トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「医龍 3」

「医龍 3」 第10話(最終話)

 。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 うわーーーん!黒ちゃんが死んじゃった・・
何かかわいそすぎるよう・・・
てか、どうせ死ぬんだったら、思いっきり悪役に徹して欲しかったわ・・
で、最期になって分かり合う・・とかさ。
何か中途半端だったよう・・・せっかくのエンケンさんなのに。
さりげなく死んて行ったのが悲しい。もっと花道を作ってやって欲しかったわ・・

 で、またまた去っていくフーテンの龍・・
今度はどこへ行くのやら・・
って、いつもみたいにヘリに乗らないでドサっと座り込んじゃったから
『眠れる森』のキムタク状態で、死ぬんじゃ・・?って思ったぞ。
((´∀`;)すいませんね、何かと言えば『眠れる森』出してきやがって・・ってお思いでしょ?
だって、もうトラウマになっちゃってるんだも〜)
アレは、これからも龍ちゃんは、医師としての果てしない荒野を歩き続けるって意味なのかい?

 いろいろうるさく文句言い続けたけど、終わってみるとやっぱり寂しいねぇ。でも、やっぱりエピソードの配分が今シーズンは極端だったよね。
「ふーーーん」って見てる回と「キター!!」って見てる回が8:2ぐらいの割合だったし、
回を重ねることでできるリズムがなくて、見てる側が『医龍』カラーを必死でさがしてたって感じだったにゃ〜

 振り返ってみますか・・・
胸部心臓外科では、同時に最高難易度のオペをすることになったんだったわね。
高瀬(渡辺いっけい)の妻春香(出口結美子)の『ベンタール トータルアーチ手術』、
ピアニストのナターリア(Asya)の『トリプルバルブ修復手術』。
医龍3 THE BEST「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第9話

 いやいやいや・・・やっと『医龍』らしくなってきたんじゃないスか?
今回の後半になって、いろいろと動きがありましたョ。
黒べえはやっぱり『白血病』。それも末期・・・
さすがの龍ちゃんも白血病は直せないよなぁ・・・
まさか、このままお隠れになるんじゃないよね?
せっかく黒やんも加わって最強のチームができあがったと思ったのにさ・・

 そして、待ってましたよ〜北洋のお二人さん!
外山(高橋一生)ったら、トレードマークの白ベルト、少し太くなったんじゃな〜い?
相変わらず、アメちゃんが手放せないのね。
MEの野村ちゃん(中村靖日)も「暴れましょう」とは逞しくなったものよのう・・
でも、その自信に満ちた顔が頼もしいわっ。
さぁ、思いっきり暴れてもらおうか。

 振り返ってみましょう・・・
野口(岸部一徳)の突然の帰国!
(・・・ってホントはずっと日本に居たのよね)
で、あんなにチーム・ドラゴンを目の仇にしてたのに、急に朝田(坂口憲二)に
「大いに働いてもらうよ」とキラースマイルを向けるのでした。
医龍3 THE BEST「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第8話

「ホントにできるのか?」荒瀬
「誰に言ってんだ?俺は、朝田龍太郎だ」

 龍ちゃん、復活!(´∀`;)ハハハ・・・良かった・・よ・・ねぇ?
さ、振り返ってみますか。

 龍ちゃん(坂口憲二)の指の震えは『PTSD』。
原因は、龍ちゃんのトレードマークにもなっている背中の龍マークの火傷ができた時に遡るよ。
火傷のせいで『外傷性新損傷』のオペができず、少年を死なせてしまったことが
朝田の心のトラウマとなって残ってたらしい。

 で、よその病院の脳神経外科で診察を受けた朝田を黒木(遠藤憲一)が見ていた!
すぐに荒瀬(阿部サダヲ)にチクる黒べえ・・・
わかってますよ、本当は朝田のことが心配なんでしょ?

 そんな時、いつもどおり徹(今井悠貴)の状態が悪化。
心臓移植のドナーは現れないから、オペをするしかない。
最初は執刀を引き受けた朝田だったけど、やはり指の震えは止まらない・・・
前日にチームのみなさんに『PTSD』であることを話し、執刀医を降りました。
 執刀は加藤(稲森いずみ)、第一助手は伊集院(小池徹平)、朝田は第二助手ってことで落ち着いたぞ。
でも、朝田に手術してもらえるという希望だけで生きている徹には、このことは絶対秘密。
医龍3 THE BEST「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第7話

 記憶が戻ったと思ったら、今度は指が!
って、まだ事故から1週間じゃ当たり前なんじゃ・・・
(それとも、私の気づかないうちに何週間か過ぎてんのか?)

 ( ゚Д゚)てか、無理なリハビリのせいじゃないの〜?
いくら超人朝田龍太郎でもねぇ・・・15階だか16階だかから転落して
3週間で復帰って計画、無謀じゃないのぉ・・・

 さて、伊集院(小池徹平)や荒瀬(阿部サダヲ)の顔を見てもぼんやりしていた龍ちゃんは、
事故のせいで『びまん性脳損傷』になったらしい。
怪我が治って、記憶さえ戻れば医師として復帰できるということで、
超難関のオペを3週間後セッティングする加藤(稲森いずみ)。

 なんか、こえぇ病院だな・・・(;´゚∀゚`)

 その患者は、『SLE(全身性エリテマトーデス)』の佐藤理恵(星野真里)。
妊娠34週目。
胎児は母体の中では生きられるが、出産した途端に脈拍が落ちて死んでしまう
『先天性完全房室ブロック』のため、帝王切開で取り上げて、すぐにペースメーカーを埋め込む手術が必要。

 取り上げてからのタイムリミットは2分間。
新生児科、産科、ナース、胸部心臓外科の総力戦ですってョ。

 ところで、理恵の夫修一(吉田栄作)は、加藤の元恋人で9年前には婚約していたお方・・・
二人の会話を木原(池田鉄洋)が立ち聞きしていたもんだから、すぐにチームのみなさんに広まったぞ。

 いや〜吉田栄作さんが出てくると、独特の雰囲気が満ちますよね〜
重いっていうか〜堅いっていうか〜(´∀`;)トレンディっていうか〜
医龍3 THE BEST「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第6話

 徹(今井悠貴)を助けようとして転落し、ERに運ばれた朝田(坂口憲二)はショック状態。
急性心不全と肺不全も起こしており『僧帽弁、三尖弁、共に腱索が切れて、さらに高度の逆流。
特に僧帽弁は弁の役目をしていないほど逆流している』・・・

 って、書いてても何がなんだか・・・(´・д・`)ゞ???
ボーーーーーっと、突っ立ってる伊集院(小池徹平)の代わりに指示を出しまくる藤吉先生(佐々木蔵之介)。

 加藤(稲森いずみ)はオペ中。
鬼頭(夏木マリ)は、もうオペ引退したから(嘘)ダメ〜
明真には、オペできる外科医は伊集院しかいない!

「瞳孔が散大してきている。すぐオペしないと心臓は二度と蘇らない。朝田は死ぬぞ」藤吉
「・・・・・・加藤・・先生は・・」伊集院

 (`Д´) だからオペ中なんだって!!
モタモタしないで、とっととオペ始めんかい!!
って、わたしゃ、TVの前で3回は怒鳴ったよ・・・
オペ室用意できたって言っても、動こうとしない伊集院にイライラ。

「今、朝田を救えるのはお前しかいない」藤吉
「でも・・・僧帽弁と三尖弁の形成なんて、僕には無理です・・・」伊集院
「お前しかいないんだ!加藤も荒瀬もオペが終わり次第駆けつける。
お前はひとりじゃない」藤吉
「僕はもう、チームの一員じゃ・・」伊集院

 カーーーーーツだ!! o(゚ロ゚┌−−−−−−−−θ☆ノ゚ロ゚)ノ
時間がありませんのにーー!できるかできないかやってみなきゃわからんだろうがー!
医龍3 THE BEST「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第5話

 ギャ━━━(゚ロ゚;)━━!!
龍ちゃんがあああーーーーーーー!!何てこった・・・・
あのガキ(すいません、気が動転して)の自殺を止めようとして落っこちたんかい・・・・

 で、予告で「朝田先生を救えるのはあなたしかいない」って伊集院がオペしてたけど、
加藤は?なんで加藤が執刀しないんかね?
はっきり言って、加藤の方が腕は上だよ・・ねぇ・・・?
鬼頭だっているじゃん!まさか、この一大事に執刀しぶるほどケチくさくはないんじゃないの?

 まぁ、いい。
しかし、伊集院を外科に戻すために、朝田を瀕死の状態にするって・・・あざとすぎるよ〜( ̄□||||!!
脳がやられちゃったら、手も自由に動かなくなるんじゃないの?うぅ・・・・
にゃんか、すっきりしないにゃ〜
フジテレビ系ドラマ「医龍 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック「医龍2 Team Medical Dragon」オリジナルサウンドトラック続きを読む

「医龍 3」 第4話

 ( ゚Д゚ )あら〜伊集院が取り込まれちゃったワ・・・
自分のことをぞんざいに扱う胸部心臓外科に見切りをつけたか・・・

 ERに来た乱暴者・横田のおっちゃん(本田博太郎)のACS(急性冠症候群)を見つけ、IMA取得に大きく貢献したにも関わらず、ちょい褒め程度で終わっちゃったのがアレだったようです。
 やっと自信とやりがいを掴んだと思ったのに、手の隙間からザラーーっと落ちちゃった・・
 加藤ちゃん、若者は褒めて育ててあげて〜(って、耳が痛いが・・)

 そんな伊集院(小池徹平)の心の隙間に入り込む黒木福造(遠藤憲一)。
まめに伊集院のことをちゃんと見てるよとアピールし、寄り添うように声をかけ続け、
迷いがピークになったところで、「心臓外科医は直接命を永らえさせる心臓を治すから傲慢になる」。

 ここで、伊集院、第一ドーン!(´゚Д゚`)
心臓外科医はチーププレイと言われているが、脚光を浴びるのは執刀医だけだと、伊集院の心を見透かすように話したりして・・・

 その後、自分も心臓外科医だったけど内科医に転向した実体験を話して、
第二ドーン!=( ̄□ ̄;)⇒
そんな道アリなんだ?!と衝撃を与えると同時に、黒木に自分を同化させる伊集院・・・ 

続きを読む

「医龍 3」 第3話

 さすが龍ちゃん・・よくやっておくれだね
龍ちゃんの医師としてまったくブレない患者への思いを目の当たりにして、
加藤の目も覚めたようだし・・・
何より荒瀬(阿部サダヲ)とのペアが戻ってきたのが良かった!

 そりゃあさ、私ぐらいのおばちゃんになれば、内蔵見せる代わりに手術代負けてや!とか言えるけど、うら若い15歳のお嬢さんにとっては心臓周辺をカメラで撮って、大勢の人に見られるなんて耐えられんですョ。
そんなストレスを感じながらオペ受けたら、術後の回復にも影響するわさ。
何より、一度失われた医師と患者との間の信頼感は回復できないぞ。

 さて、例によってエレベーターで一緒になる龍ちゃん(坂口憲二)と黒木(遠藤憲一)。
龍ちゃんが明真に戻ってきたのは仲間に呼ばれたからだと答えたら鼻で笑ってたぞ。
 で、「それがお前の弱さだ。その弱さはいつかお前を殺す」と、
エレベーターが閉まる絶妙のタイミングで宣告しておりました。

 (o゚Д゚o)エンケンさん、一発でOK?

 鬼頭(夏木マリ)は、IMA取得のため、世界の心臓外科医トップ5を招いて「ライブデモンストレーション」を行うことを決定。
で、当然、自分ら「チームドラゴン」がオペを見せるのかと思ったら、「チーム黒木」の「カテーテルアブレーション」だと聞き、加藤(稲森いずみ)は呆然ですョ。

続きを読む

「医龍 3」 第2話

 さて、朝田(坂口憲二)が4時間かかった「左冠動脈主幹部狭窄」の治療をたった45分で終わらせた黒木(遠藤憲一)のことを、自分の手柄にして、
カテーテル治療がオペよりいかに優れているかをアピールする野口(岸部一徳)。

「4日もあれば」退院できます」黒木
「4日?オペなら2週間はかかる。すごいなぁ」野口
「それがカテーテルです」黒木
「オペよりよっぽど体にいいみたいだね。これじゃあ、オペ受ける人いなくなっちゃうなぁ」野口
「チームにもすぐ戻れますよ」黒木
「まさにゴッドハンド。アンビリーバボー」野口

 いや〜この棒読みっぽい野口の口調が腹立たしいわ!
謙遜する体を取りながら、ちろっと朝田の反応を伺う黒木にもイラッ。

 さらに野口は切開部位も小さく傷も少ないカテーテル治療は患者への負担が少ないからすぐに退院できる、病院側もベッドがすぐに空いて利益率が上がると主張。
「いわば回転率の高いレストラン。客は倍増するし、時間も短いから、医者も一日何人も治療できる」

 (´・∀・`)なるほど〜わかりやすいわ・・
野口は黒木を中心にして循環器内科のカテーテル部門を強化し、これを明真改革の柱に据えて、「IMA(世界の病院審査機構)」取得を目指し、世界中から患者を集めるつもりらしい。

 にゃるほどね〜タイやフィリピンで人間ドックを受けると安いからってんで、
観光のついでに受ける人も増えてるっていうし。
高度で確実な医療技術による治療が安く受けられて、ついでに観光もできるってのは魅力だよね。
 って・・すっかり野口に洗脳されてるじゃん・・・(・∀-`;)

続きを読む

「医龍 3」 第1話 

 エンケンさん、やっと登場!
でも、何で銀髪?ちょっとコスプレっぽいぞ。
( ̄ー ̄?)しかも、カテーテル医って何?
カテーテルで何でも治しちゃうの?
藤吉先生(佐々木蔵之介)、いつものように説明して〜!

 それにしても、藤吉先生・・・
ヾ(- -;)なぜ、いつもあんな思わせぶりな表情をして黙ってる?
朝田が間に合わなくて、きっとエンケンさんが手術してくれてるんだろうと思ってたけど、
一瞬、第一回で荒瀬死亡か?!とか思っちゃったじゃん!

 いや〜例によって盛りだくさん・・・
息つく暇もない2時間でした。
しかし、坂口さん、前より痩せたんじゃ・・・お髭のせいかしら〜

 さて、明真大学付属病院は「医龍 2」最終回で暴露された野口教授(岸部一徳)のスキャンダルのせいで患者は激減し、有能な医師はよそに移ったせいで医師のレベルも落ち、ますます患者が減るという悪循環に陥っていた。

 人一倍臭覚の鋭い鬼頭(夏木マリ)なら、とっくにこんな難破船見捨ててるだろ・・・思ったら、まだ残ってたのね〜
辞表を提出しに行ったら、何でも条件を飲むから残ってくれと頼まれ、新学長に就任したようです。
 で、明真大学付属病院の抜本的改革を発表しましたぞ。

 そうなると彼らを呼び戻さなきゃ・・・
アメリカで小児心臓移植のスペシャリストとして活躍していた加藤(稲森いずみ)、
戦地で医師として治療にあたっていた朝田龍太郎(坂口憲二)、
心臓移植の順番を待っている間に娘さんが亡くなった後、地方で臨床医として働いていた藤吉、
みんな鬼頭の招集に応じ、明真に戻ってきました。
医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa