トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「スニッファー 嗅覚捜査官」

「スニッファー 嗅覚捜査官」 第2回 スナイパー連続狙撃事件!霧に消えた悲しみの匂い

 ワンパターンに陥らず今回も新鮮に楽しめたわ〜
阿部ちゃんが新しい変人キャラを産みだす度に喜びを感じる〜
「イノシシ」と揶揄されていた小向(香川照之)のトラウマも解消。
でも、小向の心からも悲しみの匂いが・・・
小さいおじさん(華岡と比べるとね)への愛しさが止まらない。
阿部ちゃんと香川さんの出会いによる素敵な化学変化に乾杯!
HPはこちら
 

 振り返ってみましょう。
先週のラストで華岡(阿部寛)を殴ったのは元妻の恵美(板谷由夏)でした。
娘の美里(水谷果穂)のことを心配してかけた電話に返事しなかった
もんだから怒り爆発したらしい。

 恵美は美里が薬的なことに関わっているのでは?と懸念して
いたのですが華岡の鼻によると、それはないらしい。
またも泊まりに来ている娘と話し合うことなく、嗅いで分析するだけの
困ったお父さんなのでした。

 さて、山際重工の会長・勅使河原洋三がライフルで射殺された。
スナイパーが居たと思われる場所に向かう華岡は
恵美に嫌味言われたもんでげんなりしとる。

「アンタはいいよな・・・」華岡
「何?」小向
「どうせ一生独身だろ?」
「そんな事ないよ。決めつけないでよ」
「羨ましいんだよ・・・つくづく」
「何か・・・不愉快だな」

 (* ̄m ̄)プッ・・・

「これは相当時間、ここにいた。少なくとも4〜5時間。
犯人は40前後の男性。喫煙歴あり。
吸ってるのはポールモーリス。外国製のタバコだ。
それと蜜ろうとカーボンの匂い。
あとパラフィンとポリアクリル酸ナトリウム」華岡
 
 「ポリアクリル酸ナトリウム」は紙おむつに使われるものらしい。
小向によると本物のスナイパーは標的を何時間でも待つそうな。
そのためオムツを着用しとる。
なるほど〜宇宙飛行士さんも飛び立つ時はトイレなんて行けないから
オムツしているっていうもんね。
そして「蜜ろうとカーボン」は光の反射を防ぐために塗った黒いグリースなんだと。


 今回の事件解決は華岡と小向の知識と行動の連携がうまく結びついた結果でした。
ピストル射撃でオリンピック出場最終選考まで残った小向の経験も生きていましたぞ。


 勅使河原が撃たれた場所からスナイパーが居た場所は
700メートルも離れていた。

「使用されたのがM40って事で解けたよ。
古い銃はね、弾丸にパラフィンを塗って弾詰まりを防ぐんだ。
(スナイパーは)2発撃ってる。1発目は地面に。
これ、試し撃ちだよ。
初弾の着弾点弾が当たった場所を見て射程距離・風速・湿度・斜度瞬時に
計測調整して2発目を脳幹に当ててる。
しかも狙撃兵でもね、頭を狙うのは射程が300メートル以内だ。
それ以上だと普通は胸を狙う。
それが一撃で脳幹を撃ち抜いてる。プロの狙撃兵のやり方だ」小向
「日本にプロなんているのか?」華岡
「あるいはプロ並みの腕を持つ男・・・」

 華岡もこのおっさんのこと見直したんじゃないかしら〜?
検死の結果を受けた時点で小向には犯人のイメージはほぼ固まっていた
ようだす。


スニッファー 嗅覚捜査官 (オリジナル版) SEASON 2 DVD BOX
続きを読む

「スニッファー 嗅覚捜査官」 第1回 世界ヒット作日本上陸!超人嗅覚で事件に挑む!

 いや〜おもしろかった!まさに大人のための痛快娯楽探偵劇でしょうか〜
どの場面も選び抜かれているって感じ。
音楽も70年代のアメリカドラマっぽくて好みだしぃ〜
主演のお二人さんの登場の仕方もさりがなくかっちょいい!
阿部ちゃんなんてアメコミヒーローっぽかったわぁ〜
もちろん視聴決定だけど、記事は書いて行くかどうかわからん・・
見て、ただ楽しみたいというか・・・(。・ ω<)ゞてへぺろ♡
HPはこちら


 大物代議士・大山良蔵(村井國夫)のパーティが行われている豪華客船に
45歳以上男性公務員限定婚活パーティに参加している刑事の小向達郎(香川照之)と「セントプロファイリング」講習会を開催している華岡信一郎(阿部寛)もいた。
華岡はアメリカでは「スニッファー」と呼ばれる嗅覚スペックで事件を解決する能力を持った男。
すれ違った男が腕のギブスの中にプラスチック爆弾を隠し持っていることを察知し
船長に通報。
おかげで小向は手柄を立てることができたのだが、まだ彼は華岡の存在を知らない。

 小向は元マル暴(暴力団担当)だったが新設された特別捜査支援室に配属されたばかり。
一緒に住んでいる母・昌子(吉行和子)はまともな服装で出勤する息子に感激しております。
ワードロープには、いかにもなアニマルプリントのシャツとか、ど派手なヤクザ御用達っぽい服ばかりだからね( ̄∇ ̄;)
そして異動で女性との出会いにも期待。
婚期の遅れた息子の孫を抱くのが生きがいとなっているようです。


 吉行さんの母と香川さんの息子、いいコンビネーション。
吉行さんって出てくるだけでほっとする〜
小向は下町育ちの人情派、仕事熱心だけど気は小さい(緊張するとお腹ゴロゴロ)。
鞄にお守りが何個かぶらさがっているのは昌子が付けたのかしらね (* ̄m ̄)プッ


 さて特別捜査支援室とは警察の組織図にも載っていない秘匿の部署だそうな。
他の課では解決できない難事件をまかされるらしい。
率いるのはFBIで研修してきたというエリート・上辺一郎(野間口徹)。
他のメンバーは女性刑事の早見(高橋メアリージュン)と細井(馬場徹)という若手。
実は華岡もコンサルタントとしてここに所属していた。
現場に指紋も証拠もない時プロファイリングを行う役目なのだが
いろんな面で非常〜に面倒くさい男であるため常にお守役が付いとる。
小向はその華岡の3人目のお守役として異動になったのでした。

 説明されてもよくわからん・・・
けど、その『鼻男』の能力を目の当たりにする事件が早速起こりました。
被害者は左嶋建設の佐々木浩。
深夜に建築現場に連れてこられ、頭に何かを撃ちこまれたのち落下して死亡。
実はすでに同じような方法でコンサル企業の重役と設備会社の部長の二人が
殺されていた。

 遅れて登場する華岡。
住んでいる自宅のエレベーターもアンティックでしゅてき。
乗っているお車は・・・・外車なんだろうけど・・なんていうのかわからん・・・( ̄∇ ̄;)
とにかくこだわりが強いというのは伝わったぞ。
家出る時にスニッファーセットを車の屋根に乗っけてたけど、現場に着いた時には中から出してた。いつ入れたんだろ?

 小向が『スニッファーさん』に挨拶したら、鼻に器具を挿入し鼻栓を抜きとる華岡。
臭覚が異常に発達しているから何も入れないと情報が雪崩のように入りこんでエライことになるのか、いつもは鼻栓をしているんだって。


 で、小向をプロファイリング。
「奥さん、年上?70代?今朝も抱き合った?」
「ソレ、おふくろだよ。俺まだ、独身だし」小向
「あ、失礼。ネクタイから匂いがしたもので」
「匂いでわかったの?」素直に驚くおぼこい小向。

 そしてすぐ隣にいた早見の匂いを嗅ぐ。

「こっちはここしばらく異性との接触はないな。
ゆうべはアルコールを摂取しすぎて明け方牛丼を食べて一人で泣いた」華岡
「オイッ!」早見

 シャーロックも日常的に相手を分析し言い当てててしまうからほとんどの人に
嫌われてたもんね。
もちろん華岡も悪気は一切ない。
匂いを嗅ぐと自動的に脳内で分析が始まってしまうのだ。


スニッファー 嗅覚捜査官 (オリジナル版) SEASON 2 DVD BOX
続きを読む
最新コメント   
記事検索
最新トラックバック
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa