またたび獣医師団 

被災動物の救済のため、個人の有志により立ち上げた獣医師団です。国境なき医師団の 個人版、獣医板と思っていただければわかりやすいかと思います。※私達と国境なき医師団は関係ありません。※過去から本日現在に至るまで、私達は一切寄付金を募っておりません。 皆様からの応援メッセージがビタミンです!

ドミニクはこんな所でフォトグラファーとして働いているそうです。

7e5ee78f.jpgいいなあ
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 20:58 | Edit

ドミニクからメールが届きました。

8168e7bf.jpgHello, I hope you are both well! I just looked at the pictures you sent me recently because I needed to clean my old email account. I am going to see Nathalie in a few weeks and give her a copy of the cd. We have a few pictures of you, I should try to scan them and send you some (when I'll have time!). I am working now at the Veterinary University in Ontario (Guelph, close to Toronto). It is very interesting work. I am working as a wildlife pathologist and I have to find out why wild animals and birds are dying. I am investigating right now on an outbreak (100 dead birds a day) in a provincial park. The location is very pretty. We have been there twice and still don't know what is going on! My contract is finishing this week and after I will be 3 weeks in Quebec, 1 week in Saskatchewan and after will move to England for a job. Hope me and Nathalie will be able to visit you one day! One of my good friend is in Japan for work right now (for 2 weeks) he seems to enjoy it! I will leave you my other adress in case this one is not working later on : fordom25@hotmail.com

See ya

Dominique

PS:
I sent a few pictures of my sick birds and the park!

  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 20:39 | Edit

お母さん犬、捕獲成功!

58579150.jpg近くの工事現場で仔犬を8匹産んだママです。
仔犬には全て里親がつきましたが、放っておくと更に仔犬を産み続けるでしょう。
最初は近づくと吼えて逃げていましたが、またたび花子の朝晩の餌付けにより2週間目にしてようやく捕獲することができました。
SDFの新しいクリニックで不妊手術を受け、ワクチン、フロントラインを投与して一泊の入院後、元の工事現場に戻されます。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 10:11 | Edit

5ヵ月後

61cfd9ac.jpg5ヵ月後の姿です。
傷は癒えても心の傷が残っています。

下記に彼女と書きましたが彼でした。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 15:13 | Edit

こんなにきれいになりました。

3c983e24.jpgそしてこの写真が昨日の様子です。
毛の艶も良く、ピカピカです。
正直言ってここまで綺麗になるとは思っていませんでした。

ただ、彼女(ダムダムという名前がつきました。ダムというのはタイ語で黒という意味です。黒黒ちゃんです)の傷は癒えましたが、心の傷は癒えていません。私が近づくと吼えまくります。
毎日世話をしている写真の女性だけがダムダムに触ることが出来ます。

SDF代表マーゴットの故郷オランダに里親に出す計画がありましたが中止し、閉ざした心を癒す試みが今後行われます。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 14:58 | Edit

保護から1週間後

0d8955ac.jpgこれが入院一週間後の姿です。
腐った部分が取り除かれ、皮膚の下が丸出しになっていますが、ドクタースーチョンは必ず良くなるから大丈夫といってくれました。
毎日クリームを塗り献身的な治療が続けられました。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 14:22 | Edit

2月に負傷犬を保護したとき

bcdf0d68.jpg2月にこの犬を保護したときの写真です。
5メートルも近づくと腐臭が漂っていました。
皮膚は完全に腐り、ハエが卵を産みウジが湧いていました。
私、またたび太郎とSDFのJohnは彼女をトラックに乗せ緊急入院させました。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 13:25 | Edit

負傷犬

  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 21:08 | Edit

これからが本番です

442ea9b2.JPG今年に入って約4000頭の手術が施されました。新病院ではタイ人獣医を雇用します。また専門のドッグキャッチャーも雇いました。
しかしプーケット行政府のシェルターには300頭の犬が非常に悪い環境でおり、餌も底をつきかけています。しかしシェルターに持ち込まれる犬は増え続けています。津波の影響で経済が悪化し、新しい職を求めてプーケットを離れる人たちが激増しているからです。
元々プーケットで働く人たちの多くは観光景気で湧くこの地に職を求めてやってきたよそ者なのです。
彼らは犬を放置して土地を離れます。


プーケット行政府はフェンスの修理代以外の一切の支出を拒んでいます。
そして外人がシェルターの運営に手を出すことも拒んできました。

しかし、ここに来てソイドッグファンデーションの献身的な働きを見て、行政府の対応に少し変化が起きてきました。

つまり、お金は出さないが、シェルターの世話はしてくれ。という感じです。
「野良犬に優しいタイ」の実態です。

これでも進歩なのです。
そして犬達を飢え死にさせるわけにはいかないのです。
私達は犬猫のためのボランティアなのですから、、
  • Posted by matatabivets
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 18:11 | Edit

さっそく病院の前に捨てられる犬猫

b6f8dfd3.JPGオープン準備中から、病院の前には犬猫が捨てられます。
  • Posted by matatabivets
  • Comment(1)
  • TB(0)
  • 18:07 | Edit
またたび獣医師団とは
またたび獣医師団
1993年、私達が日本初の移動動物病院で野犬、野良猫の不妊虚勢手術をはじめました。(この活動は今も全国に広がり続いています。)

「またたび獣医師団」はこのとき自然発生したグループの名前です。
このとき集まった中心メンバーは今も全員、連絡を取り合い個々に、また時々協力し合って動物愛護活動を行っています。費用は参加者持ち寄り、あごアシ自己負担を基本としております。
ですから現在、参加者以外に寄付を募るということは一切行っておりません。
海外ではブータン国への獣医派遣を行っております。(ブータン国派遣は外務省管轄財団法人シルバーボランティア協会、ブータン国、国連の要請によるもので、費用は個人負担と上記メンバーからの寄付、上記団体からの援助金で行われています。)
参加者は日本各地でそれぞれ仕事を持っており、何かあれば現場に集まり作業を終え解散するというスタイルです。参加者は獣医、学生、社会人、主婦、動物愛護ボランティア主催者など様々です。

「またたび獣医師団」と言う名称は上記仲間に今回初めてつけた名前です。旅の獣医ということで、「猫にマタタビ」のマタタビと「股旅」をかけています。

※ 私達は2005年2月4日現在、参加者以外に寄付金を募るということは一切行っておりません。
※ 寄付によって集まった金品もございません。
※ 今のところ寄付を募る予定もございません。
 2005年2月4日

お問い合わせは
sagami99@yahoo.co.jp

またたび獣医師団協力団体

山口獣医科病院
soi dog foundation(本部オランダ)
Recent Comments






  • ライブドアブログ
またたび獣医師団