トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「サキ」

「サキ」 最終話 悪女の最後

『一度でいいから、一度だけでも、「サキ」って呼んで欲しかった。
目をつむると、いつも同じ光景が浮かぶ。
お父さんがいて・・お母さんがいて・・隼人がいて・・私がいて・・・
そんな日常が私にとっての大切な思い出。
だから、隼人、いつか、またね。また会う日を楽しみに』

 あら〜サキにしては優しいわ〜と思ったら・・・・
その後、あの『美しい隣人』に繋がるのかしら〜
やっとできた家族を失い、恨み心が再燃!
そりゃ、こんな不運続きだと世間を呪いたくもなるさね・・・(.;゚;:益:;゚;.)
てか、恨みをエネルギーに生きていく女サキ!まさか「さそり」チルドレンがこんなとこにいたとはねぇ・・
「恨みシリーズ」(違うって!)まだまだいけそうやね?

 でもさぁ・・・今回の復讐はそもそもサキの生みの親が悪いんじゃないの〜?
工場持ち直して次の子供作る余裕できたんなら、捨てた子供取り戻しなさいよってね。
捨てた場所もわかってるし、ちゃんと育ってるのもわかってるんだから、コンタクト取るとかさ〜
普通するでしょうよ〜(д) まったく放置状態だったから、サキも怒るだろうよ。

 さて、自宅に火をつけた理事長(高嶋政伸)は隼人(三浦翔平)が助け出したおかげで一命を取り留めました。
あんなに灯油口に含んでたのに、服にもダラダラ灯油かかってたのに、引火しなかったんだね・・・
なんと、強運の男よ・・・

 なんかその後錯乱してたけど、高島さん、いい仕事だったよ。
もう、戻れない道を歩き始めたね。応援していますよ・・・

 サキの復讐の原因を探っていた直美( 内田有紀)や岩城(石黒英雄)はサキ(仲間由紀恵)の目の前で倒れた明美(朝加真由美)の救急車で搬送中、ターゲットにされた男たちと接点があったはずと考えました。
そして、「5人の男たちに殺された」と言っていた最後の男は誰かしら〜?と気にしております。

 「それは俺だよ!」とは言いだせない隼人はまたしても単独行動。
裁きを受ける決意をして、サキの元へと向かうのでした。

 サキはお肉を焼いて、グラスにワインも注いで待ってましたよ〜
隼人が狙われたのは心臓に持病のある明美から腎臓の移植手術を受けたから。
そのせいで死期が早まったそうな・・・
まぁ、そんなこと言われてもねぇ、子供の頃のことだからねぇ・・・(∀)
サキは、隼人に家族の思い出を尋ねたあと話しましたぞ。
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第10話 母を殺した最後の男

 いや〜今回は須藤一家には笑わせてもらったよ〜すばらしい仕事っぷりでした。
さて、恵(富田靖子)に怯えて理事長(高嶋政伸)が逃亡した後・・・・向かった先はサキ(仲間由紀恵)のMS。
ピンポーン!ピンポン!ピンポン!ピンポ!ピンポ!ピンポーンったらピンポーン!!
鬼のように呼び鈴を叩きまくったと思ったら・・・

「どういうつもりだあ?なぁに考えてんだあ?」人相変わってますぞ・・・ 柱| ̄m ̄) ウププッ
「いったい俺が何をしたって言うんだあ?!」
「・・・・・・・」サキ
「答えろお!!」
「言ったでしょ。私の母は5人の男に殺されたって」
「その中に・・・・・俺が入ってんのか・・・?・・・いつだ?いつなんだ?勘違いじゃないのかっ?!
俺ぁ、そんな覚えはないぞっ・・・・」
「そうね、あなたはそうでしょうね・・・・みんな忘れてるって言ったでしょ・・」
「・・・・・・・・」
「やった方は記憶にない。でも、やられた方は忘れない。決して」
「・・・・・・・・」
「見てるわね。あなたの大事な家族が壊れていくの。ふふふっ・・」
「壊れる・・・?」
「ええ、そう。音を立ててね」
「そんなワケないだろっ!!そんなワケ」
ブチッ!電源オフ。

 どこまでも冷静なサキ様なのでした。
美しさが冴えわたっておりますわ〜

 そして、とぼとぼと帰宅した理事長は・・・・
誤解を解こうともせず、休みをとってアラスカにオーロラを見に行こうと誘っております。
このとんちんかんな展開に恵も戦意喪失さ〜

 和君(庄野崎謙)はどうしているかな〜?と思ったら、貢物の指輪をサキの郵便受けに投入。
なぜ、郵便受けに?郵便受けに入れるのがサプライズなの??

 で、その後顔をゆがませて小児病棟を訪ねる和君。
唐突だけど、サキからお礼の連絡がないからキレちゃったのかしら〜?
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第9話 セレブ妻を狂わす疑惑の真珠

 もう、今回の見せ場は走る政伸!それだけ。
しかも、サキから逃げるんじゃなく、妻の恵からだったという・・・・(*∇)ウフフフフ
この場面で笑えたからいいや。

 さて、サキ(仲間由紀恵)との交際問題でモメている須藤家は、すっかり嫌〜なムードに包まれております。
ギスギス、ツンツン、ど〜んより・・・
この状況を打破するためにも、サキと話をつけなければ!と決意した理事長(高嶋政伸)は出勤してきたサキを誘うのですが、翌日回しにされてしまいました。

 でも、恵(富田靖子)とは会ってますョ〜
自分の生き方を肯定してくれて、かつ励ましていると思い込んでいる恵は、もはやサキ教の幹部的存在。
貢物(ハーブティ)を差し出すと、サキは新たな不安の種を植え付けるのでした。

「ラベンダーの花言葉 知ってます?疑惑です。
不安って何から生まれてくるのかな・・・(でたよ。いつものクイズ形式)
恵さん、白を黒にしないでくださいね。
今、恵さんと理事長の関係は真っ白なんです。
真っ白な色に、黒い点が落ちるとそれが広がってグレーになっていく。
一度でもグレーになると、何かある度にそこに黒い点が落ちていく。
そうするとグレーは、どんどん濃くなって黒になっていく。
たった一度でもグレーになってしまうと二度と白に戻ることはできない。
誰かを信じるって簡単なことじゃないですよね。
だからこそとっても大事なことだと思うんです」

 すごいな・・・一見、ポジティブな事言ってるみたいに聞こえるけど、しっかりネガティブな杭を打ち込んでる。
そんなサキ様に恵は感謝するのでした。

 さて、家族関係が悪化した和繁(庄野崎謙)は、サキとの絆を深めようと宝飾品等の貢物を購入し、面会を申し込んだのですが、これまた翌日へと回される。
もちろん、親子を鉢合わせさせようって腹さ。
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第8話 母のための復讐 真夜中の誘惑

 なんか、細かいところでツッコミどころが多すぎて、展開に集中できないのは私だけ〜?
それに、もはや怖くもない。微妙だ。

 さて、須藤家では、恵(富田靖子)が女の勘からかサキ(仲間由紀恵)と和繁(庄野崎謙)の交際に異議をとなえております。
まぁ、かわいい息子が連れてくる女性なんて、たとえどんなに完璧だとしても歓迎できないわな。

 息子が深手を負わないうちになんとかしなきゃってんで、サキに会いに行きましたぞ。
で、和繁のことを切り出したら、「お母さん」って呼ぶのもアレなんで「恵さん」と呼ばせてと言いだすサキ。
主導権をこっちが持つってアレか?
さらに自分の年上の女友達の話ってことで、恵と同じような略奪愛をして妻の座に納まった例を話すという・・・

「恵さんは、略奪した方の若い奥さん、幸せになれると思います?
だって、そのご主人、愛人のために奥さんを捨てるような男性ですよ。
幸せを勝ち取ったなんて思っても、御主人の愛を手に入れた瞬間から、いつか自分も捨てられる日がくるんじゃないかって、ちょっとしたことでご主人を疑うようになって、心の底から信じることができなくて、
自分で幸せを壊すようなことをしてしまう。それって、とっても不幸なことですよね」

 ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ このフリ、唐突すぎるだろっ!助走なしかい・・・
でも、まんまとサキの策に乗せられた恵は、この人、なんで唐突に語ってるんだろ?ってことよりも、私の事知ってんのぉ?そして私の不安を見抜いてるー!って事の方が気になったようです。

 そして、サキから「兄弟ごっこ」終了宣言をされてしまった隼人(三浦翔平)は、ショックでふらふらと道を歩いてたもんだから、サラリーマンにぶつかり、ボコボコにされてしまいました。
って、ドラマじゃ主人公が呆然としながら歩いていると、キレやすいサラリーマンに殴られるって展開よくあるけど、都会では頻繁に起こるできごとなのでしょうか〜?
こわいわ〜〜((,,´Θ`,,))
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第7話 母へ 明かされる”悪女”の履歴書

「私・・・血の繋がりを何の疑いもなく信じている人を見るとね・・・・虫唾が走るのよ」 サキ

 さて、情報を整理してみますか・・・
サキの回想が真実だとすると、サキと隼人は本当の兄弟だった。
そして、当たり前田のクラッカーだけど「美しい隣人」の沙希とは別人で、個人病院の院長を務める父親と母親の元で幸せに育ったようです。

 んが、ある日、「血の繋がりのないあの子を20年も育ててきたけど、もうやんなっちゃった」的な母親のボヤキを聞いてしまう。
「いつかは変わると思ってた。でも違った。
年月が経てば経つほど実感するの。私達とあの子は本当の親子じゃないってことを」
てか、このお母さんもあんまりな言いぐさだよ。
20年一緒に暮らせば親子だと思うけどねぇ・・

 重要機密をこんなおおざっぱに知らされてしまったサキは・・・ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!
今まで信じていた「家族」「肉親」絶対神話がガラガラと崩れ・・・
私を本当に愛してくれるのは血の繋がった母親だけという結論に至ったのかどうかわからんけど、自分を捨てた産みの母親を求めるようになったようです。

 2年後、母・明美(朝加真由美)の居場所を突き止めたサキは5年もの間、そっと見守っておりましたが(長いな・・・)、
ついに対面しようとした日に、サキの目の前で明美は発作みたいのを起こし、病院に運ばれたんだけど亡くなっってしまった。
で、現在の復讐鬼的なサキは、この時生まれたらしい。

 その恨みは「救急車を呼んで下さい!」と頼んだのに無視した人間、母親の命を助けられなかった病院スタッフに向けられた・・・のか?
でもさ〜コレって母親のための復讐なんじゃないの?
ってことは、アンタが一番血縁に拘ってるってことじゃないの?
それとも、これから血縁のすばらしさを学習しようとしたとこを邪魔されたから怒ってんの?

 で、隼人デスヨ。
「私達、他人よ」という言葉は、肉親の情を信じている隼人を混乱させ、より苦しめるために言った言葉と思われ・・・
あとで調べて、本当の姉と知ったら、本当の姉なのに何でこんなことを?!って、余計ショックだもんね。

 てか、隼人を恨むアレがよくわからんわ〜
自分は味わえなかった幸せな親の愛ってやつをたっぷり受けて育ち、サキにしてみれば独り占めしていたのが憎いんかのう・・・
サキが一番憎んでいるのは隼人のように思える・・
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第6話 弱者の逆襲 追い詰められた悪女

 さてさて、中川(姜暢雄)の死を知り、あわててサキ(仲間由紀恵)の部屋にぶっとんで行った隼人(三浦翔平)でしたが・・・・
って、まだ本田くん(岡田義徳)居たんだね・・・( ̄∀ ̄;)

 気をきかせて本田が帰ると、さっそくサキを問い詰めましたぞ〜
「野村さんも、そうだった。
姉ちゃんの周りで短期間に、こんな2人も。
何で、そんなことになってんだよ?
その中川って人とは、どういう関係だったんだよ?」

 でも、この程度の追及で揺らぐサキではありませんよ〜
「中川さんのこと私に知らせにきてくれたの?それとも 私を疑ってるの?」
意味がわからないわ・・まさか・・・てな感じで悲しそうに見つめるだけでいいのです。
あとは、勝手に隼人が自分でいろいろやってくれるからさ。

「ほんとは何を抱えてたのかなんて、他人にはわからないんじゃないかな。
いい人に見えたってどんな生き方をしてきたかなんてわからない。(アンタだよ!)
罪を隠して平気な顔をしてる人だっているかもしれないしね。(ターゲットのこと言ってんのか?)
でも そっか・・・(しょんぼり)近くで人が2人も亡くなるって、疑われてもしかたがないことなんだね」

 2しょぼんぐらいで、隼人は大罪を犯したような気になったさ〜
お、俺は、何の罪もない姉になんてことを?!てな感じに思いこまされた隼人はあっさり引き上げましたとさ。
単純だよ・・・

 でも、翌日には直美(内田有紀)に聞いてたけどね。
「偶然の出来事が二度続くことって、あると思いますか?」隼人
「偶然? う〜ん・・・二度まではあるんじゃないかな。
あっ、でも三度の偶然はないと思うな。
もし、三度目があったとしたら、そこにはきっと誰かの意図や思惑があるはず」直美

 やっぱり隼人も自分の中にあるサキへの不信感を肯定して欲しいんだよね。
でも、サキに会っちゃうと丸め込まれちゃう。
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第5話 姉への疑惑

 ついに隼人(三浦翔平)が、サキ(仲間由紀恵)不信感を・・・?!
サキは、うまいこと丸め込むことができるのか?
って、隼人って、中川(姜暢雄)が自殺したこと知らなかったんだっけ?
あの記事のコピーずっと、隼人の机のとこにあったような気がしたけど。
関心ないから、見てなかったの?

 それと、直美(内田有紀)があまりにも普通に「実際に手を下さなくてもスイッチを押す人間がいたら」「それって間接的な殺人」ってことに気付いちゃったのに、笑ったぞ。
岩城(石黒英雄)の「誰かに何かを言われたから死ぬこともある」って発想もいきなりだよな〜って思ったけど。
そういう具体例を知った上で言うなら、アレだけどさ。

「殺したいほど憎い相手がいて、自殺に追い込む?」隼人
「でも・・・確実に相手が自殺するスイッチなんて・・・」岩城
「ないと思うよ〜あるとしたら、確実に相手が壊れるスイッチかな〜
誘導するのがうまくて、押された人間もスイッチ押されたことにすら気づいてないかもしれない。
そんなことができたら、完全犯罪だけどね〜
スイッチを故意に押す人間か〜まさに悪魔だね」直美

 どんどんストーリー上都合よく推理が進んでいくぞ。
てか、野村さん(萩原聖人)も誘導されやすくてアレだったけど、隼人もなかなかのもんだよね〜(^д^;)
そんなんで記者として、やっていけるんでしょうか〜?

 まぁ、とにかく「週刊SPICE」のみなさんで、サキの悪事を暴くんでしょうよ・・・
そのアレで、岩城が殺されちゃいそうな気もするが・・・<( ̄△ ̄)ノ" まぁ、がんばって〜

 さて、自殺した野村さんの葬儀が行われ、列席した直美と隼人は自殺した理由が気になってしょうがない。
で、サキさんに自殺前後の野村の様子を尋ねるのでした。
サキは野村には祐樹(原田佳奈)という妹がいて、6年間音信不通だったけど、最近、やっと会う気になったらしいとだけ教えてあげました。
「一人で行ってしまうなんて(祐樹も連れていけばいいのによ)・・・・・」サキ

 そんな説明で納得する訳もない直美。
「きっと、スイッチが入ったんじゃないですかね?あの日、あの時、瞬間的に?」岩城
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第4話 タブーの結末

 あら、野村先生が狙われた理由は最終回までおあずけかしら〜?(; ̄ー ̄)
でも、一回一回教えてくれた方が見ている方もすっきりするし、満足感もあると思うけど。
引っ張ると、それだけハードルも上がるしさ〜

何か、サキの復讐(知らんけど、怒らせちゃったんでしょ?)よりも食べる場面がメインになってきちゃってるぞ。
言うたら、なんやけど、今回は「美しき隣人」に比べると、ターゲットも小粒・・ごほごほっ・・な感じだから
もっと思い切っていろいろ見せてくれないと、飽きてきちゃうな〜
 来週から直美(内田有紀)が騒ぎ出してサスペンス色が強くなりそうだけど、私がこのドラマに求めているもの(サキの内面のドロドロとか〜巻き込まれドロドロに引きずり込まれていく人間のアレとか〜)と違うような・・・
もっと下世話な感じでいいんだけど・・・( ̄▽ ̄;)

 さて、素直な野村先生(萩原聖人)は、早速、手紙にドロドロを吐きだそうとしたんだけど、突然サキ(仲間由紀恵)が現れたもんだから中止。
(「来ちゃった・・」って、アンタ・・)

 サキは抑圧された野村の心を開放するべく、手紙に気持ちをぶっちゃけることのすばらしさをを唱え続けるのでした。
「世の中も社会も秩序も他人の目も一切関係ない。なりたい自分になれる。
どうせ誰も読めないんだから、全部解放してしまえばいいのよ。
自由は一番の幸せ、不自由は一番の不幸せ・・
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第3話 禁断へ導く女

 野村ーーー!何てコントロールされやすい男なんだ・・・別の意味で恐ろしい子・・(´∀`;)
って、サキさんたら、来週には野村の生まれ年のワインと共に、あの高級和牛を頂こうとしとる。
でも、どこがサキにとってのゴールなのかしら〜?
伊豆に誘い祐樹と一線を越えさせたらOKなの〜?それとも、それを世間にバラすつもり〜?
(って、みなさんの記事を読ませていただいたら、わたしゃ、まだまだ甘かった。
大方の予想は祐樹との心中とな?サキの手腕を楽しみに見せて頂きますわ〜)

 さて、野村(萩原聖人)の部屋で彼の妹祐樹(原田佳奈)と会ったサキ(仲間由紀恵)は素敵なお姉さんの体で接近。
二人の情報を優し〜く聞いてあげたので、すぐに気を許した祐樹からいろいろ情報を得ることができました。
両親が早くに亡くなり、野村が親代わりとなって密着した関係で育ったこと、あの手帳は司法試験に受かった時の祐樹からのプレゼントで17年も使っていること、結婚したけど離婚を考えている事、兄に相談に乗って欲しいと電話をしても応えてくれないこと・・・
「私にまかせてくれる?」サキ

 野村の方はサキが部屋に残したお別れ的な手紙を呼んで、あせって電話をするのですが、牡蠣に夢中なサキは無視。
やっと出てあげたら、平謝りして、会ってもらえるよう懇願しておりました。
なんでしょうね〜サキが自分の悩みを解消してくれる天使だとでも思っているのかしら〜?
Catch Me -If you wanna-  (CD+DVD) (初回生産限定)
続きを読む

「サキ」 第2話 タブーの正体

 祐樹はお前かっ!
なんだ、そのミスリードのためにつけられたような名はっ・・・
最初はゲイと思わせて、次は友達の嫁さんへの横恋慕、実は妹への禁断の恋って・・・
これは思っていたよりも、ハードな展開になりそうですなぁ・・・
まぁ、今時ゲイってことバラされても、ダメージっちゃーダメージだけど、逆にそちら方面のクライアントがつくかもしれんけど、近親相姦だと、さすがに破滅かもな〜〜

 オープニングはいつものように肉料理をするサキ(仲間由紀恵)様の場面から。
あんな高級そうなお召し物に油はねしたらどうすんだ?と心配したのは私だけじゃあるまい。
この時間は、しかけた罠にかかった獲物を想像して楽しむ時間かしら〜?

 野村先生(萩原聖人)は「祐樹」からの着信も無視して、サキから言われた言葉を反芻しております。
で、置いて行った雑誌の、サキが折っておいて、ご丁寧に〇までつけておいた日程に参上する気なのでしょうか。

 サキの方は、かわいい弟君の隼人(三浦翔平)に電話。
「何してた?ごはん作りたいな
やっと家族が持てた姉のために恋人との約束をキャンセルしてまで都合をつけるのでした。
いや〜いくら離れ離れになっていてやっと会えたって、こんなにしょっちゅう会うか?
しかも、恋人かよ!ってレベルの親密度と口調。
でも、姉と生活したことのない隼人は気付かないのか、気づいても姉の気持ちを大事にしたくて従ってる様子。

 そして怪しいくるみ割り人形のようなビジュアルの須藤病院長(高嶋政伸)には、古典的手法・偶然鉢合わせしちゃったわん作戦遂行。
やはりこの前の演出のおかげで、サキにかなりの好印象を抱いている様子。
愛妻家(恐妻家?)であることを賞賛してあげました。
「(親睦会の日に妻の誕生日を優先するって)素敵ですよ、そういうの。素敵です。そういうご夫婦いいなぁって思います」
「恥ずかしがらなくていいんです。ご自分の幸せを
こんな褒め方初めて!と頬を緩ませる須藤なのでした。
美しい隣人 DVD-BOX美しい隣人 オリジナル・サウンドトラック
続きを読む

「サキ」 第1話 接近

『人は幸せよりも苦しみを覚えている。
傷つけたことより、傷つけられたことを覚えている。
きっと、彼らは覚えていないのだろう。
私と会うのが2度目だということを』

 ついにあのサキが帰ってきましたョ〜
マイヤーって名前を捨てちゃったのはちょっと寂しかったけど、パワーアップして、さらに美しくなったそのお姿に期待が高まります。
つけられた傷を何百倍にもして返す女サキ、サキの存在を忘れていた男たちは堕ちるとこまで堕ちてから彼女のことを思い出すのでしょうか。

 「美しい隣人」では女たちの血を思わせる赤い彼岸花がイメージフラワーでしたが、今度は死を連想させる白。
有毒性のあるその花に近づいた男たちに待っているのは破滅か、それとも・・・・。

 現在のターゲットは4人。
順番に紹介しましょうね〜♪

 新田隼人(三浦翔平)(一人目)大手雑誌社の記者。
事業に失敗した両親が生まれたばかりの姉を捨てた事を記事に書いたら、次々とお姉さんを名乗る女性が現れたけど、本命はサキ(仲間由紀恵)だった。

 って、アンタ、準備にかける時間が違いますもん。
両親のお墓詣りに来た隼人の帰り道を待ち伏せして、悲しみを湛えた表情でまず引きつける。
その後、確信に満ちた雰囲気で姉として対面。 

 戸惑いつつも受け入れる隼人をどんどん自分のペースに巻き込んでいきます。
仕上がり寸前の生贄、入院患者だった中川(姜暢雄)にすがりつかれ、コレも兄弟としての親密度を深めるために利用。
でも、決して自分から「ストーカー」なんて言いませんョ。
隼人が心配してくれても中川を気遣う「心優しい女性」なんですから。

「私には、弱ってる今の彼を追い詰めるようなことはできない」
「警察以外に何か方法があればいいんだけど・・・(助ける気があるなら、なんとかして)」

 もちろん、隼人と弁護士の野村(萩原聖人)が繋がっているのは調査済み。
「弱い人を守るために弁護士になった、正義感の塊みたいな人なんです」という説明と共にご紹介いただきましたわ〜
美しい隣人 DVD-BOX美しい隣人 オリジナル・サウンドトラック
続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa