしぼって清子(風吹ジュン)や亮二にその思いを伝えるのでした。
「私、気づいたの・・・
真実を明らかにしても、あなたは救われないってことを・・
今以上に重たい荷物を背負うような気がする。
私は、あなたに会えたから、自分の人生を生きようって思えたから・・・だから大丈夫。
あなたの笑った顔、もっと見たかったなぁ・・・」サチ
トライアングル オリジナル・サウンドトラック
続きを読む

「トライアングル」 第9回 真実の向こう側

 いや〜このドラマってなんか無意味に殺されたり、撃たれたりとか多くないか?┐(-д-`;)┌
サチ(広末涼子)って死んだの?予告では生きてたよね?
ここで死んだら、またしても不必要な死が・・って感じだわ〜

 てか、均さん(大杉漣)「決着は自分でつけます」とか言ってたけど、彼は亮二(江口洋介)が犯人だと思ってたのかい?
でも、丸さん(小日向文世)の拳銃盗んだりできないよね?
独自に入手したの?それとも信造(北大路欣也)が貸したの〜?
そもそも、サチって誰に撃たれたの?
 また?マーク責めになってごめんなさ〜い・・
だってねぇ・・このドラマ、私の疑問に全然答えてくれないもんだから・・

 佐智絵ちゃん殺害現場で会ってしまった亮二と信造・・・
「(志摩野は)殺されたんです、あなたに。違いますか?
葛城のお父さんを使って殺したんじゃないですか?
25年前の事件もあなたと葛城のお父さんが関与している」亮二
「証拠はあるのか?」信造
「犯人を起訴し有罪にすることが俺のゴールじゃない。知りたいだけです。
おれはただ真実が知りたいだけです」亮二
「今のままじゃ君のゴールは幻に終る。
犯人であることの確実な証拠がない限り、真実とは言えないんだよ」信造

 自分に限らず、犯人と断定するには証拠がないと意味がないと教えているふうの信造さん・・
自分で捜査できないけど、亮二や舜に犯人を見つけて欲しいなら、もっとヒントとかあげなきゃ・・
トライアングル オリジナル・サウンドトラック
続きを読む

「トライアングル」 第8回 アリバイ

 今回の亮二(江口洋介)は、猜疑心の塊になってましたね〜
「俺は、無くしてしまったんですよ・・あの時。人を信じる力を・・無くしたんです」

 25年前、佐智絵ちゃんが殺された現場で亮二は、犯人と思われる男の声を聞いていた。
「動くな。振り向くな。後ろを振り向けばお前を殺す」
その声で佐智絵に何が起こったかを悟った亮二は、彼女を置き去りにして逃げた。
彼女の血で染まった手のままで・・・
 怯える亮二に、兄は「黙っていた方がいい。誰かに話すと、今度はお前が危ない」と言った。
それで、亮二は時効が過ぎるのを待っていたのですね・・・

 それから25年間、亮二は彼女を見捨てた罪の意識と、犯人に自分の存在を知られ殺されるという恐怖と戦いながら身を潜めて生きてきた。
 もしかして、兄は亮二と間違われて殺されたんじゃ・・・?
両親もその巻き添えを食らって亡くなったとか・・・

 時効が終わって犯人探しを始めた亮二に怯えた真犯人が、彼と間違って志摩野(堺雅人)を殺した。
「また25年前と同じ・・・闇に葬られるの・・」サチ(広末涼子)
「そうはさせない。あの頃とは違う。俺は逃げ出したりしない。
志摩野さんを殺した奴をこの手で必ず、必ず捕まえてやる」亮二

 この戦いに勝たなければ、亮二はあの時から逃れることができない。
10歳の自分のまま・・・大人になることができない・・
佐智絵のためだけでなく、自分自身が生きていくためにも、真実を明らかにせずにはいられないのです・・続きを読む

「トライアングル」 第7回 上海の夜 引き裂かれた絆

 「あなたが志摩野さんを殺害したっ!!」予告で亮二(江口洋介)が叫んでおりましたが・・・
あの相手って・・・髪型は丸すけ(小日向文世)っぽかったですが・・
舜(稲垣吾郎)の場合は寝返ったと見せて潜入だと思うけど、
本当に寝返っていたのは丸すけだったか・・・Σ( ̄ロ ̄ll)

 そりゃね・・・丸すけにも生活がありますから・・・責めることはできんわ・・
でも・・・志摩野様を返せ〜〜!
志摩野様ーーーーーーーー!(「卑弥呼さまーーー!!」)ヽ(o`Д´o)ノ

 暴漢に襲われるという前フリしておいてから、殺されたことにしたんじゃないよね?
あんなにたくさんの人の前で死んだフリなんて大変すぎるもんねぇ・・・
破産手続き取っていたから、死んだ事にしていずれ別の名前で復活するんじゃ?とか思ったんだけど・・
清子(風吹ジュン)とサチに手紙を送っていたのも遺書的な感じを強調したのかな〜とか・・・
 
 上海では志摩野の死は自殺として処理されたけど、亮二はインターポールから入手した情報で志摩野が日本でしか手に入らない毒物で死んだことを知ったのよね。
で、日本から来た誰かが、亮二を殺そうとして代わりに志摩野を殺してしまったと推理したのさ〜
 でも、志摩野だって日本から来たんだけどね・・・

 志摩野がサチに宛てた手紙に書いてあったけど、彼は10歳の時に日本に来てるんですね。
その時、事件関係者と関わりが?って思ったけど、志摩野が10歳の時は亮二達は6歳だもんね・・
佐智絵ちゃんが殺されたのは10歳の時だから時期がずれてるわ〜

 『君の手に触れ、僕は誓った。いつか迎えに来るからと。
今はまだ子供だから、いつか大人になったら、君を助けにくるからと。
その後の上海での僕を支えたのは、君の存在です。
お金持ちになって君にもう一度会いにいく、それが僕の夢だった。
でも、もし、まだ子供だったら、あの頃、あの時触れたあの手を離さず君と一緒に生きていたら・・
子供時代を君と一緒に過ごしていたら・・
きっと、けんかもできたし、笑う事も、泣く事もできたかもしれない・・』

 志摩野様ーーーーー!。゚ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン
あの時失ってしまった時間・・・・
そしてこれから過ごすであろう時間を奪われてしまった悲しみ・・
やっとお兄ちゃんと会えたのに・・・
 てか、亮二がいらんことするから・・・(#`-д-)続きを読む

「トライアングル」 第6回 哀しき殺人者 

 にゃ、にゃんと!来週志摩野様の命がっ・・・?! Σ(艸゚д゚*)ガガーン…
それが一番気になるんですけどっ!

 志摩野様(堺雅人)の正体はサチ(広末涼子)のお兄様でした・・・
てか、真知子(市川実和子)も、とっとと志摩野がサチの身辺を探ってたことを話しなさいって。
アンタが一番胡散臭いっての・・

 サチと志摩野がラインで結ばれたということは、彼も25年前の事件の犯人ではないってことだよね・・
いろんな人物がごちゃごちゃいるからさ〜
消去法で除いていかないと・・
まぁ、ホントの兄だとしてね・・・
(ホラ、ホントの兄は死んじゃって、その友達が捜すとかってよくあるパターンじゃん?)

 でも、事件には関わりがあるのか?
信造(北大路欣也)と佐智絵のお父ちゃん均(大杉漣)が2人の事を話し合ってたよね?
てか、均と信造の関係がわからないぞ〜!!

 新藤(宅麻伸)が言っていた「懐かしい人から連絡があった」というのは信造?それとも均?
まさか秋本(佐々木蔵之介)じゃないよね〜?

 新藤を殺したのは富岡(谷原章介)でした。
新藤と清子(風吹ジュン)を捜しにいったまま一晩帰らなかった亮二(江口洋介)が疑われたんだけど、亮二は富岡と新藤が会っている場面を見て、ずっと2人を追っていたんだね。続きを読む

「トライアングル」 第5回 消された真実

 「大丈夫なんですか?」黒木
「もうやっちゃったんだから、しょうがないだろ!腹くくるよ」丸山
「やりますねぇ、丸助!」亮二 
「(∀;) にやり・・」丸助

 昇進を餌に、24年前の「葛城佐智絵ちゃん殺害事件」の捜査にストップをかけた信造(北大路欣也)だったけど、直前で丸山(小日向文世)の中にあった刑事魂に火をつけちゃったねぇ・・・
「君は案外簡単な男だったな・・」
 そして、亮二(江口洋介)の信念と舜(稲垣吾郎)の決意を目の当たりにして、
動かずにはいられなかったんだねぇ・・
賞状を破ろうとしたけど、破れず、戻すところが丸さんらしいや・・

 でも、信造は何であんな事言ったんだろう・・・
あんな事言ったら、丸助の気が変わることわかってるはずだよね。
信造も誰かの指示で動いていて、本当は犯人を見つけて欲しいんじゃないのかな?
舜を会場から見送る時の目は怒っていなかったよね?

 清子(風吹ジュン)が新藤(宅麻伸)に会いに行くと言って姿を消した事をサチ(広末涼子)の電話で知った亮二たちは彼らを捜しに行くの・・・
で、かつて2人が働いていた職場の近くのビルから、新藤を発見した亮二は何かを見たはずなんだよねぇ・・・

 しかし、新藤は次の日、唯衣(相武紗季)の車のトランクから殺されて発見される。
これは脅しだよね・・・
これ以上過去の事件を掘り起こすと、あんたらもこうなるぞ・・という。
新藤が東京を離れると言っていたのも、命の危険を感じていたのかもしれないし・・続きを読む

「トライアングル」 第4回 衝撃の告白

 「殺された・・・そう、佐智絵は殺された!
わたし・・・・佐智絵を殺したのは・・・・私よ!」
頭を押さえ座り込む清子(風吹ジュン)を亮二(江口洋介)は冷静に見つめていた・・

 いや〜「殺した」ってのは結果的に「殺人」に導いてしまったってことなんじゃないの?
でも、予告で亮二は「新藤と清子が共謀して殺した」とか言ってたよね〜?
やっぱりそうなのかな〜?
 清子が新藤(宅麻伸)に別れ話を切り出して、それで怒って娘を殺害とかなら分かるけど、母親と愛人で娘を殺すって・・・理由がわからんわ〜

 逮捕された小巻(反田孝幸)はスナック野原で会った「顔にアザのある男」にサチの手紙を奪うように頼まれたらしい・・・
 清子を訪ねて来たのも手紙の件だったのかね・・?

 手紙を持ってくるようサチを呼び出して、エレベーターをわざわざ止めて「爆弾と思われる箱」を置いて去っていった新藤・・・
脅しだったんだろうけど、やることがまだるっこしいよね。
てか、あの爆弾かわいいぞ!
 新藤も誰かに頼まれている?

 相変わらず怪しさ癸韻旅ちゃん(稲垣吾郎)の父親信造(北大路欣也)・・・
かつての部下宮部(浅野和之)が亮二たちの捜査に協力しているのに気づいて
プレッシャーをかけに来てましたね。続きを読む

「トライアングル」 第3回 私が愛した容疑者

 「最近ね・・嫌な男がいるの・・すごく嫌な男・・・どうしよう・・」佐智絵
「あいつだ!きっとあいつがやったんだ!!」亮二

 亮二(江口洋介)が佐智絵から聞いていたのは「男」の存在・・
彼女はその男を恐れていた。

 しかしサチ広末涼子)は、ずいぶんと志摩野(堺雅人)を信用しているんだね・・
間に真知子(市川実和子)が入ってるからか?
でも、真知子もな〜んか胡散臭いやっちゃ・・・
そっと、志摩野の事を探ったりしてるし、それもサチのためって感じでもないし・・・
そもそもあの関西弁も怪しいよ・・
真知子も誰かに頼まれてるのか?

 サチは、志摩野には、男に手紙を持ってい来るように言われたことを話してましたね。
その手紙を手に取った志摩野は、燃やしてしまいました。
「殺された葛城佐智絵に関することは、もう全て消し去った方がいい。
今を生きるのに過去なんて必要ない」

 サチのためを思って言っているのかな〜?と思ったら・・・
佐智絵の父均(大杉漣)と通じていた志摩野・・・
でも、相変わらず「謎の男」だけど・・
ということは、今までの志摩野の動きは全て均の指図だったのか?
手紙を燃やしたのは証拠隠滅?
サチに25年前の事件の事を知らせたくない特別な訳があるようで・・・

 でも、サチが偶然、佐智絵の手紙を読んでしまった時から、彼女は否応なく過去に引き寄せられて行く・・・

「今、しあわせ?誰かの代わりとして生きる人生は幸せか?
どんなに必死に守ろうと君の知らない過去が今の君を苦しめる。
葛城佐智絵として生きていく限り、この先もずっと。自分の人生を生きろよ」郷田
「私は知ってます!あの時、何を書いたのか。どんな思いで手紙を書いたか。
私だけが知っている葛城佐智絵の過去です!」サチ続きを読む

「トライアングル」第2回 過去からの手紙

 『大人になったあなたへ
助けてあげてください。
僕はまだ子供だから、どうすればいいかわからないから。
でも、すごく悩んでると思うから。
葛城佐智絵さんを助けてあげてください』

 サチ(広末涼子)をかばって刺された郷田(江口洋介)は、嬉しそうに微笑みを浮かべて、倒れた。
佐智絵の秘密を知っていた亮二は、過去に彼女を守れなかった事を悔やみ、
今、その代わりに生きているサチを守ろうとしているのでしょうか。

 サチはやはり、殺された佐智絵の代わり施設から引き取られた子供だったんですね。
娘の死の衝撃にたえられなかった母清子(風吹ジュン)は、サチに出会った時に
佐智絵は殺されていなかったと、記憶を塗り替えた。
でも、ふとした拍子に過去の記憶が蘇り、混乱し錯乱状態になる模様・・・
 な〜んか、意外と清子が殺したんじゃないか・・って気も・・・
自分で殺しておいて記憶を抹消したっていうか・・・
異常な状況で記憶を消してしまったんじゃないか・・って、今回見てて思っちゃいました。
 
 そういえば、佐智絵の死因がわかりましたね。
撲殺・・・黒木の父(北大路欣也)は「あの殺しは10歳の少年には無理だ」って言ってたけど・・・

 佐智絵の手紙のことを清子に電話したのは、富岡(谷原章介)なんじゃないですかね・・
堀米(マギー)の狂言強盗も、富岡が自分の記事の付加価値を高めるためにそそのかしたみたいだし・・・
彼は佐智絵が何か秘密を持っていて、そのために殺されたことはわかっているけど
その内容までは知らないんじゃないでしょうか・・・
 谷原章介様が今までとは違った卑怯な男を演じておりますわ〜

 サチはその手紙を見つけ、中身を知ったようですが・・・
まさか、また性的虐待とかってんじゃないだろうね・・・続きを読む

「トライアングル」第1回 誰が少女を殺したか

 まぁ、おもしろかったんじゃないでしょうか〜
時間の経過の描き方がおおざっぱなような気もしましたが・・・

 少女の殺人事件があった1984年1月12日、
河川敷に倒れている少女の側で震えている少年・・・激しい息遣い・・手には血が・・・

 そして時効となる15年後の1999年1月11日、
東城大学付属病院、オペが終わって血のついた手袋を男が捨てている。
兄の言葉が蘇る・・・
「時効って知ってるか?殺人事件の時効は15年だ」
「15年・・・」少年

「時効成立まで あと6時間34分」

 私物をダンボールに詰める男・・・過去の、兄との会話を思い出す。
「時効が成立するまで見つからなきゃいい」少年の手の血を洗い流してくれる兄。
「時効が・・成立するまで・・」少年
 そして、外の雪をみつめながら時が過ぎるのをじっと待っている男・・

 1999年1月12日午前0時 葛城佐智絵ちゃん殺害事件 時効成立
ほっと息をつく男・・・
白衣を脱ぎ捨てた男は病院を去っていく。

 さらに10年の月日が流れ・・・・2008年12月。
男はフランスのリヨンで国際刑事警察機構(インターポール)本部で働いていた。
(思い切った転職です・・)
そして、決意を秘めた顔で、日本に向かう事を同僚に話していた。

 さて、ここで整理をしてみますと・・・
殺された少女の側に立っていた少年は郷田亮二(江口洋介)、
亮二の手の血を洗い流してくれたのは彼の兄雄一、でも墓石の裏に24歳って記してあったから、もう亡くなってるのね。
 両親らしい名前もあったから、亮二の身内は一緒に御墓参りした妹唯衣(相武紗季)のみ。
 少年が、少女を殺したのか・・それとも現場にいただけなのか・・それはわからない。
ブログランキング
ポチッとしていただけると有り難いです ヾ(*゚∀゚*)ゞ
続きを読む
最新コメント   
記事検索
最新トラックバック
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa