1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 21:48:06.52 ID:799LDCs00
王様に会いに行くのなんてどうでもいい。
ちっ。。。50ゴールドか。。。
ほしくないけど酒場へ行って仲間を作ることになった

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 21:52:46.74 ID:799LDCs00
仲間の基本は戦士 僧侶 魔法使い らしい
あまり話ししたくないから性格はそういうかんじがいい
結局
戦士 にんじょうか
僧侶 きれもの
魔法使い ふつう

戦士がうっとおしい


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 21:55:41.15 ID:799LDCs00
まずは隣のレーべの村を目指すことにする
外に出るとまものがいた。戦うことになった

にげる←

しかしまわりこまれてしまった

スライムでも痛い、おい僧侶、ホイミは?

「うっせーな薬草でもくってろ!!!」

そっちのキレ者か。。。ウザイ、、死ね、、、


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 22:02:39.24 ID:799LDCs00
そんなことをしていたら魔法使いがいつの間にか死んでいた
性格ふつうっていうのが意味分からない。
とりあえず生き返らせる。
「いくら?」
「40」

この神父、俺の仲間か?


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 22:06:53.97 ID:799LDCs00
キレ者の僧侶がなかなか回復してくれないが
なぜか戦士がいつも手当てしてくれる。
ビリビリ服破いて巻いてくれるがたびびとのふく
高いからやめてほしい

やはりこいつうざい


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 22:12:42.43 ID:799LDCs00
ここはナジミの塔というらしい。
盗賊の鍵がてにはいるようだ。
取りに行くのが面倒くさい、ほっとけば魔法使いが
あけれるようにならないかな?


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 23:51:32.29 ID:799LDCs00
とりえずまほうのたまをもらった。
いざなの洞窟の壁を壊す。
うちのウザイ戦士がつるはしとか使えば壊せそうだ。
早くルーラをおぼえたい


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/18(土) 23:57:47.40 ID:799LDCs00
ロマリアという町に着いた。
なんか急に敵が強い。
ホイミはもう自分でやってる、自分だけに。
僧侶殺したい、あ、ちょうどラリホーくらった
思い切りぶん殴って起こすことにする。

かいしんのいちげき

あ、死んだ
願えばかなうことってあるんだな、この世もすてたもんじゃない


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:01:57.77 ID:WNtXxraI0
ロマリアの王に話をすると金の冠を盗まれたことをきかされた。
おれはあっそう って感じだったけど
うちのウザイ戦士がはりきって取り返してくるとかいってる。
ほんとうにひとりでいってほしい。



そういえば魔法使いの声を一回も聞いたことがない


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:04:41.85 ID:WNtXxraI0
いやだったが僧侶を蘇生して
王に冒険の書をかいてもらう。

きたねー字だ、だらしないことがこの字から伺える
冠だってほんとうはベッドの下とかにおちてんだろ?

冒険の書を書いたので宿できょうは休みたかったが
戦士が修行をかねて外で魔物と戦おうと言い出した。

反抗するのもめんどうなので言ってやることにした。
宿から出てルーラ→ロマリア


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:06:59.34 ID:WNtXxraI0
町から出るのにその町にルーラを使っている俺は
外に出るとホイミができないことに気がつく。

僧侶はあてにならないので列の最後尾についた。
みんな先頭はいやらしい
言いだしっぺの戦士が俺の後ろについた
続いて糞の僧侶


魔法使い先頭


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:08:34.69 ID:WNtXxraI0
速攻で魔法使い死ぬ。
面倒なのでほうっておいて戦闘に励む。

魔法使いは俺たちとずいぶん差がついたようだ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:11:49.07 ID:WNtXxraI0
戦士の気が済んだところで宿へ行き
やすんで次の町へ行く。

カザーブのまちだ。
町へ入る前に戦ってみる。

蜂だ。キラービーだ

痛い、しびれる、俗に言う麻痺だ。
戦士も動いていない、糞の僧侶もだ。

魔法使い棺おけなんだけど。。。


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:13:44.70 ID:WNtXxraI0
全員麻痺(一名死亡)で
ロマリアの城へ戻される。
だらしない王から説教をうける。
いい加減にしてほしい、おれはこいつが嫌いだ
人間は汚い生き物だ。

またカザーブへいかなければならない。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:17:42.72 ID:WNtXxraI0
キラービーがウザイ
さすがの僧侶もびびってるようだ、いいきみだ。
ちなみに僧侶は女だ。

カザーブにはいって重要なことを・・・でもないが
魔法使いを生き返らせることを思い出した。
めんどうなので戦士に頼む。
俺はひとりで宿へ行った


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:20:31.92 ID:WNtXxraI0
宿で面白いことを聞いた。
近くにすごろく場があるようだ。

おれは町中のタンス、たる、宝箱をあさってまわった
覚えたお気に入りのルーラでほかの町もまわった
すごろく券のためなら少しやる気が出そうだ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:22:30.89 ID:WNtXxraI0
やっと集めたすごろく券は3枚だ。
ちゃんと探せばもっとあるかもしれないが
さすがにほかの人の家のタンスをあけるのは
少し抵抗があり、ためらった。

全員を起こしてすごろく場へ向かう


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:24:57.70 ID:WNtXxraI0
すごろく場につきさっそくやってみることにした。
スタートで話しかけてすごろく券を差し出す。
ヨオ〜シッ!!!!・・・・・・・??




しまった。。。先頭は魔法使いだった


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:27:44.70 ID:WNtXxraI0
正直、、、かなりテンションがさがった。
まぁ。。。少しは期待してやるか。。。




コロコロコロ・・・2

コロコロコロ・・・2

やはりだめだ、性格普通はさいころの目をも
さえない目にしてしまうらしい。

案の定落とし穴に落ちた。


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:30:06.01 ID:WNtXxraI0
落ちた魔法使いのところへ
戦士が一目散に駆けていく。
やはりうざい。

しかし次の瞬間おれもそこまでダッシュした。
魔法使いのケツの下にすごろく券がおちているではないか!

勇者は足元をしらべた

 すごろくけん を手に入れた


プラスマイナス0でゆるしてやるか


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:32:49.51 ID:WNtXxraI0
今度こそ先頭は俺。
すごろくができる!!!

絶対にゴールするぞ・・・

コロコロコロ・・・4
4か、なかなかいい目じゃないか

足元をしらべますか?

はい←

うわっ!まものだ!



ふざけるなよ


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:36:25.40 ID:WNtXxraI0
キャタピラーがあらわれた

まぁなんとかなるだろう。
てつのやりをくらえ

かてぇ、芋虫のくせにかてぇ

なんとか勝つことができた。。。

・・・
・・・
・・・

つぼを調べますか?
はい←

つぼは空だった
・・・

引き出しを調べますか?
はい←

引き出しは空だった
・・・


この世に神などいない


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:38:17.71 ID:WNtXxraI0
残りのさいころも少なくなってきたが、
ゴールに近づいてきた。

2が。。。2がでれば・・・


コロコロコロ・・・2

!!!

ゴール、おめでとうございます




ありがとう神様


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:41:14.20 ID:WNtXxraI0
ゴールの宝箱をあけてみる。

カパッ  500ゴールドをてにいれた
カパッ  はがねのつるぎをてにいれた

案外しょぼいと思ったが。
うちのパーティーには戦闘好きな奴がいるのを
忘れていた。



ウザイ戦士が指をくわえて俺の方をみている。
どうやらつるぎがほしいようだ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:42:52.10 ID:WNtXxraI0
言い争いはいやなのでそのまま黙ってわたした。
目を輝かせながら受け取ると
装備していたてつのやりを渡してきた

さっそく装備するかい?
とかふざけて言ってきたので

シカトして袋にぶち込んだ


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:46:58.94 ID:WNtXxraI0
なぜか戦士が俺もすごろくがやりたいなどといってきた。
やはり言い争(ry

なんだか妙にやる気満々なのできっとだめだろうとおもった

コロコロ  2
前へ3こ進んだ

50Gひろった。

ニコニコしてこっちを見てくる。ウザイ、はやくおちてほしい

コロコロ 2
紫のマスにとまった

どこからともなく声が聞こえる。。。。。

MPが二分の一になった!!!


0は何回割っても0


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:51:47.65 ID:WNtXxraI0
コロコロ  1

バリアだ、電撃だ、早く死んでくれ

・・・・・・

・・・・・・
・・・・・・

けっきょくこいつもゴール前の穴に落ちた。
すごろく券を無駄にした。
そろそろ旅にもどろう
僧侶が私もやりたいとキレていたが
べつに殴られても痛くないので無視した。
ニフラムするぞとか言ってたけど。
見苦しかった


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:54:45.73 ID:WNtXxraI0
カザーブの町から西へ行くと
シャンパーニの塔が見えてきた。
ここが盗賊のアジトらしい。
どうやら出てきそうなので
 まんたん 
を命令してみる。

やはり糞の僧侶がホイミしない。
おかげで俺がすべてホイミしてしまった。
すごく疲れた。


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:57:11.08 ID:WNtXxraI0
カンダタがでてきた。
でかい

こぶんまでいる。

そこでさっきのすごろく場で仕入れた新兵器
ブーメランを使うことにする。

びゅ〜ん。

ぜんぜんきかないし、キャッチするとき少し手がいたい。
おとなしくてつのやりに持ち替えた。


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 00:59:21.83 ID:WNtXxraI0
命令させろ

でやってるのに
ウザイ戦士はガンガンいこうぜ状態。
糞の僧侶は自分にたいしていのちをだいじに

結局魔法使いにスクルトを頼む

これで糞の僧侶の守備力が上がるのが許せない


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:01:51.20 ID:WNtXxraI0
守備力が上がると当然ウザイ戦士は突っ込んでいく。

かいしんの一撃を出すたびにこっち向いて笑うのやめてもらいたい。

うは、糞の僧侶MPやばくなってんじゃん。


なんだかんだ言ってるうちに戦士がかなり
カンダタ追い詰めていることにきがついた。

魔法使いのHPが少ないが、帰りのルーラのMP
をのこしておくために、回復はしなかった


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:05:13.42 ID:WNtXxraI0
カンダタたちをやっつけた。

金の冠を取り返した。
装備してみるとなんだかいいかんじだ。
このまま次の町へと行くことに決めた。

うざい戦士は返そうといっていたがシカトした


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:08:32.57 ID:WNtXxraI0
ノアニールという村についた。
なんだかこの辺の敵は弱いような気がする。
カンダタなんてほうっておいてこっちにくればよかったと
心から後悔している。
ぐんたいがには相変わらず気持ち悪い。

お約束のウザイ戦士による武器やめぐりをさせられる

しかし村の人々が全員眠っているようだ。




じゃあすごろく券さがそっと。


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:10:30.27 ID:WNtXxraI0
片っ端から家に入りタンスをあさる。
すごろく券はあまりないようだ。


あさっていると後ろから声がした。
じじいが一人だけ起きてやがった


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:14:41.29 ID:WNtXxraI0
じじいにたのまれて洞窟に行くことになった。
なんとかルビーをなんとか。。。って
おぼえる  ってやるの面倒だから
魔法使いに話をきいておいてもらった。

南西の洞窟を目指す


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:17:30.37 ID:WNtXxraI0
その前に、エルフの隠れ里なるものによってみた。

エルフというのはイメージでは優しい感じだったが。
どうやらここの女王は人間と仲良くする気はないようだ。

また我らがキレ者がエルフにキレてますが
エルフは意見をかえる気はない様子。


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:21:39.89 ID:WNtXxraI0
洞窟に到着する。

しばらく見回っていると小さなメダル発見。
これで10枚目だがどうしたらいいか分からない。
今度町できいてみよう。

体力が回復する泉があった。
ここで少し狩りをしようと、戦士が言うので
することにした。

何だこのきのこ。眠いの出すからねちまう。。。
でも寝ると戦士が起こしてくるんだよねぇ・・・
我慢して戦うか


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:26:00.55 ID:WNtXxraI0
狩りをおえて最下階におりてみる

すると夢見るルビーを手に入れることが出来た。
魔法使いの話ではどうやらこれをエルフに渡すらしい

早速持っていくと目覚めの粉なるものをわたされた。
ノアニールへルーラで帰り使ってみると皆が起きた
お礼を言う奴が少なかった

しかたないので早速武器屋へ行く、はがねのつるぎを買うと
戦士がにらんできた。

色々な話を聞いた。
小さなメダルは集めている人にわたすといろいろくれるらしい。
魔法の鍵というものがあるらしい。

次はメダルの処理に行くことに決めた。


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:29:25.48 ID:WNtXxraI0
メダル王という人がいる場所を聞いたので早速会いに行ってみた。
10枚渡すといばらのむちとガーターベルトをもらった。

どちらもいらないので袋にしまう。
魔法使いが手を伸ばして取ろうとしていたらしいが
気がつかなかった。
ガーターベルトでイメチェンでも図ろうとしたのだろうか?


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:32:17.50 ID:WNtXxraI0
そこで戦士がそろそろ冠を返したらどうだというので
行ってみることにした。

かぶったまま王にあったらすごく怒られた。
横にいた人が王をなだめると
王は怒りながら俺に向かって王にならないか?
といった。かなりの棒読みだった。

めんどうなので断ろうとすると、戦士が喜んで!
とか返事したのでする羽目になった。しんでくれ。


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:35:42.18 ID:WNtXxraI0
玉座のすわり心地は悪くなかったが。
先を急ごうと糞のキレ者がうるさいので
少し同意しかけたがウザイので町の格闘場へ逃げた。

しかしそこに王がいたのではなしをつけ、王をやめさせてもらった。

糞のおもうとおりになったのに腹がたったが
あまりおこってもしかたがないので わすれる ことにした


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:38:48.59 ID:WNtXxraI0
宿にとまり、次の目的地はアッサラームという町にきめた。


町に近づくにつれ、敵がすごく強い。
もうどくいもむしとか意味が分からない。

というかそれよりも気温があつくてやられそうだった。
町に着くとすぐに宿を探し、眠りに着いた。

寝るのが早かったのか、夜中に目が覚めしまった。


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/03/19(日) 01:39:58.68 ID:WNtXxraI0
目が覚めた俺は町を散策することにした。

パフパフの宿。。。


・・・

・・・

・・・

・・・



おれは頑なにこの町に居座ることを決意した



元スレ
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1142686086/