トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「医龍4 -Team Medical Dragon-」

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第11話(最終話) 帰って来た天才外科医

 終っちゃいましたね〜
いや〜いいシーズン、そしていい最終回だったんじゃえないですか〜
過去を踏まえた現在、そして気持ちも新たにそれぞれの未来に向かって歩いていくチームドラゴンのみなさんの姿が嬉しかったよ


 龍ちゃんLOVEの野口も念願の握手(ふうのタッチ)が達成できたし。
いつもボコボコにされて哀れよのう・・で終わる野口の晴れ晴れとした顔が見られて新鮮な喜びを感じたぞ。
己の道を行きながら、患者のために、そして医学の発展という大きな流れのために前進し続ける。
これがチームドラゴンだよねぇ〜

 ラストのミキ(水川あさみ)登場にもテンションあがったぞ。
できれば軍司様(北村一輝)にも来て欲しかったけどぉ〜
贅沢は言いますまい。
どうか、シーズン5もありますように・・・(-m-)” パンパン

HPはこちら

 さて、振り返ってみますか・・・
佐久間さん(岡本信人)がらみで倒れちゃった院長(平幹二朗)の発見が遅れるんじゃ・・って心配したけど、すぐに猪原(キムラ緑子)が発見。
L&Pに緊急搬送されました。

 みなさんが桜井院長の病状をかわりばんこに説明してくれましたぞ。
「間違いない。心臓と脳 両方の瘤の破裂だ。心臓は血管内の三層内膜と中膜が破裂して外膜だけで 持ってる状態だ」荒瀬(阿部サダヲ)
「それが破れて、切迫破裂から完全破裂に移行すれば 助からない」伊集院(小池徹平)
「脳の動脈瘤も破裂したが出血は最小限度で収まっている」荒瀬
「でも再破裂したら終わりよ」加藤(稲森いずみ)
「朝田先生!」伊集院(小池徹平)
「今すぐに脳と心臓の同時オペをやるしかない」朝田(坂口憲二)
ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!

 でも、誰が脳をやるかって話さ〜
一応、荒瀬がL&Pの脳外科医をあたったんだけど、みんなビビっちゃって無理。
も〜師匠の危機にいつになくテンパっている龍ちゃんは「俺がやる!」とか言ってさすがの荒瀬にも止められております。

 そんな時、桜井院長急変の知らせを聞いた藤吉先生(佐々木蔵之介)から、
あの「謎の脳外科医」情報が!
「そいつは、今は医者じゃない。
だが、かつては「Best Surgeon in the USA」で、マイク・ボールドウィンを抑えてトップの座を獲得した天才脳外科医だ。
その脳外科医は岡村征だ。岡村には話した。もうすぐ、そっちに着く」藤吉

 なんだよ〜!岡っぺ!やっぱ医者だったんじゃん!
悲劇の婚約者とみせかけて(イヤ、見せかけてないが・・)
かっちょよく謎の天才脳外科医として颯爽と登場かい。
も〜もったいつけてからに。
でもいいのよ。待っていたわ、征!オマエの力が必要だ。


 って、あれぇ〜先週ラストに龍ちゃんが電話してたのは岡やんだったの??
わたしゃ、てっきり軍司かと思ったのに・・龍ちゃんは岡ムーのこと知ってたのけ?
いや、藤吉先生への返事じゃ知らないふうだったよね・・・
それともヘルプ頼んだ人は結局来なかったの??
まぁ、いい。助っ人は一人で十分だ。

 てか鬼頭よ、知ってたんならとっとと情報寄越すなり、
岡村がオペに参加するよう説得せんかい。
そうすりゃ、龍ちゃんだってこんなに焦らなかったべ。
まぁ、いい。終わりよければすべて良しだ。
って、まだオペは始まっちゃいないが〜


医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第10話 世界に売られる天才医師

 あ〜ついにインド売りとばしの件発覚・・・
でも、医療制度改革のため海外で外貨獲得し日本の医療に還元するって言われりゃ、それしかないのかな〜って気もするし・・


「僕はね桜井修三を助けたいんだよ。
桜井を助けるためにはL&Pのスーパー医療特区が必要だったよね?
世界各国にL&Pのような病院ができたら、桜井修三がドクター・マイクに助けられるようなことが世界中で可能だと思わない?
僕・・・何か間違ったこと言ってる?僕の言ってること、正しいよね?」

 それは龍ちゃんも否定できないさ。
「ああ、その通りだ」
「このプロジェクトが日本の医療の最後の砦だ。
朝田龍太郎、君の力を貸してほしい!」

 野口が差し出した手を龍ちゃんは取らなかったけど、ポッケに突っ込んでいた手を無理やり出して握手成功!
龍ちゃんも野口を見つめていたさ。
これは・・・「医龍」初のチームドラゴン with 野口的な大団円もありえるか?
野口のボッコボコなし?もありえる?

HPはこちら

 振り返ってみましょう・・・
チームドラゴンのみなさんを前にして野口(岸部一徳)は「助けられないよ」とピシャリ!
オペは医療特区のL&Pでしかできないから、朝田がL&Pに来なきゃダメだって意味さ。
「桜井を救えるかどうか君の決断次第なんだよ」

 脅迫じゃん・・・
いくら天才的なオペテクニックがあっても権力には勝てないのか・・・(;д;)=3=3=3=3


 桜井先生を助けたいのは山々だけど、龍ちゃんまでL&Pに行っちゃったら医師は早川と桜井院長だけになっちまう・・
でも、オペをするにはL&Pに行くしかない。
チームのみんなで話しても堂々巡り。

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第9話 死なせない!母と子の命

 いやぁ〜わたしゃ、岡やんは謎の外科医と思っていたのに大ハズレだったよ。
ドクター・マイクがいつものように来られなくなって、どうする?このままじゃ桜井先生が危ない!
って時に手術着を着た岡やんが颯爽と登場!ってのを想定してたのに〜〜(´・ω・`)
がっかりだよ。

 まぁ、そうなると主役は誰?って感じに龍ちゃんより目立っちゃうしーー
『医龍5』にも出ることになるかもしれないからギャラの予算が違ってきちゃうしーー
コレでいいのか?

 てか岡村医師説が崩れたショックでりっぱな志で経営コンサルタントになった話にも、
な〜んだ・・・としか思わなかったという・・・ごめんよ〜岡っぺ・・・
てか、アメリカという国はそんな融通の利かない保険制度しかないのでしょうか・・・
放置したら死ぬしかない患者でもドライに帰されちゃうの?
こ・・こわい・・・
 

 ところで、じゃあさ、マイクの上にいたという謎の外科医って誰〜?
まさか桜井院長?だとしても自分で自分のオペはできないしな〜
それとも今度こそ霧島(北村一輝)?
まさか鬼頭(夏木マリ)が実は私よ!ってのもありえないし〜
歴代シーズンの登場人物で、他にめぼしい人材いないよね〜

HPはこちら

 さて、振り返ってみますか。
加藤(稲森いずみ)、伊集院(小池徹平)、荒瀬(阿部サダヲ)が全速力でアロワナ部屋へ。
野口大先生(岸部一徳)自らが招集をかけ、大事なオペの発注さ〜
患者はL&P病院の 親会社・L&Pリースの脇坂副社長の息子なんだと〜
5歳で『心房中隔欠損症』。
野口の進退にも関わるってんでミスは絶対に許さないってョ〜

 そして桜井院長(平幹二朗)の頭の方のオペなんだけど、やっぱり岡ちゃん(高橋克典)がうまいことやってくれて、マイクはんが来月来てくれることになったそうな。
でも、交換条件が好きな岡やんはいつものようにセッティングした代わりに龍ちゃん(坂口憲二)をL&Pに勧誘。
「桜井先生を助けるためには、あなたが L&Pに来るしかないんです」

 も〜龍ちゃん、こまっちんぐさ〜

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第8話 暴れる患者と未熟な医者

 さて、今回はとんでもない天狗野郎の早川(柄本佑)が朝田チルドレンになるまでのお話。
荒療治だったけど、終わりよければすべてよし。
これから桜井病院で鍛えれば、いいお医者さんになるんでないの〜?
早川よ、何もかもこれからじゃぞ。

HPはこちら

 さて、ダッシュして診察室に向かう龍ちゃん(坂口憲二)の姿からスタート。
早川が糖尿病の男の子の問診をしていたら、付き添いのお母さんがキレちゃって、こりゃヤバイと思った看護師が龍ちゃんを呼びに走ったようです。

 早川は家族に同じ病歴のある方がいるか聞いただけらしいんだけど、言い方なのかお母さんは自分が責められれていると思ったようです。
かなり険悪な雰囲気で間に挟まれた患者の男の子も自分のせいでこんなことに・・と落ち込んでいるわ〜

 まぁねぇ・・母親って子供が病気になったら常に自分のせいじゃないかとか、どこが悪かったんだろうって自分を責めるもんだから、周りの言葉に過敏に反応してしまうところはあるんだよね。

 早川は一刻も早くL&Pに戻りたくてたまらんようです。
仕事が細分化されているL&Pとは違って、桜井病院では手の空いている者がやれることをやるって感じだから
よその病院では看護師がしている仕事もすることになる。
逆にいい勉強になりそうだと思うんだけど、早川にとっちゃ、こんなの間違ってる!ってことらしい。

 文句を言ってもイケズの和枝姉さん猪原(キムラ緑子)が
相手では「お願いしますね」で終わり。
しかたなく病棟の患者さんの採血をすれば、ヘタなもんだから騒がれイライラMAX。
自分の技術のなさを認めず「モンスターペイシェント」呼ばわり。
伊集院が企画した医者としての総合力が学べる研修プログラムに誘っても拒否。

 そもそも医者になりたいって強い意志があった訳じゃないらしい。
「昔から頭がよくて成績が一番だった。
偏差値が高く、手に職がつく、社会的ステータスもある。
だから医学部を受験しただけです」だってョ〜

 こういう人いるのかもね。
最高関門だから能力を試すためにトライしたら受かっちゃった、みたいな。
でも、医師は教師と同じように情熱も人間性も求められる特別な仕事だと思うぞ。

 早川め、伊集院(小池徹平)に医師をやめて司法試験うけよっかな〜とかボヤいております。
「君なら、なれるだろうね。でも、今の君だと結局同じ壁にぶち当たる」伊集院
「・・・・え?どいう意味ですか(壁なんか当たったことねぇけど)」早川
「どんな仕事でも強い思いがなければ続けられないと思うよ」
「・・・・・・(はぁ?意味わかんねぇし)」

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第7話 患者が最後に選ぶ医者!

 さぁ、今回はついに伊集院にスポットライトが当たりますョ〜
野口からは「伊集院?いるの?彼」とかバッサリ言われちゃったけど、
岡やんは「伊集院先生こそジョーカーだと思っています」ってさ。
(゚Д゚) そうなの?

HPはこちら

 明真を辞めたことを知った婚約者の美雪(中村ゆり)から呼び出された伊集院(小池徹平)は
「明真じゃなきゃ駄目なのに・・・」と泣かれてしまいました。
このアマ、教授夫人の座を狙える大学病院に勤めてなきゃイヤだってか?と思ったら・・・
にゃんとお父様の豊さん(斉木しげる)が末期の肺癌で余命三ヶ月と宣告されたしまったそうな。
オペもできない状態で、お父さんは治療もいらないとあきらめているらしい。

 良かった・・・
うちの登が変な女に騙されてたんじゃなくて. ε〜( ̄、 ̄;)ゞフー.


 その後、娘と伊集院が険悪になったらアレだし〜と気にしたお父さんが伊集院を訪ねてきました。
何でも明真じゃ治療拒否するんなら受け入れられないって言われたからホスピスを探そうしていたらしい。
そんな事言われて黙っている龍太郎チルドレンの伊集院じゃないよ!
「ホスピスじゃなくて、ここに来てもらえませんか?
これからのことは一緒に考えていきましょう」

 お父さんは婿が用意した立派な個室に入院しましたが、あくまで治療は受けないってのを貫くつもりらしい。
可能性があるなら抗がん剤の治療を受けて欲しいという美雪との板挟みでこまっちんぐだけど、
伊集院ももう30歳!女の言葉にいちいちオロオロしていた頃とは違います。
お父さんの意志を受け入れた上で、副作用の少ない抗がん剤を紹介しつつ、
お父さんに合った治療法を模索しております。

 さて、そんな時、チームドラゴンはオペ適用としてはぎりぎりのライン・ステージ沓瓩稜戮ん患者のオペを行うことになりました。
患者さんは86歳とかなり高齢の女性で、 肺がんが横隔膜に浸潤しているため、
早川(柄本佑)の見立てじゃ、普通なら化学療法と放射線治療で対応するべきなんだと。
オペは夫の介護をしている患者さんの希望らしい。

 手術は無事成功。
もしかして義父の癌もいけるんじゃね?同じ肺癌だし〜とひらめいた伊集院は龍ちゃん(坂口憲二)に相談。
でも朝田大明神からは「この段階で癌を取り除いてもまた別の場所に転移が見つかるだろう。
オペは患者の体に負担をかけるだけだ」と宣告されちまいました。

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第6話 ヒーローに裏切られた男

 今回は人間・野口の顔が垣間見えました。
若き日の桜井院長との決別が医師としての野口に大きく影響を与えていたのね〜
てか、今シーズンは今迄の総決算のような展開ですな。
毎回視聴者の要望に応えてくれるキレの良さだけど、「医龍」もこれで終わりなのか〜?という不安も感じさせるぞ。
HPはこちら


 さて、振り返ってみましょう。
L&P病院の院長に就任した荒瀬(阿部サダヲ)はエネルギッシュに活動しております。
何でも岡ちゃん(高橋克典)によると、荒瀬がオペのローテーションを決めるようになってから大幅にオペ時間が短縮され患者も術後の回復が早くなってるんだって〜

 それを聞いて、ふん!てな感じの野口(岸部一徳)。
朝田(坂口憲二)のために自ら仕掛けようとしております。

 桜井病院では・・・・
院長(平幹二朗)がL&Pに検査入院している間、加藤(稲森いずみ)がヘルプで入っております。
そこへ院長の誤診を訴える患者が現れ興奮してまくしたてましたぞ。
「桜井院長を今すぐ 出してください!
桜井院長の誤診のせいで私の人生がめちゃくちゃに されたんです!」

 患者の名は平山千尋(李千鶴)。
ちょっと前に桜井院長の診察を受け心臓病と言われたんだけどL&Pで再検査したら「気管支ぜんそく」と診断されたそうな。
しかも最初の病名を同僚に相談しているところを上司に聞かれ、自分が企画したプロジェクトからはずされてしまったんだって〜
それで怒り狂って抗議に来たと言う訳さ。

 桜井院長が誤診って、アンタ・・・
スタッフだって、岡ちゃんだって信じられないさ。
でも、それを聞いて納得する男が一人。
「当然のことかもしれないよ?彼が誤診するのは」野口

 さらに、朝田獲得に向けて軽くジャブ。
「桜井修三。
彼は君の恩師だそうじゃないの。長年の献身的な医療で無理がたたったのかな?
気の毒だねぇ・・・もし、それが本当だとしたら」野口
「どういう意味だ?」朝田
「彼は君の ヒーローなんだってね」
「何が言いたい?」
「とかく ヒーローとは、秘密を抱えているものだからねぇ」

 いや〜この野口の口を開けて歯だけ半分見せているアピール顔、懐かしいじゃないの〜
インテリのねずみ男って感じ。


 朝田は平山さんにもう一度診察させて欲しいと頼んだんだけど、拒絶されちゃった。
もはや桜井病院に不信感と怒りしか感じない平山さんは院長からの正式な謝罪がない限り訴えると息巻いております。
肝心の院長は不在だし・・・こまっちんぐだよ・・・

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第5話 天才麻酔科医が決断する

 ついに荒瀬まであのバッジを・・・・
てか、桜井院長の検査入院に付き添う朝田が息子のようで微笑ましかったわ〜
(*´ω`*)

HPはこちら 

 振り返ってみましょう・・・
L&P病院に移った加藤(稲森いずみ)は人工心臓実用化に向けて研究に励んでおります。
そんな加藤の前にひらりと現れるやり手ババア(夏木マリ)・・

「興味深い男よね。岡村征。
彼は単に利益を追い求めるだけの経営コンサルタントではない。
岡村には 理想の医療がある」鬼頭
「理想の医療?」加藤
「そして岡村はビジネスの力でその理想を現実に変えようとしている。
朝田とは真逆の男よね。
でも、あの男にはまだ秘密がある」

 秘密って何かしら〜?
今回見た限りじゃ、野口の番頭で終る気はないみたいだね〜
岡村(高橋克典)にとっては野口も駒のひとつ。
しかもたいした駒じゃないから、目的が達成されたら捨てちゃうんだろうな〜


 さて、そんな野口(岸部一徳)から岡やんに提案が。
最近、L&P病院の循環器の患者が桜井病院へ流れているのを院長の羽垣が気にしてるんだと。
で、患者を取り戻すためにここいらでデモンストレーションでもやるべってことで、
「先天性二尖弁の大動脈弁狭窄症」の患者のオペを行うことにしたそうな。
しかも、「大動脈弁置換術」の最短記録を更新したいんだって〜

 院長自らがメスをふるうと聞いて顔を曇らせる岡ちゃん・・・・
つーか、はっきり舌打したぞ。
どうやら羽垣には難しいオペのようです。
野口からオペのためのスタッフを集めるよう言われたんだけどねぇ・・・こまっちんぐだよ〜

 L&P病院内では最高のスタッフを揃えたのに、麻酔科医が女性なのが気に入らずチェンジを要求。
荒瀬の名前も知らない癖に桜井病院からレンタルするよう命じました。

 さて、岡っぺのスパイ早川(柄本佑)ですが、相変わらず生意気な態度ですョ〜
カンファレンスの時もわざとらしく貧乏ゆすりしているしよ。
伊集院(小池徹平)が気使って今後の専門のこと尋ねたら、麻酔科医にだけはならないってさ。

「地味だし拘束時間は長いし、ありがたがられるのは執刀医だけで誰からも感謝されませんからね」早川
「僕も昔はそう思ってたけど、荒瀬先生を見ていて考え方が 変わったな」伊集院
「麻酔科医なんて外科医のしもべじゃないですか」
「それは 違うよ。荒瀬先生は朝田先生のしもべなんかじゃない。
対等な関係でいるからこそ質の高いオペができるんだ」
「そんなものは理想論でしょ?一般的な病院機構は外科医を中心に 回ってるんです」
「その状況をこれから変えていけば・・・・」
「変わるわけありませんよ」

 ハイ、ここテストに出ますョ〜
今回のエピソードの鍵となっております。
変わらないはずのものが変わるかもしれない。
岡村の頭の中には全く新しいタイプの医療施設の構想ができているようです。

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第4話 魔法の心臓と狙われた女

 んも〜どんどん引き抜かれていっちゃうじゃないのぉ〜!
加藤よ、気持ちはわかるが、ちゃんとみんなに挨拶したのかい?
そして藤吉先生(佐々木蔵之介)はアメリカに行っちゃったのぉ?
オペの解説役という大事な役をほうりだして・・
早川(柄本佑)に奪われちゃうよョ〜
てか、こんな若造の解説じゃダメ!
藤吉先生の穏やかなセクシーボイスで聞きたいのよっ。
早く帰ってきて〜!(ノ´Д`)ノ
HPはこちら

 さて、今回は同じ症例のオペを桜井病院のチームドラゴンとL&P病院のロボティックオペを比較する感じで描かれました。
どちらも「急性虫垂炎」デスョ〜

 L&P病院の患者は世界エネルギーサミットに参加していたガラン首長国連邦石油省のアフマド大臣。
会場で突然苦しみだしたところに居合わせた野口(岸部一徳)が診断。
盲腸ってことで、やじ馬たちもほっとしたんだけど・・・

「ノー!アッペを笑う者はアッペに泣く」
とか言っちゃって、L&P病院に運んじゃいました。
営業で行ったみたいだから、大臣が倒れて野口にとっては好都合さ。

 病院に搬送された大臣は5日後にヨーロッパで開催される国際会議に出席予定。
だから、その期間の手術と回復を希望している。
野口と岡村(高橋克典)の判断は「ロボティックオペ」。

 桜井病院の方は出前を持ってきたアフリカ人のカビル。
こちらも急に苦しみだしたんだよね〜
朝田が診断し、「お金も時間もない」というカビルを無視して緊急オペ開始よっ。
カビルも日本で稼いだお金を一刻も早くお国へ持っていきたいということで
「最小の切開で最短のオペ」を目指します。

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第3話 神の手からこぼれた患者

 あぁ・・・・加奈ちゃんの命を救うために藤吉先生(佐々木蔵之介)が「心筋シート」の権利ごと身売り・・・
わかっているよ、藤吉先生・・・
好きでL&Pのバッチ付けてるんじゃないよね・・(ノω・、)

 そして、その記者会見を見たチームドラゴンの皆さん・・・
「どうして野口が?」加藤(稲森いずみ)
「このバッチ・・・」伊集院(小池徹平)
「こいつもL&Pの人間だったのか・・・」荒瀬(阿部サダヲ)

 アレ?あんたら、まだ会ってなかったかい?(*・д・ノ)ノ゛
わたしゃ、毎週野口とアロワナちゃんを見ているからお馴染になっている気がしてたけどさ、ここで久々にご対面だったか。 
そうなのよ〜岡村(高橋克典)の背後には野口(岸部一徳)がいたのよ〜
野口の手のひらの上でオペをしていたことに気づいたチームドラゴンなのでした。

 さて、振り返ってみましょう・・・
加奈ちゃん(玉野るな)急変!
救命措置をとる木原(意外!何もできない男と思っていたが)(池田鉄洋)と加藤。

 緊急オペは避けられない状況。でもいったいどうしたら・・・
ヘパリンも アルガトロバンも 使えない。
          ↓
人工心肺が回せないからオペができない。
患者の「三尖弁の逆流が増えてる」から心臓を動かしたままのオペも無理。
          ↓
オペの内容は「僧帽弁形成術」「三尖弁形成術」「オーバーラッピング」の3つ。
長時間のオペにならざるを得ないから人工心肺なしはムズい!
          ↓
「HIT抗体」がなくなる数ヶ月の間内科的治療で持たせられないか?
          ↓
この状況ではバドやPCPSでの人工心臓による補助が必要だけど、
使ったら一時的に心臓が助かっても手足や臓器は血栓で壊死する!
          ↓
リスクを承知でヘパリンを使って最小限のオペをするか?
          ↓
ヘパリンを使えばかなりの確率で血栓塞栓症を起こすぞ!
そうなったらもう助けられない。
          ↓
そうなると打つ手がない・・・・


 も〜あちらを立てればこちらが立たずの堂々巡り。
さすがの龍ちゃん(坂口憲二)もアイディアがでねぇ!

 そこに現れたのが桜井院長(平幹二朗)さ。
「ヒルジンを使え(ドーーーーン!!)」

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第2話 手術をすると患者は死ぬ

 今回はオペなし!しかも次回へ続くっ!
くぅーーーー!( ̄д ̄) いいもん!来週オペ時間2倍だもん!(嘘)
HPはこちら

 さて、視聴者の予想どうり、藤吉先生(佐々木蔵之介)は患者さんを連れて現れました。
その患者さんは「拡張型心筋症」、6歳の富田加奈ちゃん(玉野るな)。

 藤吉先生は今いる病院で最先端医療である「心筋シート」(研修医の早川(柄本佑)が解説してくれたぞ。「患者の太ももから筋肉を採取して、これに含まれる骨格筋芽細胞を培養して 、心臓の筋肉と同じ機能を持つ シートをつくる。それを傷んだ心筋の表面に 貼れば患者自身の心機能が改善するという仕組み」( ゚Å゚)ホゥ・・何と便利な!でも、認可が下りるのは早くて2年後らしい)
の研究をしており、それが認可されれば心臓移植をせず治療できる予定だったんだけど〜

 加奈ちゃんの病状が悪化。
急遽、心筋シートが使えるようになるまで心臓を持たせるオペをチーム・ドラゴンに頼みに来たのさ〜

 その頃、L&P病院には鬼頭(夏木マリ)が呼び戻されていました。
ER部長に就任した彼女の働きのおかげで、患者の受け入れ率は30%も上がり、野口(岸部一徳)と岡村(高橋克典)の構想であるL&P病院の医療特区化計画が現実化しようとしていた。

 「医療特区」に認定されると、日本で認可されていない医療でも治験できるんだと。
じゃあ、藤吉先生が研究している「心筋シート」も使えるってことけ?
岡村と密談中の野口からは例の調子で「もはや、ここは日本ではないと思ってくれていいよ」という発言が・・・

 鬼頭は岡村から「チーム・ドラゴン」をもらうって約束でわざわざアメリカから戻ってきたみたいなんだけど、「チーム・ドラゴン」ってインドに売り飛ばされるんでしょ?
その時に鬼頭も高い地位をもらって一緒に付いていくってことなの?

医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む

「医龍4 -Team Medical Dragon-」 第1話 チームドラゴン復活!

 いや〜おもしろかったわ〜(o ̄∇ ̄o) ♪
予想どうりに必ず展開していくんだけど、不満どころか嬉しくてしょうがない。
コレが「医龍」だよ。あっと言う間の1時間48分ぐらいだったわ〜
今回は散らばって活躍していたチーム・ドラゴンのみなさんの現在と事情、彼らが再び終結するまでが描かれました。
HPはこちら

 まずは朝田(坂口憲二)ね。
彼は紛争地帯でMSAP(万人のための医師団)として活動しております。
で、施設の近くで爆撃を受けた少年が「急性硬膜外血種」による「頭蓋内出血」という状態に。
例によって、ろくな設備もない、開頭ドリルもない、どうせ助からないわー!というムードを『諦めるな!』と一喝。
知り合いの少年から、大工仕事用のドリルを借りて、屋外でテントも立てずに緊急オペ決行。
「どんな状況でも死なせていい患者なんていない!」
いやはや、ハードな『仁』状態さ〜
もちろん、手術は成功。ここにゴッドハンド・ASADA伝説が追加されました。

 その頃、日本のある地方都市で最先端医療設備を誇る「L&P病院」の外科部長・木原毅彦(池田鉄洋)が研修医たちに病院を案内しておりました。
この病院の経営を任されているのは「世界を動かすビジネスマン100人」の一人にも選ばれ、アメリカで数々の病院を再建してきた実績を持つ岡村征(高橋克典)。
そして、病院顧問として「医療国際化推進委員会委員長」の野口(岸部一徳)がおります。

 そんなすんばらしい病院のERに「腹部大動脈瘤切迫破裂」の男性が搬送されてきたけど、
検査の結果を見た岡村は拒否するよう指示。
で、患者は近所の寂れかかった桜井総合病院へ運ばれる。

 この桜井病院、設備を整える経済的余裕もなく、待遇もアレだったのかしら〜?
医師や看護師がどんどん辞めて行って、行き場のない患者さんたちがしかたなく残っているだけ。
外来の患者はほとんど「L&P」に流れていっとる。研修医にも相手にされない。
「L&P」から業務提携という名の合併吸収話が来ているけど、院長(平幹二朗)は受ける気ないらしい。

 さて、そんな桜井病院に「腹部大動脈瘤切迫破裂」の男性が搬送され、緊急オペをすることに。
そんな難しいオペをこの平成初期のショボイ施設しかない病院で?!
他の医師も看護師もすっかりビビっちゃって、断る気満々。

 でも、桜井院長は「赤ひげ」的な患者のためならやったるぜ!という正しい使命感に溢れた医師だった。
「患者が、うちの病院を希望しているんだ。
必死に生きようとしているんだ。
それなのに俺たち医者や看護師が患者を見捨てるのか?」
院長を長い間支えてきたベテラン看護師猪原(キムラ緑子)も援護。
すぐにオペの準備開始。
 
医龍 ~Team Medical Dragon~3 DVD-BOX医龍 Team Medical Dragon 2 DVD-BOX医龍~Team Medical Dragon~ DVD-BOX

続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa