またたび獣医師団 

被災動物の救済のため、個人の有志により立ち上げた獣医師団です。国境なき医師団の 個人版、獣医板と思っていただければわかりやすいかと思います。※私達と国境なき医師団は関係ありません。※過去から本日現在に至るまで、私達は一切寄付金を募っておりません。 皆様からの応援メッセージがビタミンです!

御願い

皆さんに御願いです。

時間がありません。

大阪府は、27日朝7時より犬たちの処分を決めました。

処分=殺すという事です。

時間がありません、皆さんどうぞ、「Human Society
International(ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル、動物愛護団体インターナショナル部)」の方にメールを送り、どうか海外の愛護団体から日本へクレームを送ってくれないか、と頼んでもらえないでしょうか?

もちろん英語でなければならないので、私が下に書いた英文をそのままコピーして使っていただいてもかまいません。

何とか諦めないで最後までこの子達の為に戦いましょう!!

▼メールはコチラまで送ってください
Human Society International (HSI)
E-mail: hsi@hsihsus.org




Dear Human Society International,

*This message has been translated for Japanese people who can not speak or write English.

I am writing you because we desperately need your help. There are over 200 dogs (originally rescued from puppy mills) in Osaka, Japan that are facing extermination by the Osaka prefecture on Feb. 27th 7a.m. (In Japan time). Many of these dogs have been infected by Brucella canis and that is the reason for extermination. Osaka prefecture has done so little to save these dogs' lives. It seems to me they never meant to help them in the first place. These dogs could be saved by appropriate treatment but nothing has been done. There are couple of organizations in Japan that have been trying to save these dogs, but Osaka prefecture has no ears to listen and ignored all of their attempts to help. We need to stop killing dogs that are treatable and we need your help to change their mind about this.

For references and more information about this, British Border Collie Rescue Group have offer support and posted the information on their website:

Here, you can see how terrible things are.
http://www.bordercollierescue.org/Foriegn/Asia/Japanese%20Dogs.html


I urge you please to contact the Japanese embassy in the US, or any other places you can thing of, and implore them to stop killing the dog that can be saved by appropriate treatment. These dogs have been mistreated by human since they were born and it is time to treat them right!

Here's the contact information of Japanese embassy for your convenience. We really don't have time, please show us what you can do to make a difference in this matter.

Embassy of Japan in the United States of America
2520 Massachusetts Avenue, N.W., Washington, DC 20008
Phone: 202-238-6700 (Main)
Email: jicc@embjapan.org
Fax: 202-328-2187

Sincerely,
ここに貴女のお名前をアルファベットで記入してください。



上の文章ですが、今にも殺されそうになっている犬達を助ける為にアメリカにある日本領事館に連絡をして、犬を殺すのをやめさせるように要請して下さいという事を書いてあります。住所や、電話番号、メールアドレスが載っていますが、それはワシントンDCにある日本領事館の連絡先です。(ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナルはアメリカのワシントンDCにあるので、そこにある日本領事館のアドレスを載せました。)

沢山の皆さんがメールを書けば、間に合うかも知れない。正直、アメリカには時差がある為、非常に難しいところですが、やってみないと分からない!最後まで諦めないで行くべきです。よろしくお願いします!!

これはリンクフリーです。どうぞご自由に使って、お友達にも教えてあげてください。その際、コチラへの報告はなくても結構です(報告していただけると単純にうれしいっす)。

アクセス数の多いブログをお持ちの皆様、色々と諸事情もあるかと思いますが、この文書をそちらのブログで紹介していただけると嬉しいです。とにかく時間がないので、うちの文章をそのままコピペして下さってもかまいません。またうちのブログの売名行為ではないので、こちらへのリンクバックはしていただかなくても結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

Trackback

Comment

hanako | 2007年02月26日 22:45
先ほどメール送らせていただきました。
どうか皆の願いが届きますように。
大阪府の手によって、わんこ達が殺されるなんて
許せません!!
| 2007年02月26日 22:46
英文のコピーのやり方がわかりません。誰か教えて下さい。お願いします
ゆめゆめ | 2007年02月26日 22:52
この英文他からの転記ですよね。
koko | 2007年02月26日 23:04
どこからの転記でも構いません!!
ワン達が助かるのなら、それで良いと思います。
今は、そんな事を言っている場合じゃない。
111 | 2007年02月26日 23:04
リンクフリーだってば
| 2007年02月26日 23:10
人間なんて嫌いだね。
人間は酷いね…
人間は怖いね…
頑張って!!
ミコ | 2007年02月27日 00:42
日本はいつになったら、優しい国になれるんでしょう・・。
ナオママ | 2007年02月27日 00:45
ここで批判をする前にあの子達を救いたいと心から願っているのであれば、まずは自分達の出来る事から初めてみませんか?もう時間がありません!!現場には行政のトラックが向かっているそうです。諦めずにメールをする、現場に向かう、出来る事だけを考えましょう。
願い | 2007年02月27日 00:47
先ほど見つけて急いでメール送りました。。。
どうか間に合いますように。。
らんれん | 2007年02月27日 00:48
わんこの為のBBSの投稿よりAAの呼びかけで、
午前5〜6時に阻止する為に現地集合との事。
参加可能な皆様、何卒何卒お願い致します!
nana母 | 2007年02月27日 00:56
さっきメール送りました。全部英語コピペで氏名も英語で。
数時間前にテレビ局6社と安倍総理大臣にもメールしておきました。近くのボランティアさんは許可取ってデモして頂けるのでしょうか?実力阻止しかないのでしょうか?
dolce | 2007年02月27日 01:01
メール送らせていただきました。
コミュニティでもブログの記事を転記させていただきました。
marion | URL | 2007年02月27日 01:02
メール送りました!皆の切望が、届くきますように!
転載しました。時間がなくくやしい。。
ごよ | 2007年02月27日 01:10
p.m8:20頃、メール送りました。頭の中、疑問符だらけです。一般人の訴えを無視して何が行政でしょう。どうか、みんなの願いが届きますように。
あー | 2007年02月27日 01:15
ゆめゆめって奴さぁ、何なの?今はそんな事言ってる場合じゃないだろ。んな事してる暇あったら犬たちを救う方法考えろよ
bibi | 2007年02月27日 01:24
今、メール送りました。 大阪府の「明日朝7時から安楽死処分」の発表に怒り心頭とショックで言葉もでませんでしたが最期まで諦めません!
marion | URL | 2007年02月27日 01:25
メール送りました!皆の切望が、届きますように!
転載しました。時間がなく くやしい。。
nana母 | 2007年02月27日 01:26
http://newleader.s-abe.or.jp/contact-info
安倍総理大臣にもメールして下さい。 ↑アドレスです
みんなが嘆願したらどうでしょうか?
総理はミニチュアダックスを飼ってます。

Kさま
英語も日本語もやり方は一緒だと思います。
範囲指定して右クリックしてコピーをクリックしてメールフォームに戻ってまた右クリックして貼りつけるでしょうか
最後、ご自分の氏名も忘れず入れてください。

ジャスミンティー | 2007年02月27日 01:29
メール送信しました。
お願いします。助けてあげてください。
アヤ | 評価 5 | 2007年02月27日 01:45
メールを送りました。
本当に酷すぎます!
なんとかしたいけど時間が無さ過ぎて何からしていいのかパニックです。
うさうさうーたん | 評価 5 | 2007年02月27日 01:50
私もメールを送りました。助かる命を助けてあげたい…ただそれだけです。ワンちゃん達が助かる事を信じ願っています。
浅井有利子 | 2007年02月27日 08:26
良い結果なのでしょうか?悪い結果なのでしょうか?保健所は、迷子になったり、持込?などの犬などを含めて、熊本県の64%の犬の譲渡数以外、各施設は現在6%しか解決していないのです。100頭いたら6頭しか、生存させず愛護団体さん、良心のある人に頼るのみです。100頭中64頭の犬猫を殺処分している事になります。日本国での毎年1年間の殺処分総数40万頭です。本気で探しているのでしょうか?愛護団体さんや良心ある人に頼って要るのが現状です。熊本県のように愛護団体さんと連携して接極的に解決され64%も命を救う事に努力していないのです。職務怠慢!管理能力がないのです。、今回の所有権を主張されるのでしたら、迷子になって殺され続けた犬猫たちは、殺処分した行政の責任ではないでしょうか?拾われた犬、盗まれた犬も飼う人の所有物のはずですね!
HA | 2007年02月27日 08:42
この結果を招いたのは笹井助教授の誤った知識です。
家畜と犬を混同している。記述に無いものをあるかのようニ発言する。犬のブルセラは毒性が弱く細菌兵器には使えない。彼のミスです。
次に彼は陰性の子達を 擬陽性 としている。そのこたちも彼の理論では処分の必要があると言い出しかねない。
街中のコも彼の間違いによって処分されかねない。

彼の責任を追求しよう!大阪府立大 笹井和美助教授で検索してください。連絡先が出ている。陰性の子達まで彼に殺される!!
| 2007年02月27日 08:48
蘭子さん、あなたは私たちをまだ分からないのかと叱り付けましたね。処分はあんたにとって気分のよいものでしょう。TTさんあなたはかすみの母さんを嘘つき、大げさ、すり替えとののしりましたね。忘れませんよ。ただののしるだけで理論もなにもない。ただの性格の悪い女出しかないです。
イチローの母 | 2007年02月27日 09:09
遠くなので行けません。何とか助けてあげて!同じ行政の人間として、抗議のメールも送りました。当所でも、収容動物は休日餌も水も与えられず、鎖で短く係留されます。見るにみかねて、私は担当ではありませんが、毎日必ず面倒を見ています。殆ど処分される動物たちですが、今の私にできることは、せめて収容されている間だけでも、ちゃんと給餌し、1日2回外へ出してやることくらいです。殺処分と言っても、安楽死と勘違いしている、手を汚さない、てっとりばやいガス処分ではないでしょうか。とにかく、むごいことです。
かきやん | 2007年02月27日 09:25
遅いかも知れないけど、今メール送りました。
MMM | 2007年02月27日 09:29
アメリカに送ってもダメかもしれない。
ちゅーちゅーさんが更新していました。

ダメもとで安倍総理大臣にメールを送ろうと思います!
ころ | 2007年02月27日 09:39

メール送りました。

ところで畜産科の池田清一氏、ブルセラ病の犬を救う為にと寄付を募っています。助ける為?助けるつもりがあるの?????

このお金を一体何に使うといんでしょうか?

浅井有利子 | 2007年02月27日 09:44
蘭子さまよりのメールの内容を、ご一緒に考えていただけませんか?転送いたします。(またたび様の判断でこのコメントご処理ください。)メールアドレスをこのサイトにまた、このコーナーのみご連絡ください。転送します!
ラブ母 | 2007年02月27日 09:58
大至急、ちゅーちゅーの母さんのブログをご覧下さい。↓

http://chuchudiary.blog49.fc2.com/

まだ出来る事はあるようです。
最後まで諦めないであの子達を救う為に出来る事を頑張りましょう!
浅井有利子 | 2007年02月27日 10:12
蘭子様、あなたが、日本の文献等々、研究が今一つとおしゃるのなら、あなたがブルセラ菌のその後の研究をされてはいかがですか?日本をばかにしていますね!あなたとノーベル賞の湯川秀樹秀樹氏をとくらべても、だれがうわっつらだけのあなたの論議に耳を傾けるでしょう!この方は生涯研究された方ですよ!日本の研究者を馬鹿にするのなら、蘭子さん!あなたが、あなたのお好きなアメリカに行かれてはいががですか?ここは日本です。日本独自でよいのです。アメリカが戦争したらあなたも参加するのですね!
あー | 2007年02月27日 10:43
大阪府の犬でブルセラ陽性だったらみな殺されんでしょ。
0でなければいけないのですもの。
大阪でなくてよかった!
エレミア | URL | 2007年02月27日 10:45
はじめまして。
少し遅いかもしれませんが、メールを送らせていただきました。
それから、私のブログでもそのまま転載させて頂きましたことをご了承ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/Jeremiah2006/diary/200702260000/
かすみの母 | 2007年02月27日 11:09
ちゅーちゅーでござるをご覧ください。まだまだ出来ることがあります。
ばあじゅうです | 2007年02月27日 11:37
処分の場所は信太山自衛隊の敷地内のようです。さっきから電話してますが、広報も、電話交換の人も『知らない』の一点張りです。一度、名乗らないで『沖縄からです。ブルセラ担当に変わって』とだけ言ったら、沖縄の自衛隊からと勘違いしたのか、『担当部署に変わる』とはっきり言い、違うところへ変わってくれました。でも、私が一般人と知ると、あわてて『聞いてない。何も知らない』に変わりました。何かがおかしいような気がします。
信太山自衛隊 06−6945−4972
かすみの母 | 2007年02月27日 11:46
朝日新聞東京本社に連絡しました。大阪府で行われたことをもう一度よく説明し、このHPもまた紹介いたしました。
以前連絡したときは余り記事にする意思は感じられませんでしたが、数の多さに驚かれたようです。別の新聞社にも連絡いたします。
ちゃお | 2007年02月27日 12:00
今昼のニュースみました。
がんばってください。
YU | 2007年02月27日 12:37
はじめてここにメールします。処分一時中止になりホッとしました。しかし、次回もまた同じことがあるでしょう。何か考えないといけないと思いました。私も神奈川在住ですぐに動けませんが何かありましたら手伝います。大阪にも行きます。頑張りましょう!
最後ですみませんがまたたび様、AA様どうぞよろしくお願いします。
mama | 2007年02月27日 13:09
メール送りました。
大阪の人には悪いけどなんと言うところなの!!!
AAさんのような、動物に愛護心のある人もいるのに、
行政は所詮表顔だけなんだね。

こうやっているうちにも処分がすすんでいるかと思うと
いたたまらないです。
明日には処分中止になるよう、最大限の努力をしましょう!
すろ | 2007年02月27日 13:25
今送りました。。。
べん | 2007年02月27日 13:32
わたしは、大阪府へ直接してきました。
遅いかもしれないけれど、なんとかなっていて欲しい。
上が動けば止めてもらえるかも・・・。
安部総理のメルアドをリンクしてくださったnana母さん
ありがとうございます。
今からでも安部総理に抗議文おくってみます!
桜子 | 2007年02月27日 13:32
本日12時陽性犬殺処分ひとまず延期になりました。本当によかったです。
でもまだまだ安心はできません。これからもみんなでできる事をやりましょう!小さな力でもみんなで頑張ればなんとかなる1そんな風に感じた一日でした。

またたび獣医師団様これからもよろしくお願い致します。
かっぱ | 2007年02月27日 13:45
今開きました。
遅れたけど、送りました。
せめて気持ちを届けようと・・・
ルナママ | 2007年02月27日 14:34
メールを送りました。良い方向に進みますように。
みるくのママ | 2007年02月27日 15:42
メールを送らせて頂きました。
犬の命を何だと思っているのでしょうか?
人間だって犬だって同じ生き物です。
犬は絶対に人間を裏切らない。
でも、人間はすぐに何かあれば処分する。
人間は1番残酷な動物ですね。
処分を決めた人と同じ人間だと思うと嫌です。

お昼頃、行政の方に抗議の電話をしました。

良い方向に進むことだけを祈るばかりです。


Reiko | 2007年02月27日 15:45
今アメリカにメールしました!土曜日には大阪府のホームページから太田市長あてにもメールしました!大阪府の職員の横暴さに腹が立ってたまりません、大阪府民として本当にはずかしいし情けないです〜でもあの子達を救うためあきらめません!!!
| 2007年02月27日 18:49
反対して犬たちはどうするつもり。
そこまで考えてるの?
処分反対の人たちで引き取って飼うならいいけど
それでも病気が感染しないように考えてからね。
犬たちのことは考えずにダダ反対したるだけだね
HA | 2007年02月27日 19:43
47.へ

愛護グループをはじめ、獣医師、ボラなどが今後について検討をしています。専門家の意見も伺っています。
安心してください。
yb | 2007年02月27日 20:16
47.byさん
 だからそんなに怖い感染症じゃないってば。
ためしに自分で陽性犬を飼ってみれば?
ちゃんと治療すれば陰性化するって事実あるし、
免疫力が無い人は駄目だけど、そう言う人はどんな菌でも駄目っていう事でしょうね。
CU | 2007年02月27日 20:44
47へ

病気のことをもう少し勉強をして下さい。
獣医さんだって動いていますよね?
現在、どれだけの方たちが頑張っている分かりますか?
人間で感染する病気の方を安楽死にしますか?

人間だって犬だって同じ1つの命なんだよ。
懸命に生きようとしている犬たちのことを少しは考えて
欲しいと思います。
浅井有利子 | 2007年02月27日 21:15
byさん ちゃいまっせー。考えているのですよー名乗り出ているんですよー飼うことになって行くんですよー。TVでもとりあげてもらうんですよーその前に命助けるんですよー努力するんですよー
あー | 2007年02月27日 22:16
蘭子さんって少しおかしいよ。自分が研究者になった積もり見たい。湯川秀樹まで出してきて。それだったらアメリカに留学してブルセラの研究すれば。そんな偉そうな人がここに書き込みなんて場違いだよね。反対派が馬鹿に見えるって露骨だし。
Y.Nakayama | 2007年02月27日 23:12
メール送りました。助かりますように!
マスコミが怖い病気だと記事にしたわけですが! | 2007年02月28日 00:16
人にまで感染する危険性があると、恐怖感一杯に報道したのはマスコミです。今回大阪府が犬の処分決断したのも、マスコミの報道に影響を受けた周辺住民の強い要望があります。

マスコミに正確に報道するよう要望しないと、大阪府、役人も伝染拡大の危険よりも犬の生命を尊重する方針に転換することはかなり難しいでしょうね。

大阪のABCではヒステリックな動物愛護団体が反対してるような報道をアークエンジェル問題とからめて報道しています。

本当に感染力が弱く治る可能性がある病気なのであれば
偏向報道している一部マスコミに抗議すべきです。
シロタビ | 2007年02月28日 00:20
初めまして。情けないことに今この事実を知り、まずはメールを送らせていただきました。ワタシには何ができるだろう…。これから過去ログも拝見いたします。
まゆ | URL | 2007年02月28日 00:42
友だちのサイトでこちらのことを知りました。
メールを送り、私のブログにこのページをリンクさせていただきました。
微力ながら少しでもお役にたてると良いのですが…
中川智子 | 評価 5 | 2007年02月28日 01:01
メール送りました。
本当はすぐにでも現地に行き、バリケードに参加したいのですが、行けないので、ここからできる限りのことをしたいと思い、抗議の電話やメールを思いつく限りの機関に入れています。ワンちゃん達を助けたいです!!
我が家にもワンが5匹います。すべて悪徳繁殖業者からの保護犬です。内1匹はブルセラ症です。適切な処置をしていますので誰にも感染していません。
子供とも兄弟ように育てていますが、まったく支障はありません。子供は今回の虐殺を知りおお泣きです・・・・。
私にワンちゃんを助けてと!!私たち大人がこんなことをして、子供たちに命の重さを教えられるのでしょうか?
ワンちゃん達を殺せば、子供たちは命について、きっと疑問を持つでしょう!「自分に都合が悪ければ殺せばいい!!」と。そんな前例は絶対作ってはいけません。
絶対殺してはいけないです。
まりおん | 2007年02月28日 09:19
★★上記英文メールの<最新版>があります★★

27日朝7時処分となっているところを若干変更されています。
また<他への送付先>も数件追加されています。

     ↓  ↓  ↓

http://chuchudiary.blog49.fc2.com/blog-date-20070227.html

かすみの母 | 2007年02月28日 10:57
57.中川智子様へお願いがあります。

あなたのご経験貴重です。ここより最新記事にコメントを載せてください。今までブルセラ症のワンを経験している方がコメントをしていないようです。お願いします。
のんの | 2007年02月28日 15:27
北米在住です。私も今、送りました。
月うさぎ | URL | 2007年03月02日 02:53
メールしました。
生きて欲しい!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
またたび獣医師団とは
またたび獣医師団
1993年、私達が日本初の移動動物病院で野犬、野良猫の不妊虚勢手術をはじめました。(この活動は今も全国に広がり続いています。)

「またたび獣医師団」はこのとき自然発生したグループの名前です。
このとき集まった中心メンバーは今も全員、連絡を取り合い個々に、また時々協力し合って動物愛護活動を行っています。費用は参加者持ち寄り、あごアシ自己負担を基本としております。
ですから現在、参加者以外に寄付を募るということは一切行っておりません。
海外ではブータン国への獣医派遣を行っております。(ブータン国派遣は外務省管轄財団法人シルバーボランティア協会、ブータン国、国連の要請によるもので、費用は個人負担と上記メンバーからの寄付、上記団体からの援助金で行われています。)
参加者は日本各地でそれぞれ仕事を持っており、何かあれば現場に集まり作業を終え解散するというスタイルです。参加者は獣医、学生、社会人、主婦、動物愛護ボランティア主催者など様々です。

「またたび獣医師団」と言う名称は上記仲間に今回初めてつけた名前です。旅の獣医ということで、「猫にマタタビ」のマタタビと「股旅」をかけています。

※ 私達は2005年2月4日現在、参加者以外に寄付金を募るということは一切行っておりません。
※ 寄付によって集まった金品もございません。
※ 今のところ寄付を募る予定もございません。
 2005年2月4日

お問い合わせは
sagami99@yahoo.co.jp

またたび獣医師団協力団体

山口獣医科病院
soi dog foundation(本部オランダ)
Recent Comments






  • ライブドアブログ
またたび獣医師団