DARKER THAN BLACK 流星の双子 第3話「氷原に消える…」 感想

  • author: matanoni
  • 2009年10月26日

おお、予想外のチーム編制。
4人目にジュライが加わるとは思いませんでした。

ターニャとニカにはへこみます。
これでもう本当に取り返しが付かなくなりました。
契約者の存在が公表された今も、契約者は道具として扱われているし、契約者を知った人間は記憶を消される。
以前となにも変わっていなくて、だからこんなことも起きる。
ターニャがこの先、感情を取り戻すかはわからないけど、これではこのままのほうがマシとすら思えるなぁ…


蘇芳は契約者として覚醒。
契約者なんてみんな死ねばいいと思って契約者になるとは皮肉です。
でも、本当の契約者っぽくはないんだよなぁ。
黒の力がなくなったのは、三号機関の装置のせいではなくて、装置をきっかけに流星核に吸い取られたように見えますし。
それにこの時、黒を助けた蘇芳はドールっぽく見えます。

その蘇芳ですが、一話のお風呂、2話の胸もみときて、3話でもまた全裸。
ここまで『女の子』であることを強調するのはなぜなんでしょう?
ターニャは紫苑なんて実在するのか、本当はお前なのではないかと問いましたが…
もし蘇芳がドールなら、記憶は書き換えられてても不思議じゃないんですよね。

「誰にだって代わりなんていない!たったひとつのものなんだ!」
蘇芳はそう言ったけど、これを否定するような試練が蘇芳には待ってるのかなぁ…


力を失った黒。
それでも戦えるのはさすがです。
で、銀を殺す、かぁ…
これ、銀が銀ではなくなっている、何者かにそうされた、ってことですかね。
蘇芳が泣きながらターニャを殺そうとしたのを止めたり、やっぱり黒は黒なんで、憎んだり恨んだりでじゃないよなぁ。


自分の意思で動き出したジュライ。
黒たちと行くことを選んだわけですが、これには驚きました。
黒たち、というか蘇芳と、なのかなぁ。
黒は仲間の、エイプリルの仇になるわけですが、何を思ってそうしたのか…
一気に気になる立ち位置にきたなぁ。

そして猫!
相変わらずでなによりですよ。
黒共々マダム・オレイユに雇われてるようですが、彼女も食わせ者っぽいですねぇ。

後はオーガスト7、気に入ってたのに残念です。
鎮目は容赦ないなぁ。

それに未咲さん。
なんか、危ないことになりそうで心配なんですけど…!

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

失ったものを取り戻す旅/『Darker Than Black−流星の双子(ジェミニ)−』/第03話「氷原に消える…」感想

「俺は銀<イン>を、あの女を殺す」(黒<ヘイ>) 『Darker Than Black−流星の双子(ジェミニ)−』第三話「氷原に消える…」のネタバレ感想です。黒<ヘイ>は今度こそ妹を救えるのか。ジュライと猫<マオ>を加えた四人は、前期の四人組を彷彿するいい組み合わせだな...

  • [ サブカル・カムカム ] 2009年10月27日 17:31

☆DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第3話 「氷原に消える…」

池袋にシオンがいることがわかる。スオウの縄を切る。 そして、黒は「日本に連れて行ってやる」と言い出す。

  • [ F-Shock DL Blog ] 2012年02月08日 07:08

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲