トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「お母さん、娘をやめていいですか」

「お母さん、娘をやめていいですか」 最終回 人形の家

「大事に大事に育ててきたのに離れた方が喜ばれる。
母親なんて、ばかばかしいものね。
もう、や〜めた。
みっちゃんが娘をやめる前にママがママをやめるわ」顕子
「えっ・・・?・・・・・ママ・・・ずるい」美月

 それは偶然だったのかもしれない。
まだ混乱の中におり、決断を下せる状態ではない
海の底深く沈んだ顕子がもがきながら、ふと、見えた小さな光。
はるか遠くに見えたそれを顕子は反射的に掴んだ。
顕子の心の奥深くに眠っていた生きる力がその道を選ばせたのかもしれない。

 自分自身が生きるために、そして愛する娘を殺さないために。
呪いが解けた顕子の人生は今始まった。
遅すぎることなんてない。
試行錯誤しながら進んでいくしかない。
その姿は同じように自分自身を見出そうとする美月の生きる力に
なっていくと思うじぇ。
HPはこちら


 最終回、振り返ってみますかのぅ・・・
「娘をやめていいですか」と離縁状を叩きつけた美月(波瑠)に顕子(斉藤由貴)は

「だったら殺して・・・みっちゃんの手で・・・
みっちゃんにいらないって言われるぐらいなら死んだ方がいい」


 そう言って美月の手を自分の首にもっていき力を入れましたぞ。

「お願い・・・ママを殺して・・・」

 顕子!死ぬことすら娘の手に委ねようっていうのかい?
娘を母親殺しの罪人にするつもりかい?
死にたいなら、どっかの崖にでも行って一人で死ぬがいいわ。


 顕子の負の鎖に縛られにっちもさっちも行かなくなっている美月・・・
そこにやっと異変を察した松島(柳楽優弥)と浩司(寺脇康文)が現れた。
ただおろおろしている浩司に代わり松島が窓ガラスを破って家に侵入。
なんとか結界を破ることに成功した。

 居たたまれなくなった顕子は逃亡し、みんなで捜索することに。
で、美月が突進してくるトラックにふらふらと歩いて行こうとする顕子を発見。
救出され泣きながら自分にすがりつく顕子を美月は抱きしめるしかなかった。

「分かったよ、ママ・・・・」
「みっちゃん・・・・!」

 美月は家に戻ることにした。

「何があった?」浩司
「パパ・・・私、戻る」美月
「戻る?」
「ここに・・・戻る。それで、またママと一緒に暮らす」
「何を言ってる。
ママの事はパパが引き受けるって言ったろ。
お前は好きなようにすればいいんだ」
「もういいの。それでいい・・・」

 気力が尽きてしまった・・・
わかるわ・・もう抵抗する力残ってないよね。
後は無気力の海に流れるのみよ・・
てか、浩司よ、どのツラ下げて『パパが引き受ける』とな?
お前が頼りないから美月が引き受けるしかないんだろうがぁ!(#゚Д゚)ゴルァ!!


 それを聞いた松島もさすがに浩司に声を荒げたぞ。

「何ですか、それ!
やっと美月さんアパートも決めて、1人暮らし始めようとしてたんですよ。
何で連れ戻すんですか?」

「自分で戻りたいと・・・」
「そう言うしかなかったんじゃないですか?
無理にでも家からたたき出して下さいよ!」


 松島、ベリーベリーグッジョブよ!
これぐらいキツく言わんと浩司には通じないっての。
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第7回 出口なし 

「ママ・・・・やめていい?
・・・・・あなたの娘をやめていいですか?」美月

 やっと言った・・・
でも・・・最終回のタイトルは『人形の家』・・・
そして美月は林檎を食べとった・・・(-言-)
この母親と共に生きていくしかないと・・・決めてしまうのか〜い?
ヤダヤダーーー!!
やっぱり殺すか殺されるかしかないんじゃろか・・・
HPはこちら


 では・・・恐ろしい『出口なし』の回を振り返ってみましょう・・・
HPで礼美(石井杏奈)のお母ちゃん・佳代子(池津祥子)が階段から落下って
書いてあったから顕子(斉藤由貴)が突き落としたのかと思ったら・・・
親子ケンカをしているうちに、はずみで佳代子が転がり落ちたらしい。

 その前に礼美の「ババア、死ね!」という怒声が響いたため
警察も礼美が突き落としたのではないかと疑惑の目を向ける。
病院に搬送された佳代子は骨折し全治一ヶ月の入院治療が必要になったが
状況を全く語ろうとせず、礼美も家に篭って黙秘を通す。

 美月も警察で事情聴取を受けたんだけど、それを知った顕子は
今度は警察に乗りこもうとして浩司(寺脇康文)に止められとった。

「君が出ていけば美月に余計な気を遣わせるだけだ」
「私が悪いっていうの?」顕子
「君が学校へ行かなければこんな事にならなかったんじゃないのか?」

 ヘタか!
責めるだけじゃ顕子はますますエキサイトするだけだっつーの!( ̄∇ ̄;)
ずっと妻と向き合わず、語り合うこともせずにきたツケが回ってきたよ。

 そして人から何か言われると逆上し籠って避ける顕子。
まるで父親から怒られているティーンエイジャーの娘だよ。
逃げ込む先は自分の部屋ではなく、美月の部屋。
 

 一方、クラスで臨時の保護者会が開かれたが、父兄たちは
積極的に何も伝えようとしない美月にさらに不信感を募らせる。
美月は松島との同棲を知られたせいもあり、しばらく学校を休むよう
言い渡されてしまったわ〜

 顕子が出て来たってのが余計ダメージ大きくしたよね。
自分では処理できないおこちゃまの印象を与えてしまったわ〜
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第6回 毒りんご 

「やめてっ!ママ!もうやめてっ!!」

 ひーーーーー!!(゚ロ゚;) 最悪だよ・・・
生徒の親ならまだしも(いや、そっちもどうかと思うが)教師の親が学校で悶着起こすってありえんだろ・・・
でも、顕子的には自分の出番だ!やっぱり来て良かったわ!って
確信をもって飛び出したんだろうなぁ。

 次回は『出口なし』・・・・
そりゃそうでしょうよ・・・( ̄∇ ̄;) 残された道は親子心中だけかい・・・
HPはこちら


 振り返ってみましょう。
新居前で対決した美月(波瑠)with Mと顕子(斉藤由貴)。
でも、美月の言葉は全くママに届かない。

 新居に松島と一緒に住めばいいとか、
「ママ、何かいけないことした?はっきり言って、みっちゃん!」と迫りましたぞ。
んが、そこに現れたパパン・浩司(寺脇康文)が顕子を確保。
その隙に美月と松島(柳楽優弥)は逃亡。

「みっちゃん!みっちゃん!」顕子
「私、苦しいの!ママのそばにいるのが苦しいの」美月
「・・・・・・・みっちゃん!みっちゃん!みっちゃーーーん!
ママはずっとみっちゃんのこと愛しているから!
みっちゃーーーーーーーん!!」


『・・・・・・ママ、お願い・・・・私のこと呼ばないで・・・』

 顕子の声が美月の首に絡みつく。
すがるように重く・・・

 (ノ_-;)ハア…でも、やっとパパンが役に立った。
救いは美月がしっかり顕子と戦う姿勢を見せたこと。
でも未だに崖っぷちギリギリのところにいる。
ちょっと何かあれば落ちていってしまうよ・・・

 眠れない美月に『君はどうなの?君の気持ちが一番大事だ』と伝える松島。
こういうふうに自分の立ち位置をしっかり戻してくれる存在は大切だよね。
そして急に同棲なんてことになり、おばちゃん美月ちゃんの貞操を心配
しちゃったけど優しい松島は強引に関係を進めたりしない。
この優しさがくせ者だったりするんだが・・・
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第5回 裏切り 

「そうだよ、ママ。私、ママを裏切ったの」美月(波瑠)

 はっきり宣告できて良かった。
顕子のためにも。美月自身のためにも。
でも、顕子の心の準備はまだまだできていない。
これから暴れまくるんだろうなぁ・・・(-言-)
松島の会社に怒鳴りこんだり・・怪文書送ったり?
予告見たら、まだそっちの方がマシだったり・・・

 来週のサブタイトル『毒りんご』に期待が高まるのぅ・・
HPはこちら


 振り返ってみましょう・・
松島(柳楽優弥)に泣いて甘えてきた顕子(斉藤由貴)がテンション高く帰宅。
その満面の笑顔を見ても、もう美月は素直に微笑み返しができない。
奥にある意味を探ってしまう。

『どうしてママは、あんなにうれしそうだったんだろう?
どうして あの人は返事をくれないんだろう?
何だか胸騒ぎがする・・・』


『さっきは ごめんなさい。
つい あなたに
甘えてしまって…。
どうか忘れて』


 顕子が松島に送ったメール・・
恋人が送る文面だよ・・・( ̄∇ ̄;)
子供のように守って欲しい気持ちと美月との仲を壊してやりたい気持ち・・
顕子はかつて自分が好きな人を奪われた時と同じことをやっているんだろうか・・
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第4回 甘い罠 

 「甘い罠」ってなんじゃろう・・・と思ったら・・・最後にきたよ・・( ̄□||||!!
自分の娘の恋人に泣いて甘える・・・
なんかすごいことになったぞ。

松島(柳楽優 弥)も困ってるんだか何なんだか微妙な表情だしよ・・
ソラ、壇蜜姐さんもギョッとするワ・・・
まぁ、恋人のお母さんをすげなくできないってのは当たり前だが
松島の中でも整理しきれない母親への思いがあって、
そこを刺激されちゃったのかねぇ・・
闇は闇を呼んでしまうからなぁ・・・

 顕子(斉藤由貴)は先週までは母親として娘を必死に捕まえようとしていたんだが
玲子(大空眞弓)が亡くなった今となっては、自分も守って欲しい娘の位置に
いっちゃったんだな・・・


『母の心は私の手の届かない所へ羽ばたいていた』

 自分の母親も、誰かの娘だということに美月が気づけば・・・
今、自が分いる場所が見えてくるかもしれない。
でも、まだ美月は溺れながら何処にいるのかもわからず
必死に松島という浮き輪に捕まっている。
HPはこちら
 

 さて、母・玲子のいる老人ホームから逃げ出した顕子は
心配した美月(波瑠)からの電話にもメールにも応えようとしなかった。
浩司(寺脇康文)が電話をかけると人形のアトリエ展の準備がしたいから
文恵(麻生祐未)の所に泊まると答えていた。

 私の怒りを思い知れ!ってことなんだろうが・・
もちろん美月はママの怒りを感じ心をしぼませていた。
大好きなママを怒らせてしまった自責の念、恐怖、不安・・
松島からデートのお誘いメールが来たけど、この状況では
行くことができない。


 すべてをシャットアウトするように人形とだけ向き合う顕子・・・
自宅にもデカい人形があちこちに置いてあって非常に邪魔なのだが・・
自分の理想のお人形だった美月が反乱を起こすなんて
現実は受け入れられるはずもない。


『ママ・・・私どうしたらいいの?
松島さんと別れたら、許してくれるの?』
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第3回 暴走 

 こわい・・・・・としか言いようがない。
でも、おもしろい。
その怖さは自分の中にも確実にあるものだから。

 美月の心のドアが静かに一枚づつ開いていくのがわかる。
顕子のドアは鍵が掛ったままだけど。
もしかしたら・・・変わってくるんだろうか。
HPはこちら


 さて、先週は美月(波瑠)が顕子(斉藤由貴)の手をふりほどいた
ところまでだったわね。
「それ、私の気持ちじゃない!」とはっきり言った美月に対し
顕子は『よく考えたら一番大事なのはみっちゃんの気持ちよね。
ママが悪かった。ごめんなさい』と言ってさもさも美月を尊重するそぶり
を示したのだが〜〜

 美月の心の中にはどす黒い嫌〜なものが残った。
ママに逆らうと嫌な思いをする・・・
この時の波瑠さんの表情が何とも言えない感じで・・・
やっぱうまいわ〜


『母が悲しそうな顔をすると、私は何も言えなくなる。
身動きできなくなる。
小さい頃からずっとそうだった』
 

 うーーむ・・・よくわかる。
私は違ったけど美月はお母さんのことがずっと大好きだったから
悲しませたという罪の意識が重くのしかかる。
こう言えばそう思うって顕子もわかっているんだよね。
それは自分自身もそうだったから。


 そんな事がありながらも何事も無かったように生活は続く。
いつものように学校の公開授業を心配する顕子。

「あんまり変わったことはしない方がいいんじゃない?」
「・・・・・・」
「公開授業だけでも緊張するのに慣れないことするのはどうかなぁと思って」
「そんなに緊張しないよ。授業は授業だし」

 いつもは飲む顕子手作りのグリーンスムージーに美月は
手をつけなかった。
食べものは気持ち・心だもんね。
だから気を許せない相手には作れないし、
作ってくれたものを体に入れたくない。
美月のレジスタンスが始まったようだすな。
続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第2回 三角関係

「私の気持ちはどうでもいいの・・?」美月(波瑠)
「何言ってるの・・みっちゃん・・・
ママはあなたのためを思って言ってるのよ。
あなたの気持ちをこの世で一番大事に思っているのはママなのよ
」顕子(斉藤由貴)
「・・・・それ・・・私の気持ちじゃない!」

『目の前のママは私が大好きなママじゃなかった』

 ついに化けの皮が剥がれてきた。
驚いていつものように顕子は頬に手を持っていったけれど、
今の美月は、それが自分をコントロールしてきた呪いのポーズだとわかってしまった。
目の前にいるのは唯一の理解者ではなく恐ろしい支配者だった。

 うわーーーこえぇよぉ・・・(´;ω;`)ブワッ でもうまくできてる。
見終わった後、胸の奥がぞわぞわするーー
コレはホラーだよぉ・・・
でも、逃げ切ることはできない。血縁という絆がどこまでも追いかけてくる。
いったいどうしたらいいんじゃーーー
HPはこちら
 

 さて・・・デートの途中で顕子が見張っていることに気づいた美月は
思わず松島(柳楽優弥)の手を握り逃亡。
顕子をまくことに成功したが心の中は混乱していた。

 何も知らない松島は脈ありと見たのか、交際を申し込むがあっさり断られれしまう。
んが、ハートの強い松島は食い下がり「私の部屋の天井を50センチ高くしたら考える」という言葉を引き出した。
んが、美月の部屋は2階、もう天井の下地もできている。
構造の検査も終わっているのに急に変更したら大工さんたちも怒るに決まっている。
できないことがわかっていて言ったのだが〜

 美月が帰宅すると顕子は見ていたことなど感じさせない様子で
テンション高くデートの結果を尋ねてきた。
交際を申し込まれたけど断ったと話すと、しきりと残念がるのでした。
美月は年齢より若々しいからママが松島と付き合えばと言ったりして・・

「みっちゃんは優しいわね・・」
「そんなことない」
「それぐらいみっちゃん優しければ生徒さんともきっとうまくいくわよ。
ほら、今の子って優しさに飢えてるじゃない?
だからみっちゃんらしく優しさで包んであげたらきっと大丈夫!ママ保証する」

 いやいやいや・・アンタの指示通りにドーナッツ持って家庭訪問して
後藤礼美(石井杏奈)の母親に罵倒されたのよ・・・
(あの時の『キレイな肌しやがって!』はすごいセリフだと思ったぞ)
顕子のアドバイスはTVや本の中でみる生徒たちの印象からきていると思われ・・
実際に若い人と接する機会もないし、他の母親と会話して情報を得る
繋がりもないから現実を知らない思いつきでしかないんだけど、
信じ切っていた美月は従ってしまっていたんだよね。
てか、美月の回りには顕子しかいない。
そうなるように仕向けてきたんだろうなぁ・・・

 顕子の「優しいわね」という言葉は呪いだ。
「優しい」=自分の思う通りの動く子ってことなんだけど。
自分の思う通りの「優しい子」でいれば愛してあげるという・・

 今の美月は母親の言葉を100%は信じていない。
それでも長い時間をかけて築いてきた関係を捨てる訳にもいかず・・


『ママ・・・今日は・・・私のこと心配だっただけだよね・・・?』続きを読む

「お母さん、娘をやめていいですか」 第1回 危険な蜜月

 いや〜見ているだけでやっと埋めた心の中に
ブラックホールが出現しそうだわ・・・( ̄∇ ̄;)
でも、怖いもんみたさって言うかねぇ・・・
親の呪縛の恐ろしさに山岸涼子先生の「メディア」や「天人唐草」を思い出したよ。

 波瑠さんだから、そんな後味悪いことにはならんと思うが・・・
なんせHPによると『モンスターホームドラマ』だからな・・
とりあえず見るけど、見ながらこっちのメンタルも確実にやられそう・・

 私も大学で家を離れるまでは日記検閲&添削されていたし
服も母親の好みのもの以外着ること許されなかったからな〜
見ていたらいろいろ思い出して憂鬱になってきたよ。

 一応、記事カテゴリに追加したけど、続けて書けるかしら〜?
もし書いていなかったら、あら、ダメージ大きかったのね・・・と
思ってちょゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
HPはこちら


 さて・・・ドラマは同僚教師と気の進まないデートをしている娘の美月(波瑠)を
尾行する母・顕子(斉藤由貴)の姿から始まる。
私立女子高の教師をしている早瀬美月と顕子は仲良し親子。
「みっちゃんのことは何でもわかっている」が顕子の口癖。
そんな関係に美月も安心しきっており、二人の間に秘密はないと思っていた。

 同僚教師と会うのは3回目だけどやっぱり無理と思った美月は彼と別れた後
早速、顕子にラインで報告。
(そんなこととっくに顕子は知っている訳だが)
『やっぱりママの言った通りだった』
『やっぱりね!』


 怖いのは尾行が娘公認ではなく、隠密行動だってこと。
帰宅する娘より早めに家に戻り、何事もなかったかのように
笑顔で迎えるという・・・
コレ、自分の中でどう納得させているのかねぇ・・・

 どう見ても異常だけど、顕子の中では「娘の幸せのため」という
大義名分があるから、当然の正義になっている模様。

 美月の方は深層心理ではまずいよな・・・と気づいているようだが
(その証拠に10円ハゲができており、それを顕子には言えない)
生まれた時から蜘蛛の糸に絡められてきたというか・・
コレがDVとかだったらもっとわかりやすいんだけど
表面的には「優しくて理解のある親友のようなお母さん」だからね〜
 続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa