トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「真昼の悪魔」

「真昼の悪魔」 最終話 贖罪 

 「(ーヘー;) うーむ・・・よくわからんラストだったなぁ・・・
葉子様は望んでいた通りの普通の人間になって、そのため罪の意識から病んで
何十年も精神病棟に入院して老いてしまったと・・?
それともここまでの話はすべて葉子様の妄想だったの?

 わたしゃ、また肉食復活したから一人になって旅から旅の
放浪の悪魔として生きるのかと思ったよ。
いつものステーキハウスで美味しくお肉を頂いてから葉子様に
なにがあったの?( ・◇・)?

 病院の治療費は娘が払っているって看護師さんたちが話していたから
お肉堪能した後、結局夫と娘の元に帰ったの?
それとも一人で生きてきて、すっかり心を病んでしまってから
身元捜索して娘に確認されたの?

 まぁ、どちらにしろガックリな最終回であることは確かだ。
葉子様には最後まで悪魔として生き抜いて欲しかったわ。
理由はわからんけど悪魔が生まれてしまった。
人間として生きてみようとしてみたけど、やはり悪魔としての
アイデンティティが勝った。
それでいいような気も・・
それじゃないと通り魔事件のエピソードも生きてこないんじゃ?
HPはこちら


 まぁ、一応振り返ってみましょう・・
さて、前回ラストから3年の月日が流れ、大塚(大倉孝二)と結婚した
葉子様(田中麗奈)は富士山の麓の町で小さな診療所を開き、町の人々から
天使のようなお医者様と慕われていた。
そして幸せそうな大塚と葉子様のそばには一歳半になる娘の恵真がいた。

真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第7話 挑戦 

 さて、難波ちゃん(中村蒼)が書いた復讐のシナリオは普通でした。
やっぱり作家としての才能ないのかもしれないわねぇ・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ


 葉子(田中麗奈)の被害者リストを作り、下手人の葉子を糾弾する
匿名の手紙を病院に送る。
共に悪魔を倒すために神父(伊武雅刀)に協力を頼む。

 最初は相手が強大すぎて自分の信仰が揺らぎそうだからヤダ!と
断った神父様でしたが(神父になってひとつの教会を任されているというのに
意外と脆弱な信仰心。こんな時こそ信仰チャレンジに臨み鍛錬するべきでは?)

難波の邪悪カミングアウトと『地獄に突き落としてやる』発言を受け、
あっさり転向。

「私もこの手で、あの悪魔のような人間に罰を下したい!
怒りの感情のままに。たとえ神の教えに背いても!」


 聖職者とも思えぬ言葉でございます。
こうやってあっさり悪に加担してしまう、
その時点で、もう葉子様は勝利なされているのでは?


 難波が心療内科病棟に戻ってくるとともに、病院では告発文に関する緊急会議
が開かれた。
告発者は不審死のことを世間にバラされたくなければ葉子を辞めさせよと
書いていたが、葉子は不審死ではなく自然死であり「医師は天職なので
辞めない」と答弁。
吉田(鈴木省吾)と渡来(福田ゆみ)も保全のため葉子様を援護する発言をした。

 病院側は今後の対応策として被害者とされる人々や遺族の皆さんに
協力してもらい『大好き 葉子先生』的映像を制作。
それを会議中確認し安心しようとしていたら、芳賀(篠原篤)から殺人を告白する
DVDが届き、騒然。
その内容はネットに流れ、拡散し、外来患者は来なくなってしまった。

 患者が来なくなって病院が潰れそうになったら安く買い叩けるって
葉子様の作戦らしい。
って、芳賀ちゃんって生きてたの?それとも死ぬ前に撮ったの?


 難波め、意外としぶといわよ。
葉子様が勝利宣言をしにいったら、こげなことを言って苛立たせております。

「先生は悪魔ではなくて人間です。だから付け入る隙もあるんです。
先生、今すぐ白衣を脱いでくれませんか。
先生は病院を出れば無害な人間です。
外の世界で生きるんです」
「脱がせたかったら力づくで脱がしてみなさい」
「僕は先生のために祈ります。
先生が早く正常に戻るように。
神父様も毎日神様に祈っているそうです。
救いを求めている先生のために」

 ( -.-) =з なんだか葉子様の悪魔パワーが弱ってきているようで寂しいワ
御病気のせいかしら。
こげな難波ごときに心乱されるとは・・・
HPはこちら


真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第6話 復讐 

 芳賀(篠原篤)は難波さん(中村蒼)を病棟脱出させることに成功。
大塚(大倉孝二)を恐喝し得た金で面倒をみております。

 なんか芳賀さんのスティック風佇まいが癖になります。
TVドラマではなかなかない妙な存在感というか・・・

 芳賀ちゃんは難波を使って葉子様(田中麗奈)と大塚の中を
裂こうと思ったようですが、難波も伊達に『聖人』という名前を
もらってませんよ。
芳賀に従うフリをして葉子様を苦しめる策を練っております。


 一方、病院長から難波を連れもどすよう命を受けた吉田(鈴木省吾)は
渡来(福田ゆみ)にボヤきっぱなし。
小者感全開でございます。

 さて、葉子様の診察室に他の病院で腎不全と診断された老人がやってきた。
実はそやつは大塚の父・陽一(団時朗)で息子の婚約者をチェックしに現れたのだった。
すぐにソレを見破った葉子様がお父さん好みのズバッとした女性らしく
余命が短いことを伝えたら気に入られ担当医に指名されました。

「俺は・・・世の中金があれば何でもできると言ってきた。
ところが・・人は言うんだ。『命は金で買えない』と。
ふっ・・・・凡人どもは何もわかっちゃいない。
命は金で変えなくても死に方は金で買えるんだ」

 なるほど・・・一理あるな。
でも葉子様のところに来たら、死に方は葉子様がお決めになるのよ。
HPはこちら


真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第5話 挑発 

 さて、心療内科に拘束される日々を経て、すっかり抵抗する気力も
無くなったかに見える使徒・難波(中村蒼)。
そんな彼へ葉子(田中麗奈)は小説のネタとして自分の生い立ちを話始めた。

 コレも録音されていたらどうすんの?とか
こういう病室には監視カメラとかあんじゃないの?等の疑問は
葉子様の存在感の前にはどうでもいいのです・・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
 

 それによると葉子様が初めて人を殺したのは医師になって
一年目のこと。
相手は自分のことをヤブ医者呼ばわりし罵倒した患者。

「我慢していたんですけど、ふと思ったんです。
そうだ、私は医者になったんだ。
もう我慢しなくていいんだって・・・」

 筆記マシーンと化して記述し続ける難波。
葉子としては父親が最期に言った言葉の意味を
作家志望の難波なら解明してくれると見込んだそうな。

 そんなある日、にゃんと神父様(伊武雅刀)が人間ドックを受けに
葉子のいる病院へやってきました。
体調不良が気になるんですってよ。

 しらじらしく受付場所を尋ねる神父様を葉子がご案内。
歩きながら神父様は声に聞き覚えがあるけど、どこかでお会いした事がありますか?等ナンパのように話かけたさ。

「もう、ヘタなお芝居やめたらどうですか?
最初からわかっていたくせに。
偽りは聖書で禁じられてないんでしたっけ?」葉子
「・・・・・・懺悔に来ておられた方ですね(にこり)。大河内葉子さん」

 神父様〜先週はちょこっとしか出番なかったから寂しかったわ〜
ど〜も伊武雅刀さんだと思うとおちゃらけ感が消せないんだけど
その奇妙な味わいが癖になっとるよ。
てか、神父様、リラックスウェアはお持ちじゃないのかしら・・
それとも神父様に公私の別はないの?


 休憩時間なのかしら〜
いつも父・徳広(村井國夫)が日向ぼっこしていたベンチに座っている葉子様に
神父は話しかけました。
神父様はズバッと父親殺しを実行したのかと尋ねた。

「していません。できませんでした。
・・・・実行する前に父が自ら死んでしまったので」
「・・・!・・・
お父様は自分の命を絶つことであなたに伝えようとしたのです。
こんなことはもうおやめなさいと」
「相変わらず何でも好きなふうに考えるんですね、神父さんは」
「あなたの中にある善の心を私は信じているのです」

 葉子様はこんな自分の姿を小さい頃からずっと隠してきたけど
父親はわかっていたらしいから、ばかばかしくなったと話した。

「もう父も死んだので自分らしく生きることに決めました」

 入院患者を人体実験に使ったこと、生きていても何の役にも立たないその患者の
おかげで一人の人間が救われたことを教えました。
もちろん神父様は全否定。
葉子にはそげな権利はないし、どんな人間でも人間として扱うべきだと諭したさ。

「たとえその目的が善だとしても」神父
「私の目的は悪です」
「だとしたら、なおさらそれは悪魔的な考えです。
あなたの理屈には愛が少しもありません。
人間を愛していないのに人間のために何かをやっているようにおっしゃる」
「愛がなくても私は人の役に立っています。
仮に実験をしなかったら生きる価値のある人間が死んでいました。
神父様の考えでは誰も救われません」

「『誰も救われない』・・・・その言葉は救いを求めている人間の言葉です。
あなたはやはり救いを求めている。それに気づいていないだけです」
「・・・・・・・」
「神があなたに救いの手を差し伸べています」

 勝った!神父様のお顔に余裕の笑みが・・・

「・・・・・・その手に・・・針を刺したら・・・神様はどんな顔をするんでしょう?」
「・・・・!!」
「私・・・神様の怯えた顔、見たくなっちゃいました
「・・・・ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!」

 第一ラウンドは葉子様の勝ち。
神父様、自分は悪魔を相手にしているって、もっと自覚した方がいいんじゃ・・・
心の奥底で救いを求めているにしても、そげな一般的なマニュアル説教に
心動かされるほど葉子様は甘くなくてよ。

 てか、葉子様との問答の時間、いつも興味深く聞いております。
善とは悪に比べ説得力のないものですね。
普通の人間である神父様が悪魔にどう立ち向かっていくのか楽しみですわ〜
HPはこちら


真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第4話 背信 

 さて・・・手術を前に芳賀ちゃん(篠原篤)から葉子(田中麗奈)の悪行を
教えられた難波(中村蒼)は恐怖でパニック状態に。
先輩の医師・吉田(鈴木省吾)にそのことを訴えるが諫められるだけで
相手にされない。

 亡くなった父・徳広(村井國夫)の火葬を終えた葉子は、その足でいつもの
ステーキハウスへ。
他のお客さんは内心ざわざわ・・・

 でも、乱れ髪に喪服で肉をむしゃむしゃ食べる葉子にそそられた殿方も
いらっしゃったのではないかしら〜?
しかも、おかわりは骨付きでって・・・さすが葉子様。
でも、こうやって自分を確認されているのかしら。


 観念して手術を受けることにした難波でしたが・・・
手術台の上で麻酔をかけられている最中、葉子から告白を受け
恐怖の上塗り。

「(手術で取る腫瘍)実は良性なんですよ。
私が検査結果を打ち変えたんです」
「なんで・・・」
「ここでならあなたを私の好きにできるでしょう?
だ・か・ら・・・!
「小林トシさんに別の薬を投与して殺しかけたのは私です。
女の子にクッキーをあげたのも、その母親を階段から突き落としたのも、
男の子に怪我を負わせたのも、ぜ〜んぶ私のしたこと。
他にも何人も患者を死なせた。
今のあなたみたいな顔が見たいから!それだけ!」
「あなたの体をめちゃくちゃにしてあげる。
こういうの(針)、体の中に残すとどうなると思います?」

 悪夢必須!
てか、マスクしていたらかなり大きな声でしゃべらないと相手に
聞こえないんじゃ・・・( ̄∇ ̄;)
葉子はオペスタッフには聞こえず難波だけに聞こえる特殊な
発声法を会得しとるのか?

 それに腫瘍って取ったら検査に回すから、良性か悪性か
すぐバレちゃうんぢゃ・・
HPはこちら


 すい臓癌で入院治療中の大物政治家・小早川の担当医・渡来(福田ゆみ)は
一向に改善の兆候が見えない病状に焦りを感じております。
影響力の大きい大事なお客様、治さなきゃ病院的にもエライことになってしまいます。

 さて、神父様(伊武雅刀)に勧められて以来、すっかり聖書が愛読書になった
葉子様は医局でも熱心に読んでおります。

「『100匹の羊がいて、そのうちの一匹を見失ったとしたら、
羊飼いは99匹を野原に残して、見失った一匹を見つけるまで捜しまわる』・・・」

 ネットで意味を調べたら、羊飼いはイエス様で、逃げ出した羊は
特に優秀でもなんでもない他の99匹と同じ羊の一匹。
どんな羊であろうとイエス様は愛を注いでくださるということらしい。
冷静に考えたら、まず99匹を小屋に連れ帰ってから探しに行けば?と
思うけど、そういうもんじゃないらしい。


 そんな渡来に葉子は研究中で、まだ動物実験の段階にある無認可の薬・M2DL
を提案するのでした。
それは医師としてはやってはならないこと。もちろん渡来は断った。

「副作用が出るかどうか、他の患者で試すんです。人体実験です。
多かれ少なかれ医学は人体実験で進歩しているじゃないですか。

渡来先生が羊飼いだとしたら、100匹の羊を連れている時、
1匹の羊が迷子になったらどうしますか?
神様は他の99匹を野原に置いてでも一匹を助けに行くそうです。
でも現実は残された99匹は他の動物に襲われて犠牲に
なってしまいます。
本当は1匹を犠牲にして99匹を助けるべきです」

 出ましたョ。葉子先生独自の解釈が。
同意しようとしない渡来に責任は自分が持つから薬だけ手に入れて
『このことは二人だけの秘密』と誘惑。

「小早川さんを助けたいんですよね?
助ける方法があるのに命よりも規則が大事ですか?
ここで決断できないなら、あなたが医師になった意味なんて
何もないですよ!」

「・・・・・・ちょっと・・・考えさせてください」
「ダメです。
考える必要なんてありません。
答えはひとつしかないんですから
「・・・・・・・」

 無言は同意とみなされます。

真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第3話 命日 

「お前は・・・今のままでいい・・」徳広(村井國夫)

 お父ちゃん、それは葉子の欲しかった言葉じゃないよ。
小さい頃の葉子に悪魔的素養があることを見抜き、
医師になってからも悪魔として行動してきた葉子の所業を
知りながら放置してきた徳弘。

 なぜ自分のような人間が生まれたのか・・
自分のような人間は生きていていいのか・・と
問い続けてきた葉子へ赦しを与えたかったのかもしれんが
ここはやはり唯一の肉親として糾弾してあげるべきだったんじゃなかろうか。

 葉子は「愛」というものを見出す最後のチャンスを失った。
このまま悪魔として生きるしかないんだろうか・・・
でもその道はどこへ繋がっているのか葉子にもわからない。
HPはこちら


 今回は葉子(田中麗奈)の小学生の頃のエピソードが紹介されました。
多分、小さい頃から他人と迎合しようとしなかったためいじめられていた葉子は
仕返しをしようと歩道橋の上でレンガを手にその少女が通るのを待っていた。
するとその子が拉致される現場を見てしまった。

 目撃情報を得るために刑事が葉子の家にも来たけど、
葉子は『見ていません』と答えた。
母は葉子が嘘をついているのではないかと疑っていた。
そして父も。
その後、犯人は逮捕されたが誘拐されたいじめっ子は遺体で発見された。


 さて、神父(伊武雅刀)に実父殺しチャレンジを宣言した葉子は
実家の父の元に通い料理を作るようになった。
お母さんのレシピノートを手に『ポトフ』の準備をしております。
普段料理なんてするのかどうかわからんが、やり方は
トマト手でグチャ!の平野レミ方式よ。

 葉子の手にはいかにも『ヒ素』が入っているような小瓶が!
でも、結構な量入れていたから、コレがヒ素だったら即死しているはず。
「味が濃いな・・」ってお父さんが言っていたから塩分の凝縮したようなもん??
折しも葉子が8歳の時に亡くなった母の命日が近づいており、
「あいつの命日にポックリ逝くのも悪くないかもな」とつぶやくパパン・・
葉子の計画に気づいているようだす。


真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む

「真昼の悪魔」 第2話 実験

 いやはや・・・先週自分を脅してきた小林照美(朝加真由美)を
葉子(田中麗奈)が病院内でボッコボコにしちゃったから、さすがにバレるんじゃ?
って思ったけど、暴力に恐れをなした照美は母親の遺体も引き取りに来なかったそうな。

 その後、葉子が心療内科でカウンセリングみたいの受けていたから、
アレ?やっぱり治療受けるはめになったの?と思ったら、おもしろ半分に
同僚の医師に自分を診断してもらったそうな。
結果は精神的にも肉体的にも正常。

 ん〜〜でも、葉子なら、こういうふうに答えたら正常と判断されるってのを
知っていそうだけどね。


 その結果を喜々として神父(伊武雅刀)に報告。

「やっぱり私は逆の道を行きます。
どうやったら私の乾いた心が充たされるのか、
どうしたら良心の呵責を感じることができるのか」

「人を傷つけることによって決して救いを得ることはできません。
それは、あなたの幻想です。
人の命は神によって分け与えられた尊いものだからです。
人の心や体をわざと傷つけるのはお止めなさい」

「じゃあ、もし神様がいるのなら・・・
どうして世の中はこんなに苦しんでいる人ばかりなんですか?
どうして私もこんなに苦しんでいるんですか?
人が苦しむ姿が私に生きてる実感を与えてくれるんです!」


 神父様の答えは神の言葉が書いてある聖書を学べというもの。
そう言われてもねぇ・・・( ̄∇ ̄;)
こういうのって読み取り方を学ばないと自分の都合のいいように
解釈しちゃうと思うぞ。


 早速、聖書を手に入れた葉子はこんな言葉に目を引かれる。

『幼き者の一人を躓かせる者は首に臼をかけられ
海に投げ込まれるがましなり』


 そうなの?やってもらおうじゃないの。
という訳で葉子先生の実験が始まった。
HPはこちら

真昼の悪魔 (新潮文庫)
続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa