トリ猫家族

TVドラマや映画のあらすじや感想、ときどき同居猫のことなど・・。

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 最終話 解き放たれた言葉 

 カシ子(倍賞美津子)の手紙を読み、その深い愛情に気づけなかった
自分を責め、一人で死なせてしまった後悔に沈んだ鳩子(多部未華子)は
店を閉めて引きこもってしまった。
実は蜜朗(上地雄輔)が鎌倉を離れるということもショックだったんだよね。
いつのまにかはーたんと3人で過ごす時間が支えになっていたようです。
鳩子は手紙が書けなくなってしまいました。

 後悔の波の中で思いは過去のみを漂う。
カシ子とのケンカ・・・あの頃はただ腹立たしく憎らしかったが
今、優しさだけが思いだされる。
すべてはカシ子のせいにしていた自分が悪いのだ・・・


 そんな鳩子をいつものみなさんは心配しつつも見守っていてくれましたが
時期を見てバーバラ婦人(江波杏子)がうまいこと用事を作って声をかけてきてくれた。

 そして仏壇のカシ子に挨拶をした後、初めてカシ子と親しく付き合ってきたこと、
亡くなる3日前にも会っていたことを伝えた。

 鳩子への思いを知っていたバーバラ婦人は鳩子を探そうかと言ってみたが
カシ子はよしとしなかった。
死期が近いことを察していたカシ子は『もし鳩子が鎌倉に戻ってきたら温かく
迎えてやって』と頼んだのだった。

「あなたは死んだりはしない。
でも、もし私が会うチャンスがあったら、あなたがどれほど鳩子ちゃんを
愛しているかを伝えるわ」B婦人
「それは・・・・勘弁してちょうだい。
そんな事を伝えたって、あの子の重荷になるだけ。
私のことなんか忘れて鳩子には自由に生きて欲しいの。
最近ね・・・鳩子がすぐそばにいるような気がするの。
あの子がそばにいると思うと・・・不安や痛みが、す〜っと消えていくのよ」


 ここまで人を思うことができるなんて・・・(ノω・、)
カシ子さんの中には深い後悔もあっただろうけど、鳩子を思うことで
充たされ心安らかに逝くことができたんじゃないかなぁ・・・


「カシ子さんは心の中のポッポちゃんに寄り添われて亡くなったの。
だから一人じゃなかったわ。
さぁ、もう自分を責めるのはおしまい」B

『先代は死の淵でも私を感じてくれていた』

 心の奥底に向かっていくと・・・そこには病床のカシ子がいた。
鳩子を思いながら・・・
鳩子は、そんなカシ子の手を握って微笑んだ。

『幻の中の私は先代に優しい言葉のひとつもかけられたのだろうか・・・』

 たとえあの世とこの世で別れてしまっても、その人のことを思う気持ちがある限り
繋がりは切れたりしないと思う。
いつでも後悔を幸せな時間に変えることはできるんじゃないだろうか。
HPはこちら


ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第七話 話せなかった思い 

 蜜朗 (上地雄輔)の奥さんの死因についての告白の続きから始まりました。
奥さんはスーパーに買い物に行った時に見ず知らずの男に刺殺されてしまったのでした。
その時、一緒にいたはーたん(新津ちせ)は2歳になる前で記憶はおぼろげなものだと思われますが「スーパーで買い物」と聞くと、不穏なものを感じて怯えてしまうのでした。

 蜜朗は呆然自失となり、しばらくは何もできなかったそうな。
でも、このままじゃいけないと一念発起してカフェを開いたらしい。
鎌倉でカフェをやるのは奥さんの夢だった。

 いつも鳩子(多部未華子)を癒してくれる二人にそんな辛い過去があったとは・・
あまりの衝撃に鳩子も何も言えなかったさ。


 さて、ツバキ文具店には旧暦2月3日に行われる手紙供養のための
手紙が全国から届いております。
文塚の前で火を焚いてお焚き上げをするらしい。

 これって、この物語だけの行事なのかな?
ネットで調べてみたら、遺品的な手紙なら神社のお焚きあげで受け付けるそうな。
手紙ってやっぱり人の思いがこもっているものだから簡単に捨てられないもんだよね。
(と言いつつ、私はここ2,3年の断捨離でほとんどの手紙を
処分しましたが・・・( ̄∇ ̄;)
自分が死んだあとに処分困るだろうな〜とか思うと
大抵のモノは処分できるもんだす)
こうやって成仏させてくれたら安心だぁね。


 さて、そこで今回の依頼人だす。
名前を名乗りたがらないので鳩子は『匿名さん』と心の中で呼ぶことに。
差出人だけは「元姉」と教えてくれました。
そして、その内容は「絶縁状」!

 送る女性との関係は高校の同級生で親友。
夫よりも大切な存在だったようで絶縁を決めるまで週2,3回は会う仲だった。

「本当は自分の血で呪いの手紙を書いてやりたいけど、
あの女にはそんなことすらしたくない」とか
「完全に縁を切りたいんです」とか・・穏やかじゃないぞ〜( ̄∇ ̄;)
いったい何があったんだろうねぇ・・・
HPはこちら
 

ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第六話 愛するチーちゃんへ 

 今回の依頼人は清太郎さん(高橋克典)。
彼は認知症の母・ 千代(草村礼子)を介護施設に入所させたことで
申し訳なさと母を裏切ったような罪の意識を感じていました。
そして20年前に亡くなった父の手紙を待ち続けている母の思いを
なんとか叶えてあげたいと思ったのです。

 貿易商をしていた清太郎の父は世界中を飛び回る忙しい生活をしていたため
留守がちだったそうな。
子供だった清太郎にとっては強くて昔気質の男、母に優しい言葉をかけている
のを見たことはなかったそうな。

 実は父は海外から母にたくさんの手紙を送っていた。
しかもその手紙はいつも「愛するチーちゃんへ」か「愛しのチーちゃんへ」と
いう言葉から始まり「世界で一番チーちゃんを愛しているボクより」という言葉で
締めくくられていた。

 紫の風呂敷に包まれていた手紙の束・・・
子供には見えなかった父と母の夫婦としての絆。
離れていても千代さんはこの手紙を受け取ることで
彼の愛情をしっかりと受け取っていたんだろうなぁ・・・


 千代さんも交えた2回目の面談で鳩子(多部未華子)は彼女から
カシ子(倍賞美津子)と思われていました。
清太郎は鳩子が嫌がると思って言わなかったんだけど、実は鳩子は若い頃のカシ子に雰囲気がそっくりなんだって〜

 鳩子は手紙を読んで気になっていた『タマノリ人生』の意味を
聞くことができました。
旦那さんは地球を玉乗りの玉に見立て、自分は自由に世界を
歩きまわっていると考えていたそうな。

「私はいつも待っているんです。
いくら世界を自由に歩きまわっていたって男の人には帰る場所が必要でしょ?
・・・・・早く来ないかしらねぇ・・・手紙・・・」千代

 夫のことを語る千代さんの顔は幸せに輝いていました。
認知症だけが理由なのではなく、千代さんにとって生きた証ともなるような大切な記憶なんだろうなぁ。
HPはこちら


ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第五話 母へ贈る文字

 今回の依頼人は笹原花蓮さん(芦名星)。
案内してきた男爵(奥田瑛二)も見惚れるほどのすこぶるつきの美人さんョ。
お仕事は客室乗務員。

 美人でも女性に反感を持たれるタイプっているけど ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
人柄の上品さんも伝わってくる花蓮さんは、その場にいた魚福の旦那 さん(江良潤)
だけじゃなく奥さん(大島蓉子)、そしてもちろん鳩子(多部未華子)も一目で
好感を抱かせる何かがあった。
男爵いわく「プロの美人」・・・・(* ̄m ̄)


 さて、依頼の内容は義母・知里(阿知波悟美)の還暦のお祝いプレゼントに添えるメッセージカードを書いてほしいというもの。
お姑さんとの仲は良好とのことだった。

 いや〜こういうちょっとしたメッセージって難しいよね〜
長からず短からずちゃんと心がこもっているふうに見せる…ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
私も毎年、娘の先生に送るお中元やお歳暮に添える手紙を書くのが
憂鬱だったよ〜
儀礼的になりすぎてもアレだし・・当たり障りのないつまらん内容になりがちだよね。
結局、あっちこっちの文例をつなぎ合わせてなんとか仕上げたけどさ。


 実は花蓮さんとお姑さんは「むぎカフェ」の常連だそうで・・・
蜜朗(上地雄輔)の見た感じじゃ花蓮さん、お姑さんとの関係に悩んでいるらしい。
一人で来る時はいつも思いつめた表情だし、姑さんと一緒の時は懇々と説教されている場面も見たことあるそうな。
鳩子は今度その姑さんが来店したら連絡くれるよう頼みましたぞ。

 そして・・・花蓮さんとの2回目の面談で義母との関係について
思い切って突っ込んでみたところ、「本当は仲良くなんてないんです」という言葉が・・・
いつも叱られてばかりで義母さんの前では緊張してうまく話せなくなってしまうらしい。

「母は主婦の鑑なんです。
一人息子を立派に育てあげて、料理はプロ並み。
家事にも一切手を抜きません。
とにかく・・・何をやっても完璧なんです」

 花蓮さんは自分の「汚文字」に強いコンプレックスを持っていた。
以前、直筆の手紙をプレゼントに添えたら、義母から「字が汚いのは心が汚いからだ」と言われ、深く傷ついていた。その後、文字の通信添削セットが送られてきた。
それを使って必死に努力しているが成果は見えない。

 ( ̄[] ̄;)!ホエー!! 強烈な姑じゃん!
てか『汚文字』って言葉初めて知ったよ。
私もはっきり言って汚文字だす。
ペン字でも習いたいと思いつつ月日は流れ・・・今年こそと・・・


 さらに花蓮さんは母親に対する複雑な感情を抱えていた。
2歳の頃、両親が離婚し父親に引き取られたため、子供のころ
「あの子はお母さんがいなくてしつけがなっていないから字が汚い」と
言われたことが忘れられずにいた。

「自分は母に捨てられたって・・・卑屈になっている時期もありました。
心が汚いと言われてもしかたがないのかもしれません。
・・・・母親のいない私にせっかくできた母です。
仲良くなりたいんです」

 自分の傷を恨み言に変えない心のきれいな人だのぅ・・・( ノД`)
母親がいないコンプレックスは鳩子もずっと抱えてきたもの。
他人事じゃないさね。
HPはこちら


ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第四話 最後のラブレター

 さて、今回の依頼人は園田薫さん(川口覚)。
内容は『自分が元気だということを伝えたい普通の手紙』。
相手は幼馴染で初恋の女性・佐倉桜さん。
子供の頃、マンションの部屋が隣同志で小学校・中学校も同じ。
住む町が離れても付き合い続け、結婚の約束もしていたけれど
結ばれなかった人。

 現在、園田さんは結婚しておりお子さんも居て幸せな生活を送っている。
風のたよりで桜さんも結婚したのはわかっている。
彼女とは、もう10年も会っておらず今さらどうこうなりたい訳ではなく
ただ『自分は元気だ』と伝えたいらしい。

 自分でも書こうとしたんだけど、奥さんに悪い気がして
筆が進まなかったんだって〜
園田さんの希望は差出人が女性に見える文字にして欲しいというもの。
男からの手紙だとわかることで現在の彼女の幸せを壊したくないとの思いからだった。

 見せてくれた写真の桜さんは健やか美人さん。
って、結婚したのにまだ写真持ってたんかい?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
よく奥さんに見つからなかったのぅ。
 

 二人のことをもっと教えてもらうために次回会う約束をして
別れた。

 この依頼を聞いたパンティーさん(片瀬那奈 )は『不倫の片棒かつがされるんじゃ
ないのお〜』と怪しんでおりましたが・・・

 園田さん、30代後半ぐらいのシュッとして清潔感のある男性ですョ〜
奥さんのことも愛しているって言ってたような気がするし、
子煩悩で娘さんに自転車の乗り方教えてるって言ってたぞ。
そんな邪なアレではなさそうだったが・・・
でも、ならなんで今更手紙を?ってなるよね。
HPはこちら


ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第三話 けじめの断り状

 さて、鳩子(多部未華子)は思いがけない訪問を受け、びっくり・・・
それは元彼の武田(松澤傑)。

 武田とは鳩子がデザイン専門学校を卒業する五年前に出会った。
大手出版社に就職の決まった武田と就職先が見つからず欝々としていた鳩子は
なぜか気が合い付き合い始めた。

 だが武田の就職3年目に大阪への異動が決まり、ついてきて欲しいと
言われたんだけど別れた。

 いや〜だって普通にヤナ奴じゃん・・( ̄∇ ̄;)
鳩子はバイトなんだからすぐ辞められるでしょとか
やりたいこと決まってないんだからついてこいとかよ。
「俺、遠距離とか絶対無理だし」って自分のことばっかり。
鳩子の気持も無視してすぐ部屋決めに行こうとかさ。
鳩子のこと下に見てるよね。別れて正解だよ。


 なんでそんな奴が突然現れたのかと言うと
東京支社に戻って早々、上司から指令が下ったんだと。
それは顔出しNG取材NG、気難しくて気に入った編集者としか
仕事をしないことで有名な鎌倉に住むエッセイスト・龍崎彦馬
をくどけというもの。
で、その説得の手紙を書いて欲しいんだって〜

 ハイ!失格〜〜!(乂`д´)
そんな大事な手紙を人に頼んだ時点で編集者としての資格なし!
しかも昔の恋人に甘えた顔しちゃってさ。最悪だよ。
優しい鳩子は一瞬迷ったふうに見えたから焦ったけど
しっかり断ったようです。


 そんなことがあってムシャクシャしていると、にゃんと男爵(奥田瑛二)から
代書の仕事の依頼が・・・
古い友人である囲碁棋士の借金の申し込みを断る手紙を書いてくれってよ。

 代金は成功報酬。
借金の依頼が収まらなかったら報酬はなし!と言い置いて去った。

 引き受けることになったものの男爵のことは祖母・カシ子(倍賞美津子)と交流が
あったらしいとしかわからない。

 で、情報収集開始。
魚福の奥さん(大島蓉子)によると高台の地主の息子で若い頃は東京にいて
バブリーな生活をしていたらしいが、30代半ばでお父さんが亡くなって鎌倉に
戻ってきた。
10年前奥さんが亡くなって独身。子供も独立しているらしい。
家賃収入や株で生活しているらしいが仕事のことを尋ねると口をつぐむそうな。
HPはこちら

ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第二話 幸せの修了証書

 さて、鎌倉に留まることにはしたものの・・・前回のお悔やみ状で代書屋の難しさを実感した鳩子(多部未華子)は、まだ迷いの中にいますョ〜。
 
 そんな時現れた依頼人・三津田(高橋和也)・・・
代書の内容は「離婚のお知らせ」。
妻の梨香さん(村松えり)に好きな人ができて離婚することになったんで、お世話になった方達に報告とお詫びとお礼の気持ちを伝えたいそうな。

 インテリアコーディネーターだった三津田さんと妻の梨香さんは一緒に会社を経営しており、共同で手掛けた仕事も共通の友人も多かったらしい。

 妻がいなくなっても同じ仕事を続けて行く三津田さんは複雑な思いもあるでしょう・・
いちいち説明するのもアレだしねぇ・・・( ̄∇ ̄;)


「よく、『終わりよければすべて良し』って言いますよね。
手紙はそういうものにしたいんです」三津田

 このような難しいテーマの手紙が書けるのであろうか・・・
不安が消せないながらも鳩子は代書を引き受けることにした。
梨香さんはもう新しい恋人と沖縄へ移住しているため話を聞くことが
できないが、彼女の希望は三津田が聞いていた。
それは手紙には彼女が持っていたWのイニシャルのシーリングスタンプを使って欲しい。
それだけ。旧姓が綿貫と言うらしい。

 シーリングスタンプって貴族の方がお手紙出す時に使うアレでございましょ?
なんかコレ使うだけで一気に重厚感よね〜
舞踏会への招待状かしらぁ〜♥♡♬☺(✿ฺ´∀`✿ฺ)


 三津田は「自分達は幸せな結婚生活を送って来た」し「円満離婚」だったので
それが伝わる内容にして欲しいと話しておったが・・・
なにか違和感が残る鳩子・・・

 まぁねぇ・・・こういう場合男性の方が引きずるというか・・・
優しい人であればあるほど内心納得がいってなくても相手の意思を尊重してあげたいと思ってしまうんだろうね。
でも、いくら「円満離婚」を強調してもこぼれてしまうものはある・・・


 今回は二つのエピソードが描かれました。
ある雨の日、切羽詰まった感じの女性がツバキ文具店に走りこんで来た。
昨日、すぐそばにあるポストに手紙を投函したんだけど、その後にやっぱり出すべきじゃなかったと考え直し、手紙を取り戻そうと集荷時間まで待っていたんだけど急用で時間がないと言うのさ〜

 その女性・楠木帆子(ハンコ)(片瀬那奈)が言うことにゃ、夏ごろにお父さんの容体が悪くなり、何とか花嫁姿を見せてあげたいとの思いからプロポーズしてくれた人にオッケーの返事を手紙に書いたんだが、父危篤の報を受け大分に帰る段となり、やっぱり良くないと思いなおしたらしい。

 飛行機の時間が迫っているそうなので代わりに鳩子が手紙を回収する約束をしたんだけど・・・
郵便局員さんからは、ここでは渡せないので直接管轄の郵便局に取りに来るように言われてしまったわ〜
HPはこちら

ツバキ文具店
続きを読む

「ツバキ文具店 〜鎌倉代書屋物語〜」 第一話 奇妙なお悔やみ状

 雨宮 鳩子(多部未華子)は「ツバキ文具店」を営んでいた祖母のカシ子(倍賞美津子)が亡くなり、8年ぶりに故郷の鎌倉に戻って来た。
雨宮家は江戸時代から続く由緒ある代書屋(依頼人の代わりに手紙を代筆する)で代々女性が家業を継いでおり、祖母が十代目、鳩子が十一代目になるはずだった。
鳩子の母は鳩子が生まれてまもなく家を出ていたため祖母に育ててられた鳩子は小さい頃から有無を言わせず跡取りとしての修行をさせられていた。

 修行は厳しく友達と遊ぶことも許されなかった。
高校生になった鳩子はついに不満を爆発。カシ子と大喧嘩になり、わかりやすい形でグレたのち、高校卒業を機に家を飛び出したのだった。

「こんな家、もう二度と帰ってこねぇよ!!」

 カシ子のいなくなった家・・・
鳩子はもちろん「ツバキ文具店」を継ぐつもりはなく、この家を売り払う手続きを
終えたら出て行くつもりだった。

 ドラマや小説で舞台になることも多い鎌倉。
昭和の風情が残っているどこか懐かしい風景。
住んでいる人達もそれを愛し大切に守っていこうとしているのが伝わってきます。
ツバキ文具店の前には守り神のような大きな椿の木があり赤い蕾がたくさんついておりました。

 実家は子供だった自分を思い出させられる場所。
いい思い出も哀しい思い出もそこここに残っている。
どうしても過去と向き合わざるを得ない。


『この家にいい思い出なんてない』

 鳩子もそんな自分に戸惑っていた。
昔から台所の柱に貼ってあった『春苦み、夏は酢の物、秋辛み、冬は油と心して食え』という一文。
剥がそうとするけど剥がせない。
祖母の生活の息吹を消し去ることができない。

 大げんかの時、祖母に突き飛ばされて破いた障子を鳩子が修理した拙い痕。
祖母が代書に使う道具をしまっていた蔵。
毎日風を入れるよう言われていたが鍵が見つからない


 葬儀を終え、なんとなく手持無沙汰に過ごしていた鳩子の前に祖母が亡くなる前に
代書を頼んでいたという婦人(冨士眞奈美)が現れた。
サイダーのような細かい水玉のワンピースを身に着けたその女性を
鳩子は心の中で「マダムサイダー」と名付けた。

 彼女は孫の鳩子が責任を持って手紙を完成させるよう強引に言い置いて行った。
内容は亡くなった砂田さんのうちの権之助さんへのお悔やみの手紙。
権之助さんとは心臓に持病を持っていたお猿さんだった。

「心を込めて!お願いね!」
『この威圧感・・・・断れない・・・』
HPはこちら

ツバキ文具店

続きを読む
最新コメント   
記事検索
micro_bnr
記事カテゴリ                     
月別に読んでも・・
管理人です
きこり


お茶猫

北海道在住。
猫3匹と
のんびり
暮らしております。

TVのドラマや
映画を中心に
書きたいことを
書きたい時に
書いている
ブログです。

本文の記事と
無関係な
コメントや
商業目的の
TBは申し訳
ないですが
削除させて
もらいます。

ブログ内の
文章や写真を
転載する
場合は
一言コメント
くださいな〜

「食べるトリ猫家族」
もよろしく〜

愛猫そーやは
2009年11月27日に
永眠いたしました。

そーや関連の
記事はこちらです。

123
ブックマーク
banner_14


新ドラマQ

erlogo5


Twitter始めました
sofa