トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「NHK連続テレビ小説 あまちゃん」

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第156話(最終話)

 2012年7月1日、北鉄リアス線開通の日です。

「昭和59年の開通から28年、市民の足として走り続けた北鉄は、
今日復活します!」功市長(平泉成)
駅前にはたくさんの人々が集まり、開通を祝ってくれております。
マスコミも殺到ですョ〜

 って、市長の隣でスーツ着ているストーブさん(小池徹平)、しゅてきでないの〜!
「イケメン枠」に十分戻れるべ!


「見えるが?吉田君!」大吉(杉本哲太)
「見えます」吉田(荒川良々)
「あのカメラ、ドッキリカメラじゃねぇよな?」
「あんなにいっぱいいたら、ドッキリカメラでもいいです」
「超えたよな・・・!1984年の開通式超えたよな」
「超えた超えた超えた!」


 駅長も、副駅長も感極まって涙がこらえれられないべ。
見ているおらも、もう泣いている・・・(`;ω;´)


「北三陸鉄道リアス線の開通は住民にとって明治以来の悲願でございました」市長

 式典はまだ始まったばかり。
そこに、ホームの階段にまであふれているみなさんをかき分けかき分け
やってくる者が・・・

「すいません・・・すいません、通して下さい!
すいません!どいて下さい!あ〜吉田さん!」
正宗(尾美としのり)
「危ねぇです!」吉田
「春子さん、知りませんか?」
「鈴鹿さんと一緒に7時の新幹線でお帰りになりました」
「はあ!?何で教えてくれないんですか!?
「『旦那さんはいいんですか?』って聞いたら、
『いいんです』って答えたので、お知らせしませんでした」
「どうしたのよ?」大吉
「黒川さんが。何か・・・面倒くさい!」吉田
「またかぁ〜!」大吉
「面倒くさいって・・!」正宗

「それでは続いて、市長の娘さんで「ミス北鉄」の足立ユイちゃんによります、
テープカットで〜す!」菅原(吹越満)
すごい歓声だべ (@´▽`@)ノ キャーー!!
「押さないで下さい!ちょっと!ちょっと!押さないで下さい!」
あ〜正宗さんがどんどん押し出されていくべ・・
「うわ〜!あ〜!」

 政宗さんが吉田を突き飛ばし、吉田が大吉っあんを押し、ドミノ倒し的に並んでいた人が倒れて、最終的にユイちゃんをドン!
「キャ〜!」ユイ(橋本愛)
思わず薬玉の紐ひっぱっちゃったべ〜
も〜1984年の再現だべ。この夫婦は〜

 薬玉が割れると吹奏楽部の演奏開始!
本日のオープニングは吹奏楽バージョンですョ〜
もちろん、地元の高校生たちなんだろうな〜o(*^▽^*)o~♪


「すいません!すいません!」大吉もあの時と同じように謝ってるべ。
「万歳ー!万歳ー!」

 みなさん大喜びで万歳する中、一人憮然とした表情の正宗さん・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第155話

 今日はこのドラマの柱となってきた二人の『今』が描かれました。
時に交わり、時に離れつつも、常にお互いの存在を意識しながら生きてきた二人。
ライバルであり、友人でもあり、お互いの人生に深く影響を与えた特別な相手。
最終回を前に、そんな二人の線と線が重なり、また新たな力強い線が伸びていこうとしているのを感じました。
心は寄り添いながら。


 さて、合同結婚式の余興はかなり楽しかったようですなぁ・・・
スタートはいっそん(皆川猿時)の『南部ダイバー』。
そして種市先輩(福士蒼汰)の『南部ダイバー』。

 足立先生(平泉成)の手品・・・は・・・・
ず〜っと背広の胸元から鳩のクルックルーという鳴き声が
聞こえていたという・・( ̄▽ ̄;)


 そして、弥生さん・かつ枝さん・美寿々さんのPerfume。
すごい迫力だぁ・・・(´∀`;) こりゃ、そんじょそこらの娘っこには出せねぇ味だべ。
何でこのメンバーでPerfumeやろうってことになったんだろうね?
で、手を振りながらコールしていたヒビキ(村杉蝉之介)が、またしても肩脱臼したという・・・


 急きょ、アキ(能年玲奈)も加わり、3度目の『南部ダイバー』で場つなぎ。
そして、定番の花束贈呈。

『とはいえ安部ちゃんは身寄りがなく、大吉っつぁんのお母さんは早々に酔い潰れでしまい、結果、花束は夏ばっぱに集中しました』

 夏ばっぱは、みんなのお母ちゃんだもんな。

「それでは、春子さんのお母様で袖が浜海女クラブの会長であられます、
あの、天野夏さんからひと言お願いします」菅原(吹越満)
「おら・・・しゃべる事ねぇんだがら」夏(宮本信子)
「いいから」菅原

「え〜っと・・・天野家の初代マーメイドでがす
鈴鹿さん、わざわざこんなへんぴなとこさ来てくれて、ありがとうごぜぇます」夏
「いえいえ」鈴鹿(薬師丸ひろ子)
「あんたが動いてくれたおかげで、二十数年前に拝めなかった娘の花嫁姿を
図らずも見る事ができました。
やっぱし、嬉しがったんだなぁ・・・(ノ∀;`)
できれば忠兵衛さんにも見せたかったが、
ぜ〜んぶ叶ったら、あの人、もう、ここさ帰ってこねぐなる。
いやいやいやいや・・・どうぞお座り下さい。
お互い若ぐねぇんだから」夏

「大吉!」
「はい」大吉(杉本哲太)
「今度こそぉ、安部ちゃん泣かしたら、おら、もう北鉄乗んねぇどお」夏
「おらもだ」かつ枝
「ウニ丼作んねぇぞ!」夏
「んだ!」弥生(渡辺えり)
「分かったか!?」
「はい!」大吉
「座れ」
「ありがとう。ありがとう」安部ちゃん(片桐はいり)

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第154話

 鈴鹿ひろ美リサイタルは大成功!終了まであとわずかって時に、やっと正宗さんが飛びこんできました。
で、春子が歌ったってしつこく言うもんだから、こっからまた話広がったらどうしようって思ってヒヤヒヤしたぜ。
もう、影武者問題を繰り返す時間はないよね?C=(^◇^ ; ホッ!


 会場ではアンコールの声が鳴り響いております。
無事終わって、一番ほっとしたのはこの二人・・・

「大した人だよ・・・」太巻(古田新太)
「ホントだよね!よりによって私の地元でさ」春子(小泉今日子)
「しかも東北の復興支援だよ。
うまくいったからよかったようなものの脇汗すごいよ。押さえてないとあふれちゃうよ」太巻

 って、いつものあのポーズ・・・アレは脇汗を押さえてたのか?

「今日はいかがでしたか?皆さん、楽しんで頂けましたか?」鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)
「最高!最高だ〜!」観客のみなさん

「わざとだったりして」春子
「わざと?え?「わざと」って何?
わざとでうまくは歌えないでしょう?」太巻

「今回の東北チャリティーツアーは、どうしてもこの北三陸から始めたかったんです」鈴鹿

「今日じゃなくて、今までがよ」春子
「え?わざと下手に・・・?どうして?」太巻

 ステージではアキとユイちゃんが紹介されております。
夏ばっぱも呼ばれたけど、どっかに消えたみたいだ。

「言ってましたよね、確か、歌手志望じゃなかったって・・・」春子

「アイドルと呼ばれていた当時も、実は歌が苦手で・・・」鈴鹿
「え〜〜?!」みなさん
「歌番組も、何度か出ただけ」鈴鹿

「でも、駆け出しのアイドルだったから断れなくて」春子
「しかたなく・・・わざと下手に・・・最初から?」太巻

「人前で歌うなんて、もっての外。はい・・・」鈴鹿

「な訳ないよね!ヤダヤダ!知りたくない!ていうか考えたくない!」春子
「おいおいおいおい」太巻
「でも・・・万が一そうだとしたら?」春子

「だから初めてなんです。
初めて自分の意思でステージに立って歌を。
ず〜っと封印していた歌を歌いたい。
皆さんに笑顔を届けたいと思って来ました」鈴鹿

「プロだわ!」春子
「そう思わせてくれた天野家の皆さん、
そして北三陸の皆さん、本当にありがとうございました」鈴鹿

 なるほど〜!そうきたか・・・
確かに、自分のわがままで歌手活動をやりたくなくて、ヘタに歌ったせいで春子の運命を変えてしまったとしたら・・・
ただネイティブに音痴だっただけよりも、鈴鹿さんの苦しみと後悔はより深くなったはず。
アキをあんなにとりたててくれたのも、応援してくれたのも納得がいく。
わたしゃ、鈴鹿さんは太巻さんの罪を背負ってくれてたのかと思っていたが、このドラマの登場人物は自分のツケは自分で払うってアレだから、実はそうだったのかもな〜

 もしかしたら、本当に音痴で影武者を知ったから隠密にトレーニングしてきたのかもしれないし、
あるいは音痴で苦しむ女優という役を演じてきたのかもしれない。
そして今は歌手・鈴鹿ひろ美を堂々と演じている。
真相はわからない。

 でも、春子がそう思ってしまうほど、鈴鹿さんの歌声はすばらしかったし、人を惹きつけるものがあった。
わかっているのは、歌手としての鈴鹿ひろ美も女優と同じぐらい魅力的だってこと。
そして、ずっと封印していたとしてもリサイタルのために完璧な歌声にしあげてきた、本物のプロだってこと。
だから、どっちだっていい。
それが鈴鹿さんだし、
そんな鈴鹿さんと春子、太巻さんは、これからもずっとやっていくんだろうなぁ


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第153話

 奇跡が起こったべ!ヽ(´∀`)ノ
聴く者の心を癒してくれる透明で美しい歌声・・・
まさに三途の川から蘇ったマーメイド!
新生・鈴鹿ひろ美の誕生だ!


 さて、振り返ってみましょう。
ついに鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)のリサイタルが開かれる6月30日がやって来ました。
東京の正宗さん(尾美まさのり)は異変を感じておりました。
春子(小泉今日子)がいない!
どうやら、ついに彼女も北へ向かったようです。
すぐに正宗も追いかけたさ〜

『鈴鹿ひろ美チャリティーリサイタル開演まで、あと1時間』

 会場は準備オッケーですよん。

「すごい・・・何か、ちゃんとしてる」アキ(能年玲奈)
「フフフッ、うん、何かちゃんとしちゃってる」ユイ(橋本愛)
「鈴鹿さんは?」
「楽屋に籠もってる」
「大丈夫かな・・・」      視聴者も心から心配しているべ・・・( ̄▼ ̄;)

『実は3日前、アキは親友のユイにだけ真相を打ち明けていました』

え〜!?何ソレ!えっ・・・マジで?」ユイ
「し〜っ!」アキ
「し〜っ!」水口(松田龍平)
「え?だって、それじゃ・・・・春子さん鈴鹿ひろ美の影武者じゃん」ユイ
落ち武者」アキ    
「落ち武者じゃん・・・影武者じゃ〜ん!
え〜?あっ!じゃあ、やっぱ、コレって・・・(「潮騒のメモリー」を聴いてみる)
春子さんだぁ〜〜春子さんの声・・・だもんね。うわ〜〜<(゚ロ゚;)>」ユイ

 クールなユイも思わず口あんぐりだべ・・・

「つまり、あと3日で鈴鹿さんの音痴を直さなきゃいけない」水口
「音痴なの?」ユイ
「音痴だ。それに始末が悪いのは、本人にその自覚がほとんどない。
だから、音痴って言うと落ち込む」水口
「あら、面倒くさ」ユイ
「でも、だいぶマシになってるんだよね?」水
「うん。ママの話では、たまに当たるって」アキ
「たまに当たる?」ユイ

『そうなんです。10回に1回・・・・いや、もっと低い確率で、
たま〜に音程が合う事があり・・・』


「♪「来てよ その火を 飛び越えて」」鈴鹿
すごい!今、合ってましたよ!」春子
♪♪♪♪キャー!! (ノ^^)乂(^^ )ノ キャー!♪♪♪♪
「ありがとうございます!」
「すごい!進歩進歩!やれば、できるじゃないですか!
どうですか?歌ってて。気持ちいいでしょ〜?」
春子

 壁にはレッスンの効果を折れ線グラフで確認したものが貼ってありますョ〜
どうやら10日ぶりぐらいに合格点がもらえたようです。

「はい!・・・っていうか、ずっと気持ちいいです!」鈴鹿
「うん?」春子
「ずっと合ってるつもりだから、前のと今のと違いが分かりません!(*´∇`*)」
「ハハッ・・・そうなんだあ!( ̄∇ ̄;)」
「ハハハハッ!」
 

 無力感に襲われる春子・・・・やはり音痴は不治の病なのでしょうか?

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第152話

『突然、送りつけられた招待状。
一方、北三陸では鈴鹿ひろ美のリサイタルを目前に控え、
海女カフェが何とな〜く完成しました』
 

 いやいやいや・・・りっぱなもんだべ。
今回は琥珀も飾られ、勉さんも嬉しそう。


「いいですか?切りないから、これで完成って事で」ヒロシ(小池徹平)
「ファイナル勉さん?」アキ(能年玲奈)
ファイナル勉さん!あっ・・ちょ、ちょっと待って」勉さん(塩見三省)
琥珀の立て方をちょっと変えまして・・・
「ファイナル勉さん」勉さん
「はい、お疲れさまでした!」ヒロシ

『その頃、場末のスナックでは何とな〜く悪い噂が…』

「怪しいと思うんですよね〜」栗原ちゃん(安藤玉恵)
「いやいや、考え過ぎだって」吉田(荒川良々)
「だけど・・・海女カフェも完成したのに練習する気配すらない」栗原
「うん、何、何?何の話?」菅原(吹越満)
「うちのコレが、鈴鹿ひろ美はホントに歌、歌えんのかって」吉田

 水口が磨いていた琥珀をボトッと落としたぞ・・・
(◎-◎;)・・・失礼しました」水口(松田龍平)
「それ、どういう事?」菅原

 なんでも、2日ほど前、娘のさおりちゃんを連れた栗原ちゃんが駅で鈴鹿さんに会ったんだって。
その時、あやそうとした鈴鹿さんが「だんご三兄弟」歌ってしまったらしい。
栗原ちゃん唖然・・・さおりちゃんは悪夢を見たように泣きだしたそうな。

「そのメロディーが何とも言えない不穏で、不快な旋律で。
今にも魔界の門が開き、そこから聞こえる死霊のうめき声のような・・・
死霊の「だんご3兄弟」なんです!」栗原    
ええええ〜?!( ̄Д ̄;)そこまで?ジャイアン以上じゃん!
「要するに音痴って事?」ユイ(橋本愛)   
あぁ〜それは出してはいけないワード・・・
「(=゚ω゚=;) ドキッ・・・」水口
「いやいやいやいや・・・歌っこうまいよ、鈴鹿さんは」菅原
「んだんだ。昔は歌番組とか出てたもんね」吉田
「栗原ちゃんはリアルタイムで聴いた事がねぇから分かんねえんだよ」菅原

 そんな会話を聞いている水口は冷汗たらりたらり・・・
マジでヤバイ状況だべよ・・・
って、思ったんだけど、鈴鹿さんうまくなろうって思ってないんじゃ。
ヘタなまま歌って、過去のレコードは春子(小泉今日子)が歌ったって証明するつもりなんじゃ・・・
それが、春子に対する贖罪?
そして、自分はあるがままの姿を受け入れてもらう。

 いやいやいや・・・リサイタルやらないんならいいけどさ、そんな地獄の窯の蓋開けたみたいな声だったら、自分は本来の姿を見せてすっきりするかもしれねぇが、
聴きにきた人エネルギー吸い取られて支援にならないんじゃ・・・(-_-;ウーン

 
NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 最終週 おらたち、熱いよね! 第151話

 さて、鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)を追って、太巻さん(古田新太)が北三陸へ現れ・・・
ついに開店準備をしていたユイちゃん(橋本愛)とご対面。
「やっと会えたね」太巻
「・・・・・・・」

『憧れの人の登場に胸騒ぎを隠せない「潮騒のメモリーズ」のかわいい方。
その緊張は、なまっている方にも伝わりました』


 なんかユイちゃん、エライ消耗しております。
「で・・・でぇじょうぶか?」アキ(能年玲奈)

 で、久しぶりに夫婦の会話。

「困〜るよ。勝手に、どっか行っちゃ。心配するでしょ」太巻  鈴鹿さんも急に来ちゃったのかよ・・・
「ごめんなさい」鈴鹿
「ホントだよ。で・・・どうしたの?」
「怖いんです・・・春子さんが!」 
   確かにな。レッスン以前にビビる人の方が多いべ。
「それはアレでしょ?君の事を心配しての愛のムチでしょ?」
「そうかしら?何か鬱憤を晴らしてんじゃないかしら」
「どういう意味よ〜?」
「だから・・・・」


「あの〜すいません。大きい声でしゃべるか、ボックス席に移動してしゃべるかして!
気になるから」大吉
「あ・・・ごめんなさい。ご挨拶が遅れました」太巻
「んだね。挨拶まだだね」菅原(吹越満)
「ついでに言うと、注文もまだだな」弥生(渡辺えり)
「じゃあ赤ワイン。荒巻といいます。あとは、生ハム。
家内がご迷惑をおかけしてます」
「いやいや、私、ここの駅長・・・」大吉     聞いちゃいねぇべ・・・
「鬱憤を晴らすってどういう意味よ?」太巻
「挨拶終わりがよ」大吉(杉本哲太)
「生ハムは、ねぇな。サラミになっちまうな」弥生

『敏腕プロデューサーと大女優、
世間を騒がせた大物カップルは場末のスナックで浮きまくっていました』


 でも、なんか二人の世界でかわいいぞ。

 太巻さんは、一応ギャラリーに状況を説明。
「実は、春子さんが彼女のボイストレーニングの担当をしておりまして、
その指導方法が、いささかスパルタすぎる・・・・」
スケバンだったんですって?あの方。そうでしょ?!」鈴鹿
「そりゃ、おめぇ、春子は北三陸の初代「積木くずす」だもの」弥生
「(; ̄Д ̄)・・!」鈴鹿

『ちょっと!やめてよ、弥生さん』

「「コーヒー牛乳買ってこい」って言われて、
カフェオレ買ってきた男子がぶっ飛ばされたんですよ」安部ちゃん(片桐はいり)
「( ̄ロ ̄;)・・・」鈴鹿
「あ・・・それ、おらだ。
「甘さが足りねえ」って言って、殴られて前歯が飛んだの」菅原
「(; ̄ロ ̄|||)・・」鈴鹿

『菅原君も安部ちゃんも思い出さなくていいから!』

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第150話

『何の前触れもなく、鈴鹿ひろ美が北三陸に現れました』

 吉田君驚愕!
そして、うに丼を強奪された忠兵衛さん(蟹江敬三)は腹の虫が収まらねぇ・・
当の本人は、いつものようにのんびり爽やかな顔でうに丼完食。
 そこに大吉っつん達が入ってきましたョ〜


じぇじぇじぇ!鈴鹿さん!」大吉(杉本哲太)
「あら?種市君、駅長さん!誰かしら?」鈴鹿(薬師丸ひろ子)
「観光協会の菅原です。ファンです!大ファンです!」菅原(吹越満)
「またまた!ジャガー横田のファンだったくせに!」吉田   
え・・・菅原さん・・・・( ̄▽ ̄;)
「帰ってきたぞ、大吉!」忠兵衛
「忠兵衛さん、ちょっと待って!遠いところわざわざ」大吉
「いいえ〜」鈴鹿
「こっちの方が遠いぞ!2年ぶりだぞ!」忠兵衛
「でも、アレですよね。リサイタル、30日ですよね?」種市(福士蒼汰)
「今日は何月何日だ?」菅原
「6月18日だね」大吉
「来てくれたのは嬉しいんですけど、言っていいですか?早すぎ〜!」菅原
「本番に向けて気持ちつくりたいから、前のり」鈴鹿

 いやいやいやいや・・・
さては、春子の特訓に嫌気がさして逃げてきたな・・・( ̄∀ ̄)


 で、忠兵衛さんが、やっと『おめでた弁護士』の女優だーー!!って気づいてくれたのをきっかけに、鈴鹿さんったら、夏さんが橋幸夫と会ったことを喋っちまったぞ。
その後、いつもの酒盛りの場で定例夫婦喧嘩さ。

「笑い事じゃねえべ!亭主の留守中にだど?
しかも、橋幸夫?今すぐ出ていけ!」
忠兵衛
「アハ!おらが出てったら、このうちはほとんど空き家だぞ!」夏(宮本信子)
「こりゃ、一本取られたな忠兵衛さん!」長内(でんでん)
「夏さん、皆さん、お変わりなくて安心しました」鈴鹿
「いや、どうも!周りが変わりましたからね。
ここら辺りでも何人かは死んでしまったし、こいつらのうちも流されたし。
でもせめで、無事だった奴らだけでも、変わらず笑ってるべ〜!って!なあ!」
「・・・・そうですか」

 夏さん、かつ枝さん、長内さん・・・力強い笑顔だぁ・・・

「じいちゃん、地震あったのになすて帰ってこねがった?」アキ(能年玲奈)
「なすて帰んねばなんねえ?」忠兵衛
「夏ばっぱ、心配でねがったか?」かつ枝(木野花)
「無線で確認できたべ」夏
「んでも〜!」かつ枝
陸が大変な時に、陸さ上がってどうする?
むしろ海さ出たおらたちがよ、
海で銭こ稼いで陸の連中さ助けねばなんねえべ!

んだがら、帰ってこねがった
」忠兵衛
「かっけえ〜〜!」鈴鹿さん
「ありがとうごぜえます」夏

 ホントにかっけえ!どんな事があっても、ここの人達はブレねぇ。 
そして、夏さんと忠兵衛さんは、どこにいたって、こころはぴったり寄り添ってるんだ。


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第149話

『2012年3月。あの日から1年がたちました』

 いつものようにアキ(能年玲奈)が仏壇で手を合わせていると・・・
忠兵衛さん(蟹江敬三)の遺影(生きてるがよ・・・)が消えとる!

「じいちゃんって、いつから帰ってきてねぇ?
なあなあ!ばっぱ、震災のあと帰ってきた?
来てねえべ?遺影は?ねえべ!どういう事?」
アキ
「うるせえなぁ、もう・・・」夏ばっぱ(宮本信子)
「帰ってくんのか?
なあ!ばっぱ、遺影がねぇって事は、じいちゃん近々帰ってくんのか?」
「あ〜〜!もう、うるせえ!うるせえ!うるせえ!」

「あるいは・・・まさか・・・じいちゃん・・・まさか…!」
「心配するな。忠兵衛さんは元気だ!」

 にゃんと仏壇の引き出しからPC出して来たべ。
『夏さんの病気と震災を経て、忠兵衛さんと夏さんはネット電話で
つながっていました』


 すぐに忠兵衛さんと繋がりましたぞ〜
「よう!夏さん、ボア ノイチ。 ボア ノイチ。ポルトガルは、今、まだ夜中だ〜」
「な・・・何で?w(*゚o゚*)w」アキ
「う〜ん〜(^ε^)チュッ 」忠兵衛
わいふぁい?」夏

 なるほど〜(* ̄m ̄)
も〜相変わらずラブラブなんだからぁ・・
それにしても夏ばっぱ、頭が柔らかい!ボケる暇ないな。


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第148話

 さてさて・・・日程はまだ2012年ってことしか決まってねぇが・・・
鈴鹿ひろ美が北三陸でコンサートをやることが決まりました。
岩手・宮城・福島を回る予定なので、その前にアキの作った海女カフェで歌いたいってのが本人の希望らしい。
春子から電話が来て、日程のすり合わせをしているんだが・・・

「再建設の計画もあるし、可能性はゼロじゃねぇが・・・
ちなみに時期はいつごろを考えてる?」」大吉(杉本哲太)
「う〜ん・・・鈴鹿さんは」春子(小泉今日子)
「あ・・・その前に春ちゃん、再婚おめでとう!」 

 大吉っつあんのケジメだな。大吉っつあん、これにて春子から卒業でがんす。

「・・・・あ、ありがとう」春子
「海女カフェ担当に代わります」大吉
「もしもし!お電話代わりました。足立です」ヒロシ(小池徹平)
「あ、どうもどうも!
あのね、震災からちょうど1年だし、鈴鹿さんは3月っていうふうに言うんだけど」春子
「3月?!」ヒロシ
「じぇじぇじぇ!」大吉
「無理無理無理!」アキ

「そう無理なの!こっちにしても準備が間に合わないの、それじゃ」春子
「準備?」ヒロシ
「アキに代わってくれる?
もしもし!アンタさ!あの事、くれぐれもみんなには内緒だからね!」
「あぁ、言わねえ。
でも、どうすんの? また、ママが落ち武者になるの?」アキ  
早速、言ってるべ! ゞ( ̄∇ ̄;)
「アキ!アキ!アキ!」春子
「・・・ごめん!」アキ
「春ちゃんが落ち武者?」大吉
「影武者は金輪際やらない!そのために、今、歌唱指導しているの。
「じぇじぇじぇ!」でしょう?」春子

 春子の特訓はかなり厳しいようで・・・
その気迫におっとりした鈴鹿さんはビクビクしているようです。


優しく教えて下さい!
褒められて伸びてきたんです、私」鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)
「今のとこ、褒めるとこ一個もないの!」春子

 キツイな〜でも、追い込まれたら潜在的な能力が目覚めるかもしれねぇ・・・(´∀`;)

「大変だな」アキ
「そういう訳で。海女カフェの再開のめどが立ったら教えて」春子

 めどったってねぇ、アンタ・・・
まだがれきの撤去も済んでないのによ・・
でも、大女優の鈴鹿ひろ美が来るってのはおいしい話だ。
なんとか形つけなきゃなるめぇな・・・


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第147話

 2012年2月、北三陸市長選挙が始まり、「潮騒のメモリーズ」として復活したアキ(能年玲奈)とユイ(橋本愛)は立候補した足立先生のサポーターとして活動していました。

 パワーアップした「潮騒のメモリーズ」いい感じでねぇの。
ユイちゃんも生き生きしてるわぁ〜


 足立先生(平泉成)は、もちろん「復興の推進」を掲げ、「北鉄の全線復旧」を目指すことを訴えました。
で、演説が終わると土下座しちゃいましたョ〜

 今まで何度も土下座?いや、ここでか?!って局面をスルーしてきた功先生が迷いなく土下座。ヒロシ(小池徹平)もびっくり・・・
聴いていたみんなも恐れ入って土下座、アキやユイまで土下座という、妙な場になっちゃった・・・
その後、功先生は事あるごとに土下座を武器にするようになったという・・・(足立功伝説)


『土下座が功を奏したのか潮騒のメモリーズの効果か・・・
とにかく、足立先生は見事当選。北三陸市長に選出されました』


「いがったな、ユイちゃん」アキ
「いがったのかな。
だって市長の娘でご当地アイドルなんて、無駄にセレブ感出ちゃわない?」ユイ
「もともと、それほど親しみやすくねぇがら大丈夫だ」
「そうだよね。フフフッ」

 アキのユイへのキツイんだかユルイんだかわからないツッコミも復活。
そして、祝いの席から離れて駅のすみっこで一人飲みしているヒロシへのツッコミ・・・は相変わらずだな。


「ストーブさん、どうした?そんな所でたそがれて」アキ
「いや、たそがれてはいない。風に当たろうと思って」ヒロシ
「気を付けて下さい。
ストーブさん、自分が思ってる3倍は負のオーラ出てますからね!」
「・・・・よく言われる」
「そんな顔でホームさ立ってたら、誰が見ても飛び込むと思うがらね」

「(;´∀`;) ハハ・・・アキちゃん、今回は本当にありがとうね」
「いやいや、礼には及ばねぇ。おら、1票入れただけだもの」
「親父もだけど、それよりユイの事」
「あぁ、それこそ礼には及ばねぇ。親友だもの。
それに、おらの最終目標は海女カフェの復活だ。
肝心のユイちゃんが落ち込んでたら、海女カフェ建ててもしゃあねぇがらな」
「・・・・・!・・・アキちゃん、選挙行ったの?」
「んだ。おら、もう、二十歳だもの。国民の義務だ」
「・・・Σ(゚ロ゚」)」・・・お酒飲んでる」
「まぁな。形だけだ。ヘヘヘッ」
「へえ〜」
「ヘヘヘッ・・・」

 お酌をし合う二人・・・
早いもんだなぁ・・・
ヒロシと同じように視聴者も時の流れに感慨深くなったはずだ・・・
アキが初めて北三陸に来たのは高二の夏、16歳の時だ。
激動の4年間だったな〜

 でも、それはアキだけじゃねぇ、ヒロシにだって、北三陸のみんなにも、東京の春子や正宗にも・・・
今まで見てきたドラマもそうなんだが、クドカンが登場させる人物には端役ってのはいねぇ。
どの人物にも命が通ってるし、バックボーンが感じられる。
人生の主役は自分自身だってそれぞれが思っているのが伝わってくる。
って・・・最終回の総括みたいになっちゃったじゃねぇかよーーー!(ノω・、) ウゥ・・・


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第146話

 ユイちゃん、キターー!!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/
めんどくさくて、腹黒くて、嫉妬深くて、負けず嫌いなユイが帰ってきましたョ〜!
それでこそ、アキの相方だべ。
おら、そんなガツガツしたユイちゃんが大好きだぁ〜


 さて、振り返ってみましょう。
GMT5が現れ、静かだった駅は彼女たち見たさのやじ馬であっという間に溢れかえりました。
現役の人気アイドルに大吉っつあん達のテンションも一気に上がったさ。

 その騒ぎを見ない聞こえないふうにリアスへ逃げるユイ(橋本愛)。
でも、みんなリアスに入って来たから、嫌でも対面しなきゃならん。

「いや〜それにしても皆さん、わざわざ遠いところ」大吉(杉本哲太)
「チャリティーコンサートで東北をツアー中なんです。
昨日は宮古で、今日は移動日なんで」河島
「何か、まだ信じられません!こんな田舎に天野以外のアイドルが・・・」いっそん(皆川猿時)
「GMTがやって来た。じぇ!じぇ!じぇ!だな」菅原
「ところで天野」河島
「あっ、流された」菅原
「紹介してよ例の相方」河島
「相方?」アキ(能年玲奈)
「潮騒のメモリーズのなまってない方ね!」
「かわいか方やなかと?」真奈(大野いと)
「ああ、ユイちゃん?」アキ
「何?」
私は芸能人になんかキャーキャー言わないわよという風情で
あくまでクールに対するユイ。


 みんなユイの美少女ぶりにびっくりしておりますぞ。

「・・・・・かわいい!河島
「こちら、「オフィスハートフル」のちっちゃい方の河島さん」アキ
「うん・・・・まぁ、あの・・・大きい方はいないんだけど。どうも。か・・・河島です」    
河島、いまだかつてないほど上がってるべ・・・
「あっ・・・水口さんの?」ユイ
「そうそう。あいつ、俺の後輩。フフフッ、今いくつ?」河島
「買い物行ってくるね」ユイ
「あぁ・・・買い物行くんだ」河島
「あっ、うん。ごめん」アキ

「ホント、お人形さんのごとかわいかね」真奈
「素材の違いは否めないよネ」ベロニカ(斎藤アリーナ)
「否めない。でも、何か影があるね」しおり(松岡茉優)
「そこがいいんだよ」河島
「ごめん。多分、人見知りしてんだ。
しゃべってみたら意外とおもしれぇし。
そのギャップが、またたまんねぇんだ」アキ
「たまんねえ!」 河島、すっかりユイの虜ザンス。

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第25週 おらたち、いつでも夢を 第145話

『水口君とユイちゃん、実に1年半ぶりの再会でした。
ユイちゃんにとっては、今 一番会いたくない人でした』


「久しぶり」水口(松田龍平)
「・・・何で・・・いるの?」怯えたような顔でミズタクを見るユイ(橋本愛)
「諦めきれなくて・・・。もう一度、君とアキちゃんで潮騒のメモリーズ・・・」
「やりません!」届けに来たミサンガぶちまけっ!
「ユイちゃん!?」アキ(能年玲奈)
「あの野郎!漁師の魂を・・・」夏ばっぱ(宮本信子)

 さて、水口辞めたと思ったら、にゃんと「スリーJプロダクション」北三陸支社長に
任命されたようです。
春子からは簡単に逃げられないのです・・・


「むしろ出世しちゃった感じで・・・      そうなの?( ̄ロ ̄?)
あっ、でも歩合なんで、アキちゃんとユイちゃんがメディアで
取り上げられた時だけマネージメントする形で」
「でも、住所、ここになってますよね」菅原(吹越満)
「合ってました?
こちらを窓口にさせて頂いて、基本的には、また勉さんにお世話になるつもりで」
勉さんが許してくれたらの話だな」吉田(荒川良々)
「はい。でも・・・新しい人生の出発点としては、
これ以上ふさわしい環境はありませんから」水
「んだ、んだ〜!私も、ちょうど新しい恋を探してたのぉ」美寿々(美保純)  
「見つかると、いいですね」水    (* ̄m ̄)さりげなく突き放してるな・・・

「それより、ミズタク!マサと春ちゃんが再婚するってのはリアルか?」大吉(杉本哲太)
「リアルですね」水
めでたい!限りなくウーロン茶に近いウーロンハイ!」大吉
「ホントは少し寂しいくせに」美寿々
「春ちゃんには、マサが一番しっくり来るんだ。よし!おらも新しい恋を探すべ!」

 ホラ、神様が大吉っつあんの相手を見繕ってくれましたよ・・・
「あ〜疲れたあ!美寿々さん、ホラ、ミサンガ今日の分。あ〜ぁ・・・・え??」安部ちゃん
「なすてこのタイミングで・・・・」吉田
「・・・・安部ちゃん」大吉
「・・・大吉っつぁん?」安部ちゃん(片桐はいり)
「いやいやいやいや・・・」

 さて、大吉っつあんは、どうするのでしょうか?安部ちゃんに決めた!に100万ルピー!

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第144話

 北三陸に梅さんがやって来た!ヤァ!ヤァ!ヤァ!
で、『リアス』で豪快にうに丼を食べております。
ユイ(橋本愛)から不審者の知らせを受けた種市先輩(福士蒼汰)とアキ(能年玲奈) が駆け付けましたョ〜


「梅さん・・・。お世話になってる寿司屋の大将です」種
じぇじぇ!じゃ、わざわざ東京がら?」吉田(荒川良々)
「何で?お盆休みなんだよね?」ユイ

『どうやら種市君は大将に無断で東京をあとにしてきたようです』

  ゞ( ̄∇ ̄;) オイオイ!あんだけ世話になっておいて、それはマズイだろ!
無断欠勤して、そのままドロン!しようとしたのか?


「すいません!勝手してすいません!」
「何も言うな、種!言わなくても分かってる。ウニ丼下さい。
こんなうまいもの食える奴は東京なんか来なくていい。      クビ?
こっちで頑張れ!
種市の事をよろしくお願いします!」
大将
「おす!」いっそん(皆川猿時)

『無頼鮨の大将・梅頭さん、北三陸市に滞在した時間、僅か48分。
平らげたウニ丼7つ。そして10時間かけて帰っていきました』


「ありがとうございました!」

 大将の、この張り付いたようなかわいい笑顔ともお別れか・・・(ノ∀;`)
ウニ丼を7つ食べて、ひとつおみやげ。
北三陸にたくさん銭を落としていってくれて、ありがとう!
寡黙な寿司職人の姿とライダーとのギャップに多少萌えたぞ。
で、種、このまま北三陸に残る感じ?
ま、南部ダイバー魂入っちゃったんだな。こうなったら、とことんやってもらいましょう!
今を生きろ!


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第143話

『青年部による海中作業が集中的に行われ、ウニの放流も始まり、
北三陸は再生へ向かって一歩を踏み出しました』


 そんなある夜、『梨明日』で飲んでいた大吉っつあんは、
アキに春子へ電話するよう頼みました。

「まずいですよ、こんな時間に」ヒロシ(小池徹平)
「うるせぇ!ウーロンハイ焼酎抜き。
今でねぇと駄目なんだ。ちゃんとお礼言わねぇど」大吉(杉本哲太)
「お礼?」アキ(能年玲奈)
「んだ。アキちゃんの事、気持ちよく送り出してくれて、ありがとうって・・・・
ユイちゃんもだ。道踏み外した時に手差し伸べてくれたのは春ちゃんだもんな」大吉
「そうなのか?」種(福士蒼汰)
「結局、春ちゃんはいるんだよ、北三陸に。
今は、いねえけど間違いねぐいるんだ」大吉

 それは大吉の心の中だけでは?ちょっと無理があるぞ・・・ ゞ( ̄∇ ̄;)

 春子(小泉今日子)とは電話繋がったけど、大吉っつあんが寝てしまったので通話終了。
ここで、ユイ(橋本愛)が気をきかせて、ヒロシ(小池徹平)を家に連れ帰ってくれたぞ。

『寝てる人琥珀の人を除くと、恋人同士2人きり…』

 で〜も、何かこの二人、恋人同士って感じしないんだよな。兄弟みたい。
どっちかというと、種市先輩はユイと、アキはミズタクといる方がそれっぽい。


 駅の待合室の方が落ち着くみたいだね・・・
「懐かしいなぁ〜」種
「ここさ座って資格試験の勉強教えてもらったよね」アキ
「ああ。天野も一応潜水士なんだよな」
「はい。先輩も久しぶりに潜ったべ。どうだった?」
「うん。やっぱ三陸の海はいいなと思った。
もちろん今はがれきだのヘドロだのがあって、きれいな海じゃねぇけど
命の源っつうか、人類も動物なんだなっつうか・・・
うまく言えねぇけど基本だなって思う。
今回、地震のあとでさすがにみんな落ち込んでんじゃねぇかと思ったけど、
みんな楽しそうに笑ってる。真ん中に天野がいるからだ」

 そうがぁ?・・・東京ではそうだったかもしれないが、
今回は、みんなが笑っているところにアキが入っていったような・・・・
ただ、アキが来た事によって弾みがついたというか、気合いが入ったようには思うぞ。
それは、よそ者であってよそ者でないアキだからこそだべ。


「やめてけろ!小っ恥ずかしい」アキ
「いや 本当だ。
東京でもこっちでも、天野の周りにはいっつも大勢人がいる。
みんな楽しそうに笑ってる。そこが、ユイとは違う」種
「ユイちゃんと?」
「うん。ユイはこっちがユイの笑顔を見たくなるけど、天野はこっちが先に笑っちまう。
それって、ユイちゃんはほっとけないけど、
アキはほっといても生きていけるってアレなんじゃ・・・( ̄∀ ̄;)

だから、2人がそろうと最強っつうか無限っつうか・・・
お互いがお互いのアイドルっつうか・・・
何かいい例えがある気がすんだけど出てこねぇ」
「ビールに枝豆みでえな?」
「いや、あの・・・もっといい感じの・・・・」

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第142話

 さて、種市先輩が戻ってきて、アキ(能年玲奈)はチャリを飛ばして北三陸の駅へ向かいましたぞ。
「先輩ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

 この汽車と競争するように走るアキの姿、何か懐かしいな〜
生き生きしていて、ホント、アキらしいべ。
泣きながら走らせた時もあったし、笑いながらの時もあったよね。


 で、勢いのままに自転車で駅の中へ。
「先輩!先輩!しぇんぱいは?」アキ     吉田にドーン!
「イデ!しぇ?しぇ?」吉田(荒川良々)
種市先輩!どこ?どこどこ?

 しぇんぱいは、ちゃんと「リアス」に居ましたョ〜

「なすて?なすて先輩?お盆に帰ってくるって言ってたのに」アキ
「震災以降、ずっと気になってて・・・」種(福士蒼汰)
「何がですか?」吉田
「『何が』って、北三陸の事が」
「いやいや、お構いねぐ」吉田   「お構いねぐ」流行ってるのか?
「本当はアキちゃんが気になってでしょ?」ユイ
「いやいや、お構いねぐ」アキ
「もちろん天野も、ユイも。
だけど海どか、天野がつくった海女カフェが流されたどか、そっちも気になって」種
「梅さん、よく許してくれたね」アキ
「『梅さん』?」ユイ(橋本愛)
「寿司屋の大将だ。顔怖ぇけど優しいんだ」アキ

「ホントに、お二人はつきあってるんですか?」吉田
「え?」種
「つきあってるならつきあってるで、誰が見でも分かるようにペアルック着るとか
1つのジュースさ2本のストロー挿して飲むとかして下さい」菅原(吹越満) 
なぜヒロシと自転車二人乗りしてる?
「フリーのイケメンが歩いてると青年部に戦慄が走るんで。な、足立君」吉田
東京じゃ目立たない存在だったのに、やっぱりここじゃ、
ちゃんと「イケメン」として扱ってもらえるのね・・(;¬∀¬)

「そうすね」ヒロシ(小池徹平)    
ヒロシの視線もとげとげしいわ〜

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第141話

 さて、復興祈願、海女のミサンガパート2、売れております。
種市先輩、常に装着して宣伝中〜♪


「いいな、それ」大将(ピエール瀧)
「え?あぁ、天野が送ってきたんです」種(福士蒼汰)
「ふ〜ん・・・」
「あっ、要ります?」
「くれんの?」
「よし!」大将の腕にも装着完了!
「ありがとう・・・(〃'∇'〃)ゝ」
「500円です」
「え?(; ̄Д ̄)」
「復興祈願なんで」貯金箱シュッ!
「そっか・・・・」
「ありがとうございます!」

 そんな感じで、現れた鈴鹿さんにもミサンガを買っていただきました。

『7月に入り、我が「スリーJプロダクション」の看板女優・鈴鹿ひろ美も
本格的に仕事を再開しました』


 今度のドラマは『おなご先生 絶賛奮闘中』だって・・・・
水口(松田龍平)を相手に台本の読み合わせ中。

 水口の読み方の棒っぷりが笑えるーー( ̄w ̄)
で、セリフを言うフリをして・・・鈴鹿さんったら、こんな情報を織り込んできましたョ〜


「それから・・・・先生・・・
ずっと、言いだせなかった事があるんです」鈴鹿さん(薬師丸ひろ子)
「え?」水口
「そろそろ・・・・身を固めようと思います」
「あれ??」
「来月、結婚を発表する事にしましたので記者会見のセッティングをして下さい」
「あれ?何ページですか?」
大将も種市も、たまげたべ。

 このビッグニュースはすぐにアキに知らされました。
じぇじぇ!水口さん、結婚するんですか?」アキ(能年玲奈)

 このセリフで、えっ?!(”ロ”;) 鈴鹿さん、ミズタクとできてたんかい?!とヒヤリとしたのは私だけじゃあるまい。

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第140話

『何がユイちゃんを変えてしまったのか。
アキは自分の目で確かめたかった。
震災から4か月がたっても、港には船が一艘もなく閑散としていました』


 アキ(能年玲奈)は、ユイちゃんが見たものを辿ってみることにしました。
突然の揺れで列車が止まり、その中に閉じ込められた後、真っ暗な中歩いたトンネル・・・その先にあったもの・・・
連れて行ってくれた大吉さんの足も、トンネルの前で一瞬止まったさ。

『この中にユイちゃんは車両ごと閉じ込められたんだ』

 あれから4ヶ月・・・・
まだ、線路は途切れたままでした。

『言葉を失いました。
あの日、ユイちゃんが見た景色はこんなもんじゃなかったはず。
それも含めて、アキはユイが負った心の傷の深さを思わずにはいられませんでした。
ユイちゃんだけじゃない。
夏ばっぱも、海女クラブの皆さんも、勉さんも、大吉さんも、菅原さんも・・・
みんな、みんな多くのものを失い、それでも笑ってるんだ』


 アキが遅れて気づいた傷の深さ、これは震源地から離れた場所に住んでいる皆に当てはまることではないでしょうか。
ニュースやドキュメントで、被災地のみなさんがどんな状況だったのか、どんな思いでいたのかを知る。
でも、それだって伝える側がピックアップした一部でしかない。
映像や新聞の文字、ネットだけではわからないことがたくさんあるはず。
推察するしかない。何か自分にできることはないのか・・・


 アキは打ち上げられた底引き網を見つけました。
「花巻さん、これでミサンガ作るべ!復興祈願のミサンガ、作るベ!」アキ
「底引き網で、ミサンガ?」長内(でんでん)
「んだ。ミサンガの材料が高くて買えねぇって観光協会の栗原さん言ってたべ?
んだから・・・」アキ
「アキ!それは駄目だ」かつ枝(木野花)
「なすて?よぐ見だらきれいだし、ただ捨てるにはもったいねぇべ」アキ
「違う。捨てるに捨てられず置いてあるのだ」花巻(伊勢志摩)
「海ん中にも、岩に絡まった網がいっぺえあるんだど」いっそん(皆川猿時)

「もったいねぇな・・・」アキ
「アキちゃん、底引き網には漁師の魂が宿ってんだ。神聖なもんなんだ」長内
「だったら、なおさらほっとく手はねぇべ。
網で作るから意味があるんだ。
手首さ巻いたミサンガ見る度によ「ああ、一日も早ぐ漁さ出るべ」って気になるべ。
それが復興のシンボルだ。
しかも、売り上げで新しい網が買える。ヘヘヘッ、一石二鳥だ!」夏ばっぱ(宮本信子)
「金、取んのか?」美寿々(美保純)
「当たりめえだ。転んでも、タダじゃ起きねぇ北三陸だぞ!」
「よし!アハハハッ!」かつ枝
「さすが、夏ばっぱだ!」長内

 夏ばっぱの援護のおかげで、アキの案が採用されました。
誇りを持って銭を要求してけろ!


NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第24週 おら、やっぱりこの海が好きだ! 第139話

 2011年7月1日、「海開き」の日、大勢のギャラリーのみなさんの声援の中、
海に入ったアキ(能年玲奈)でしたが・・・
どこを探してもウニはいなかった・・・・

 そして、震災後、初めての首脳会議が行われました。
議題は・・・・「KDTOK3RKDNSPMMMYPGB」
つまり・・・
「転んでも ただでは起きねぇ 北三陸を 今度こそ何とかすっぺ 
目に物見せてやっぺ ゴーストバスターズ」
デス。

 って、「ゴーストバスターズ」いらねぇべ!( ゜д゜)

「長えよ、大吉!」かつ枝(木野花)
「ごめん。気持ちが先走ってまって」大吉(杉本哲太)
「(消したら)あああああああ〜〜〜っ!まだ書き写してねえべ」弥生(渡辺えり)
「・・・・懐かすぃ〜!
こういう無駄なやり取りを震災前はしょっちゅうやってたね・・・」大吉
「いちいち、しんみりすんな」夏ばっぱ(宮本信子)      ( ̄w ̄) ぷっ

『大吉さんがセンチメンタルなのには訳がありました』

「こちら、ご覧下さい」吉田(荒川良々)  
吉田が新聞の記事を見せましたぞ。でも、見出しのところを指で押さえとる・・・
「80円?」勉さん(塩見三省)
「な〜んてね」吉田が指をはずすと・・・
「80億円!?」
「宮古から北へ延びる北三陸鉄道、釜石から南に延びる南三陸鉄道、
どちらも大きな被害を受け、その復旧にかかるお金が・・・・!(80億!)」吉田
「じぇじぇじぇじぇじぇ!」   みんな呆然よ・・・
「これは、もう、おらたちでどうこうできるレベルの金額じゃねぇ。
国の補助を期待しねえと」大吉
「出すのか?国が。そったら金」長内(でんでん)

「いや〜こんな事言っちゃあなんだが、もっと〜有効に使うべきでねえのぉ〜?」今野(菅原大吉)
「な・・・・何ぃ!?」吉田
「耐えろ、吉田君!これが偽らざる市民の本音だ!」大吉
「言っちゃなんだがさ・・・」今野
「言っちゃなんなら言うな!ブティック野郎!鼻くそつけてやる」吉田
ジオラマのブティック今野に鼻くそを?!
「あ〜この野郎!」今野
「そこ、駐車場だよ」菅原(吹越満)

 大人達のこんなやり取りがなされている間、座っていても、
どこか遠くで聞こえている風情のユイちゃん・・・

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 第138話

『震災に屈する事なく北の海女たちは今年も海に潜ります』

♪「言っているいる〜お待ちなさ〜いな〜」
♪「いつでも夢を〜 いつでも夢〜を〜」

海女のみんなが歌うこの歌が、深く響いてくるべ・・・

「ちょっと、先行ってて!海女カフェ寄ってく!」アキ(能年玲奈)
「・・・・・・・・!」みんな
「なすて?」弥生(渡辺えり)
「懐かしいがら」アキ
「やめどけ」弥生
「なすて?」アキ
「アキちゃんが〜懐かしいと思うものは、もうねぇよ」美寿々(美保純)

 みんな、変わり果てた「海女カフェ」を見せたくなかったんだな。
でも、夏ばっぱ(宮本信子)がアキを連れて行きました。
津波がこの海女カフェを飲み込んだらしく、屋根は残っていたけど壁もなくなりビニールシートで覆われ、中は大小様々ながれきが散乱していました。
アキはこの場所を見て、初めて震災の恐ろしさを実感したのではないでしょうか。


「袖が浜では、ここが一番被害ひどかったんだ。
これでも、だいぶ片づいたんだよ!」美寿々
「魚は?」アキ
「死んだ。全部。水槽も壊れてしまったしな」長内(でんでん)
「保険下りんのか?いっぺえローン残ってんだべ!」弥生
「金の事はいい。それより、せっかくアキが作ってくれた憩いの場が・・・」かつ枝(木野花)

 舞台があった場所に、看板が埋もれていた。

『それは、ストーブさんこと足立ヒロシ君と種市君が中心になって
徹夜で作った看板です。思い出の詰まった看板です』


 アキは一生懸命土をはらったさ。

「誰のせいでもねぇんだ・・・アキ。
自然のいい所ばかり利用して、自然の怖ぇとこ目背げて、そのうち・・・忘れてまう。
それが、人間の傲慢さだ」夏ばっぱ
「・・・・・・」アキ
「さ!帰って、一眠りすっぺ」夏
「おらも帰るべ。スナック開けねぇとな」美寿々
「んだんだ」かつ枝
「・・・・・・・・決めた!」アキ

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む

「あまちゃん」 第23週 おら、みんなに会いでぇ! 第137話

『ついに、1年半ぶりにアキは北三陸に帰ってきました』(6月24日)

『もうすぐ着くよ』
アキ(能年玲奈)は夏ばっぱ(宮本信子)にメールを送りましたぞ。

『町は閑散としていました。
まるで3年前初めてこの土地を訪れた時のように・・・
いや、それ以上に寂れていました』


 人けがねぇな・・・静かだ。
アキが持っている缶(なんの缶だ??)の音だけが響いている。
観光協会の窓にはガラスの代わりか、『がんばっぺ東北!』と書かれた板が張られている。

 立てかけてある「北の海女」の看板の上に書かれた『負けねぇど北三陸』・・・
でも、その肝心のアキが知っている北三陸のみんなはどこ行ったんだ・・・・?

『北三陸市を襲った津波は川を遡ったものの、その川が二股に分かれていたため
勢いが分散されたようで町なかは壊滅的な被害を免れました。
しかし、人的な被害も出た沿岸部の打撃は大きく流された車や家屋も少なくなかったそうです』


 観光協会にも誰もいねぇ・・・
救援物資の段ボールが積み上げられてる。
やっぱりここは「被災地」なんだな。

『覚悟はしてきたものの、アキは言葉を失いました』

 壁には『がんばれ!北三陸』と描かれたよせがきの布が貼られている。
そして、地震後の混乱が伝わる店舗の移転や募集のお知らせ。
床に落ちていた海女カフェの模型を見つけたアキは、ジオラマの中にしっかり置きました。

『もっと早く帰ってくればよかった』

『駅にも誰ひとりいませんでした』


 まるで物置のような雰囲気・・・人の気配がない。
切符売り場にはお知らせが貼ってありました。

『3月11日に発生した、大地震の影響により
現在、北三陸〜袖が浜間の一駅区間運転となってお
ります。復興支援の無料運行は5月31日で終了
します』


「一駅区間・・・」
アキは窓口に100円をぽちっとおいたさ。
で、汽車が来るまで、線路にいる狐を相手にパフォーマンス・・・

 実は、その姿は、吉田(荒川良々)によってみんなに報告されていましたよん。
「間違いねぇです。今、ホームでキツネと戯れてます」

 アキが置いた100円玉を手に取り、にっこり笑った吉田にほっこりだぜ・・(ノ∀;`)

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編
潮騒のメモリー(初回限定紙ジャケ仕様~アナログEP風レトロパッケージ)連続テレビ小説 あまちゃん iPhone5 専用 カスタムカバー (ハードケース) じぇじぇじぇ!続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa