トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「まほろ駅前番外地」

「まほろ駅前番外地」 第12話(最終話) まほろ駅前多田便利軒、廃業します

 『頼まれた仕事は何でも引き受けます !!』

  いいラストだったよ・・
てか、世直し渡り鳥かよっ!
でも、それが多田の生き方なんだね。
いつものようにユルイ感じで煙草を吸いながら、あのトラックでゆく姿が小気味いい。
多田は便利屋として生きることで人と関わっていく。
そして、行天はそんな多田と共に生きていく。
2人の日常は続いていくんだね。

 さて・・・・亜沙子(真木よう子)の店が兄・貞雄(山本浩司)によって襲撃されたことを知った多田(瑛太)は店に向かったけど、閉まっていた。
ヨッシー(三浦誠己)に状況を聞きにいったら、もちろん警察も犯人が貞雄だとわかっていたんだけど、器物損壊は親告罪だから被害届が出ない限りどうすることもできないらしい。

 多田たちが遺品整理をした、あのアパートに行ってみたら、亜沙子は真っ暗な中にいました。
「送りますよ」
「え・・だって、多田さんとは、もう」亜沙子
「今日は便利屋として来た訳じゃないんです。
いや・・その・・キッチンまほろのカニクリームコロッケファンとして」多田

 店はもしかしたら、このまま辞めてしまうかもしれないそうな。
安いチェーン店も増えたし、再開発のアレで土地を売らないかって話もあるんだと。
多田も便利屋をやめるかもと伝えました。
「ここらへんが潮時かなって・・」
「じゃあ、もう、多田さんにお仕事、頼めなくなっちゃいますね」亜沙子
「・・・・・・・・・」多田

 その頃、行天(松田龍平)はとんでもない拾いものをしていました。
血だらけの貞雄転がり込んできたのさ〜
血がクッションに付くと「多田に怒られちゃうから」ってタオルを渡す行天・・・(* ̄m ̄)
「苦しいの?」
「死にそう・・」貞雄
「見た目にもそう見えるよ」行天
「腹へって死にそう・・」貞雄
「えっ・・・そっち?」行天
まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)「まほろ駅前番外地」オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 336号)

続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第11話 美人未亡人の依頼、何でもやります

 いや〜何やら予告で啓介がバールのようなもの持ってるし〜
かなりの流血展開になりそうなのが怖いよーー
2人とも死亡ってことはないだろうけど、かなりの怪我は負いそうだよね・・・(-公- ll)
しかも、多田便利軒解散ってか?
ううううーーーーーーやっぱり♪ ハッピーじゃなぁい ♪ アンラッキーな終わりなのかい?

 さて、啓介(瑛太)は大家さん(滝田裕介)から、ついに立ち退き宣告を受けてしまいました。
今月一杯で出て行かなきゃならないんだけど、金はなし、行くあてもなし・・・どうなるんかいのう・・・

 そんな時、「キッチンまほろ」の女主人・柏木亜沙子(真木よう子)から2年前家を出て、アパートでひとり暮らしをしていた夫の遺品整理の依頼を受ける。
で、指定されたアパートのそばで待ってたんだけど来やしない。
一応、遺品整理は遺族の確認を得ながらやることになってるので、勝手にはできないらしい。
先に始めていて欲しいとの連絡で入った部屋は、生活感のほとんどない寂しい部屋だった。

「なんか・・刑事ドラマで張り込みのために使う部屋みたいだね・・」行天(松田龍平)
「行さん・・・」啓介
「なに?ターさん」行天
「刑事らしくねぇなあ・・・」啓介
「おい、ツナギ!」行
「なんだ、皮ジャン!」啓

 その続きが見たいぞ・・・( ̄∀ ̄)
で、片付け始めたら、部屋の主が貼ったと思われる、ひょっとこの扮装をした女性とのツーショット写真を発見。
「わっ・・・・何だ、コレ?」啓介
「旦那と若い愛人じゃない?」行天
「だとしたら、相当趣味悪いな・・・・」啓介
「何か、おもしろそうな子じゃん・・」行天
「そうかぁ?」
「奥さんキツイ感じなんでしょ?」
「でも美人らしいよ」
「美人は3日で飽きるって言うしね」
「それで、こんな趣味の悪い愛人作ったのか・・・」

 そこに遅れていた亜沙子到着。
啓介は電話のキツそうな声から、かなりのマイナスイメージで臨んだんだけど、会ってみると若いしキュートなお嬢さんでびっくり・・・
なんか・・啓介、ぽ〜〜っとしてますけど?
まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)「まほろ駅前番外地」オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 336号)

続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第10話 まほろJKの友情、つながせてもらいます

 さて・・・一夜明けまして・・・清美(刈谷友衣子)は啓介(瑛太)と行天(松田龍平)が仲良く朝食を作っている声で目覚めましたョ〜
コンビニで買ってきた食材で作ったらしいけど、うまちょ〜
清美の家では母親が朝食を作ることもないようで、えらく感激しております。
「10代の女の子にはちゃんと朝ご飯を食べて欲しいな〜と思ってさ」啓介
「やさし〜い!」清美

 そんな清美に行天もサービス。
「俺が惚れた理由もわかるでしょう?」
「調教されて良かったね」清美
「ヘタな女より、男の方が通じ合うんだよね〜」行天
「行天、オマエ、昨日からやたらその設定アピールしてるけど、何なんだ?」啓介
「なんで?ホントのことじゃん」行天
「卵、ちゃんと半熟になってる!」清美
「多田は固いのが好きなんだけど、俺の好みに合せてくれてるんだよ」行天
「すごいね!愛だね」清美
「はぁ〜〜ε-(ーдー)」啓介

 楽しい家族の会話やね〜
って、清美ちゃん、納豆の食べ方が豪快で気持ちいいぞ(*^▽^*)

 清美と行天は犬の散歩のお仕事。
啓介は星君からのミッション、父親を殺した園子(山本舞香)捜索。
でも、警察だって追ってるはずだもんねぇ。一介の便利屋に特別なルートがある訳でもなし・・・

 そこに星君(高良健吾)から園子の部屋に行って手がかりを捜すよう指令が入りましたぞ。
「いや、でも、勝手に入れないでしょ」啓介
「お前、まほろ署に知り合いがいるだろ。使えるコネは使える時に使うんだ、便利屋。(ブチッ)」星
「あんだよ!声がちっちぇんだよ!」啓介

 ( ̄w ̄)ぷっ・・・・そっち?
まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)「まほろ駅前番外地」オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 336号)

続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第9話 クソ可愛いまほろJK 、ボディガードします

 今回は、にゃんと、続きもの。
また星君に会えるのは嬉しいけど、星君は危険な男だからね〜啓介たちの身に危険が及ばなければよいが〜〜

 さて、いつものユル〜イオープニングではなく、かなり重たい場面からスタート。
父親から暴力を受けている女子高生が、突き飛ばしてその父親を殺してしまいました。
その後、彼女は行方をくらましたようです。

 そして、多田便利軒では光熱費支払いを滞らせてしまったようで、ガスが使えない状態に。
「どうすんの?」行天(松田龍平)
「ポットで沸かせよ!」啓介(瑛太)
「電気で沸かすお湯ってマズくない?」行天   なんだ?そのこだわり・・・(▽*)
「うるさい」啓介

 TVでは、まほろで起きた殺人事件を報道している。
女子高生は失踪したまま見つからない。
彼女に最後に会った女子高生がインタビューで「さみしい、さみしいよ」を連発しております。

 コレさ、「さみしい」ってキャッシュカードの暗証番号なんじゃないの〜?
「さみしい」→「3341」 もしくは「さみしいよ」で「3414」?
それを逃げている彼女に教えているんじゃないのかな・・・

 ま、でも、啓介たちにとっては、町で起こった殺人事件よりも、ガスがつかないことの方が大事件デスヨ。
他にも請求書、いっぱい来ているしな。
そこに、星君(高良健吾)が、さっきTVで「さみしいよ〜」と言っていた女子高生の清海(刈谷友衣子)を連れて現れました。

「まほろギャングの星君だ・・
悪い事いっぱいやってるのに、頭がいいから、ギリギリのところで捕まらないんだよね。『闇金ウシジマ君』みたいだね」行天 
行天、またそんなヒヤヒヤさせる言葉を・・・(゚Д゚;∬アワワ・・・
「そんな物騒なことはやってない。俺は青年実業家だ」星
「アハハハハ!あーーーそうなんだ」行天

 なんか竹井とはまた違った怖さが・・・( ̄▽ ̄;)
まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)「まほろ駅前番外地」オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 336号)

続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第8話 恋敵の婚約指輪、隠します

 んーーーーー今回はそれほどでもなかったかなーーー(´-ε-`;) ま、好みあるからね〜

 さて、しょっぱなから、荒んだ表情を顔いっぱいに浮かべている啓介(瑛太)。
食べようと思っていた在庫のカップラーメンを行天に食べられちゃったらしい。
(((-'д-)y-~ イライラ (((  -')3y-~ イライラ (((-'Д-)y-~ イライラ
なのに、いつものように涼しい顔で食べ続けている行天・・・

「買ってくればいいじゃない」行天
「そりゃ、カップラーメンを買うぐらいの金はあるよ。だけど、買いに行ってまで食いたくないんだよ。
俺は、そこにあるのを食いたかったんだよ!」啓介
「・・・・・あーーあるね、そういうの」行天  わかるわかる・・・
「この気持ちの埋め合わせは、もうできない」啓介
「・・・・・・じゃ、しりとりでもする?どうぞ」行天
「・・・・・・・・・・・・・・・・ウンコ」啓介
「コカイン」行天
「ウンコ!」啓介
そのままトイレに行っちゃったぞ。

 その間に依頼人の宮本由香里(黒木華)登場。
にゃんと行天たちが引き受けた武内小夜(高部あい)の部屋の清掃の際に、小夜の婚約指輪を持ってきて欲しいというのさ〜

 ソレ、普通に泥棒だよ。
いや〜この由香里ちゃんが飛ばす飛ばす・・・(-ω-;)
由香里ちゃんと行天達との噛み合わない会話がおもしろいっちゃーおもしろいんだけど、
ちょっと彼女のキャラに対するイライラの方が勝っちゃったわーー

 なんでも小夜に恋人を略奪されたそうで、彼女が受け取っている婚約指輪は「私のもの」なんだそうな。
そもそも由香里が選んだものだし、お金も彼が持っていなかったから貸してあげたので由香里が出したんだって。
「コレ、完全に私の指輪ですよね?!」

 (ー'`ー;)う〜ん・・・・そうかぁ?
まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)「まほろ駅前番外地」オフィシャルガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 336号)

続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第7話 廃棄拳銃、引き取ります

 さて、多田便利軒は相変わらず閑古鳥が鳴いているようです。

「行天、おもしろいか?」啓介(瑛太)
「なにが」行天(松田龍平)
「ゴルゴ」
「おもしろいも何もないよ。ゴルゴはゴルゴじゃない。それがいんだよ」
「もう少し、説明してくれ」
「んーーーある意味、俺たちとおんなじ便利屋なんだよね、ゴルゴは。
依頼は極力引き受ける。速やかにクールに任務を遂行する。
家族も友達も彼女もいない。過去は語らない。未来の展望も将来の夢もない」
「それ、便利屋と関係ないだろ」
「・・・・・・・・」

 なんか地味にドーンとくるぞ(´∀`;)
テンション下がったところで、ついでにこの事務所の未来について話す啓介。
このビルは取り壊し予定だから安く借りているんだけど、この場所が無くなったら、新しい事務所を借りるお金もないそうです。
そうなったら、解散か?
「だから、その・・・・考えといてくれないか。そうなったら、どうするかを」
「うん・・・じゃあ、ゴルゴになるよ」行天

 相変わらず、聞いてんだか聞いてないんだかわからん行天。
でも、二人とも実際にその日が来なきゃどうするか決められないと思われ・・・

 そこに、珍しく弁当屋の山田(大森南朋)がやって来ましたよ〜お弁当の手土産を持って。
「今日のコロッケ、油新しいからおいしいよ〜」  (* ̄m ̄)プッ
な〜んか頼みごとがあるみたいなのに、なかなか切りださない。
最初金を借りに来たのか?と思って、警戒した啓介でしたが、不用品の処分を頼みたかったらしい。

 って、スーツ姿の大森さんもいいけど、この気弱そうなおっさん役でエプロン付けてる大森さんもいいねぇ・・・┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キ
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第6話 出会い系サクラの恋、手伝います

 先週がちょいといい話系だったから・・・・今週はビターな感じ?( ̄∀ ̄;)

 さて・・・啓介(瑛太)のスマホにメールが来て・・・
「見るなよ!」の牽制の声をもちろん無視する行天(松田龍平)。
「会員番号13番 菜々子ちゃん」からでJカップであることを告げた上でのお友達のお誘いでした。
さらにおじいさんからもらった遺産1千万円があるので、会ってくれるだけで10万あげるわよと言う素敵な内容。

「Jカップの女の子とHした上にお金がもらえるのか。夢のような話だぁ」啓介
「そんなの信じるヤツいるのかね・・」行天
「いるから送ってんだろ。一万人に一人ぐらいいるんじゃないか?信じるバカが」啓介
「コレさ、登録したらどうなるのかな?」行天

 我が家でも定期的に同じような会話がされている(´m`)
何億だかの遺産があるんで受け取ってもらえる方を捜していますとかさ、養子縁組してもらえませんか?とかさ。
この前来たのが、嵐の櫻井翔を名乗る方から、嵐のメンバーにも相談できないことを相談したいから御付き合いお願いしますとかって・・・
ホントにねぇ・・ひっかかる人いるのかねぇ・・
そして、私も行天のように夫の携帯で登録したらどうなるか知りたくてゾクゾクずる。
今のところやってないがな・・。

 結果は・・・・・迷惑メールが大洪水のようにやってくるらしい。
その処理でイライラ増量中の啓介。
そこへ行天がお客さんを連れて来ましたョ〜
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第5話 ややこしい過去の整理は、お断り致します

 さて、啓介(瑛太)と行天(松田龍平)は、トラックの中でラジオの人生相談を聞きながら昼飯中。
ご相談は保険の外交をしていて知り合った男性と再婚したという女性からで、旦那の連れ子(小学3年生)の男の子に関して。
『あの・・・息子が、この子がですね・・・・その・・もう・・するんです』相談者
『何をするんです?』パーソナリティ
『そのぉ・・・自慰行為・・ですか?』相談者
『マスターベーションですね』P
「オナニーって言えよ」啓介

『男の子はしますよ』P
『でも・・・毎日なんです』相談者
『普通の子はしますよ』P
『でも・・・私が見ている前でするんです』相談者
『する子はします』P
「するか?」啓介

 親の前ではしないんじゃないの〜?
回答者のおばさんは、息子の問題ではなく相談者の問題だとバッサリ。
興味深く聞いていた啓介でしたが、行天が番組を変えてしまいました。
「くだらないよ」行
「くだらないとこが、いいんだよ」啓介
「こういうのってさ、相談する側も説教する側も過去の話ばっかりしているよね。
こんなことありました、あんなことありました、とか。それはあなたの過去のトラウマが原因です、とかさ」行
「だから、何だよ?」啓介
「何でもかんでも、過去を原因にすれば解決すると思ってるんだ」行
「そりゃそうだよ、人間ってのはなぁ、過去から逃れられない生きものなんだよ。だって、人間だもの」啓介
「何それ?なんかのセリフ?月9?」行
「俺のオリジナルと・・・みつをだよ」啓介
「だろうね。つまんないもんね」行
「うるさい」啓介

 行天・・何かひっかかることあったんですかね・・・
ドラマでは映画で描かれたことをツッコむことはしないようですが、啓介と再会した時、行天が包丁を手にしていたことと関係があるのでしょうか。
てか、パーソナリティの声、松尾スズキっぽくなかった?
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第4話 秘密の蝋人形、引き取ります

 オープニングは映画にも出てきたお弁当屋の山田(大森南朋)登場ですぞ。
相変わらず背中に赤ちゃんしょってます( ̄∀ ̄) 何人いるんだろね?
って、お弁当を車まで持ってこさせる啓介(瑛太)。
「なにげに、コレ、屈辱なんだけど」山田
しかも、ツケかい?啓介、お願いだから、少しでも払ってあげて〜

 今回のお仕事は麻生という老婦人からのもので、亡くなったご主人の遺品整理。
ご立派な御宅の奥さまからのお願い・・・いったいどんなものかしら?と思ったら蝋人形!
しかも原寸大(って言わないか)リアル再現版。
土蔵に入れてあったんだけど、ご主人が生きている間は入っちゃダメって言われてたそうな。

 対面した時は、さすがに啓介もたじろいだぞ。
「うわっ・・・・」
しかもお股を広げてらっしゃる・・・(;´д`) ボカシが入ると一気に卑猥になるわね。
「こんな悪趣味なもの。主人は何十年も飾っておいたのです。気持ち悪い・・・」奥様
「・・・・いっや〜〜でも・・これ・・・すごいですね」啓介
「こんなもの捨てるに捨てられないし、かといって燃やす訳にもいかないし」奥様
「そうですね。粗大ごみって訳にもいかないし。ご近所の目もあるだろうし。でも、すごいな、コレ・・・(目が離せない)」啓介
「とにかく、誰にもみられないようにここから運び出して処分してください」奥様

 う〜む・・・・やはり遺品整理は生きてるうちにやっておかないと( ̄▽ ̄;)
この土蔵の中、他にもいろいろあるんじゃないのぉ?
しかし、蝋人形とは存在感ありすぎだよ。コレ、「空気人形」的なアレじゃダメだったんかい・・・

 「始末してください。お代は、はずみますから」と言った奥様。なんか恨みがこもってたわね〜
一瞬、この奥様の若い頃?って思ったんだけど違ったわ〜
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第3話 キャバ嬢ストーカー、捕まえます

 さて、アパートの郵便受のとこで、地道にチラシを投入する啓介(瑛太)の姿からスタート。
同じようにピンク系チラシを入れるおじさん(ジーパンのお尻に「ジーパン」と描かれたジーパン着用)と張り合っちゃったけど、向こうは「頼まれたサービスには積極的に応えます!!」と明示しており、負けた感が・・・

 しかも、トラックに戻れば、例によって勤労意欲ゼロの行天(松田龍平)が荷台に寝とる・・
「オイ、行天、終わったのか?!オマエ、全然配ってないじゃないか!」啓介
「えーー・・・、じゃあ、配るフリして捨ててくれば良かった?
俺はそんな姑息なことしないで、正々堂々とサボってるんだからさぁ、誠実だと思わない?」行天
「思わない」啓介

 そんな事を話していると、なじみの刑事、吉村(三浦雅巳)が住民の通報を受けて来ちゃったぞ。
胡散臭げな広島弁が特徴的な吉村は、啓介が逆らうと、便利屋の仕事にケチをつけて去っていきました。
「弾はまだ残ってるけんのう。はよ、いねっ!カバチタレがっ!」

 こんな漫画みたいなこと言う人、ホントにいるの?
って、このやり取りの間に、また行天ったら寝てるし・・・(´∀`;)
「なんだよ、オマエ、病院で見てもらった方がいんじゃねぇか?」啓介
「何の病院?何科?」行天
「何時間寝れば調子がいいんだよ?」啓介
「レッドブル(ゲームソフト?)買ってよぉ〜」行天

 人の話を聞かずにおねだりかいっ・・・(* ̄m ̄)
でも、宣伝活動の効果かチラシを手にした女性のお客さんが来ましたよ〜
「あっ、あったりぃ。コレ、多田じゃなくて俺が配った方だよ。ホラ、印(「ぎょ」マークが・・)書いといたんだ。俺の勝ちだね」行
「そうか、良かったね(―_―)」啓介
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第2話 麗しのカラオケモデル、探します

 さて、いつものように行天(松田龍平)と啓介(瑛太)は来夢来人で食事中。
奥のカラオケスペースでは一世風靡セピアの「前略、道の上より」がかかっております。
チャーンチャラチャラチャッチャ、チャラチャラチャッチャッチャッチャー

「ギバちゃんてさ〜劇団ひまわり出身なんだよね」行
「・・・・・」啓介
「その前に『スター誕生』のオーディション受けて、落ちてるんだよ」行
「・・・・・」啓
「それとぉ、一世風靡ってニューヨークのアポロシアターでパフォーマンスした初めての東洋人・・」
「行天」啓
「ん?」行
「食事中だぞ」啓
「うん」行
「リアクションしづらいこと言うのやめてくれ」啓
「うん。・・・・・・んふふふっ・・それとギバちゃんてさぁ(聞いちゃいない)、中山美穂の誕生日にバラの花100本贈ったんだよ」行
「だから、黙って、食ってくれよ、頼むからぁ」啓

 相変わらずやのう・・・(´m`)
そんな会話をしながら啓介はカラオケスペースで曲をセットしたのに、その「桃色吐息」のビデオ画面をじ〜っと見つめるだけで歌おうとしない男が気になっております。

 ママ(渡辺真起子)に聞いたら、いっつもそうなんだって言って気味悪がってたわ〜
他のお客からも「歌わないんなら消せ!」と罵声が飛び、殴り合いのケンカになっちゃいました。
見ていた行天の「大島渚」ってナイスツッコミに笑っちゃったけど、タイムリーすぎるぞ(* ̄- ̄)人 i~ 合掌
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)
続きを読む

「まほろ駅前番外地」 第1話 プロレスラー代行、請け負います 

 「まほろ駅前多田便利軒」は大好きな映画だったので、このドラマを楽しみに待っておりましたョ〜
しかも、監督・脚本は「湯けむりスナイパー」の大根仁さんですもん。期待するなって方が難しいワ。
HPはこちら

 オープニングは、多田便利軒のトラックに乗った啓介(瑛太)と、その隣で相変わらず勤労意欲ゼロムード全開の行天(松田龍平)の姿からですぞ。。
車内には、まほろFMが流れております。

『つづいてのリクエストは、「まほろ駅前の便利屋」さんから。
「僕はまほろの駅前にある便利屋さんで働いていますが、社長がひどい人間で、もう一年以上働いているのに、ろくに給料を払ってくれません。
だから住む部屋もなく、便利屋で社長と二人で暮らしています。
そのうち襲われるんじゃないかと、いつもビクビクしています。
そんな僕にも、いつか幸せが訪れるんでしょうか?教えて下さい」
う〜ん・・・知らないっ!ごめん!
そんな「便利屋さん」のリクエストは「特にありません。音楽は聴きません」
ないんかいっ!じゃあ、いいよ!も〜俺が選ぶよっ!
フラワーカンパニーで「ビューティフルドリーマー」!』

 で、テーマ曲が流れる・・・と。
いいねぇ〜ヽ(o´∀`o)ノ 
微妙〜にムッとした表情の啓介とまったく意に介していないふうの行天・・・
あれから、こんな感じでやってきたんだね。

 さて、家屋の解体現場で働くお二人さんですが、例によって行天サボっております。
「行天!!働け」啓介
「だって、一人分のお金しかもらってないんでしょ・・」行天
「それでも働け!じゃなきゃ、給料払わないぞ」啓介
「雇われた覚えないんだけど」行天
「俺だって、お前を雇った覚えはない」啓介

 指導入れているうちに、エキサイトしてマットレスの上でプロレス始めちゃったもんだから現場監督から怒られちゃった。
でも、そんな二人に熱視線を送っているおっさんが一人おりますよ。
そのおっさんが、翌日仕事の依頼に来ました。
まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]まともがわからない(初回限定盤)ビューティフルドリーマー(初回生産限定盤)(DVD付)続きを読む
最新コメント   
記事検索
最新トラックバック
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa